3659中国は見る(2216)「春画展」が大盛況、性の魅力を探る

18禁春画展盛况空前 探讨人“性”魅力
November 28, 2015  来源:朝日新闻中文网

 

昔の性の営みを描いた春画が注目の的だ。 日本初の本格的な展覧会は連日の大盛況。 数百年前の絵に人々は何を思うのか。

着物をはだけて交わる公家の男女、裸で抱き合う町人の夫婦……。 幅広い層の人々の性を描いた絵を集めた春画展が都内で開かれている。 会場の永青文庫は、文京区の閑静な住宅街にあり、旧肥後熊本藩主、細川家の文化財を所蔵する民間の美術館だ。

10月のある週末。「18禁」の会場を訪ねた。 20~30畳ほどの展示室が三つ。 老いも若きも男も女も作品にへばりつき、隙間からのぞこうと二重三重に人だかりができていた。

草花などを添えて季節感を出した絵やよろい姿の男女が交わる作品も。 “ガチャガチャしてやりにくそう”。 そんな会話や笑い声が飛び交う。 男女の局部が大きく描かれた絵の前で、見ず知らずの若い女性と中年男性が隣り合って凝視していた。

“昔の人も同じことをしていたんだな” そう思ったのは都内の女性会社員(28) 話題の春画を見たくて女友達を誘おうと考えたが、“女同士だと恥ずかしい”と思い直して夫(28)と訪れた。 確かに会場は夫婦や恋人のカップルが多かった。 年齢層は幅広く、見た感じ半分が女性だった。

美大時代にデザインを学んだ男性(29)は“思ったよりはエロくなくて、着物の描き方や色使いがすごい”と驚いた。 一方で、混み合う会場を見て“人は昔も今もエロが好きなんですね”とにやり。 夫(62)に誘われて嫌々つき合った女性(52)は“いやらしいものかと思いきや、漫画みたいな絵もあっておもしろかった”

春画が盛んに描かれたのは江戸時代。 「笑い絵」とも呼ばれ、登場人物の会話を書き入れる絵もあった。 女子用の修身書を好色な内容に置き換えた「パロディー春画」も。 当時は、嫁入り前の性教育の指南書としても使ったという。

明治に入ると取り締まりが強まり、タブー視される時代が続いた。 ところが、2013~14年にロンドンの大英博物館で春画展が開かれると、来場者は3カ月間で約9万人だった。 永青文庫でも今月15日までの約2カ月で12万3千人が訪れ、すでに大英博物館を上回った。 1日あたり平均は普段の展示の10倍前後だ。 なぜ人気なのか。

永青文庫の春画展を訪れたコラムニストの辛酸なめ子さんは“美の価値観が違い、出てくる男女の容姿にそんなに萌えない。 だからリアリティーがなくて変に性欲を刺激されず、女性も楽しめる”と分析。 “昔は性におおらかだった。絵の中で幸せそうに性行為している男女を、現代人はうらやましく見ているのでは”

大英博物館で鑑賞した放送作家の鈴木おさむさんは“エロチックを通じて笑わせようとするエンターテインメント性もある”と感じた。 著名な浮世絵師も春画を描いたことから、“ロックやバラードも作れるし、ポップな曲にエロい歌詞も乗せられる。 そんなサザンオールスターズのような才能ある人が描いていたと思う”

春画展は12月23日まで。途中で作品を入れ替えて計133点を紹介する。

18禁春画展盛况空前 探讨人“性”魅力
November 28, 2015  来源:朝日新闻中文网

日前,描绘古代男欢女爱场景的春画备受瞩目。日本首次举办的正式春画展,连日来吸引了众多参观者到场。站在有数百年历史的画卷前,人们又会联想到什么呢?

虽身着和服却坦胸露乳翻云覆雨的贵族男女、赤身裸体相拥入怀的老百姓夫妇……网罗了描写各个阶层男女性事图画的春画展,正在东京都内举办。画展的会场选在永青文库,这里位于文京区一条幽静的住宅区街道,是一间收藏有旧肥后熊本藩主、细川家文化遗产的民间美术馆。

10月的某个周末,笔者前往了这个“18禁”的会场。会场内有3间33平方米至50平方米左右的展室,男女老少都比肩接踵地观赏着画作,笔者试图从人群的缝隙中窥视一番,而映入眼帘的却是层层“人墙”。

展出的画作中既有添加了花草等展现季节感的绘画,也不乏描绘身穿铠甲的男女交欢作品。“(穿着这身铠甲)叮当乱响看起来可真不方便”,会场中这种对话和笑声不绝于耳。在着重描绘男女私密部位的画作前,互不相识的一名年轻女性和一名中年男性并排凝视着这幅作品。

“以前的人们也做了同样的事情呢!”此番感想来自一名东京都内的女公司职员(28岁)。她想来看这个饱受热议的春画展,原本打算邀请女性友人一同前来,但又觉得“两个女人一起来看实在是有些不好意思”,于是便和丈夫(28岁)一起来了。确实,会场内有很多夫妻和情侣。到场者年龄跨度很大,据笔者观察一半观众均为女性。

在美术大学读书时学习设计的一名男性(29岁)惊异道,“没有我想得那么色情,和服的画法以及色彩的运用都非常出彩”。而另一方面,他看着人山人海的会场笑着表示,“不管是以前还是现在,人果然都是‘好色’的啊”。原本非常不情愿陪丈夫(62岁)来看画展的一名女性(52岁)表示,“我本以为都是些很猥琐的东西,但有些作品像漫画似的,很有意思”。

江户时代春画创作兴盛,春画还曾被称为“笑绘”(日文為:笑い絵),而且有的春画中还会加上出场人物的对话。甚至还出现了把女性旧时所用的修身书换成色情内容的“恶搞春画”。此外,春画在当时还被用作女性嫁人前的性教育书籍。

进入明治时代以后,春画遭到取缔,长期以来被视为禁忌。然而,2013年至2014年期间,伦敦大英博物馆曾举办过一次春画展,展出的3个月时间内共吸引约9万人到场参观。此次永青文库的画展,截至11月15日在约2个月的时间内也已吸引了12万3000人前来参观,这一数字已经超过此前大英博物馆的到场人数。每天的参观人数为平时的10倍左右。为什么春画会如此有人气呢?

参观过永青文库春画展的专栏作家、辛酸Name子分析道,“(古代和现代)对于美的价值观不同,所以画作中的男女容貌不会另人心动。正因如此,没有了真实感的(春画)也就不会刺激到性欲,所以女性也欣赏得来”。她还表示,“以前人们对性都不避讳。画作中看起来很享受性事的男女,现代人应该很羡慕吧”。

曾前往大英博物馆观赏春画展的节目脚本作家、铃木Osamu感受称,“(这些春画中)甚至还包含了希望通过色情来引人发笑的娱乐性”。从前,著名的浮世绘大师也曾创作过春画,所以铃木认为,“既能创作摇滚乐也能谱写抒情曲,还能在流行歌中填入情色歌词。我觉得这些春画应该出自像南天群星那样的有才之人笔下”。

此次春画展将举办至12月23日,期间会更换作品,共计有133幅画作在此次画展中展出。

|

3658中国は見る(2215)水木しげるさん死去

1.日本の漫画家水木しげるさん死去 人気の妖怪漫画書き続ける

2.《ゲゲゲの鬼太郎》の作者 水木しげるさん死去 享年93歳

3.《ゲゲゲの鬼太郎》の父死去 享年93歳

4.漫画《ゲゲゲの鬼太郎》の作者水木しげるさん死去

1.日本漫画家水木茂去世 曾著有多部人气妖怪漫画        

2015-11-30 16:10:00  来源:中国新闻网

2.《鬼太郎》作者水木茂去世 享年93岁   

2015-11-30 15:16:00   来源:腾讯动漫

3.妖怪世界鬼太郎之父去世 享年93岁   

November 30, 2015  来源:朝日新闻中文网

4.日本漫画《鬼太郎》作者水木茂去世   

2015・11・30  来源:日经中文网

1.日本の漫画家水木しげるさん死去 人気の妖怪漫画書き続ける

 

Photo中新ネット11月30日電:日本メディアの報道によると、《ゲゲゲの鬼太郎》など人気のある多くの妖怪漫画を書いた作者・水木しげる(本名武良茂)さんが、11月30日午前7時18分、多臓器不全で東京都内の病院で死去した。 93歳だった。

水木しげるさんは鳥取県育ち。 太平洋戦争が終了し、軍隊から復員した後、紙芝居画家や、貸本漫画家となり、漫画誌《ガロ》などで活躍し、《悪魔くん》、《河童の三平》などの作品を発表した。

水木しげるさんのプロフィール

3
代表作品《ゲゲゲの鬼太郎》は何度もテレビのアニメとして制作され、妖怪ブームを巻き起こし、その後、実写映画も作られ、時代を超えた超人気作品となった。

戦争で左腕を失った水木さんは、自分の戦争経験を基に《娘に語るお父さんの戦記》など多くの戦争を題材とした作品を書いた。

2003年、郷里鳥取県境港市は“水木しげる紀念館”を開館した。 観光看板として、市内にまた“水木しげるロード”も作られ、道には100余りの作品のブロンズ像が立っています。 2010年、同市の米子空港は“米子鬼太郎空港”の愛称で呼ばれるようになりました。

水木しげるさんは1991年に紫綬褒章を受章し、1996年には、漫画家協会賞、文部大臣賞を受賞、2003年には旭日小綬章を授与されました。

2.《ゲゲゲの鬼太郎》の作者 水木しげるさん死去 享年93歳

2《ゲゲゲの鬼太郎》《悪魔くん》などのすばらしい漫画作品を書いた漫画家・水木しげるさんは、11月30日午前7頃、心臓衰弱で東京調布市の病院で死去した。 93歳だった。

水木しげるさんは大阪で生まれ、その後、鳥取県に引っ越し、小さいときからずば抜けた絵の才能を発揮した。 13歳の時、個人の油絵展を開き、現地の新聞から“天才少年”と呼ばれた。 小学校卒業後、15歳で大阪の印刷会社に入ったが2ヶ月で退職、美術学校に入った。 18歳で軍隊に入り、空爆に遭い左手を失った。 26歳の時、“水木しげる”のペンネームで紙芝居の絵物語を書き始めた。 40歳の時、《少年マガジン》に《ゲゲゲの鬼太郎》の連載を始めた。 この作品が連載されてから3年後、TVのアニメが制作・放送され、日本中に知られるすばらしい名作となった。

水木しげるさんは生前、紫綬褒章、漫画家協会賞、文部大臣賞、児童文化功労賞、手塚治虫文化賞特別賞、旭日小綬章、文化功労者などたくさん受賞している。 93歳の老人となった今も、なお《ビッグコミック》(小学館)に自伝漫画《わたしの日々》を連載している。 しかしこの作品は5月9日に突然連載が終了した。 ネット上では、水木さんの体調面で何かあるのかもしれないと心配する声も上がっていた。 編集部の説明によると、“連載終了は物語の筋が一区切りということで、健康面が理由ではありません”という。 今、水木しげるさんが突然亡くなったことを知りました。 この漫画大師に哀悼を捧げましょう。

3.《ゲゲゲの鬼太郎》の父死去 享年93歳

4「ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で知られる漫画家の水木しげる(本名武良茂=むら・しげる)さんが、30日午前7時18分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。 93歳だった。

1922年生まれ。 鳥取県境港市出身。 43年、召集され現パプアニューギニアのラバウルへ。 米軍の空襲で左腕を失う。 46年、復員。 紙芝居作家を経て58年「ロケットマン」で漫画家デビューした。

幼い頃から妖怪に興味を持ち、「河童の三平」「墓場鬼太郎」など、一貫して妖怪を描き続けた。 代表作「鬼太郎」は、68年から2009年にかけ6作もテレビアニメシリーズが作られた。 戦争体験に基づいた「総員玉砕せよ!」など、戦争を告発する作品でも名作を残した。

4.マンガ《ゲゲゲの鬼太郎》の作者水木しげるさん死去

《ゲゲゲの鬼太郎》の作者水木しげるさん マンガ《ゲゲゲの鬼太郎》の作者で漫画家の水木しげる(本名=武良茂=むら・しげる)さんが30日、心不全のため東京都内の病院で死去した。 93歳だった。

鳥取県境港市生まれ。 画家を志すが、太平洋戦争で激戦地のラバウル(パプアニューギニア)の前線に出征し、左腕を失った。 戦後、紙芝居や貸本屋画家を経て、1958年に「ロケットマン」でデビュー。 64年創刊の同人漫画誌「ガロ」の中心作家として活躍した。 「テレビくん」で講談社児童漫画賞を受賞。 67年からは少年マガジンで「ゲゲゲの鬼太郎」の連載を開始した。 「悪魔くん」「河童の三平」などで妖怪漫画の第一人者となった。

妖怪研究家としても活躍。 96年日本漫画家協会賞文部大臣賞を受賞。 2003年には、地元の鳥取県境港市に「水木しげる記念館」が完成、妖怪キャラクターは同市の町おこしのシンボルともなっている。 10年にはNHKが妻の武良布枝さんの自伝をもとに連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を放送した。

1.日本漫画家水木茂去世 曾著有多部人气妖怪漫画        

2015-11-30 16:10:00  来源:中国新闻网

        中新网11月30日电 据日媒报道,著有《怪怪怪的鬼太郎》等多部人气妖怪漫画的日本作者水木茂(原名武良茂)当地时间本月30日上午7点18分因多器官功能不全在东京的医院去世,享年93岁。

据报道,水木是日本鸟取县人。二战结束从军队复员后,他曾当过连环画剧画家和租书漫画家,活跃在《GARO》等漫画杂志,发表过《恶魔君》、《河童三平》等作品。

水木茂。

其代表作《怪怪怪的鬼太郎》多次被拍成电视动画片,引发妖怪热潮,之后还被改编为真人电影,展现了跨时代的极高人气。

在战争中失去左臂的水木还根据自己的战争经历创作了《给女儿讲父亲的战记》等多部战争题材的作品。

2003年,其家乡鸟取县境港市设立了“水木茂纪念馆”。作为观光的招牌,市内还建有“水木茂之路”,路旁竖立了100多座作品角色的青铜像。2010年该市的米子机场还获得了“米子鬼太郎机场”的爱称。

水木1991年获得日本紫绶褒章,1996年获得日本漫画家协会奖文部大臣奖,2003年被授予旭日小绶章。

2.《鬼太郎》作者水木茂去世 享年93岁   

2015-11-30 15:16:00   来源:腾讯动漫

曾创作过《墓场鬼太郎》和《恶魔君》等经典漫画作品的老牌漫画家水木茂日本时间今天(11月30日)上午7点多,因为心力衰竭而在东京调布市的医院去世,享年93岁。

水木茂出生于大阪,后来搬家到鸟取县,从小就表现出高超的绘画才能,13岁时就举办过个人油画展,被当地的报纸称为“天才少年”。小学毕业后,15岁在大阪的印刷公司工作两个月后离职,进入美术学校学习。18岁参军,在空袭中失去左手。26岁以“水木茂”的笔名开始创作连环画,40岁时开始在《周刊少年Magazine》上连载《墓场鬼太郎》。这部作品在连载3年后被制作为TV动画播出,成为日本家喻户晓的一部经典名作。

水木茂生前获奖无数,曾荣获紫绶褒章、日本漫画家協会奖文部大臣奖、儿童文化功劳奖,手冢治虫文化奖特別奖、旭日小绶章和文化功劳者。虽然已是一名93岁的老者,但是他仍在《Big Comic》(小学馆)上连载的自传漫画《我的日常(原名:わたしの日々)》,但是这部作品却在5月9日突然宣布结束连载,不少网友猜测他的身体状况出了问题,而编辑部却出面解释道:“结束连载只是因为梗不够用了,大家不用为老师的身体担心。”没想到现在水木茂老师依然离开了我们,让我们为这位漫画大师的离世而哀悼吧。

3.妖怪世界鬼太郎之父去世 享年93岁   

November 30, 2015  来源:朝日新闻中文网

以《鬼太郎》(日文为:ゲゲゲの鬼太郎)等作品而闻名于世的漫画家水木Shigeru(日文为:水木しげる、本名为:武良茂),于30日早7点,因心脏衰竭,在东京都市内的医院离世,享年93岁。

水木于1922年出生于鸟取县境港市。1943年作为士兵被征召入伍,赴往现巴布亚新几内亚的拉包尔服役,之后在美军的空袭中失去了左手,并于1946年退伍。在经历了连环画剧(按照顺序将纸上描绘的故事场景讲给儿童听的演艺形式)脚本创作后,1958年水木凭借《火箭人》(日文为:ロケットマン)这一作品,转型成为漫画家。

水木自幼年起,便对妖怪充满兴趣,接连完成了《河童三平》(日文为:河童の三平)、《墓场鬼太郎》等一系列妖怪题材作品。其代表作《鬼太郎》在1968年至2009年期间,先后制作成了6部系列电视动画片。除此以外,他也留下了根据自身战争经历所创作的《全员玉碎》(暂译,日文为:総員玉砕せよ!)等以揭露战争为主题的诸多名作。

4.日本漫画《鬼太郎》作者水木茂去世   

2015・11・30  来源:日经中文网

《鬼太郎》的作者水木茂

日本漫画《鬼太郎》的作者水木茂(原名:武良茂)11月30日因心脏衰竭在东京的医院去世,享年93岁。

水木茂出生于日本鸟取县境港市。他曾志愿当一名画家,但在二战期间被派往激战地腊包尔(位于巴布亚新几内亚新不列颠岛)的一线参战,因此失去了左臂。二战后曾做过连环画剧和租书铺画家,1958年凭借《火箭人》正式出道。后进入1964年创刊的同人漫画杂志《GARO》担任首席作家,开始活跃在日本漫画界。

1966年水木茂凭借《电视君》获得日本讲谈社儿童漫画奖。1967年开始在少年漫画杂志上连载《鬼太郎》。随后凭借《恶魔君》及《河童三平》等成为妖怪漫画第一人。

水木茂还活跃在妖怪研究领域。1996年获得日本漫画家协会奖文部大臣奖。2003年“水木茂纪念馆”在其出生地鸟取县境港市落成,其笔下的妖怪人物还成为该市地域振兴的象征。2010年,NHK还播出了根据水木茂妻子武良布枝的自传改编的晨间剧《鬼太郎之妻》。

|

3449中国は見る(2040)竹久夢二の「青山河」(下)


梦二的“青山河”
2015-03-22 09:38:13 来源:知日·艺术篇 刘 雁

Photo夢二は、この絵に“青山河”という名を付けた。

“山”と“河”は、夢二の心の中では特殊な意味を持っていた。

1914年、31歳の夢二は、彼より 12歳年下の彦乃に出会

った。  2人は恋に落ちた。 しかし、彼らの真剣な恋は、父

親の強い反対にあった。  彦乃の家族に気づかれないよう

にするため、彦乃と夢二との手紙では、お互いに“山”と“河”

と暗号を使っていた。 彦乃は“山”、夢二は“河”だった。 

1920年、彦乃は肺結核で亡くなった。 山河はついに一緒

になることはできなかった。

その後、彼は榛名山を描いた。 彼と彦乃が肩を寄せ遠くの

榛名山を眺めている。 夢二は絵の右上に、“山は歩いてこ

ない。  やがて私は、帰るだろう” と書いた。

榛名山は、夢二の芸術のユートピアで、彼が帰って彼女と再

会する場所だった。


しかし夢二は結局、彼の学校を作り上げることができなかった。

1934年、50歳の夢二は長野県の八ヶ岳高原療養所で亡く

なった。   高原の空気でも彼の肺結核を治すことができなか

った。  夢二が夢にも戻りたがっていた榛名山と伊香保に帰

ることはできなかった。

Photo_2夢二と榛名山の 縁を記念するため、伊香保に夢

二記念館を建設した。 1981年5月の開館の際、

館長は当時まだ子供だった松沢緑さんに特別に

招待状を出した。 この時、彼女はもう82歳のお

ばあさんで、病気でベッドに横たわっており、出席

することはできなかった。   しかし彼女は、宵待草の種子を届

け、“この美しい花を満開にして下さい”との手紙が添えられて

いた。 しかし、それから3ヶ月後、彼女は亡くなった。

永遠に待つ宵待草のように、彼女も一生ついに夢二に会うこ

とができなかった。

彼女と夢二の手紙の原本が、今、記念館内に収蔵されている。

伊香保の夢二記念館には、収集家が収集していた《黒船家》

が寄贈され、それを榛名山で永遠に保存されている。  この

絵は今、夢二のその他の作品と一緒に、記念館本館の “黒

船館”3階に収蔵され、毎年夢二の 誕生日(9月16日)前後

の2週間、予約者だけに見学させている ―― 残念なことに、

私達は見学日を逃してしまった。  また、来年を待たねばな

らない。

全館、夢二の作品とゆかりのある資料1万6千件が収蔵され

ている。 大正時代の西洋風の“黒船館”のほか、メルヘン風

の “子供絵の館” には夢二の児童画を収集し、 木造和風の

“義山楼”の中には、明治、大正時代の 職人の手で作られた

ガラス製品などが、夢二のロマンあふれるしっとりした美しさ

と調和し見る人を魅了している。

館内にはまた変わった収集がある。    オルゴールというか、

むしろ初期のレコード・プレイヤーのようで、 レコードは金属

盤で、表面にいっぱい大きさが 一様でない穴が刻まれてい

る。  それは、固定された音符である。  いずれも明治・大正

年代の ドイツ、スイス、米国の舶来品だが、その音は依然と

して 澄んでいて人を引き付ける。 記念館では毎日、観光客

のために何度かオルゴールの生演奏をしている。   私達が

行った当日、最後に演奏した曲は、夢二が作詞し、多忠亮が

作曲した有名な曲“宵待草”だった。

Yoimatigusa待てど暮らせど来ぬ人を
宵待草のやるせなさ
今宵は月も出ぬそうな

今、伊香保一帯は“大正ロマンの森”と言われている。 夢二

記念館を出た後、友人は車で私を榛名山に連れて行ってくれ

た。  山道をぐるぐる回って、山頂に近ずき、紅葉のトンネルを

過ぎると今度は目にいっぱいの黄金色だった。  私達は山頂

から遠くの山を見渡した後、榛名湖畔へと下りて行った。  そ

こには、夢二の歌碑があった。

“さだめなく鳥やゆくらむ青山の青のさびしさかぎりなければ”

歌碑の後には、静かな湖水と暮れなずむ山々があった。

梦二的“青山河”
2015-03-22 09:38:13 来源:知日·艺术篇 刘 雁

他给这幅画起名“青山河”。

“山”与“河”,在梦二心中有特殊含义。1914年,三十一岁的梦二遇到了小他十二岁的彦乃,两人坠入爱河。然而,他们的挚恋遭到彦乃父亲的强烈反对。为避免彦乃家人发现,彦乃和梦二的通信互以“山”“河”相称,彦乃是“山”,梦二是“河”。1920年,彦乃死于肺结核。山河终究未能相伴。

此后他画了一幅榛名山,画上他与彦乃并肩眺望远山。他在画的右上角写下:

“山不会走来,我即将归去”。

榛名山,是梦二艺术理想的乌托邦,也是他要归去与爱人重逢的地方。

然而,梦二终未能建成他的学校。1934年,五十岁的梦二在长野八岳高山疗养院去世,高原的空气未能治愈他的肺结核,他也未能回到梦萦魂绕的榛名山和伊香保。

为了纪念梦二与榛名山的情缘,当地在这里建了梦二纪念馆,1981年5月开馆时,馆长特意向当年的小姑娘松泽绿发了邀请函。此时她已经是八十二岁的老人了,卧病在床,无法前来;但她寄来了一包宵待草籽,还附了一封信:“让这美丽的花儿盛开吧。”三个月后,她走了。

如同那永远在等待的宵待草,她一生也未能见到梦二。

她和梦二的通信原件,今天就收藏在纪念馆内。

听说伊香保要建梦二纪念馆,一位收藏家将自己收藏的《黑船屋》捐了出来,让它永远存放在榛名山下。这幅画如今就和梦二的其他作品一起,收藏在纪念馆主楼“黑船馆”的三层,每年梦二生日(9月16)的前后两周才可参观,而且需提前预约。——不幸,我们错过了参观日期,只能有待来年了。

全馆共藏梦二作品和关联物品一万六千余件,除大正时期西洋风格的“黑船馆”,童话风格的“子供绘之馆”收藏着梦二的儿童画,木造和风的“义山楼”里,是明治、大正时期的艺匠手工制作的玻璃工艺品,亦可算是梦二艺术理念的余音残响。

馆内还有一组别致的收藏,与其说是八音盒,不如说更像早期的手摇留声机,唱片是金属的,表面刻满大小、疏密不一的小孔,那就是固态的音符了。虽然都是明治大正年代的德国、瑞士、美国的舶来品,乐音仍清扬动听。纪念馆每天会为游客做几次现场演奏。我们到的这天,结束曲正是梦二做词、多忠亮谱曲的著名童谣“宵待草”:

等啊等,等到日暮也不见人
是宵待草的寂寥

如今,伊香保一带被称为“大正浪漫之森”。从梦二纪念馆出来后,友人驱车带我登上榛名山,盘旋林间山道,接近山顶时,红叶隧道变成满眼金黄。我们在山顶眺望远山后下至榛名湖畔,找到一块梦二的歌碑。

“不定的飞鸟与远去群山之青是无限的寂寞”。

歌碑后,是宁静的湖水和尽染的群山。

|

3448中国は見る(2039)竹久夢二の「青山河」(上)

梦二的“青山河”
2015-03-22 09:38:13 来源:知日·艺术篇 刘 雁

 

Photo竹久夢二、本名は竹久茂次郎、“大正ロマンの代名詞”、 

“漂泊の抒情画家”と言われる日本の明治・大正時代の 

有名な画家、挿絵家、詩人であり歌人である。  彼の作 

品のいわゆる 純芸術作品、技法など 独特な 美意識は、 

中国の豊子愷にも影響を与え、中国近代早期の児童画 

を生み出した。    彼の作品は当初、民間で人知れず脚光を浴びており、 

今も依然として日本美術界に重要な影響を与えている。

  

Photo_2
竹久夢二と彼の恋人

 

 

Photo_3
竹久夢二紀念碑の歌碑

 

 

 

だいぶ前、友達と日本に“紅葉狩”に行く約束をし、いっしょに紅葉を求めて

群馬県伊香保まで行ったことがあった。 なんとそこには、夢二紀念館があ

った。 もう何年も前に、私が出版社に勤めていた時、劉檸の《竹久夢二の

世界を辿る》 という 作品を出したことがあり、 夢二は 大正、昭和の時代に

人気があった 画家、詩人で、“大正ロマンの代表” と言われ、 その画風は、 

中国の豊子愷にも影響を与え、中国近代早期の児童画を生み出したという 

ことを知っていたので、この偶然の出会いに、是非行ってみたいと思った。

  

この夢二紀念館は1981年に建てられたもので、伊香保の町の狭い林道を  

下りていったところに、記念館の 小さい建物があり、その中には小さい庭が 

あった。  ちょうど晩秋の頃で、小道や池には落葉がいっぱい敷き詰められ 

ていた。  秋の日差しの中、木には赤や黄色、緑の葉っぱが色華やかに美 

しさを競い、庭の静けさを一層引き立てていた。 日本各地にあるほかの夢 

二美術館と違い、伊香保紀念館にはここだけの謂れがある。

  

1911年、28歳の夢二が有名になって間もなくの頃、よく各地の読者から手 

紙が届いた。  その日、彼は伊香保からの手紙を受け取った。  手紙を書い 

たのは、松沢緑という12歳の女の子だった。 彼女は手紙の中に、こう書い 

ていた。 

 

“去年の秋、伊香保で先生に お目にかかりました。  私はまた、先生の絵が 

見たいです”

 

彼は、緑という女の子に返事を書きました。

 

“あなたのかわいい手紙、読みました。 あなたが伊香保で見たというのは、 

私ではありません。 その人が私だったらよかったのに、残念です。 私は 

あなたに会えるのを楽しみにしています”

 

伊香保は7世紀の《万葉集》にも出てきます。 明治時代には温泉で有名な 

町となり、徳富蘆花、与謝野晶子などの文豪が、よくここに滞在しました。  

でも、夢二は一度も行ったことがありませんでした。

 

それから8年後、すでに名声を天下に轟かしていた夢二が、初めて伊香保を 

訪れました。  夢二は、この四季がはっきり分かれ、山と川に囲まれたこの場 

所を気に入りました。  ここで、夢二は彼生涯の傑作《黒船家》を描きました。  

また、ここで新しい芸術のアイデアも浮かんだのです。

 

1930年、夢二は伊香保の榛名山にある湖畔に仕事部屋を作り、《榛名山美 

術研究所宣言》を発表し、“生活と芸術を一体化させる運動を始める”と宣言し、 

榛名山産業美術学校を 設立し、木工、陶芸、染色、ガラスなど多くのクラスを 

設け、青年に 自然の中で、手作業で、芸術を創造し、日常の生活の中から芸 

術霊感を得させようとした。

 

彼の呼びかけは多くの反響を呼んだ。 島崎藤村、有島生馬、藤島武二なども 

続々と宣言に署名した。 ちょうど関東大地震の後の世界大恐慌の時期だった 

が、群馬県の名士達も次々と寄付を行った。

  

この学校建設のため、1932年、夢二はわざわざ欧米視察に出かけた。 旅の 

途中、彼は世話を受けた日本の友人のために、屏風絵を描いた。 絵の中には、 

憂えた目をしたやせた女性の裸が描かれていた。 背景には連綿と続く榛名山、 

そこに女性のからだが横たわっている。  夢二は手紙の中に、こう付け加えた。

 

“早く榛名山に戻りたい。 今頃、秋風がそこの木を動たしていることだろう”

 

 

梦二的“青山河”
2015-03-22 09:38:13 来源:知日·艺术篇 刘 雁

 

竹久梦二(Takehisa Yomeji)本名竹久茂次郎,有“大正浪漫的代名词”、“漂泊的抒情画家”之称的日本明治和大正时期的著名的画家、装帧设计家、诗人和歌人。他的作品打通了所谓纯艺术与设计、工艺等实用美术的边界,而且直接影响了丰子恺,催生了中国现代最早的儿童画。而他的作品借助于当年始于民间和不经意的商业传播,时至今日依然对日本美术有着极其重要的影响。

 

竹久梦二和他的情人
竹久梦二纪念碑的歌碑

 

前些日子,与朋友相约去日本“红叶狩”,一路追红追到群马县伊香保,意外看见附近有一个梦二纪念馆。几年前我在出版社任职时,曾出过刘柠的《逆旅:竹久梦二的世界》,得知梦二是大正、昭和时期广受欢迎的画家、诗人,被称为“大正浪漫的代表”,他曾直接影响丰子恺,催生了中国现代最早的儿童画。今日巧遇,当然要去看一看。

 

这座梦二纪念馆建于1981年,就在伊香保镇上,由一条狭窄的林间小径走下,便是纪念馆的几幢小楼,中间围着一个小小的庭院。时值深秋,小径、水潭早已铺满落叶,秋阳射下,树上红的、黄的、绿的一派斑斓,反衬出庭院的静雅。和日本各地其他六七座梦二美术馆不同,伊香保这个纪念馆独有来历。

 

1911年,二十八岁的梦二成名不久,常常收到各地读者寄来的信。这天他收到一封来自伊香保的信,写信的是十二岁的女孩子松泽绿。她在信里说:

 

“去年秋天,在伊香保见到了先生。我还想看先生您的画。”

 

他回信给绿说:

 

“你可爱的信,我拜读了。你在伊香保看见的该不是我。可惜啊,那若是我该多好。我愉快地等着见到你。”

 

伊香保早在七世纪就见诸《万叶集》,明治时期成为温泉名镇,德富芦花、与谢野晶等文豪常来此地盘桓,但梦二从未去过。

 

八年后,已经名满天下的梦二,第一次来到伊香保。 他爱上了这个四季分明、青山绿水的地方,在这里,他画出了一生最杰出的作品《黑船屋》,还萌生出新的艺术理想。

 

1930年,梦二在伊香保榛名山中的湖畔建起了工作室,发表《榛名山美术研究所宣言》,宣布“开始使生活与艺术结为一体的运动”,筹备榛名山产业美术学校,设木工、陶艺、染色、玻璃等多个班,让青年在自然山水间,由手工劳作进入艺术创造,由日常器物生发艺术灵感。

 

他的呼吁得到了广泛响应,岛崎藤村、有岛生马、藤岛武二等也纷纷在宣言上署名。虽然正值关东大地震之后的大萧条时期,群马当地的名士乡绅也都纷纷捐款赞助。

 

为了建这个学校,1932年他专程赴欧美考察,旅途中,他给承蒙照料的一位日本友人画了幅屏风,画中是一个目光忧伤的瘦削裸女,背景中连绵的榛名山,如同女子身形的投射。梦二在所附的信中说:

 

“只盼早日重返榛名山中,此刻,秋风大概正在拂动那里的树梢吧。”

|

3326中国は見る(1923) 関西古今行(2): 京都祇園と芸妓(下)

 

绝色关西古今行:京都祗园和艺妓

2009082712:01  来源:新浪旅游

 

 

 

いろんな役割

99 992






 

は普通は奥深くにいる生活を送り、通常人々が公開の場で

見るのは、住んでいる場所から茶屋へ慌ただしぐところ

や、お茶屋から住んでいる場所に引き返すところだろう 

女たちは狭い生活範囲で、普通人は彼女たちの生活をうかが

ことはできない。 従って人々は、らの生活興味

好奇心を抱いている。 の収入は少なくない。 また性

とても上品である。 しかし日常生活で身の回りことが

まったくできない。 このことを考えると、の雇い主は芸

のために彼女たちの日常生活の面倒を見るお手伝い雇う

べきだ。

 

素敵なはよく高位高官からわれる対象なり、その中

、相思相愛もかなりあります。 昔の日本では、結婚した

の女性は必ず芸の仕事を辞めなければなりませんでした。現

では、この業界の規約次第に取り消されるようになり、

妓も正常人の生活を送れるようになりました。 しかし大部

分の女性は依然として伝統により、結婚後生活に別れ

を告げています。 離婚後また芸界に戻る人くはあ

りません。 その中でも、最も有名なのは中村さんである。

 

が宴会に出かける時、三味線の箱を持った男衆が傍で世話

をしている。 振袖姿のため行動不便な芸妓のこまごました

事をしたり、妓が酔った客にからまれたり、好色漢から守っ

たり保護する役目を負っている。

 

妓がお座敷で見せる芸で使道具は、狭義には手持ちの用具

たとえばの楽器、装身具などである。 広義には茶屋、

舞伴奏者を含むほか、妓が学んだいろんな知識も含まれる

というのは、が客を接待するのは、に限られない

彼女たち提供するのは、客の宴会のために興を添えるいろん

なことがあるからである。

 

妓が芸を見せる場所は当初、茶屋の中に限られていたが、そ

の後、高官高の人の宴席に出るため、芸は料理料亭に

出るようになった。 時代の変遷西洋文化の衝より、

妓の消滅圧力が強まり、の芸術伝統を変えざるを得な

くなり、も茶屋の中特設バー客をもてなし演技をする

ことも許されるようになった

 

芸妓には大まかに立方と地方との2種がある

 

立方”舞踊を主にする者 、“地方”とは長唄清元

どの唄、語りや 三味線や鳴物の演奏を受け持つのことであ

る。 “地方”となるにはそれなりの修練が必要であり、長時

訓練必要とされる。 通常は立方を卒業した 姉芸

妓が地方に廻る“立方”は どちらかというと、比較的

容易であるので一般的に経験の浅い芸舞妓が担当す

 

は上述の2つ役割の外、茶道、香など日本伝統の芸術

披露することもある。 その他、芸おしゃべりの訓練を受

ており、そのため能弁な者い。 歌や踊りのほか、客の

相手をして楽しい雑談もして、座の雰囲気を盛り上げることも

します。 顧客が支払う芸料金を“線香代”あるいは“玉

代”という。 京都では特に“花代”という

 

 

 

绝色关西古今行:京都祗园和艺妓

2009082712:01  来源:新浪旅游

 

艺妓的演出:

 

艺妓一般过着深居简出的生活,通常人们在公开场所只能见到行色匆匆的从住地赶往茶社,或从茶社赶回住地的艺妓。她们之间形成一个小圈子,一般人很难窥探她们的生活,从而造成了人们对他们生活的好奇和兴趣。艺妓的收入不菲,气质超凡脱俗,但日常生活的自理能力却很差。有顾及此,艺妓的雇主会为艺妓提供贴身保姆照顾她们的起居饮食。

 

出色的艺妓常常会成为达官贵人所追逐的对象,其中不乏两情相悦者。古代的日本,结婚后的女性必须放弃艺妓的工作,直到现代这个行规才被逐渐取消,让艺妓过上正常人的生活。但大部分的女性仍然依照传统,在婚后离开艺妓的行列,而离婚后重返艺妓行业的人却不在少数,其中当代最著名的莫过于中村喜春。

 

艺妓出勤赴宴时,会有提著三味线琴箱的男众随侍在侧,除了为因盛装而行动不便的艺妓打点琐事之外,也负责保护艺妓,避免受到喝醉的酒客、登徒子的骚扰。

 

艺妓表演时所使用的道具从狭义上专指手持的表演用具,包括各类乐器、饰物;广义上应当包括妓馆、歌舞伴奏者,甚至艺妓所学习的所有知识。因为艺妓接待客人并不限于歌舞表演,她们提供的是能为客人宴席助兴的众多活动。

 

艺妓表演的场所最初只限于艺馆之中,后来由于要出席达官贵人的筵席,艺妓便开始在茶馆酒楼及料亭出没。随着时代的变迁和现代西方文化的冲击,艺妓衰落压力增加,使艺妓艺术不得不一改传统,艺妓从业者也被允许到茶馆中特设的酒吧间里待客演出。

 

艺妓的表演大致可分为“立方”和“地方”2种。

 

立方”是指舞蹈为主的表演者,“地方”是指演唱“长呗”、“清元”等歌曲、演奏太鼓、三味线等的表演者。因为“地方”类的表演难度较高,需要长时间训练后才能胜任,因此多由资深的艺妓担任。而“立方”表演较为容易,所以一般由资浅的艺妓及舞妓担任。艺妓除了上述两大项表演外,也有茶道、香道等日本传统艺术表演。另外,艺妓都有受过说话训练,因此健谈者不少,表演之余亦会陪客人谈天说地,增加气氛。顾客给予艺妓的演出费用称为“线香代”或“玉代”,京都一地特称“花代”。

 

|

3325中国は見る(1922) 関西古今行(1): 京都祇園と芸妓(上)

 

绝色关西古今行:京都祗园和艺妓

2009082712:01  来源:新浪旅游

 

 

京都というとすぐ祇園を連想する。 そこは京都の代表的な

場所である。 道の両側の家はすべて縦横に細い角材で作ら

れた格子窓が並び、通りの雰囲気と芸妓の格好がとてもぴっ

たりとしている。町の商店では「かんざし」、「香」、「日本風の

着物」などが売られている。 いろいろな料理屋も林立してい

る。  ここは京都の夜の生活の中心の場所です。   その他、

祇園は毎年夏に催される祇園祭は、誰もがよく知っています。  

Photo 2

 

舞妓は芸妓の見習いで、一人前の妓としてデビューする

に厳しい訓練を受けます。 訓練には踊り、曲を

伝統文化と教養があります

 

養成

 

日本で、芸妓となる条件はとても大変です。 芸を学ぶため

費用いし、その上、稽古はとても苛酷です。 あまりに

苦しいため、途中で辞めていく人もいるほどです。

 

昔、妓は普通、10から稽古を始めましたが、

童福祉法》と《労働基準法》の制限があるため、中学卒業から

でないと稽古ができません。 稽古の内容非常に多く、稽古

過程非常に苦しいものです。 その中は文化、礼

葉使い化粧、詩書、琴三味線、お辞儀の仕方、の注ぎ方等

、一挙投足、言語動作すべてにしい要求が求められる

と共に、随所で気高さと落ち着きさも求められます。 16

ぐらいから始めて、正式に芸妓となるまで、稽古する期間は5

年の長きにわたり続きます。 妓となる最初の頃は妓”

呼ばれます。 その後、やっと正式に“芸と呼ばれるよ

うになります。芸妓の生活は、普通は30までです。30

以降も引き続き芸妓を続ける時は、降格となり、若くて美し

い名妓の引き立て役になります。 の中で先輩芸妓のこ

を“お姉さん”と呼びます

 

着物

 

妓として芸に従事している多くの芸美しくあでやかで、

着るものは華麗で、礼儀もわきまえ知識もあり、特に歌舞音

曲にも秀でています。 主な仕事は客の相手をして酒を飲

楽しませることです。 は芸を見せることで、色情を

ひけらかすことでありません。 ましてや身を売るなんて

ことはしません。 でも、ここにはを喜ばせ女が楽しませ

るという部分があるため、呼ばれるゆえんである。

妓は上品であかぬけているところが、芸妓と妓女の違いだけ

なく、その上、芸妓は控えめで出すぎたことはしない。

ない人には関わらず、ほとんどが知人あるいは名士推薦

によるものである。 妓のほとんどはお座敷で客をもてな

す。 しかし時には茶屋料理まで出向いて客の相手を

ることもある。 業界定め、芸勤めている間は結婚

できない。 そうでなければ、先は、“清らか”なイメージ

を守るため、芸妓を引退しなければなりません。

 

の服装は華麗な着物で仕事を勤めます。 材質装飾

上質なため、とても高価で、普通は50万円以上もします。

物によっては100万円に達するものもあります 舞

の特殊な着方と化粧 : 妓と若い芸の着物は “裾引

裾の長い着物)いい、帯から下の裾までの部分を褄と呼

びます。 外を出歩く時には、舞妓と若い芸妓は必ず左手で

褄の上を持って歩きます。“芸を売るが身を売らない”とい

う意味があるといいます。

 

の服装は着物に分類されますが、実際は伝統の着物と違

いがあります。 伝統の着物はの襟が高くなっていて、

常女性の首筋をしっかりと覆い隠すようにしています。 し

かし、妓が身につけている着物のえりは大きく開いていま

す。 しかも、後ろ、芸の首筋を全部見せるように

しています。

 

妓の化粧も非常に重要なもので、特殊な手があ、濃い

化粧を施す。 材料は、伝統原料を主としている。 最も

人目を引のは、芸妓が液状の白色の顔料顔中、

ることで過度に飾り立てたしい形のように見え

 

绝色关西古今行:京都祗园和艺妓

2009082712:01  来源:新浪旅游

 

祗园 © JNTO(图片由日本政府观光局提供)

 

讲到京都就会联想到祗园,它是京都的代表性地区。道路两旁的房子都是纵横方向用细细的方材建成的格子窗,大街的格调与艺妓的风采十分相称。街上的商店销售发簪、香和日式服装饰品。各色餐馆林立。这里是京都夜生活的核心区。另外,祗园每年夏天举办的祗园节也广为人知。  

 

祗园一角 © JNTO(图片由日本政府观光局提供)

 

日本艺妓 © JNTO(图片由日本政府观光局提供)

 

舞妓(まいこ)是艺妓(geisha)的前身,一个艺妓出道前要经过严格的训练,学习包括礼仪、舞蹈,音乐在内的传统文化和教养。

 

艺妓的培养:

 

在日本,担任艺妓的条件非常苛刻,学艺费用高昂,而且学艺历程艰辛,有些人因为艰苦而中途退出。

 

古时艺妓一般从10岁开始学艺,现在则因为《儿童福祉法》和《劳动基准法》的限制,必须中学毕业(1415岁左右)才可以开始学艺。学习的内容繁多,过程十分艰苦。其中包括文化、礼仪、语言、装饰、诗书、琴瑟,直到鞠躬、斟酒等,一举一动、一言一行都有严格的要求,处处体现高贵和稳重。到16岁左右便可以正式担任艺妓,整个演艺历程长达5年。初为艺妓者称为“舞妓(或舞子),而后才可以正式转为“艺妓”。艺妓生涯一般到30岁完结,在30岁以后仍然继续当艺妓的话便降级,成为年轻貌美的名妓之陪衬。艺妓中把前辈艺妓称为“姐姐(お姉さん)

 

艺妓的着装:

 

在艺妓业从艺的女妓大多美艳柔情,服饰华丽,知书识礼,尤擅歌舞琴瑟,主业是陪客饮酒作乐。艺妓业是表演艺术,不是卖弄色情,更不卖身。不过,这里面包含着男欢女乐的成分,所以称之为艺妓。艺妓雅而不俗之处,不仅在于它与妓有别,而且在于它的不滥,不相识的人很难介入,大都是熟人或名士引荐。艺妓大多在艺馆待客,但有时也受邀到茶馆酒楼陪客作艺。行业规定,艺妓在从业期内不得结婚,否则,必须先引退,以保持艺妓“纯洁”的形象。

 

艺妓的服装是十分华丽的和服,做工、质地和装饰都十分上成,因此也异常昂贵,一般在50万日元以上,有的甚至达100万日元。舞妓的特殊穿著与化妆舞妓及年轻的艺妓所穿之和服称为“裾引き”,从腰带到裙摆间的一段称为“褄”。在外行走时,舞妓及年轻的艺妓一定会将左手压在这一段上面,有“卖艺不卖身”的含意。

 

尽管艺妓的服装被归类为和服,但事实上却与传统的和服有一定的区别。传统的和服后领很高,通常能把妇女的脖颈遮盖得严严实实,而艺妓所穿着的和服的衣领却开得很大,并且特意向后倾斜,让艺妓的脖颈全部外露。

 

艺妓化妆也十分讲究,浓妆的施用有特殊的程序,用料也以传统原料为主。最醒目的是,艺妓会用一种液状的白色颜料均匀涂满脸部、颈项,因此看起来犹如雕饰华美的人偶一般。

|

3323中国は見る(1920) 舞妓の教養

 

艺妓的教养   

2014-11-16 19:23:45   来源:辛子IN日本

 

 

今年の9月旬から全国公開されている 舞妓はレディ》周防

督が1996年の 《Shall we ダンス》(中国語題名

談談跳跳に継ぎ、18ぶりに 送り出したエンターテ

イメント作品である。

 

Photo舞妓はレディ》中国語訳は《舞妓是女士》あるい

舞妓是淑女》で、中国語ネットでは、この作品

舞妓訳していた。    ミュージカル

映画として、なまりのきつい田舎娘・春子が、どのようにして、

人前の立派な舞妓に成長したかを描いている。

 

妓”は京都花街の特有な言い方で、東京一帯の花街では、“

妓”は“半玉”と呼ぶ。  意味はすべて一人前の“芸になるまで

修行中の少女のことで、舞妓(“半玉”)になった後、少なくとも

努力し、更に、“芸”と“技” を訓練する。 そして、やっと“芸

”に昇進でき。(東京一帯では“芸”を“一本”と呼ぶ)。

 

妓”というから、“芸”はいつも人々からある種の色情的な

連想しやすい。   実際には、“芸、“芸”主で、“妓”

(客をもてなす)副次的なものである。 は生涯、主に

類の“芸”を売る。 一つは才色の芸、二つは処世の芸である。 

いわゆる才色の芸”とは、芸が歌舞から各種の楽器まですべ

精通する才気を持つだけでなく、必ず “色兼備”でなければ

なりません。 の“色”は容貌がきれいなだけでなく、主に立ち居

振舞いをさす ―――― 厚いおしろいった顔では、見てもほと

んど変わらない。   別するのは、立ち居振舞いと 一つ一つ

言動が、慎ましやかで、十分に目や心を楽しませてくれる

にある。   もう一つの“処世の芸”とは、みんなよく知ってい

言葉で言えば、“教養” のことである。

 

として、教養必要である。 周知のように、芸は“芸は売

体は売らない” しかし芸も人であり、同じよう に恋愛

供を産み育てたい。 運の良い芸妓なら、自分の好きな男に出

い、も、もし彼女を 妻にしたいとうなら、当然なが

お目でとうをいい、万々歳です。   でも大部分の芸妓は陰に

れて他の人となるのです。  愛人とは、じっとこらえる

で、相当教養がないちゃんとした恋人にれませ

ん。 が、ある有名人あるいはある政治家の

になった後、わさメディア暴露された時、 “本当

の芸妓”の資格はないと、から難された。 な

かというと、スキャンダルが暴されると、後ろ指を指され

やすいが、後ろ指を指されないようにるの“本

”の教養いう。

 

だから、芸の世界で、“NOという言葉はない。 例えば

い客出ようと誘われても、は決して“NOとは

儀正しく“おおきに”と答えます。 わかってる客は、

おきに答えた後、もし次の言葉がなかったら、自分が断られ

たことをわかっいます。

 

もちろん、わからない客にも出会います。 蔦清小松朝じ(つたきよ

こまつ あさじ)は、東京柳橋の 百歳を超えた現役の芸で、彼女

満百歳の年に、自分の 芸生活の回想録を出版しました。 そ

の中で、彼女と芸妓仲間が、田舎から来た1人のを迎えた時の

ことが書いてあります。  いくらか酒を飲んだ後、だんだん羽目

外しだし、お尻を見せろと言い出した。  は客に対

して“NO” と言うことはできないので、客の要求が 理不尽だけれ

も、しかし、芸はそのまま楽しそうに知した ―――― そ

れから、芸は灯りを消  した。 部屋中真っ暗になった後、芸

一斉に 1、2、3と言っ灯りをつけた。 “さっき

出したの見たでしょう?” は言う言葉もなく、ハッハッハッと大

笑いし始めたという

 

の教養について、日本の恋愛小説の大家渡辺淳一氏は、

中で、このようなことを書いている。

 

日本の芸妓のいる料亭は、なじみ客だけ受け入れ、一見さんお断

いる。 料亭の習慣で、普通はすべてまずは楽しむことができ

る。  れから日をおいて、消費明細が書かれた請求書が家に

されてくる。 渡辺淳一氏は、性と遊ぶのが好きで、よくナイ

ト・クラブや芸妓のいる高級料亭で酒を飲んだ。 だから毎月

まざまな 請求書を受け取った。

 

請求書を受け取るのは、あんまり見て楽しいものではない。 しか

し渡淳一氏 は、“いつも、京都花街から送られてくる請求書

見るのはとても楽しい。    なぜかというと、いつも封を開け

請求書以外女性自ら手書きした 短い手紙が入っ

からで

 

また加茂川の春舞踊公演季節です。 若い妓女達がみな

緊張てけいこしています。 もしお越し頂ければ、本当にうれし

く思います”

 

ひどさが続いています。 お元気でいらっしゃいますか? 

大文字五山送り火が近付いています。 夕日の下涼しい風

に吹かれませんか?”

 

あっという間に秋になった。 渡辺淳一氏また請求書を受け取

時、封筒の中に、2枚のきれいな紅葉が挟まれ、きれいな美しい

短い手紙こうかれていた。

 

近頃、いかがお過ごしでしょうか 今朝掃除していました

、この形のいい2枚の紅葉を見つけました。 手紙と一緒に郵送

します。 になりました。 いつでもお出掛けになりますことを、

待ち 申し上げております”

 

はこれは料金支払の請求書だとは思いません 渡辺淳一氏

“秋早朝、腰をかがめて美しい落葉を拾う、美しい女性

像した。 そ瞬間、私は全く呆然としてしまいました”

 

 

 

艺妓的教养   

2014-11-16 19:23:45   来源:辛子IN日本

 

 

今年中秋过后在日本全国公演的《舞妓はレディ》,是日本导演周防正行自1996年的《Shall we ダンス》(中译:谈谈情跳跳舞)之后,时隔18年隆重推出的一部娱乐片。

 

《舞妓はレディ》直译成中文是《舞妓是女士》或《舞妓是淑女》,在中文网络也有人将这部片名翻译成《窈窕舞妓》。影片以轻快活泼的音乐剧形式,讲述一位说着满口方言的乡村少女春子,如何通过执著的努力,成长为一名优雅美丽的舞妓。

 

艺妓的教养 - 唐辛子 - 辛子IN日本

 

舞妓”是京都花街特有的说法,在东京一带的花街,“舞妓”则被称为“半玉”,意思都是指“艺妓”的入门级或预备班,在成为一名舞妓(也即“半玉”)之后,再继续努力至少五年,更加深化磨练“艺”与“技”,才能晋升为一名“艺妓”。(东京一带称“艺妓”为“一本”)。

 

因为一个“妓”字,“艺妓”总是容易带给人们某种情色的联想。而实际上,作为“艺妓”, “艺”是主,“妓”为辅。艺妓一生主要卖两种“艺”:一是才色之艺,二是处世之艺。所谓“才色之艺”,是指艺妓不仅要有从歌舞到各种乐器须得样样精通的才华,还必须“才色兼备”。这个“色”并非指容貌漂亮,而主要是指言行举止----涂上厚厚白粉的脸,看起来都是差不多的,区别只在于举止投足一言一行之间,是否足够温婉雅致,足够赏心悦目。而至于“处世之艺”,用大家都熟悉的词来说,就是指“教养”。

 

身为艺妓,是相当需要教养的。众所周知,艺妓是“卖艺不卖身”,但艺妓也是人,也一样需要恋爱甚至生儿育女。运气好的艺妓,遇到自己喜欢的男人,对方若又愿意娶她为妻,那当然是皆大欢喜。但大部分的艺妓,则是藏在阴影处做别人的情人。情人,是个相当隐忍的身份,没有相当的教养,是无法成为合格的情人的。有些艺妓,成为某名人或某政治家的情人之后,闹出绯闻并被媒体曝光的,在艺妓行业里是要受到指责的,会被认为不配称为“真正的艺妓”。因为绯闻被曝光,难免令人难堪,而绝不令人难堪,是身为一名“真正艺妓”的教养。

 

所以,在艺妓的世界里,没有“NO”这个词。例如说:遇到不喜欢的客人邀请自己外出,艺妓绝不会说“NO”,而是会客客气气地回答说“谢谢”。对于懂得的客人而言,在听到艺妓回答了一句“谢谢”之后,若再无下文的话,便知道自己被拒绝了。

 

当然,也会遇到不懂得的客人。蔦清小松朝次,是东京柳桥的一位年满百岁的现役艺妓,在她满一百岁那年,曾出了一本关于自己艺妓生涯的回忆录。写到有一次她和她的艺妓伙伴们遇到一位来自外乡的客人,喝了些酒之后便放肆起来,一定要看艺妓们露屁股,艺妓是不能对客人说“NO”的,因此,尽管客人的要求无理,但艺妓们却依旧高高兴兴地答应下来----然后艺妓们开始关灯,整个榻榻米和室变得一片漆黑之后,艺妓们集体喊完“123”,再将灯打开,问“刚才露屁股了,您看到了吗?”客人无话可说,于是哈哈大笑起来。

 

关于艺妓的教养,日本的情色大师作家渡边淳一,也曾在他的一篇随笔里,记载过这么一件事:

 

日本有艺妓的料亭只接受熟客而不接受生客。按照料亭的习惯,一般都是先消费,然后隔天再将记载有消费明细的帐单邮送到客人门上。渡边淳一喜欢玩乐热爱女人,经常去夜总会或是有艺妓助兴的高级料亭喝酒,因此每个月都会收到各种各样的帐单。

 

收到帐单当然不是件赏心悦目的事。但渡边淳一说:每次寄自京都花街的帐单,却令他心情愉悦。因为,每次打开信封,除了帐单外,还必定有一张女性亲笔手写的娟秀短笺:

 

又要到鸭川春季舞蹈公演的季节了,年轻的舞妓们都在紧张地排练。您若是赏脸可实在是太荣幸了。”

 

持续炎热的高温,您过得好吗?京都大文字五山送火的时候,您不来感受夕阳下的凉风吗?”

 

转眼到了秋天,渡边淳一再收到帐单时,拆开信封里面还会夹着两枚漂亮的红叶,娟秀的短笺上则写:

 

您一切可好?今天早晨打扫院落,看到了这两枚形状别致的红叶。同信一起邮寄给您。秋天到了,随时恭候着您。”

 

我几乎不觉得这是要求我付费的帐单。”渡边淳一说:“想象着一个温婉的女子,在秋天的清晨弯腰拾起美丽落叶的情形,有一瞬间,我完全呆住了。”

 

|

3090 中国は見る(1728) 日本女性の愛情武士道 ⑨ 唐辛子《日本女性の愛情武士道》の読後感



唐辛子《日本女人的爱情武士道》读后感 

2012-06-17 22:18:05 辛子IN日本

 



この読後感は網易ネットの浅笑さんのブログを転送しました。 

どうもありがとうございます。

 


浅笑さんのブログのアドレス:http://blog.163.com/jean_lee7/


唐辛子《日本女性の愛情武士道》の読後感   浅笑

 

この本と、南橋の《ア、メリケン》を買った理由は、決して同じで

はありません。 唐辛子さんのブログを長い時間かけて読みま

した。 その上彼女は長沙の人です。 

 

彼女のブログの中にこの本の抜粋が載ってました。 例えば、



白熱化した恋愛は、ずっと続くものではありません。 偶然の

巡りあい、交際、愛情の河に落ちていく2人。    最初の1,2

年は、お 互い相手の知らないところを 探すことに、喜びや 好

奇心を持ち、また相手からの お返しを期待したりして、2人で

いる間の時間はきらきら輝いています。    でも4、5年経つと、

双方が努力しない限り、2人でいる時間は新鮮味がなくなって

いくのは当然のことです。 

日本の有名作家・渡辺淳一氏は、講演の中で、日本の女流

作家の話をしました。 その中で、“女性作家の中で、印象に

強く残っているのは宇野千代さんです。 宇野千代さんの沢

山の作品を読みましたが、印象に 残っているのは、彼女が

自分の文章の中で淡々とこう書いていたことです。「私ったら

一体どうしたんでしょう? ちょっとうっかりしてまた男とベッド

に入っちゃった”

 


あなたを愛してるわけではない。 金を稼いで養えない力がな

いわけじゃない。 あなたに頼って養わせようというわけでも

い。 たとえ彼のためにすべて金を出したところで、それでも相

変わらずあちこちで浮気するだろう------もしこの3点がす

て一人の男に集中したとしたら、あなたはそれでも引き続き

を愛することができますか?   このような“馬鹿女”が、一生の

情熱を費やして、このような“ばか男”を愛した。  彼女の名前

は与謝野晶子と言い、与謝野寛という“ばか男”を生涯に亘っ

て愛した。 

 

 
このような抜粋を見て、とても読んでみたいという気持に駆ら

てしまいました。 この本、私は長沙人の李沢厚先生の書籍

読んだ後、2番目に買いたいと思った ―― 長沙人が書いた本

です。 

3日で読み終わりました。 とてもおもしろかったです。 ここに

紹介された5人の日本女性、どの女性の人生もそれぞれ違

ます。 でも、それぞれに自分をちゃんとさせる方法と道を見つ

けだしています。  一番、私をうれしくさせたのは、彼女たちの

人生体験に対する勇気です。 みんな、行動派です。 本屋を開

こうと思えば開き、着物の 製作・販売をしようと思えば、すぐや

る。 フランスに行きたいと思えば、すぐ資金繰りする。 たとえ

天文学的数字でも、なんとかやりとげる。   自分の心に忠実で、

追い求めるのは、すべて個人の人格の完成である。   私は常

日頃、人は勇気を持つべきだと考えている。    勇気があれば、

何事もそんなに複雑で、できないことはないはずだと思う。

 

 

勇気は、私達、中国人にとっても必要ですが、なかなか持つこ

とができないものです。   唐辛子さんが紹介した、この5人の

日本の女性、彼女たちの人生は本当に大したものです。 



本書から意外な収穫がありました。 加藤登紀子さんの“自由

武士道”から、私は1960年代が、中国大陸で 造反の紅衛兵

がいただけじゃなく、フランス、日本でも 学生運動が 世の中を

騒がせていたということがわかりました。  中国の歴史書が私

達の目の前にいっぱいあり、わが国の飛躍の本に興味を持つ

外、他の国の歴史を読むことはほとんどないからです。 与

野晶子の“情熱武士道”の中から、私は日本が 中国を侵略

した時、日本人の誰もが洗脳されていたわけでなく、反戦の声

があったことを…… 知りました。

この本を読み終わって2日間、頭の中に本の中の人物が躍動

る姿が思い浮かび、暫くの間、なかなか落ち着きませんでし

た。 唐辛子さんが本書を書いた目的は、 



紹介した5人の日本女性の物語から、彼女たちが変化の多か

った人生体験の中から、次第に独り立ちして行き、最終的に独

立した人生に辿りついたということを、読者のみなさんに知っ

もらいたいと思っただけです” という。

 


この本を読み終わって、「彼女もやった」 と思いました。

 

 

 

 

唐辛子《日本女人的爱情武士道》读后感 

2012-06-17 22:18:05 辛子IN日本

 


这篇读后感转自网易网友浅笑的博客。非常感谢。



浅笑的博客地址:http://blog.163.com/jean_lee7/

唐辛子《日本女人的爱情武士道》读后感 
浅笑 



买这本书,与买南桥的《啊,美利坚》理由可不一样。虽然读唐

辛子的博文有很长一段时间了,而且她也是长沙人,因为她博客

心情中有对这本书的摘录,如:



白热化的恋爱是不可能长年持续下去的。邂逅、相知、坠入爱河

的二个人,在最初的一、二年里, 因为彼此探索着对方未知的处

女地,而充满着喜悦、好奇,以及对于回报的期待,二个人之间

所有的时间都闪闪生辉。可是,四、五年之后,如果没有双方的

努力演出,二个人一起的时间变得黯淡失色亦便成为一种理所

然。--摘自《日本女人的爱情武士道》



日本的著名作家渡边淳一,有一次在日本某地做文学演讲,演讲

中谈起日本的女流作家,就说 : 日本的女作家中,记忆最深的就

是宇野千代。  渡边淳一说:他读过宇野千代无数作品,印象最深

的是她居然会在自己的文章中无比恬静地这样写 : “我这是怎么

啦?居然一不小心又跟男人上床了。” ---摘自《日本女人的爱情

武士道》

并不最爱你,不会赚钱没有养家能力甚至要靠你来养着他,即使为

付出一切他也依旧背叛你到处花心------ 如果这三点都集中

在一个男人身上,你是否还会继续爱他?就有这样的“傻瓜”女人,

一辈子的热情,去爱这样“混蛋”的一个男人。 她叫与谢野晶子,

而那个被傻傻地爱了一辈子的“混蛋”男人,叫与谢野宽。 ---

自《日本女人的爱情武士道》 



哈,这样的摘录,挺吸引阅读欲望的,呵呵。这本书,是我在读

长沙人李泽厚先生书籍之后,第二位想买的——长沙人写的书。 



三天就读完了。挺好看的,这介绍的五位日本女人,每个人的人

生都不一样。然而,各自都找到了完善自我的方法和途径。最为

令我欢喜的,是她们对人生体验的勇气,都是行动派。想开个书

社,就开;想制作和服出卖,就做 ;想去法国,就筹钱,即便是

天文数字,居然也完成了。忠实于自己的内心,追求的都是个

人格的完成。我常觉得,人要有勇气。 一旦有了勇气,很多事

都不会是那么复杂难办的。  勇气,也是如我这般中国人非常需

要,却很少能够拥有的品质。唐辛子介绍的这五位日本女人,她

们的人生真了不起。 



本书还有意外的收获。 从加藤登纪子的“自由武士道”中,我知

道在 20世纪的 60年代,不仅仅只是中国大陆有造反的 红卫兵,

在法国、在日本,学生运动也是轰动一时啊。  因为自己觉得中

的历史就已经丰富得让我们目不暇给了,的确除了大国崛起

的那几本感兴趣的书外,很少读其它国家的历史。  从与谢野晶

子的情热武士道”中,我知道了 日本侵华时,日本国人也 不是

人人都被洗脑干净了,还是有反战的声音…… 

读完本书两天了,心情还随着书中人物生命勃发的人生经历久

不能平静。唐辛子说本书的目的: 



只是想从所介绍的五位日本女人的故事中,让读者们知道:她

们是如何从曲折的 情感经历中,逐步完成情感的独立,并最终

就具备独立人格的人生。” 


读完这本书,我觉得,她做到了。


 

|

3089 中国は見る(1727) 日本女性の愛情武士道 ⑧ 武士道式の愛情とは“独立”すること

 

武士道式的爱情是“独立” 

2012-06-11 00:28:10   辛子IN日本

 

知らないネットの方から書評をいただいた。 感謝。 ブログに紹介しま

す。 



「愛情武士道とは従順から独立すること」  劉雅婧

 


《日本女性の愛情武士道》を読んで、林語堂が言ったという

中国の料理人に、日本人の奥さん、フランス人の恋人”の

言葉を思い出した。 今この言葉は、“中国料理を食べ、日

本人の嫁さんをもらい、日本のアダルトビデオを見る”に変

っているという。


 
中国人は 思考の慣性から、時々、どこかの王朝制度より長い

と思っている。 百年が過ぎた。 大多数の人が中国語で思考

する大脳皮質には日本女性、おとなしいというのが 唯一

貼られた レッテルである。  発散できない好色ホルモンの息

遣いの後に、近代主義の行き詰まりの解消とからかいが 見て

取れる。
  


武士道式の愛情は“忍ぶ恋”である



を映す鏡である。  女性は人から見られるものである。

この《日本女性の 愛情武士道》は、ちょっとテーマが先行し

寝物語+笑い」の 嫌いがある。 特に中国の女性には、こ

れは 男性至上主義の“洗脳”をそれとなく含む本だと思う。



実際、最後まで読むと、日本に住んでいる作者・唐辛子さんが、

二つの文化のかけ橋をしよとしている意図がだんだんわかって

きた。 新しい世代で成長した中国の知識人女性として、西側

の女性権利拡大運動と中国の女性意識の解放・特に女権の今日

の中国での地位を回避することできない。 日本の女性の伝

統的な“従順”は、ほとんど歴史から消えつつあ

 


彼女は、日本の近現代史の中から5人の最も“菊”と“刀”を

代表する特性を持つ傑出した女性を探し出し、彼女たちの物語

を新しい視点で、武士道的解釈の手法を使って論述してい

 


武士道自体 については、武士道社会と制度はとっくになくなり、

西欧の騎士道精神と同じように、武士道精神は 日本人の血の中

に同化してい。 忠誠と名誉は、日本社会全体に深い道徳と

して影響を残している。 特に、いつも社会道徳の基本として持

ち出されるのが、《葉隠》などの著作で、武士道式の 愛情につ

いては“忍ぶ恋”だという。 女性に対する愛情“忍ぶ恋”とい

片思いの精神で、犠牲と奉仕をするのだという。



政治の中での男女関係については、日本の古い歴史書《古事記》

の中に手がかりがあ。 男の神・イザナギの命と女の神・イザ

ナミの命が天の柱を回って性交する。 女神が先に言葉をかけた

ためちゃんとした子供が生まれなかった。 その後、男の神が

言葉を発し、やっと日本の諸島が生まれる。 これを見ると西洋

と大して変わらない。 天地創造の初め、イブは蛇に誘惑され

悪を知って神のようになれる エデンの禁断の実を食べてしまい、

神の決めた秩序を破り、人類(特に女)はそれによって原罪を

ことになる。


これから見ると、大和魂の武士道精神と女性のつながりには少

しも無理がない。 伝説の中の日本女性は往々にして積極的な

一面があ。 本の序文の中で心理学者・河合隼雄氏の考察を

引用してい。 日本の伝説の中では、美人が男にプロポーズ

して結婚するが、男が約束を破り、女が別れていく話しが多い。

 

 

武士道式の愛情は「独立」


しかし、積極的と受身的な関係は、ここでは完全に逆転してい

る。日本女性の武士道精神の実際は、積極的と受身的な関係の

中に現われてい。 武士道式愛情は従順でなく、独り立ちに

あるということには驚きでした。

 

 

米国の学者・ルース・ベネディクは 特に 人類学の角度から、

日本文化の二重性を明らかにしている。 美を愛しながら武を

好み、礼を尊びながら闘いを好み、新しいのを好む一方、頑固

服従するが従順でない……このような矛盾日本女性に現れ

ている。 、たばこをを飲む伝統があるほか、日常の細いと

ころでは、舞う姿は弱々しいけれど、歌う時は堂々としている

ところがある。 



身のこなしは々しいが、しかし小さいから最後の瞬間ま

頑張る意識を教え込まれている。 近年行ったアジアの女性

に対する調査結果によると、1987年実施された男女雇用

等法以降、日本女性の70%が、専業主婦を離れたが、家庭

主婦の伝統には少しも変化がない。 この関係は親子関係

を通して 日本幼児教育 にも 伝えられ、“菊”の やさしさ、

刀”の厳しさが、日本女特有武士道を形成している

日本文化の特質をわからないと、いこと日本文明を誤読す

ることになり、日本女を読み誤ることになる。


武士道精神の伝統については、その徳目には“義、勇、仁、礼、

誠、名誉、忠義”があり、書道の修養、性格など精神を制御す

ことには変化はない。 しかし現実の日本の女性には明らか

に大きい変化が起った。 本の中で取り上げられた5人の日本

女性は、それぞれ 失恋自由奔放、勇 、自由、情熱武士

の代表である


人の女性の情史は常軌を逸したり伝統に反したも

い。 宇野千代、与謝野晶子、柳原白蓮、瀬戸内寂聴、加藤

紀子、彼女たちの人生と愛情に対する態度にたような

質がある。 勇気、情義、誠実、慈しみ、尊重。 彼女たちの

個人成長は愛情の話をべるため普遍的な価値を提供して

り、これらの価値は時間国を越えるもので、また中国の人々

色眼鏡を外してよく考えさせることができるものだ。 私達

中国と文化的に同族関係にある島国日本、特にいつも謙虚であ

日本女に対して、私達はどれくらい理解しているだろうか



作者最後、本の中の女性詩人与謝野晶子の言を引用し

ている。



私は人として、男性であろうと女性であろうと、人格を形成するため

には、理想として、必ず 4つの独立を経験し完成しないといけないと

思っています。 4つの独立とは、①思想の独立 ②愛情の独立 ③

創作の独立 ④経済的独立です。 この4つの独立を前提としてこ

そ、人としての独立が果たせることになります” 



これはもしかすると作者本当に言いたかったことで、彼女は

武士道式の愛情の特殊性を強調というよりも、彼女が愛情

の普遍 性を重視していると見たほうがと思います 彼女

は読者に、5人の女性どのように曲折した体験の中からだん

だん感情の独立を図って行き、最後に独立した人生を作り上げ

たことを見せたかったのだと思う。 にとって、経済

立は発展の基礎であり、女にとって、からの独立が発展

本です。これはこの世の理想であり、中国西洋共通した

ものです。

 

 

 

武士道式的爱情是“独立” 

2012-06-11 00:28:10   辛子IN日本



收到一篇不知名字网友发来的书评。感谢。转贴来博客。 



爱情武士道从顺从到独立 



刘雅婧


 

读《日本女人的爱情武士道》,能想起的源头是林语堂的一句戏说:

中国厨子,日本太太,法国情妇。”于今这句话被演绎成了“吃

中国菜,娶日本老婆,看日本AV


 

思维惯性有时比某个王朝制度要长得多,一百年过去了,在大多数

使用中文思考的大脑皮层里,温顺几乎还是 日本女人的唯一标签。

在无从释放的咸湿荷尔蒙气息背后,添多了几分后现代主义的消解

与调侃。


  
武士道式的爱情是“忍恋”

男人是女人的镜像。女人被视之为物,与当下的消费主义不无关

系。     这本《日本女人的爱情武士道》乍一看多少有点主题先行、

“枕头加噱头”之嫌。  尤其容易被中国女人以为这是一本隐含男

权主义思想的“洗脑”书。


实际上,看到最后,渐渐明白作者唐辛子有自己的用意所在,有旅

日背景的她,更像是架在两种文化中的一座桥梁。作为新世代生长

起来的中国知识女性,难以回避西方女权运动施与中国妇女意识的

整体解放尤其以女权在中国的今日地位,日本妇德中传统的“顺从”

几乎是开历史倒车。



但是她并没有在书中做简单的布道或简单的批驳,她挑挑拣拣,从

日本近现代史里找了 五个最代表“菊”与“刀”特性的杰出女性,

以她们的故事来打开新的视角,用武士道的解释手法,做一种不带

判定的论述。


从武士道本身说起,武士社会与制度已经消亡,和西欧的骑士精神

一样,武士道精神融化在日本人的血液里。忠诚与名誉,给整个日

本社会很深的道德感化。甚至被常常拿出来做社会驯化的工具,最

早在《叶隐》等著作里出现关于武士道式的爱情是“忍恋”,《叶

隐》一度是日本民主主义的理论温床之一,书中对女人的爱情标准

以单相思,牺牲和奉献为主。



性别政治中的男女关系,在日本最古老的史书《古事记》里可初见

端倪。男神伊邪那岐命和女神伊邪那美命绕着擎天柱做爱,女神先

开口说话,生下乱七八糟的东西,后改为男神先说话,这才生下了

日本诸岛。看到这里,中西方并无不同,创世纪之初,夏娃为蛇所

诱惑,先吃下拥有智慧的伊甸园禁果,打破了神预设的秩序,人类

(尤其是女人)从而有了原罪。



由此看来,作为大和魂的武士道精神与女人挂钩并不算牵强。源头

传说中的日本女人往往是主动一方,书序中援引心理学家河合隼雄

的考察结果日式传说中常有美女向男人求婚而结合,而男人破坏约

定,女人离去。


  
武士道式的爱情是独立



然而,主动与被动的关系,在这里完全颠倒。而日本的女人的武士

道精神的实质,则在主动被动来来去去中体现了出来。武士道式爱

情不是顺从,而是独立,这让很多人大跌眼镜。



美国学者鲁思·本尼迪克特曾经从人类学角度,这样揭示日本文化

的双重性:爱美而黩武、尚礼而好斗、喜新而顽固、服从而不驯

……这种矛盾性体现在日本女人身上,不仅包括抽烟饮酒的传统,

还有日常细节,她们往往舞姿柔弱,唱歌却吼得威风凛凛。 姿态

纤弱,但是从小被灌输了拼搏到最后一刻的意识。 在近年来一个

针对亚洲女性的 调查显示,自 1987年实施男女雇用均等法之 后

70% 的日本女性已经脱离了全职太太的角色,家庭中女人主内的

传统也丝毫没有发生变化。 这种关系借由亲子关系传达给日本的

幼儿教育,温雅的“菊”之美好和决绝的“刀”之凌厉, 形成了

日本女人特有的武士道。 这也难怪不懂得日本文化精神这一特质

的人,会长期误读日本文明,并误读日本女人。


尽管从武士道精神传统来说,其德目“义、勇、仁、礼、诚、名

誉、忠义”,修养书法,控制心性等精神是没有变化的,但现实

中的日本女人显然发生了很大变化,书中被贴上标签的五个日本

女性,分别代表着失恋的,放浪的,义勇的,自由的,情热的武

士道。



五个女性的情史无一不离经叛道反传统,宇野千代,与谢野晶子,

柳原白莲,濑户内寂听,加藤登纪子,她们对待人生与爱情的态

度中有相似品质:勇气、情义、真诚、仁慈、尊重。她们的个人

成长则为爱情的阐述提供某种普世价值,这些价值跨越时间国别,

也足以让中国的饮食男女们放下有色眼镜去好好想一想,对这个

与我们多少有些文化同宗关系的岛国族群,尤其是对似乎永远都

以谦卑示人的日本女人,我们了解多少?



作者在最后,援引书中的日本女诗人与谢野晶子一句话。



我认为,作为人,不管是男是女,作为理想,必须经历并完成

四个独立,才能形成完整的人格。这四个独立就是:思想的独立、

感情的独立、创作的独立、经济的独立。有了这四个独立做前提,

才真正完成作为人的独立。”



这或许是作者的态度真正表达,与其说她是在强调武士道式爱情

的特殊性,倒不如说她更看重爱情的普适性。她希望让读者看到,

五名女性是如何从曲折的情感经历中逐步完成情感的独立,最终

成就具备独立人格的人生。对男人而言,经济的独立是崛起之基

石,对女人而言,情感的独立则是崛起之根本。这也是天下大同,

中西贯通的。 

|

3088 中国は見る(1726) 日本女性の愛情武士道 ⑦ 5人の日本女性の結婚・恋愛エピソード (下)

 

《日本女人的爱情武士道》:五位日本女人的婚恋传奇 

2012-06-17 22:11:08   辛子IN日本

 

芥川龍之介は随筆《侏儒の言葉》の中で、“公衆は醜聞を愛

するものである。 白蓮事件、有島事件、武者小路事件 ――

公衆は如何にこれらの事件に 無上の満足を見出したであら

 ―― ” と 書いている。  ここで言っている “白蓮事件” は、

“大正の三美人”の一人・柳原白蓮と社会運動家の宮崎龍介

(父親は宮崎滔天)と駆け落ちをする。 白蓮は本名・柳原

子といい、父親は柳原前光伯爵で、駐清・駐露公使を務め

こともある。  母親は芸妓出身。  彼女の父方の叔母さん

大正天皇の生母であり、姪に当たる。 燁子が15歳の時、

的障害のある北小路随光子爵と結婚した。   5年後、彼女

離婚して実家に戻った。   その後、東洋英和女学校に 入学、

西洋文化を学び、短歌を学び始める。 26歳の時、九州の炭

鉱王・伊藤伝右衛門と再婚する。  これはいわゆる政略結婚

で、夫婦の年齢はかけ離れていた。  彼女は心身に屈辱を受

けていた。 若い記者・龍介が現れた時、彼女は心を躍らせた。 

彼女と龍介は 駆け落ちし、そして 新聞紙上に、夫との絶縁

状を掲載した。 2人はそれ以降、絶えず世間の壁から疎外さ

れていた。   関東大震災後、やっと大きな障害を抜け出し、

の天皇の従妹と社会主義運動家は最後まで一緒だった。白蓮

は龍介との間に、一男一女をもうけた。 終戦前、早稲田大学

在学中の息子・香織が学徒出陣し、爆撃を受けて戦死する。 

60歳の白蓮の髪はそれを聞いて、一夜で白髪になったという。 

それ以降、平和運動に身を捧げるようになり、“慈母会”を組織

する。 76歳の時、白蓮は緑内障で両眼を失明する。 龍介が

彼女を介護した。 

5人の女性の中で、一番若いのが加藤登紀子である。 彼女

は大学時代、藤本敏夫と知りあった。 彼女はこの学生指導

者に出会った時、彼女の一生の伴侶を見つけたと思った。 

藤本はとても亭主関白で、とても芯があり、自分の信念のた

めには決して妥協することをしない男でした。 彼女は“全

共闘”運動入獄した彼と獄中結婚する。 彼は刑務所では

事務作業を望まず、農業作業の仕事を希望した。出獄後、彼

大地を守る会」をうまく軌道にのたが、彼は農作物販

会社を他の人に譲り、千葉県の鴨川という辺鄙なところ

で自分の幸せな農業思想を実践することにした。 登紀子と

夫に考えの違いが表面化した。 登紀子の芸能活動と子供の

教育を巡っての衝突でした。 愛が、夫に最大限度の自由を

与え、妻由と心をもたらしました これ2人の結婚

以来の約束でした。 2人はそれぞれ自分のしたい事をやる

ことにしました。 農閑期になると、藤本は東京の家に戻っ

て、しばらく滞在しました。 登紀子も公演のない時は、子

供達を連れて鴨川の田舎に行き藤本と再会しました。 都市

情報から離れることなく、純朴な自然の田舎を満喫できると

いう、このような2元生活が、問題をうまく解決していきま

した。 その後、藤本はほどなく亡くなりました。彼が「自

然環境と現代文明の衝突についての思い」を一気に書きあげ

た文章は、登紀子、彼の死後、この本を《農幸福論》と

して出版しました。その後、2人の生活を綴った自叙伝《青

い月のバラード》も出版しました。 彼女は“鴨川自然王国”

を引き継ぎ、夫の未完の事業を続けています。     
  

この本を読み終わって、この5人の女性が選んだ男達は、い

ずれも才気煥発な人達で、伴侶を選ぶのにまったく俗っぽい

物質的要素は考えていません。 彼女たちは愛した人を力強

く助け、恋愛の挫折に対しても、泣きわめいたりしません。 

じっと耐え、恨みごとを言わず、自尊独立の姿勢を変えませ

ん。 

作家の宇野千代、瀬戸内寂聴、与謝野晶子は、一生筆で暮ら

しを立て、生命力もきわめて旺盛でした。 宇野千代は40

くらいの時、70年毎日同じ姿勢で人形を作る人形師を描

いた小説《人形師天狗家久吉》を書いた。 千代たちはみな

徹底的に自分を愛すと共に、彼女たちはを懸命に

なってごした。 これらの女性達の幸不幸は、傍観者

の見方に過ぎない。 彼女たちの人生の中身は、自分達体

験者しかわからない。しかし彼女たち本人とっては

生き方がすばらしく、大胆に夢を追、夫を追い求め、自

分の意志で行動し、堪え忍ぶことで、彼女たちのロマンチッ

な物語を作り出したのだ。  

 

  
――こ言葉日本語では、けなす意味 など少し

もない。 逆に尊称の意味がある。 この言葉は芸術家

腕・技巧を持つ女性に使われる。 例えば“女作家”、女

画家”碁を打つ“女棋士”などがある 文学評論など

では、文学のテーマや題材ではなく、作者の 性別で、女流作

家達の作品を“文学”としてこの用語が作られた。 日

は、昔から“女が文章を書く”伝統がありました。 8

紀末~12世紀末の平安時代、女文学の最初の 最で、

紫式部、清少納言はその時代のれたでした。 明治維新後

の文明開化の時代、 女性は同様義務教育を受けられるよう

になり、その上外来思潮の衝撃女性だんだん束縛から

解放され、長い間埋もれていた文学大いに 花を咲か

せ、樋口一葉、林芙美子、山崎豊子、森茉莉などが現れ 現在

(吉本ばなな、森瑶子、絲山秋子、角田光代、青山恵など)

に至るまで脈々と息づいている。

  
東郷青児(1897年~1978年): 日本近代の洋画家。 

鹿児島で生まれる。 少年時代竹久夢二に師事し、

24の時、フランスパリ留学、ヨーロッパに7年間暮ら

し、西の野獣派、立体派特にピカソの影響を受けた。 

国して洋画の風格と日本の伝統を一体化させるよう尽力し、つ

いに一派となる。 彼の作品は女性を表現することが多く、画

美しく優雅で、線はゆるやかだった。 東郷青は女

画が得意とした。 女とのうわさも沢山流れた。ヨーロッパか

ら帰国してほどなく嫁さん子供をもうけた。 その海軍

少将の娘盈子と相思相愛、彼女の父が猛反対し、盈子の口ぶ

を真似、東郷に絶交手紙を書いた。 酒で憂さを晴らして

いた東郷、富豪の娘・修子り合った。 修子の父

分りがよく、郷と先妻離婚が成立してないうちに、結婚式

を挙げさせ 東郷と修子結婚した時、家に閉じ込められ

ていた盈子が家を抜け出し東郷を探してやってた。 新婚妻

の修子、東郷の女関係が複雑なことがわかり、怒って家を

出て行き、結婚生活は2週間で終わった。

このあと東郷と恋人の盈子が心中するという社会事件が起っ

た。心中未遂に終わった盈子は家に連れ戻された。 

東郷と先妻とは離婚が成立、孤独な人なった。この時女流

作家の宇野千代は心中を内容とする小説を書いていたところで、

東郷にいきその心境を聞きに行こうと思った。 2人は話

が弾み、それ以降、同居るに至った。 

 
  

瀬戸内晴美は、昭和32年、レズ(女性の同性愛)をテーマ

した『女子大、曲愛玲』を発表、注目を集めた。 続いて

芯』、『かの子撩乱』などの女性の性を描いた作品を発表

たため、誹謗中傷籠った「子宮作家」というレッテルを貼

られ、まるで当時女性主義の代弁者のようになった。 恋愛、

結婚、不倫、出家など人生のさまざまな経験を経た瀬戸内晴美

、俗世間の批判を恐れることなく、引き続き小説の創作に従

事している。 作品は数十種類に達している。 その小説は広

範に取材し、写実手法で、赤裸々な人間を書いている。 


《日本女人的爱情武士道》:五位日本女人的婚恋传奇 

2012-06-17 22:11:08   辛子IN日本

 

芥川龙之介在随笔《侏儒的话》中感叹道: “公众是喜欢 丑闻的。

白莲事件,有岛事件,武者小路事件, 公众会从 这些事件里得

多么无限的满足啊——”这里说的“白莲事件”是指被称为 “大

正三美人” 之一的 柳原白莲和青年社会活动家 宫崎龙介 私奔。

莲原名柳原烨子,父亲柳原前光伯爵,曾任 驻清和驻俄公使。

亲艺妓出身。她出生之时,她的姑姑是大正天皇的生母。  烨

15岁与弱智的北小路随光子爵结婚,五年后她离婚回到娘家。

此后不久在东洋英和女校学习,摄取西方文化,开始 和歌创作。

26她再嫁九州煤炭大王 伊藤左右卫门,这是 一桩政治婚姻,

夫妻年龄相差悬殊,身心饱受屈辱。 当年轻的记者龙介出现时,

不禁令她怦然心动,她与龙介密约私奔,并在报纸上断绝与 前

夫的关系。     两人此后不断被世俗壁垒隔开,由于关东大地震

才摆脱 重重阻挠,这位天皇的表妹和社会主义呼吁者最终走到

一起。  白莲为龙介生下一儿一女,终战前她在早稻田大学的儿

子 香织被征入伍,遇炸身亡。 六十岁的白莲一夜白发。 从此献

身于和平运动,组织“慈母会”。   老年后,76岁时白莲患青光眼

失明,全靠龙介照应。   

  
在这五位名女人中年龄最小的就是加藤登纪子,她在大学时代

认识了藤本敏夫,认识这位学生领袖可以说她找到了一生的护

佑。藤本是个酷酷的大男人,性格坚定、敢于担当、为了自己的

理念绝不退缩。  由于她参加“全共斗”运动入狱,他在刑务所不

愿接受文案工作,而是非要去从事农业劳动。  出狱后他的大地

株式会社做得有声有色,他却让给了别人, 他放弃了 贩卖农作

物的公司,打算到千叶县偏僻的鸭川实践自己幸福农业的思想。

登纪子与丈夫产生了分歧,因为这与 登纪子演艺事业和子女的

教育产生冲突。  爱就是给他最大限度的自由,绝不能束缚爱人

的自由与心灵,这是两人婚姻历久弥新的法宝。  两人各自做好

自己的事,农闲时 藤本会返回东京家中小住,登纪子 没有演出

安排,就领着孩子们到 鸭川乡下跟藤本团聚,这既没有 离开城

市的信息文明,还能体验淳朴自然的乡村,这种 二元生活 圆满

解决了问题。后来藤本知道不久于人世,奋笔疾书拼命写作,将

关于对自然环境与 现代文明的冲突所思所得记录下来,登纪子

则在他死后将此书以 《农的幸福论》出版,随后出版了关于两人

生活的自传《蓝月亮叙事曲》,她还接管了“鸭川自然王国”,继续

着丈夫未竟的事业。   

  
读罢此书发现这五位奇女子选择的多是才华横溢优秀的男人,选

择伴侣极少考虑凡俗的物质因素,她们对 所爱的人鼎力相助,对

待恋爱的挫伤,没有撒泼玩命,而是 选择了极度隐忍, 一直秉承

自尊独立的态度,从不怨天尤人。 作为作家的宇野千代和濑户内

寂听、与谢野晶子一生都笔耕不辍,且生命力极其顽强。  千代在

四十多岁曾写过纪实小说《人形师天狗屋久吉》 写一位人偶 工艺

师七十年如一日,每天在同样姿势制作者不同的玩偶。 对于千代

她们都是淋漓尽致地爱着属于自己的男人,同时她们在竭尽全力

地过好每一天。这些女子的幸与不幸 不过是围观者的看法,这人

生的个中滋味只有亲历者晓得。 然而于她们本人而言,每位都活

得足够精彩,她们 大胆地追梦、追寻爱人、是独立与 坚忍缔造了

她们浪漫不羁的传奇。   

  
①“
女流”一词在日文中没有丝毫贬义,反而感觉是个尊称:此词

限用于艺术家和身怀特殊技艺的女性身上,如“女流作家”、女流

画家”下围棋的“女流棋士”等。在文学评论中海创造了个术语叫

“女流文学”,不是按照文学主题或题材,而根据写作主体的性别

来区分,用以指称女作家们的创作。  日本自古似乎就有“女流从

文”的传统,在八世纪末至十二世纪末的平安时代,女流文学 首次

进入盛期,紫式部、清少纳言就是其间的佼佼者。  自明治维新后

文明开化, 女性得到同样的义务教育,加上外来思潮的冲击,女性

逐步摆脱束缚,埋没多时的女流文学大绽异彩,像 樋口一叶、 林芙

美子、山崎丰子、森茉莉等,以至现今(吉本芭娜娜、森瑶子、丝川

秋子、角田光代、青山七惠等)形成一条的鲜明的脉络。

  
东乡青儿(1897-1978年)日本现代洋画家,他生于鹿儿岛市下

荒原町,少年时代师从竹久梦二,24岁留学于法国巴黎,在欧洲七年

受西方野兽派、立体派尤其毕加索影响,回国致力于将西洋画风格

和日本传统溶为一体,终于自成一派。  他的作品多以表现女性为

主,画风清秀典雅,线条活泼洒脱。东乡青儿擅画女人画,绯闻也

足够多,从欧洲归国不久有了老婆孩子,后认识 海军少将的女儿

盈子两人一见倾心,她的父亲竭力反对,并以盈子口气给东乡写

了绝交信,借酒浇愁的 东乡继而认识了 富家女修子, 其父 开明,

没等东乡与前妻离婚,到处张罗办喜事。  东乡与修子刚成婚,原

配和摆脱囚禁的盈子相继找上门来。 新婚燕尔的妻子修子,一看

东乡女人关系如此复杂,气得离家出走,短命婚姻维持两周,随后

就产生了东乡与情人盈子殉情的社会事件,殉情未遂的盈子被父

亲拽回,东乡与前妻离婚成了孤家寡人,此时女作家宇野千代写

的小说有殉情内容,到东乡家取经,两人相谈甚欢, 此后两人发

现到同居。   

  
濑户内晴美先是在昭和三十二年,发表以蕾丝边(女同性恋)为

主题的『女子大生、曲爱玲』小说,而引人侧目;继而陆续发表 『花

芯』、『歌乃子撩乱』等女性意识强烈的作品,因而被冠上毁誉参半

的「子宫作家」的称号,俨然成为当时女性主义的代言人。  历经恋

爱、结婚、不伦(外遇)、出家等人生经历的濑户内晴美,毫不畏惧

世俗的批评,持续不断地从事小说创作,作品多达数十种。

(转贴地址来源:http://book.douban.com/review/5467742/

  

|

より以前の記事一覧