« 4173中国は見る(2627)日本の明治維新と中国の改革開放(4)完 | Main | 4175中国は見る(2629)“対トランプ”日中の分水嶺(下) »

4174中国は見る(2628)“対トランプ”日中の分水嶺(上)

“特朗普对策”是中日竞争的分水岭
2017/04/28  来源:日经中文网
 
トランプ米大統領の就任から3カ月。米からみて1位、2位の貿易赤字国である中国、日本との2国間での経済外交がほぼ同時並行で動き出した。 “対トランプ”で時間軸も戦略も好対照をなす日中のアプローチは、世界経済の新たな秩序を占う分水嶺となる。
 
   
4月18日、東京で約1時間の日米経済対話を終えた麻生太郎副総理とペンス米副大統領は“日米関係の新たな一ページ”という言葉で一致感を演出した。 だが、その中身には微妙な隔たりがあった。
 
 
経済対話を受けた共同発表文には従来の説明から微妙な変更が加わった。 “経済・構造政策”に続く2本目の柱だった“貿易・投資のルール”が米の強い要望で筆頭の柱に昇格。 “ルール”は“ルール/課題(issue)”と改められた。 米側は“障壁”を使おうとしたが、より曖昧な“課題”で落ち着いたという。
 
 
2月の日米首脳会談で政権ナンバー2が率いる幅広い対話の枠組みを設け、2国間の貿易問題から焦点を分散させたのは日本側の知恵だった。 米通商代表部(USTR)代表に内定したライトハイザー氏の議会承認が遅れるなど政府内の体制も不十分な米側だが、押さえるべきところは押さえた。
 
 
“将来は2国間の貿易交渉になるかもしれない”とペンス副大統領は指摘した。 今後、貿易ルールの協議は欧州、日本、中国を名指しして“自由貿易をとなえながら、実際には保護主義をやっている”と明言したロス商務長官らが担っていくことになる。
 
 
環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を通告した米トランプ政権は2国間での貿易不均衡の是正を求める。 農業分野などで、1度は米を含む12カ国で合意したTPPの内容を上回る市場開放も求めてくる可能性がある。 日本が残り11カ国でTPP協定を発効させる道を探る際には、米国と他のTPP参加国の板挟みも覚悟しなければならない。
 
2018年秋の米中間選挙まで1年半、米国が通商分野での結果を求めてくるのは確実だろう。
 
米貿易赤字の5割近くを占める中国はあえて“2国間”のアプローチで米側との歩み寄りを狙っている。 安倍晋三首相の訪問から2カ月遅れた4月7日、トランプ大統領の別荘で会談した大統領と習近平国家主席は“100日計画”の策定に合意した。 短期で具体的な成果を前面に出す意図がある。
 
100日とは何を意味するか。 ひとつの説は、3カ月後の7月上旬にドイツ・ハンブルクで開く20カ国・地域の首脳会議(G20サミット)だ。 米中の首脳が顔をそろえる国際会議に照準を合わせ、駆け引きを繰り広げるだろう。
 
米中双方の説明は食い違う。 米側は100日計画を2国間の不均衡是正の枠組みだと指摘する。 中国側は直接会談から5日後に、ようやく“経済協力に向けた100日計画”の存在を認めた。 外交・安全保障、包括経済問題、法の執行とサイバー、社会・文化の4分野で協議するというのが、中国側の説明だ。
 
“特朗普对策”是中日竞争的分水岭
2017/04/28  来源:日经中文网
 
美国总统特朗普就任已经3个多月。被视为美国第一大和第二大贸易赤字国的中国和日本几乎同时启动了与美国的双边经济外交。在“应对特朗普”方面,中国和日本在时间轴和战略上都形成了鲜明对比。这一过程将成为预测世界经济新秩序的分水岭。
 
 
4月18日,日本副总理麻生太郎和美国副总统彭斯在东京结束了长约1小时的日美经济对话后,双方都表示“日美关系打开新一页”,展示了两国的同盟关系。但其中存在着微妙的分歧。
 
 
麻生太郎和彭斯会谈后的联合声明与以往相比有了微妙的变更。“贸易与投资规则”曾经排在“经济与结构政策”之后,此次因美国的强烈要求而将其提升至首要内容。此外,“规则”也被改为“规则/问题(issue)”。据说美方曾希望使用“壁垒”的说法,但最终选择了含义更加模糊的“问题”一词。
 
 
在2月的日美首脑会谈中,日方提出设置由日美政府二号人物领导的广泛对话框架,将焦点从双边贸易问题上分散。这是日方的智慧之举。虽然被内定为美国贸易代表办公室(USTR)代表的罗伯特·莱特海策迟迟未获得国会批准,美国政府的内部体制尚未完善,但也尽了最大努力。
 
 
“将来也许会变为双边贸易谈判”,美国副总统彭斯指出。今后,贸易规则的磋商将由美国商务部长罗斯等人负责。罗斯曾点名欧洲、日本和中国并明确表示“(这些国家)虽然倡导自由贸易,但实际上是保护主义”。
 
 
已宣布退出跨太平洋伙伴合作协定(TPP)的美国特朗普政府正在寻求消除双边贸易上的不均衡。在农业等领域,美国有可能要求日本给予超过TPP12国协议的市场开放程度。在日本探索TPP11国协定生效的道路之际,必须做好被夹在美国和其他TPP成员国之间左右为难的心理准备。
 
距离2018年秋季的美国中期选举还有1年半,特朗普绝对会努力在贸易领域留下成果。
 
 
占美国贸易赤字近50%的中国也在积极寻求通过“双边”方式与美国达成相互妥协。在安倍访美之后2个月的4月7日,特朗普和中国国家主席习近平就制定“百日计划”达成了协议。此举意在短期内拿出具体的成果。
 
100天意味着什么呢?其中一种说法是,在于3个月后7月上旬在德国汉堡举行的二十国集团首脑会议(G20峰会),中美两国首脑都很可能出席,将围绕这一舞台展开博弈。
 
 
中美双方对“百日计划”的解释也有所不同。美方认为百日计划是消除双边不均衡的框架。而中国在首脑会谈过去5天后才终于承认存在推动经济合作的百日计划。中方对于百日计划给出的解释是中美将在外交安全、全面经济、执法及网络安全、社会和人文4个领域举行对话。

|

« 4173中国は見る(2627)日本の明治維新と中国の改革開放(4)完 | Main | 4175中国は見る(2629)“対トランプ”日中の分水嶺(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事