« 4172中国は見る(2626)日本の明治維新と中国の改革開放(3) | Main | 4174中国は見る(2628)“対トランプ”日中の分水嶺(上) »

4173中国は見る(2627)日本の明治維新と中国の改革開放(4)完

日本的明治维新和中国的改革开放 
2016/10/14  来源:柯隆
 
オーストラリアにシンクタンク(研究所)があり、そこは毎年世界の主要国の“外交指数”を出している。 2015年、中国の外交指数は世界第3位(1位は米国、2位はフランス)だった。 この指数は、順位が前ほど、その外交の影響力は大きいということだ。 
 
また、国連が毎年、非政府組織(NGO)に依頼している各国のの“腐敗認識指数”がある。 この指数は100に近いほど、その政府は清潔な状態であることを意味し、これに反して、この指数が0に近ければ、その政府は腐敗していることを意味している。 NGOの調査によると、世界で最も清潔な政府はノルウェーとスウェーデンなどの北ヨーロッパ国家だった。 
 
北欧に居住している中国人の友達によると、“ここは本当の社会主義です”という。 私は信じます。 北朝鮮の得点は8しかなく、最も腐敗している国に該当します。 全世界の平均値は43で、残念ながら、NGOの調査によると、中国の腐敗指数は38で、世界ランク100位で、不名誉な現実となっています。
 
この数年、中国国内の腐敗一掃は猛烈な勢いで進んでおり、摘発された汚職官吏の人数や収賄金額から、私達はこのNGOの調査の公正さに疑問を抱くことはできません。 もしも官吏の腐敗が個別事件だけなら、それはその個人の堕落として追及することができますが、しかし大量の腐敗が発見されたとなれば、制度の点検をしなければなりません。 私の郷里の南京市は、書記と市長が鎖につながれ投獄されています。 これはどうしてでしょう?
 
過去30年余り、中国は外国の技術を導入し、みごとに経済の急速な発展を遂げました。 しかし制度の導入の停滞がもたらしたマイナス効果をないがしろにはできません。 今日の経済発展は、緩慢ですが、新しい常態は悪い事ではありません。 問題は、改革の逆行にあります。 政府は毎年国外に視察団を派遣していますが、実際はその多くが旅行です。 
 
その次に、国外視察はインフラや工場です。 しかし国外の文化や制度などソフト・パワーの視察がとても少ないのです。 私達は国内で建てられた多くの大型のビルを目にします。 見た目は雄大ですが、中身はなにもなく、美感や親しみやすさに欠けています。
 
明治維新は日本人にどのくらいプラスの遺産を残したか? 実際には算出は難しい。 今日の日本は、世界強国のグループに属しており、明治維新の功績は消えることがない。 
 
同様に、改革開放が中国人民にもたらしたよいところは言うまでもない。 国内には悪辣に改革開放政策を攻撃する一部の人もいますが、しかし、また毛沢東時代の中国に戻りたいと願う人は少ないです。 私の小学校3年生の時(70年代初め)を思い出します。 
 
南京の真冬、1~2斤の野菜を買うため、朝の3時~4時に起きて、野菜市場で並びました。 たまたま近郊の農民が、自分の家に植えた野菜をこっそりと市内に持ってきて売るのです。 投機取引と見つかれば、お金を没収されてしまいます。 それは暗黒で恐怖の時代でした。 
 
しかし指摘しておきますが、改革開放は制度の建設面で停滞したため、悪い所がたくさん出たことです。 学者の研究によると、中国では3回、留学のピークがあったということです。 私自身も留学しました。 中国国内では人材の数には入れないし、ちゃんと勉強もできない。 だから出国して留学するんです。 その後は、国外に留まり就職する。 国にはいささかも損害(迷惑)をかけません。  
 
おもしろいことは、出国した当時、私が働いた部門は、“国家があなたを育成した。 もし君が帰って来なかったら、国は君をただで育成したことになるではないか?”と言っていた。 当時、急いで外国への試験を受けるため、部門に私の2年分の年俸を“自分を買うお金”として払い、自由と交換した。
 
今日の留学ブームは、実際は移住目的が多い。 中国は経済発展した。 しかし中国人が故郷を離れる数は、減らないだけでなく、逆に増えている。 中国人が本当に改革開放を点検するとしたら、一体どんな誤りがでてくるだろうか?
 
 
日本的明治维新和中国的改革开放 
2016/10/14  来源:柯隆
 
澳大利亚有一个智库(研究所),他们每年估算世界主要国家的“外交指数”,2015年,中国的外交指数位居世界第三(第一是美国,第二是法国)。这个指数里,排名越靠前,其外交影响力越大。另外,联合国每年委托一个非政府组织估算各国的“腐败认知指数”,这个指数越接近100,说明这个政府越廉洁,反之,这个指数越接近零,其政府就越腐败。根据他们的计算,世界上最清廉的政府是挪威和瑞典等北欧国家。我有旅居北欧的中国朋友告诉我:“我们这儿才是真正的社会主义”,我相信。北朝鲜的得分只有8,属于最腐败的那类。全世界的平均值是43,很遗憾他们测算出的中国的腐败指数是38,在世界排行第100名。一个不光彩的现实。
 
这几年,国内的反腐如火如荼,从落马贪官的人数及贪腐的金额,我们无法质疑这家非政府组织的计算的公正性。如果官员的贪腐只是个案,那我们可以追究其个人的道德修养;但大面积的贪腐出现,我们就应该检点我们的制度了。我的家乡南京市,书记和市长都锒铛入狱,这是为什么?
 
过去的30多年,中国学习引进外国的技术成功地促进了经济的飞速发展,但制度的引进滞后带来的负面效应不容忽视。今天经济发展放缓,新常态不是坏事,问题在于改革在倒退。政府每年派往国外的考察团,很多实际是去旅游的,其次,是考察国外的基础设施和工厂,但考察国外文化和制度等软实力的很少。我们看到国内建设了很多巨型高楼,外表宏伟,但内部没有内容,缺乏美感和亲和力
 
明治维新给日本人民留下了多少正面的遗产,很难实际计算出来。今天的日本跻身世界强国之林,明治维新功不可没。同样,改革开放带给中国人民的好处也是不言而喻,虽然国内有一部分人恶毒攻击改革开放政策,但很少有人愿意再回到毛泽东时代的中国。我记的小学3年级时(70年代初),在南京大冬天为了买一两斤青菜早上3,4点钟就要起来去菜市场排队。偶有郊区农民把自己家种的蔬菜偷偷拿到城里来卖被指为投机倒把没收钱财。那是一个黑暗而恐怖的年代。但必须指出的是改革开放在制度建设方面滞后,带来的坏处很多。
 
有学者研究认为中国出现了第三次留学高峰,我本人是留学出来的,在国内算不上什么人才,在国内时没有好好读书,所以出国留学,后来又留在国外工作,没有给国家带来半点损失。很有意思的是当年出国,我工作的单位说国家培养了你,你要是不回来,那国家不是白白培养你了吗?当时,急于出国考学,就付给了单位相当于我两年的年薪的“买身钱”换来自由。
 
今天的留学热实际是以移民为目的的,中国经济发展了,但中国人离乡背井的非但没有减少,反而增加。中国人真的应该检点一下改革开放中到底出了什么错误?

|

« 4172中国は見る(2626)日本の明治維新と中国の改革開放(3) | Main | 4174中国は見る(2628)“対トランプ”日中の分水嶺(上) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事