« 4159中国は見る(2616)早稲田と慶応の校風比較(上)    | Main | 4161中国は見る(2618)北朝鮮 15日、軍事パレードでのミサイルは本物か? »

4160中国は見る(2617)早稲田と慶応の校風比較(下)   

早稻田和庆应的校风的比较   
2017/03/06  来源:演播室by明子
 
以前の私の経験ですが、慶応の学生に誘われ集会に参加した時、まず相手は車で私の家に迎えに来てくれ、(学生ですが、みな自動車を持っています)費用はすべて男性が支払ってくれました。 10歳頃から、レデイーを守るジェントルマン(紳士)の礼儀作法を心得ているようでした。 一方、早稲田の学生に誘われた時、彼らは最初に、“一緒に参加する場合、費用は割り勘でお願いします”と言われました。 どちらが人気があるかは、言うまでもありません。
 
また早稲田は自由奔放です。 “卒業生”の身分を維持するため留年する学生(2年以上留年してる学生は沢山います)、中途退学者……、人数はとても多いです。 おかしな学生もたくさんいます。 これが偏差値の高い大学とは思えないものです。 このような環境に身を置くと、罪悪も当たり前のように感じてしまい、それはとても危険です。 この点について慶応は、よく規律を守る方です。 もし“留年”の身分を維持するため留年すると、有名になってしまいます。 どちらの情況がいいのか、一概には論じられません。
 
日本の受験生は、校風の比較研究については熱心です。 大学の4年を快適に過ごすことができるかどうか? 大学生活中、付き合った友達、卒業後も付き合うことができるかどうか? これらは人生に重大な影響をもたらします。
 
Photo
 
 
明治大学
 
 
 
 
 
慶応、早稲田以外に、日本の学生達の目に入る各大学の校風は大体次の通りです。 学生の間で、最近人気が急上昇しているのは“MARCH”と言われる私立大学です。 何かというと、明治大学(MEIJI)、青山学院(AOYAMAGAKUINN),立教大学(RIKKYOU)、中央大学(CHUO),法政大学 (HOSEI)の5大学です。
 
“MARCH”の中で、受験生達が殺到するのは明治大学です。理由の一つは就職率がとても高いからです。 また明治大学の就職後のウワサもとても良いようです。 “仕事への努力”“謙虚さ”“根気がある”など、企業内部での評価も高い。 外国人留学生が明治大学に留学すれば、未来の“大企業ビジネスマン”と友達になるチャンスもあります。 ついでに言うと、高倉健、映画監督の北野たけしも明治大学卒業です。
 
立教大学は池袋にあり、れんが作りのキャンパスはとてもきれいです。 キリスト教の大学であるため、正統の礼拝堂もあり、卒業生が礼拝堂で結婚式を行うことも多いです。 そのためオルガンの音色も優美です。 また図書館や食堂もとても伝統ある建築物で、とてもきれいです。 映画の中の学生生活を望む人にとっては、最も理想的な大学かもしれません。 英語教育も整っているため、卒業生の中には“国際派”もたくさんいます。 アナウンサーやニュースのキャスターも輩出しており、とても有名です。
 
青山学院大学の英語能力も高くて、国際派大学といったイメージがあります。 キャンパスは東京の最もファッショナブルな場所・表参道近くにあり、場所は抜群です。 ついでに言いますと、青山学院付属の中等部の偏差値はとても高いです。 学生の多くは、良家の子女で、友達作りには最高です。 中国でも人気のポップスバンド“サザンオールスターズ”のメンバーは青山学院大学の学生らで結成されました。
 
中央大学は司法試験に強いことで名を知られています。 以前、弁護士志望の学生の多くが中央大学法学部に出願しました。 あるいはこの影響でしょうか、今も、公務員試験や各種の資格試験に強いということです。 まじめに勉強する学生が多く、真剣に学ぶ環境にいいのかもしれません。 
 
法政大学の学生は多くて、すべてのタイプの学生と知り合いになるチャンスがあります。
 
米国のハーバード大学大学院は面接の際、“この人は将来、私達のパートナーにふさわしいかどうか”を重点的に置くということです。 日本の大学が、このような程度までいってるかどうかは、別の問題として、学生が学校を選択する際、“将来このグループの一員となれるかどうか”を基準に考えることは、とても重要かもしれません。
 
 
早稻田和庆应的校风的比较   
2017/03/06  来源:演播室by明子
 
从很久之前我的经验来说,在被庆应的学生邀请参加聚会时,首先对方会开车到我家来迎接,(虽然是学生,但大家都拥有汽车)费用全部由男性一方支付。似乎从十多岁开始,就懂得了保护lady(女士)的gentleman(绅士)礼节。而在被早稻田的学生邀请之际,他们最初会这样说。“和我们一起出去时,费用是AA制”。哪一种更受欢迎,不需要多说。
 
此外,仍然是早稻田更加自由奔放。留级一年考上的学生(留级两年以上的人也大有人在)、为保住“应届毕业生”身份而选择留级的学生、在职学生、中途退学者……,人数都非常多。奇怪的学生也很多,甚至令人很难认为这是偏差值非常高的大学。如果置身于这样的环境,会感觉普通就如同罪恶,那样将很危险。关于这一点,庆应则显得循规蹈矩。据称,如果在庆应为保住“应届毕业生”身份而选择留级等,将很快出名。哪一种情况更好呢……,难以一概而论。
 
日本的考生对于校风的比较研究很热心。能否舒服地度过大学四年?与大学生活中交到的朋友们、在毕业之后能否继续交往?这些将对人生产生重大影响。
 
明治大学
 
除了庆应和早稻田以外,日本学生们眼中的各大学的校风大体上如下。在日本学生之间,最近人气正在上升的是被称为“MARCH”的私立大学。指的是明治(Meiji)大学、青山学院(Aoyamagakuin)大学、立教(Rikkyo)大学、中央(Chuo)大学和法政(Hosei)大学。
 
在MARCH之中,考生们趋之如骛的是明治大学。原因之一是就业率很高。此外,明治大学出身者就职后的口碑似乎非常好。包括“工作努力”、“谦虚”、“有毅力”等等,在企业内部得到高度评价。如果外国留学生到明治大学留学,就有机会与未来的“大企业商务人士”成为朋友。顺便说一下,高仓健、电影导演北野武都毕业于明治大学。
 
立教大学位于池袋,砖结构的校园非常漂亮。由于属于基督教学校,具有正统的礼拜堂,毕业生在礼拜堂举行结婚典礼的情况也很多,因此风琴的音色优美。此外,图书馆和食堂也都是很有传统的建筑物,非常漂亮。对于希望度过犹如电影中的学生生活的人来说,或许是最理想的大学。由于英语教育完善,毕业生中“国际派”很多。播音员和新闻评论员辈出,因此非常知名。
 
青山学院大学的英语能力也很强,具有国际派大学这一形象。主校园位于东京最时尚的地点表参道,地理位置最为卓越。顺便说一下,青山学院附属的初中部的偏差值高得不得了。学生多为好人家的子女,最适合交朋友。在中国也备受欢迎的乐队“南天群星(Southern All Stars)”是青山学院大学的伙伴们聚在一起建立的组合。
 
中央大学则以强于司法考试而闻名于世。此前,希望当律师的学生大多报考中央大学法律系。或由于这一影响,据称如今仍强于公务员考试和各种资格考试。学习认真的学生很多,或许是适合认真学习的环境。
 
法政大学的学生众多,有机会结识所有类型的学生。
 
曾听说美国的哈佛大学研究生院在面试之际将重点放在“这个人将来是否适合作为我们的伙伴”之上。日本的大学能否达到这种程度另当别论,学生在选择学校之际,以“将来能否成为这个圈子的一员”为标准加以思考,或许也非常重要。

|

« 4159中国は見る(2616)早稲田と慶応の校風比較(上)    | Main | 4161中国は見る(2618)北朝鮮 15日、軍事パレードでのミサイルは本物か? »

社会生活」カテゴリの記事