« 4217中国の三面記事を読む(1361)日本 国を挙げて パンダの赤ちゃんを祝う | Main | 4219中国の三面記事を読む(1363)“部屋の中が汚い人はお金がたまらない”(下) »

4218中国の三面記事を読む(1362)“部屋の中が汚い人はお金がたまらない”(上)

“房间脏乱的人”攒不下钱?
2017/04/17  来源:演播室by明子
 
先に紹介した【金持ちと貧乏人は 生活習慣で決まる:4211-2中国の三面記事を読む(1357-8)】、年収の高い人、金持ちには共通の習慣がある。 それでは、お金のたまらないはどんな情況だろうか? 恐ろくべくは、共通の生活習慣があるようです。
 
例えば、“部屋の中が汚い人は、お金がたまらない”ということについて、あるファイナンシャルプランナーによると、“自分の部屋を清潔にできない人の多くは、今の収入と支出を適切に管理できていません。 同様に、よく遅刻したり、時間的観念のない人も金銭感覚のない人です”という。
 
心理学者も同様意見を述べている。 “トイレが汚い人もお金をためることができません。 トイレ、台所、風呂場などが不潔な人、整理整頓ができない人、時間や金銭にルーズな人は、破産する人の特徴と言えます”(精神科医師)
 
“物を床の上に置く”といった習慣もお金がたまらない人の特徴です。 物を床の上に置くのは、整理整頓ができない証拠で、つまり、これは全体を掌握することができない人ということです。
 
それ以外に、家に多くのプラスチック傘がある人も要注意です。プラスチック傘を買うのは、突然の雨に携帯の傘を持ってないということで、これもお金のたまらない人の行動です。 
 
天気予報を調べることもなく、携帯用折り畳み傘を持たないことは、未来の情況を予測できないことです。
 
私の母は以前“生活経済学”の方の専門家でした。 今言うところのファイナンシャルプランナーの先駆者です。 母はよく“自らを管理することが家庭収支の管理に役立つ”と言い、もしお金をためたいなら、改めて生活を見直すべきと提案している。 再評価の重要な項目は以下の3つだという。
 
1.自分の財布の中にいくらあるか掴んでおくこと。
 
キャッシュレスが主流の今日、財布の中にいくらあるかを知ることは難しい。 しかし、もし自分の財布の中にいくらあるか知らないと、やたらと金を使う情況が増えることになり、ピンチに陥りやすい。 “用途不明のお金”が増えることは、お金がたまらない人の特徴です。
 
2.目的なく帰りがけにコンビニに入りませんか?
 
計画性のない人はお金をためることができません。 代表的な例は、“用事もないのにいつもコンビニに入る”人です。 これらの人は必要もないのに、コンビニにも入り、買う必要もないのに買ってしまいます。 また、“なんということなしに100円ショップに入る”人も同様です。 たとえ値段は安くても、大量に不要なものを買えば、結果はやはり浪費です。
 
理性的にショッピングできない人はよく衝動買いします。 浪費は当然増えることになります。 夜11時以降、開業しているスーパー、24時間営業のコンビニは、現代人の不安と孤独を埋めるものですが、同時に、無用な消費を招く元凶となるものです。
 
3.“安物買いは無駄使い”といった情況はありませんか?
 
“SALE”と書かれた大きく赤い字形を見ると、ついつい引きつけられてしまう。 しかし、込み合う店内で冷静に判断することは、容易なことではありません。 自分の服に合わないものや不要なものを買いがちです。 安物を買って損する情況は意外に多いものです。 わかってる人はふだんから予め自分の好みに合った店を回り、販促が始まった時に、試着することなく迅速に買うことができます。 これこそ生活の知恵です。
 
“房间脏乱的人”攒不下钱?
2017/04/17  来源:演播室by明子
 
日经中文网特约撰稿人 青树明子:正如上周介绍的那样,年收入高的人、也就是有钱人具有共同的活习惯。那么,攒不下钱的人是什么情况呢?可怕的是,似乎也存在共同的生活习惯。
 
例如据说“房间脏乱的人”攒不下钱。一位理财规划师表示,“在无法让自己的房间保持干净的人中,很多人不擅长掌控现在的收入和支出、妥善加以管理。同样地,经常迟到、没有时间观念的人也会缺乏金钱观念”。
 
心理学者也提及同样的意见。“洗手间肮脏的人攒不下钱。洗手间,灶台、浴室等的地方肮脏的人、不擅长整理整顿的人也不擅长管理时间和金钱,称得上破产之人的特征”(精神科医生)
 
据说“将物品放在地板上”这个习惯也是攒不下钱的人的特征。将物品放在地板上,是不擅长整理整顿的证据,也就是说,这是无法掌握整体情况的人。
 
此外,家里有很多塑料伞的人也要注意。购买塑料伞是因为突然下雨时没有随身带伞,这也是攒不下钱的人具有的行为。不爱查看天气预报、不随身携带折叠伞,相当于无法预测未来的情况。
 
我的母亲过去是“生活经济学”方面的专家。就是如今所说的理财规划师的先驱。母亲将重点放在“自我管理有助于家庭收支管理”之上,建议称如果想攒下钱,要尝试重新评估生活。要重新评估的重要项目有以下3个。
 
⒈要尽量掌握自己的钱包里有多少钱。
 
在电子货币成为主流的今天,掌握钱包里有多少钱有些困难。但是,如果不知道自己的钱包里有多少钱,当然乱花钱的情况也会增加,容易陷入贫困。“用途不明的钱”很多,是攒不下钱之人的特征。
 
2.是否漫无目的地顺道走进便利店?
 
缺乏计划性的人攒不下钱。代表性例子是“有事没事总走进便利店”的人。这类人即使没有必要,也会姑且走进便利店,结果购买了没用的东西。此外,“有事没事总走进100日元商店”也如出一辙。就算价钱低廉,如果大量购买不需要的东西,结果也是浪费。
 
无法做到理性购物的人经常冲动购物,浪费自然也将随之增加。在夜上11点后仍开业的超市、24小时营业的便利店填补了现代人的不安和孤独,与此同时,或许成为导致无用消费的元凶。
 
⒊是否存在“买便宜货白花钱”的情况
 
看到“SALE”这种又大又红的字样,就不知不觉被吸引。但是,在拥挤的商店内作出冷静判断并不容易,容易购买与自己的衣服难以搭配的东西以及不需要的东西。买便宜货致贫的情况意外地很多。高手会在平时提前逛自己喜欢的店,以便在促销开始后,不用试穿就能迅速购买。这是生活的智慧。

|

« 4217中国の三面記事を読む(1361)日本 国を挙げて パンダの赤ちゃんを祝う | Main | 4219中国の三面記事を読む(1363)“部屋の中が汚い人はお金がたまらない”(下) »

社会生活」カテゴリの記事