« 4164中国は見る(2621)東京に住むのがいいか? それとも地方がいいか?(下) | Main | 4166中国は見る(2623)森鴎外の高瀬舟と安楽死(下) »

4165中国は見る(2622)森鴎外の高瀬舟と安楽死(上)  

森鸥外的高瀬川以及安乐死   
2017-03-19 19:37:24  来源:辛子IN日本
                                                                                                                           
最近、瓊瑶おばさんがネットで、自分の死後の事について公開し、大きな感動を呼んだ。 みな、おばさんの度量の広さをほめたたえた。
 
実は、“安楽死”は新鮮なテーマではありません。 1916年に、日本の大作家、医学博士の森鴎外が“安楽死”を真摯に取り上げ、このことで小説《高瀬舟》を書いたことがあります。
 
京都に行くと、いつも行く場所は四条河原町です。 四条河原町から四条大橋方向に向かってゆっくり歩いて行くと、木屋町通が見えてきます。 木屋町通にはきわめて浅い川が流れています。それが高瀬川です。 高瀬川は岸に沿って両側に桜の木が並んでいます。 春になると、桜の木が枝を垂らし満開の花を高瀬川の清らかな水面を覆っています。 ピンクの花弁が高瀬川の水面に倒影しています。 川の水は乙女のようだ静かに、音もなく流れています。 このように魅惑的で言い知れぬ風情があり、また挑発的な趣は、正に京都です。 京都の桜は、高瀬川の存在により、別のところとは多少違って見えます。
 
Photo
 
高瀬川と高瀬舟
 
 
高瀬川は京都市街の桜の名所になっています。 しかし文士達は高瀬川を、川の水辺の風情のある桜ではなく、高瀬川の歴史にあることををしっかり知っています。 高瀬川は京都の豪商・角倉了以、角倉素庵父子が江戸初期に建造しました。 その当時は京都の中心部と伏見(現在の京都南部の伏見区)を結ぶ運河でした。 この運河は江戸時代からずっと大正時代まで、300数年来、京都と外部を繋ぐ連絡水路でした。 品物を輸送するだけでなく、囚人をも搬送しました。 江戸時代、京都で重罪を犯した囚人を、高瀬川特有の平底船“高瀬舟”で護送し、川に沿って下り大阪を経由し、遥か遠い孤島に流したのです。 
 
明治~大正時代の作家・森鴎外は、《高瀬舟》をテーマにした短編の名作を書きました。 
 
喜助という男が、殺人という重罪を犯し、高瀬舟に乗せられ陸地から遠く離れた離島に護送されて行きます。 高瀬舟が川に沿って下る途中、喜助は自分を護送する庄兵衛に、弟殺しのことについて語ります。 
 
2人の兄弟は幼少時に、両親を失い、助け合って大きくなりました。 ところが弟は不治の病に患い、痛みに耐えられず、かみそりで喉を切り自殺しようとします。 仕事から帰って来た喜助は、弟が自殺しているのを見てびっくりします。 しかし最後には、弟の望みを聞き、弟の願い通り弟の喉に刺さっているかみそりを抜いてやり、弟の命を終わらせてやりました。
 
森鸥外的高瀬川以及安乐死   
2017-03-19 19:37:24  来源:辛子IN日本
 
最近琼瑶阿姨的在网络公开交代自己的后事引发不小震撼。闻者皆赞阿姨豁达。
 
其实,“安乐死”并不是一个新鲜的话题,早在1916年,日本的大作家、医学博士森欧外就慎重地提出过“安乐死”,并为此写过一部小说《高濑舟》。
 
去京都,每次必去之地,是四条河原町。从四条河原町朝着四条大桥方向慢慢踱步过去,便可看到木屋町通。木屋町通有一条极浅的川流,那便是高濑川。高濑川沿岸种植着成排的樱花树,春天的时候,盛开着樱花的树枝低低地倾斜着一直拂向高濑川清浅的水面,粉色的花瓣在高濑川水中映照出倒影,川水静如处子,屏息而不语。这样欲擒故纵的、含蓄而又挑逗的画面,是极为京都的。京都的樱花,因为高濑川的存在,便显得与别处有些不同。
 
高濑川和高濑舟
 
高濑川因此成为京都市区中的一处赏樱名胜。但文士们记住高濑川,却并不是因为川水边那些挑逗而含蓄的樱花,而是因为高濑川的历史。高濑川由京都豪商角仓了以、角仓素庵父子修建于江户初期,当时是连接京都中心部与伏见(现京都南部伏见区)的一条运河。
 
这条运河从江户时期一直使用到大正时代,300多年来都是京都与外界的水路联络纽带。不仅运送货物,还运送囚人。江户时代京都犯下重罪的囚人,会被押送上高濑川特有的平底船“高濑舟”,沿川水而下,途径大阪,流放去遥远的孤岛。
 
日本明治到大正时代的作家森鸥外,就曾写过一部题为《高濑舟》的短篇名作,描写一名叫喜助的男子,因犯下杀人重罪,被押送上高濑舟流放去远离陆地的离岛。在高濑舟沿川而下的途中,喜助对负责押送自己的庄兵卫讲述他与弟弟的生死亲情:两兄弟自幼失去父母,相依为命一起长大。可惜弟弟身患不治之症,痛苦不堪,遂用剃刀割喉管自杀。外出打工归来的喜助见到弟弟自杀一幕大惊失色,但最终选择听取弟弟的意愿,在弟弟的央求下帮弟弟拔出插在喉管的剃刀,结束了弟弟的生命。

|

« 4164中国は見る(2621)東京に住むのがいいか? それとも地方がいいか?(下) | Main | 4166中国は見る(2623)森鴎外の高瀬舟と安楽死(下) »

社会生活」カテゴリの記事