1353 中国は見る(640) 日本の下着メーカー 「婚活ブラ」を発表

トリンプ・インターナショナル・ジャパンが「婚活ブラ」を発表

黛安芬公司研帮助求偶文胸

2009 5 14 星期四 06:51 BJT

Photo_4 ロイター5月13日電、「太陽光発電ブラ」、「マイ箸ブラ」など(世相を反映したユニークな)製品を発表しているトリンプ・インターナショナル・ジャパンが、結婚相手を探す日本女性のために、「婚活ブラ」を発表した。 

Photo_5 日本の結婚率は年々下降し、女性の平均結婚年齢は28歳を超えるようになった。 これは25歳を過ぎたら下り坂と見ている国からみると相当遅れている。

トリンプが今回発表したブラジャーは、「婚活カウントダウン時計」が付いており、女性に結婚までの目標期間を設定できるようにしている。 

Photo_6 もし、婚約指輪をこの時計装置に差し込むと、カウンターがストップし、メンデルスゾーンの《結婚行進曲》(The Wedding March)のメロディーが流れるようになっている。

Photo_7 また、このブラジャーには婚姻届にサイン、捺印できる印鑑とボールペンを入れるポケットも付いている。

トリンプの広報担当Keiko Masudaさんは、“このブラジャーはまだ販売していませんが、未来の夫をただじっと待っているだけでは満足せず、積極的に結Photo_8 婚相手を探す現代的な日本女性にピッタリです”と語った。

“日本女性は男性より積極的で、今や立場は逆転しました”

日本政府の統計によると、34歳以下の日本の女性の約57%は独身で、結婚紹介会社の数は約3,800社に上る。

黛安芬公司研帮助求偶文胸

2009 5 14 星期四

06:51 BJT

路透513---曾研发过太阳能文胸、筷子文胸等品的黛安芬公司开发了一款专为日本女性设计的文胸

日本的婚率持下降,女性平均婚年28这对一个曾认为女性25就在走下坡路的国家来,已是相当了。

黛安芬最新设计的文胸中有个子婚礼时钟,提醒女性按照时钟定的时间寻觅如意郎君。

如果将婚戒指放置进这个装置里,倒计时将停止,文胸将奏响松的《婚礼行曲》(The Wedding March)。

这种文胸中有一个小口袋,可以放章和笔,以备签协议时使用。

黛安芬言人Keiko Masuda称,这种产未出售,但非常适合不愿消极等待未来丈夫来主追求她代日本女性。

日本女性得比男人,角色完全转换了。

日本政府数据示,将近57%34以下日本女子尚未婚,日本有3,800家公司提供婚介服。(完

| | Comments (0)

729中国の三面記事を読む(204)チャン・ツーイのファッション(4)【完】

Photo ファッション4段跳び チャン・ツーイのファッションの変化を見る

娱乐专题「着装四跳 章子怡的化史

网易NetEase www.163.com

Photo_2

【4】第四ステップ(2007年):個性が目立った時期

今やファッションにますます自信を持った章子怡(チャン・ツーイ)は、過去のイメージにこだわらず、新しいことをやろうとしている。 当然、いいことも悪いことも出てくる。 しかし間違いなく大女優に向かっている彼女にとっては、もう“服に着せられている”段階を抜け出し、その個人的風格は、次第に服装を乗り越え、“服を着こなす”最高の境地に、あと一歩のところまで近付いている。

“動くデコレーションケーキ”―2007年2月25日、第79回アカデミー賞Photo_3 Photo_4

Photo_5Photo_6アカデミー賞受賞はなかったけれど、ハリウッドでますます地盤を固めた章子怡(チャン・ツーイ)は、当日開催されたパーティーに招待さPhoto_7れた。 しかし残念ながらVelentinoのイブニングドレスの彼女は、胸が小さいのと腰回りが太目といった欠点をモロに出し、あまりにストレートな長髪とハデすぎる化粧で、美容師、デザイナーらから、“動くデコレーションケーキ”と揶揄された。 どうやら、ここ数年来一番の失敗だったようだ。 第四ステップのこの写真がきれいだと思う人  157人

白黒の高級服とドングリまなこ―2007年5月21日、第60回カンヌ国際映画祭Photo_8 Photo_9

Photo_12Photo_13 今年のカンヌに章子怡(チャン・ツーイ)は、Chanelの高級服で現れた。 斬新な中性っぽい格好 で、当日の赤ジュータンで注目されたスターの一人となった。 ただ注目されたのは、その中性っPhoto_10Photo_14 Photo_11ぽい服装の新鮮感であって、決して美的感覚からではなかった。 なぜかというと、痩せすぎの彼女は、この服を着ると余計痩せて見え、それにドングリまなこ はいかがなものかと思う。 章子怡が、新しいもの、変化を求めるのは肯定するが、何でも風格が出せるものではないことを、彼女に申し上げたい。  第四ステップのこの写真がきれいだと思う人  254人

紫色の服と大きなネックレス―2007年6月25日、香港返還10周年慶祝「映画人の夕べ」Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

上海映画祭に出席しなかったことで話題となった章子怡(チャン・ツーイ)は、国内の別の「夜会」に出席した。 だが、このLouis Vuittonの秋冬の服装と宝石はちょっとオーバーだったが、幸いなことに髪型から化粧まで章子怡は控え目で、ネックレスは大きかったけれど、色が服装にピッタリ合っており、身体にはほかに余計なものがなかったので、どうやらパスしたといったところか。 

第四ステップのこの写真がきれいだと思う人  204人

品のいいピンクのスカートと羽扇の組み合わせ―2007年7月2日Dior07/08秋冬高級服ファッションショーPhoto_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10

章子怡(チャン・ツーイ)は、もう昔の駆け出し女優ではない。 今や大ファッションブランドの寵児である。 Armani後、Diorに気に入られ、彼女を07年秋冬高級ファッションショーへ招待したことからも、その国際的地位が明らかだ。 Photo_11 Photo_12 当日、Diorの秋冬の服を着た彼女は、今年最も成功した姿を見せていた。 彼女の風格には、スケールの大きさも見られるようになった。 手の中の扇子はユーモラスである。 ファッションと同じように、彼女はもうすべてを手中に収めているかのようだ。

第四ステップのこの写真がきれいだと思う人  568人

| | Comments (0)

728中国の三面記事を読む(203)チャン・ツーイのファッション(3)

Photo ファッション4段跳び チャン・ツーイのファッションの変化を見る

娱乐专题「着装四跳 章子怡的化史

网易NetEase www.163.com 

【3】第三ステップ(2006年):華麗に変身の時代

Photo_2

Armaniに気に入られた章子怡(チャン・ツーイ)は、この年行われた公開の席には、ほとんど同ブランドの服装を着て出席した。 生まれ変わったという表現がピッタリで、その鷹揚で優雅な雰囲気からは、章子怡の以前のオドオドした様子など完全に見られなくなり、国際女優らしくなったといえる。

「青みがかった黄色」の華麗なスカート―2006年第63回アメリカゴールデングローブ賞Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

章子怡(チャン・ツーイ)が出席した、多くの大会で、このアルマーニ・デザインの服装は、今までで一番成功したものだ。 独特の青みがかった黄色は、これPhoto_7 までの礼服に見られなかった色である。 しかも相当目立つ。 もちろん目立ちすぎの色は、往々にして失敗しやすい。 だがこのスカートの線は流れるようになだらかで華麗なスカートに仕上がっており、章子怡の若さを十分に引き出し、その日の赤ジュータンとうまくマッチした服装になっていた。

第三ステップのこの写真がきれいだと思う人  799人

花模様のスカートと黒の礼服―2006年第78回アカデミー賞Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11

アカデミー会場に3回出席した章子怡(チャン・ツーイ)は、やはりアルマーニの黒い服を着て登場した。 ゴールデングローブ賞の時より更にシックだった。 しかしゴールデングローブの時称賛された衣装に比べると、今回の礼服の評価は褒貶相半ばといったところだった。 褒める人は独創的だとし、全体的に見てもいいといい、批判する人は、胸のところのデザインがよくなく、大らかさにかけるとけなした。 しかし、いずれにしても章子怡の進歩にみな驚いた。第三ステップのこの写真がきれいだと思う人  310人

孔雀の肩掛けと左右不対称の服装―2006年第25回香港アカデミー賞(金像奨)Photo_12 Photo_13 Photo_15 Photo_19

前年の「金像奨」の時に比べ、今回の章子怡(チャン・ツーイ)の服装は、絶対に激賞ものだ。 孔雀の肩掛けを、春夏の時期に出すのはちょっとオーバーだが、紫色を不規則に裁断したアルマーニのイブニングドレスは、緑色のベルトと絶妙な組み合わせで、申し分ない上品さがあり、女王の貫禄を出していた。 更に孔雀の肩掛けも結構役立ち、全体的に見た時、この上ない効果を上げており、今までで最高の域に達したものと言える。

第三ステップのこの写真がきれいだと思う人  199人

赤い服と不釣合いのアクセサリー―2006年第63回カンヌ映画祭Photo_20 Photo_21 Photo_22 Photo_23

章子怡(チャン・ツーイ)の服装については、彼女自身の評価と同様、両極端の意見が多い。 今回の赤色はアルマーニの代表である。 この赤色のアルマーニは、文句なくきれいだ。 章子怡の髪型と化粧も、以前と比べると新味が見られる。 しかし欠点は、彼女の“成り上り者”といった振る舞いがまた見られたことだ。 やたらとごたごたとした飾り物と真っ赤な服装との組み合わせは、“過ぎたるはなお及ばざるが如し”で、服装のタブーに触れるものだ。

第三ステップのこの写真がきれいだと思う人  204人

相変わらずの赤いスカート、新鮮味にかける―2006年第63回ベネチア映画祭Photo_24 Photo_25 Photo_27

今回のベネチア映画祭で、章子怡(チャン・ツーイ)は少しでしゃばり過ぎた。 映画祭の審査員マーク・ミュラーPhoto_28を跪かせ全世界の話題となった。 この時の服装は、相変わらずアルマーニだった。 ゴールデングローブ、カンヌの時と同じで、美しいことは美しいが、新鮮味に欠け、いささか見飽きてきた。

第三ステップのこの写真がきれいだと思う人  214人

ウエストラインがやや高めの白のイブニングドレスはいいが、ヘアスタイルがパッとせず―2006年第31回トロント映画祭Photo_30 Photo_31 Photo_32

《女帝-エンペラー》(夜宴)が、トロント映画祭に出品されたため、章子怡(チャン・ツーイ)は、白色でウエストラインがちょっと高めのイブニングドレスで現れた。 この一年貴婦人的イメージで登場していた彼女が、突然このような清純な姿に変身したこPhoto_33 とは、却って新鮮感を感じさせた。 しかし残念なことに、あまりにも派手な化粧とへたな髪型は、この服装とはまったくアンバランスで、せっかくいい服装が台無しだった。

Photo_34 第三ステップのこの写真がきれいだと思う人  169人

| | Comments (0)

727中国の三面記事を読む(202)チャン・ツーイのファッション(2)

Photo_23 ファッション4段跳び チャン・ツーイのファッションの変化を見る

娱乐专题「着装四跳 章子怡的化史

网易NetEase www.163.com

Photo_24

【2】第二ステップ(2004年―2005年): 模索と起伏の時代

数年の努力を経て章子怡(チャン・ツーイ)は、国際映画スターの列に加わるようになった。 映画に出演するごとにスポンサーがつくようになった。 だが彼女はまだ自分のスタイルをはっきり掴めていなかった。

人々は、自分の成熟した優雅な姿を望んでいるのではないかということで、この時期目立ったイメージに出たが、逆に古くさいと言われ、また宝石をやたらとひけらかし、彼女の自信のなさの欠点を見せつけた。

オーソドックスな黒の礼服に長いイヤリング―2004年第29回トロント映画祭Photo_25 Photo_26

章子怡(チャン・ツーイ)おめでとう。 いろんな批判を受けた後、ファッションセンスは向上した。 オーソドックスな黒の礼服なら間違いなく、ほどよいセクシーさもあった。 彼女のように胸が小さい身体にはピッタリだし、ほどよくセックスアピールを出せば、単調にならなPhoto_27 Photo_28 いですむ。 アクセサリ―の組み合わせを見ると、ちょっと目立つ長くぶら下げているイヤリングと服装は、まあまあつり合っている。 デビューして以来、比較的成功した部類に入る。 唯一の欠点はパンチが足りないことだ。

第二ステップのこの写真がきれいだと思う人  232人

グレーの礼服と地味なヘアスタイル―2004年第57回カンヌ映画祭Photo_29 Photo_31 Photo_30

この時期、中国風の服装で章子怡(チャン・ツーイ)はよく登場した。このグレーの礼服は、昔の刺繍やボタンといったものはなくなり、だいぶ高級になったものの、ヘアスタイルから化粧、そして服のデザインはちょっと古くさく、まだファッションの極意は掴んでいないようだ。

第二ステップのこの写真がきれいだと思う人  89人

青い刺繍のシルクの服に黒のロングスカートの組み合わせ―2005年第24回香港アカデミー賞(金像奨)Photo_35 Photo_48 Photo_32 Photo_34

《2046》で主演女優賞に輝いた章子怡(チャン・ツーイ)は、相変わらず中国風の看板を降ろさずにいた。 このツ―ピ―スの礼服は、まったく成功した衣装とはいえないものだ。 上は青の刺繍が入ったシルクだがセンスがなさすぎる。下は黒のロングスカート。 上下がどうもアンバランスである。 また腰のあたりが良くない。 腰が長く足が短く見える。 それに髪型がパッとしない。 もともと香港メディアに評判の悪い章子怡は、さんざんたたかれた。

第二ステップのこの写真がきれいだと思う人  158人

“昔の水着”風ワンピース―2005年第77回アカデミー賞Photo_36Photo_39  Photo_37 Photo_38

この年、章子怡(チャン・ツーイ)は、自分を成熟した女に見せようと着飾った。 黒色のMonique L'huillierの服を着た彼女は、前回よりもう国際的大スターの風格があった。 しかし上半身をきつく締めたこのデザインは、“昔の水着”だと陰口をたたかれるほど、ちょっと見苦しかったし、また髪型は、年齢を10歳も老けて見せた。 その時の彼女は、自分を成熟した女に見せたかったのだろうが、いささか度が過ぎ、却って逆効果となってしまった。

第二ステップのこの写真がきれいだと思う人  160人

黒の礼服にピンクのハイヒール―2005年第58回カンヌ映画祭Photo_40 Photo_41 Photo_42

Photo_43アカデミーの時と反対に、カンヌ映画祭に現れた章子怡(チャン・ツーイ)は、自分の方向を見つけたようだった。 ちょっと地味な黒っぽい服装だったが、前が短く後が長いスカートは、鷹揚さを見せ、若さもあり、ピンクのハイヒールと手袋が全体として明るい感じになっていた。 しかしこの服装から感じられるのは、章子怡が自分に自信がない時、豪華な宝石で自分を飾ることだ。 これは逆に自分の底の浅さを見せるもので、 ティアラかネックレスのどちらか一つで十分だ。第二ステップのこの写真がきれいだと思う人  404人

清新さあふれる「白黒のハスの葉」のスカート―2005年第11回中国映画祭“華表奨”Photo_44 Photo_45 Photo_46 Photo_47

数年の試練を経て、中国国内の授賞式に出てきた章子怡(チャン・ツーイ)は、国内の女優より一段上のファッションで現れた。 Oscar de la Rentaを着こなし、この高くて着心地のよい、白黒のハスの葉をアレンジしブランド品礼服は、まさにピッタリで、章子怡をお姫様のように見せた。 すがすがしく上品なそのいでたちに会場は圧倒された。

第二ステップのこの写真がきれいだと思う人  574人

| | Comments (0)

726中国の三面記事を読む(201)チャン・ツーイのファッション(1)

Photo_6 ファッション4段跳び チャン・ツーイのファッションの変化を見る

娱乐专题「着装四跳 章子怡的化史

网易NetEase www.163.com

ハリウッドでも人気のある章子怡(チャン・ツーイ)は、4月25日発売されたイギリスの男性誌《FHM》の「世界の百大セクシー女神達」で、中国人女優としては唯一入選し、今や彼女の地位は確実なものとなっている。

数年前を思い出してみると、デビューしたての頃、腹掛けスタイルでオリエンタル風を演出していた駆出し女優が、今や国際スターで赤ジュ―タンの上を大女優然として歩いているのを見ると、まったく雲泥の差を感じる。

章子怡(チャン・ツーイ)の歩んできた道は、順風満帆というべきものだ。 しかし演技や個性、その他ファッションについて、しょっちゅう批判された。 批判があるからこそ成長できた。 今、彼女は美しい白鳥に変身したといえるかもしれない。 過去のいろいろな忘れられない出来事の中には、あるいは耐え難いものがあったはずだ。 しかしその失敗がなければ、どうして今日の成功がありえようか?

【1】第一ステップ(2000年―2003年):Photo_7 人気爆発 やぼったい時代

デビューした頃の章子怡(チャン・ツーイ)は、服装についてまるでセンスがなかった。 いわゆる改良中国服で、赤いジュータンに現れた。 品のない色、デザイン、刺繍、ボタン、玉などで飾っていた。 それにひけらかす個性も非難された。 これ以降、ファッションについての悩みを抱えることになった。

中国風刺繍入り腹掛けスタイル―2000年第50回ベルリン映画祭Photo_8 Photo_11Photo_10

このだいだい色の礼服は、改良した腹掛けスタイルで、中国風の刺繍を施しているが、まったくファッションセンスがない。 それにとても野暮ったい肩掛け、また化粧もなってない。 今や国際スターとなった彼女がこの写真を見たら、きっと後ずさりするに違いない! こPhoto_9の写真から私達は、当時の新人・章子怡が、まだファッション界に地位を築いていなかったことが見て取れる。 身体を引き立てる宝石が見当たらない。 今や宝石で輝いている彼女とは、まったく別人のようだ。

第一ステップのこの写真がきれいだと思う人  274人

ビーズのチャイナドレスと真っ赤な唇―2001年第73回アカデミ―賞Photo_12 Photo_13 Photo_14

同じく中国風の服装。 一年後《グリーン・デスティニー》(卧虎藏龙)で一躍有名になった章子怡(チャン・ツーイ)は、アカデミー賞に初めて登場、前よりは格段によくなった。 Escadaのビーズのチーパオは、国際映画市場の正式の場所に出席する中国女Photo_15 Photo_16 優としては無難で、まずまずの選択と言える。 特段びっくりするほどのものではない。 このチーパオの色彩と仕立てはなかなか良かったし、彼女の年齢と身体つきにピッタリだ。 ただ、化粧が濃すぎ、実年齢とつりあわず、ちょっと品がなかった。

第一ステップのこの写真がきれいだと思う人  139人

ピンクのシフォンに大きな鳳凰のネックレス―2003年第56回カンヌ映画祭Photo_17 Photo_18

国際的地位が次第に上がっていった章子怡(チャン・ツーイ)は、服装ではもう中国風にこだわらなくなった。 第56回カンヌ映画祭の《パープル・バタフライ》(紫胡蝶)の試写会の時に、彼女はピンクの薄いシフォンの服装で登場したが、残念なことに悪評だった。 “品がない”と言われた。 人目を惹いた宝石も、彼女の服装とまったく合わない、更には“成り上りPhoto_19 Photo_20 Photo_21 者”のようだと揶揄された。

第一ステップのこの写真がきれいだと思う人  189人132

| | Comments (0)

657中国の三面記事を読む(178) 美人コンテストにかけた執念

36歳四川の女性 偽名で香港の美人コンテストに出場 処罰される

2007-06-09 00:26:42 36四川女子冒名渡香港参加美被判刑

来源: 四川新(成都) 网友评论 575 论坛

四川新聞ネット6月9日報道:36歳の唐秀蓉は、香港の美人コンテストに出場しようと思ったが、年齢制限のため出場できないことが分かった。 しかし、ダメと分かった後、唐秀蓉は、若い女性の身分証を借りて偽名で参加することを思いついた。 6月8日の四川新聞ネットによると、成都市青羊区人民法院(裁判所)は、この越境事件の唐秀蓉被告に対し、懲役6ヶ月、執行猶予1年と罰金千元(約1万5千円)の判決を言い渡した。

記事によると、香港の美人コンテストに出場しようと思った唐秀蓉は、満36歳では年齢規定の上限を過ぎており、出場できないことを知った。 しかし、なんとしても出場したい唐秀蓉は、香港に行き美人コンテストに出るため、とうとう去年3月、彼女より十二歳年下の鄧という女性の身分証と戸籍謄本を借用することを思いついた。 鄧さんは、唐秀蓉の甥の彼女で、唐秀蓉は難なく鄧さんの身分証と戸籍謄本を借りることが出来た。 その後、唐秀蓉は、その身分証と戸籍謄本を持って、自分の写真を使って、成都の旅行社を通じ、成都市公安局出入国管理所から鄧さん名義のパスポートと香港・マカオ通行証を手に入れた。 コンテストに出場するため、唐秀蓉は、去年3月25日から9月7日まで、偽名のパスポートと香港・マカオ通行証を使って、前後18回、羅湖や皇岗口岸の国境検問所を通り大陸と香港の間を行き来した。 またその間、唐秀蓉は香港とタイの間を4回往復した。  同年9月21日、唐秀蓉は再度、成都市公安局出入国管理所で、鄧さん名義で香港・マカオの通行証を申請する際、不正が見つかり、その場で逮捕された。

成都市青羊区人民法院(裁判所)で審理され、唐秀蓉は国境管理法違反、他人名義で何度も越境したことは重大であり、その行為は越境罪に当たる。

しかし、唐秀蓉は初犯であり、罪を認め態度もきわめて良く、またその目的も非合法活動ではないことから、裁判所は、その情状を酌量して罪を軽くし、かつ執行猶予の判決を適用することとした。

| | Comments (0)

653中国の三面記事を読む(175)チーパオは漢族の独創作品(下)

Photo_1526  男性としては、中国女性のチャイナドレス(チーパオ)を見ると、つい目が吸い寄せられてしまう。 とは言え、現在の中国に行っても、街中で見かけることはほとんどありません。 レストランやホテルの女性がたまに身につけているのと、後は、テレビでよくやる民国時代を舞台にしたドラマの中で、チーパオ姿が見られるくらいです。 ちょっと残念です!

チーパオが一番似合う人は誰?

2006-10-1915:46:28  倾城风韵,婀娜多姿的旗袍适合谁?

来源:网易旅游综合  网友评论17条进入“旗袍”论坛

Photo_1527 チャイナドレス(チーパオ)を着た女性からは、優雅さ、繊細さが感じられます。 ちょっと高いエリから伸びた首筋は優美で、軽くて滑らかな布地は女性を優しく包み込み、身体の曲線を際立たせています。 そのえも言われぬ美しさ、しとやかさは、西側女性にはない味わいです。

だからチャイナドレス(チーパオ)は、中国女性に一番合うものです。

Photo_1528 チャイナドレス(チーパオ)は、中国女性の誇りです。

チャイナドレス(チーパオ)は、中国服飾文化の代表です。

中国女性の頭、首筋、ひじ、胸、腰、尻、そして手、足などから総合的に作り出される様々な曲線Photo_1529 が、チャイナドレス(チーパオ)によって、遺憾なく演出されるわけです。 チーパオは、中国女性の胴長や痩せているといった肉体的欠陥を押し隠し、逆に中国女性特有の風情と魅力を目立たせます。 正面から見てもなかなか見映えがする服だし、ほかのものと比べてもまったく遜色がない、中国の伝統に添った服です。 横から見ると、これまたいい味Photo_1530 があります。 “S”型となっており、スリットが入っていることにより、男性の目を楽しませてもくれます。

ついでに言うなら、このスリットは、決して単なる名前だけのものではなく、歩きやすさといった実用性から設計されたものです。

おしゃれな女性は、チーパオを自分の身体に合わせPhoto_1531 て作らせます。 だからとてもピッタリしたものになります。 身体にピッタリしたチーパオは非常に大事なことです。

チーパオ姿の一番似合う女性は誰だろう?

チーパオ姿にピッタリの身体つきの女性は誰だろう?

Photo_1532 まず、肩はなで肩でなくてはダメだ。 いかり肩、肩幅が広い人はチーパオを着てもいかつい感じがして、やわらかさに欠ける。 次に、腰は細くなくてはいけない。 腰回りが太めの人はチーパオを着ても見映えがしない。 お尻は多少肉付きがあったほうがいい。 それから首は長いこと。 高い襟には長い首が合うし、スラリと見える。 また胸の大きさは程々がいい。 背は1.60-1.70mくらいが適当である。 高すぎても低すぎてもチーパオの見映えがよくない。

Photo_1533 チーパオ姿の似合う女性、最高の女性は、たとえば「花様年華」の蘇麗珍と「傾城の恋」の白流蘇だ。 彼女達は、昔の映画の中でお目にかかった女性だ。 

張愛玲は「衣服は一種の言語である。 身に着けているのは小型劇場だ――身の回りにあるもの――それは服である。 私達はそれぞれ服の中に住んでいPhoto_1534 る」と述べている。 張愛玲は、とてもチーパオが好きだった。 いろんな種類のチーパオを持っていた。 《伝統的な豪華な錦織のチーパオや、しなやかであでやかな薄手のチーパオ、華麗で豪華なラメ入り模様のチーパオ、黒緞子の高い襟、袖なしチーパオなど》 彼女のチーパオを着た姿は、ファンの記憶の中に深く刻まれている。 張愛玲の文章を読み、彼女のチーパオを着た写真を見ていると、なんとなく時代の匂いが漂ってくるようだ。

映画「花様年華」の中で、張曼玉はいろいろなチーパオを、23着も着替え、チーパオの美しさを存分に楽しませてくれた。Photo_1535Photo_1543  Photo_1536 Photo_1537 Photo_1538 Photo_1540Photo_1544 Photo_1545 Photo_1546 Photo_1547 Photo_1541 Photo_1542

Photo_1539

|

652中国の三面記事を読む(174)チーパオは漢族の独創作品(中)

チーパオの歴史

2003-11-07 10:53:34 旗袍的历史

Photo_1498 チーパオ(旗袍の起源―― チーパオ(旗袍)は満州族の旗人の(長い中国服)、寛(ゆったりした長衣)で、三百年ずっと変化なく続いてきたものだ。

“上海のスタイルを真似よう。 あれこれ真似してもうまくいかない。 やっと少しは様になったと思ったら、もう次の流行に変わってしまった”

これは1930-40年代にはやったざれ歌で、当時の上海のファッション界での先進的地位を現したものだ。

1930-40年代は、中国近代女性の服装が最も輝いた時期で、中でも30年代はピークと言える。 チーパオ(旗袍)は中国女性の代表的服装となった。 洋風デザインを取り入れた上海のチーパオ(旗袍)は、上海から全Photo_1499 国各地に広まった。 世界の人々が知るようになったのは、30-40年代のチーパオ(旗袍)からだ。 チーパオ(旗袍)は、中国女性の痩せて小柄な身体の特徴にピッタリで、特に上海女性に好まれた。 その上、この時期には、外国の生地がどんどん中国に入り、大新聞、雑誌には、ファッション特集が組まれ、また、当時のカレンダーには流行の先端の美女が載り、これらがファッションの発生源、流行源となった。 各大百貨店もしばしばPhoto_1500 ファッションショーや展示会を開いた。 特に上海は、全国のファッションの中心となり、その当時の欧米の最新ファッションが、3-4ヶ月遅れで上海に入ってきた。 全国各地は、上海のスタイルを競って真似た。 中国と海外の貿易が頻繁になるにつれ欧米からの綿布、サージ、ナイロン、レースなどの織物が大量に入ってきて、いろいろと選択する範囲が広まった。 服装に対すPhoto_1501 る観念も変わっていった。 上海文化の代表として、上海チーパオ(旗袍)は、30年代チーパオの主流となった。 30年代の上海の上流社会の名門の娘達は、流行を求め豪華な生活を送っていた。 中国歴史上かってなかPhoto_1502 ったような出来事だった。 彼女達は西洋風の生活を送り、水泳、乗馬、ダンス、ゴルフに興じ、これに合う服装はきれいでピッタリしたものが求められた。 30年代の欧米の流行はウエストを締め、より女性らしさを強調するものだった。 そのためチーパオは、スリムで身体にピッタリするものとなり、高い襟に変化し、30年代の生活を謳歌していた時代にピッタリだった。

Photo_1503

30年代のチーパオのデザインには、二つの特徴があった。Photo_1504  “中洋折衷”、“バラエティーに富む”ものだった。 当時、美しさを求める女性のチーパオの着方は、多種多様だった。 一部、洋風を取り入れたり、チーパオの上に上着を組み合わせたりした。 一部、洋風とは、襟の部分や、袖のところに洋風形式を取り入れたものだ。 たとえば、開襟スタイル、袖や裾にハスの葉(フリル)のような図柄入り、スリットの入った袖、レースを付けたもの。 しかしこれは、一部のスターや貴婦人の社交用の礼服で、大部分の人達は、チーパオと洋服を組み合わせて着ていた。 たとえば、チーパオの上に、上着や毛皮のオーバー、毛糸のセーター、ベストなどを着たりした。 また首のあたりにはマフラーを巻いたり、真珠のネックレスをして格好よさを見せていた。 当時、スリムでヒップの締まったチーパオには、パーマと透明なストッキング、ハイヒール、イヤリング、腕時計、バッグが似合うとされた。 いずれもトップモードの装いで、女性らしさが強調されるものだった。 その後、更に改良されたチーパオが現れた。 西洋式裁断法を取り入れ、チーパオがより身体にピッタリとし、着やすくなった。 チーパオは中華民族の独特の風格ある“国民服”となった。 

もし、近代上海の開港がなかったら、“中洋折衷”“西洋に学ぶ”もなく、チーパオの近代化もなかったし、ましてや“上海チーパオ”なんて論ずることもなかったと言えるだろう。

Photo_1505Photo_1506Photo_1507Photo_1508Photo_1509Photo_1510Photo_1511Photo_1512Photo_1513Photo_1519Photo_1520Photo_1521Photo_1522Photo_1523Photo_1524

|

651中国の三面記事を読む(173)チーパオは漢族の独創作品(上)

旗装(満州族の婦人の服装)と旗袍(チーパオ)の違い

2007-05-16 12:42:33 这样的服装是旗装——旗袍   本文网址:http://bbs5.news.163.com/history/341150,61.html 

Photo_1484 チーパオ(旗袍)は、前世紀1920年代頃に始まり、1925年頃上海で流行した。 着ていたのは主に若い女子学生で、その後、次第に一般社会にも広まった。 チーパオのデザインと旗装(満州族の婦人の服装)は、はっきりした違いがある。 満Photo_1485 州族の旗装の特徴は、袖は長く、ダブダブの衣装で、ウエストの起伏などまったくなく真っ直ぐ足元まで覆っていた。 生地は繻子、緞子が多く使われ、服にはいろいろな図案が刺繍され、襟、前身頃、裾には大きく縁取りがされていた。 一方、チPhoto_1486 ーパオ(旗袍)はというと、身体にぴったりとし、長袖あり、短袖あり、袖なしありといろいろ、ウエストラインもはっきりし、更に中国女性の上品で美しい姿を表現しており、旗装の野暮ったさはない。 服を着た格好ではっきり区別がつく。 

Photo_1487 旗装では、長い服、長いズボンを穿いているが、チーパオ(旗袍)の下は肌着を付けているだけだ、それとストッキング。 チーパオは、中国が前世紀、西側のデザインを取り入れて作った斬新な服装だった。 チーパオの種類は沢山あった。 襟部分は高い襟、低い襟、襟なしがあり、開襟には如意襟、琵琶襟、斜襟、双襟などがあり、袖口は、袖の2_36 長いもの、短いもの、袖のないものがあった。 スリットは、深いスリット、浅いスリットがあり、また長めのチーパオ、短めのチーパオ、袷のチーパオ、単(ひとえ)のチーパオなどがあった。

チーパオは漢族の女性が、西洋の服装のデザインを取り入れて作ったものである。 漢民族の女性が主3_29 に着ている。 満州族の女性が着ることは少ない(流行を追う金持ちを除いて)。 常に改良されてきたので、みんなに受け入れられたのだ。 改良されたチーパオは、1930年代頃には、ほとんど中国女性の標準的服装となり“Chinesedress”(チャイナドレス)と言われるようになった。

1920年代から40年代にかけては、近代中国の女性の服装が一番輝いた時期だった。 30年代は、その中でもピークを極めた時代だった。 この時から、チーパオは、女性の服装を語る上でなくてはならない重要な地位を占めることとなり、中国の女性の典型的服装の代表となった。

4_17 チーパオは、旗人(満州族)の服装と誤解されているが、それは“旗袍”(チーパオ)という名前を取っただけだ。 “チーパオ”の名前の由来は、当時の漢族女性が穿いていたズボンやスカートに合わせて着る“袍”(長衣)がなかった。 男性や満州族の女性だけが“袍”(長衣)を着ていた。 1920年代、中国の流行の都・上海の流行の先端を行く11_17 若い女性が、斬新なデザインの“袍”(長衣)を着たが、これが“旗装”と見なされ、“旗袍”(チーパオ)と名付けられた。

デザインと見た目の印象からも、“旗袍”(チーパオ)と旗装(満州族の婦人の服装)は、まったく別物である。 “旗”という字があるから、それが漢民族のものではないと決めつけるのだろうか? 12_7 “満”という姓の漢人も、満人だというのだろうか?13_421_2 22_7 23_2 24_2 25_2

|