« 4099中国の三面記事を読む(1302)トランプ大統領次の矛先は中国とドイツに(下) | Main | 4101中国の三面記事を読む(1304)金正男 殺害される(2) »

4100中国の三面記事を読む(1303)金正男 殺害される(1)


金正恩委員長の長男 金正男氏殺害される マレーシア警察が暗殺容疑の女性の行方を追跡中

金正恩长兄金正男遇害 警方正追踪涉嫌刺杀女性
2017-02-15 05:32:04  来源:环球时报

Photo2
 
韓国メディア 「金正男死亡のニュース」報道
 
 
【環球時報 韓国、マレーシア特派員:済冬 欧賢安 環球時報記者 李萌】:14日、マレーシア警察の高官がメディアに、“北朝鮮の金正男(46歳)がクアラルンプール国際空港で搭乗前に死亡した”と発表した。 これより前、韓国メディアが金正男について、“北朝鮮の二人の女性工作員により毒針で殺害された”と報道していた。 マレーシア警察は、“死因は検死の結果を待たなければわからない。 当面、この事件を突然死案件とする”と述べた。
 
マレーシア《星報》の14日報道によると、現地時間13日午前、北朝鮮の男性がマレーシア・クアラルンプール国際空港で死亡した。 空港のあるセランゴール州の捜査当局責任者が、14日夜、《星報》に対し、死者は金正男氏と確認した。 2月6日以来ずっとマレーシアに滞在していたという。
 
《星報》が、捜査当局責任者の話として伝えたところによると、13日午前9時頃、金正男氏はクアラルンプール国際空港の出発ロビーで、10時発マカオ行きを待っていた時、身分不明の人に後ろから摑まれ、顔に変な液体を撒かれた。 金正男氏はすぐに、空港カウンターの職員に助けを求めた。 金正男氏は、空港診療所からプトラジャヤ病院に移送中、死亡したという。
 
報道によると、金正男氏は、空港診療所で軽い発作を起こしていたという。 マレーシア《東方日刊新聞》の報道によると、マレーシアの警察庁長官が14日夜発表したところによると、クアラルンプール国際空港から病院へ移送中死んだのは、北朝鮮の男性(46歳)で、パスポートの名前は金楚(Kim Chol)となっていた。
 
セランゴール州の捜査当局責任者がメディアに語ったところによると、警察はすでに北朝鮮大使館から遺体の引き渡し要求を受けたという。 しかし、これより前、マレーシアは死体の検死や、警察が、死者がマレーシア滞在中の行動を調査したり、彼が接触した人物を特定することにしている。 現在、警察は殺害したとみられる二人の女性を追跡中である。
 
“金正男が暗殺される”のニュースは、一番最初、韓国聯合通信社から流れた。 報道のニュース源については、“韓国政府の消息筋”だという。 韓国《毎日経済》が、“金正男氏が空港で「二人の北朝鮮女性工作員に毒針で殺された」と報道した。 青瓦台は14日、韓国の外交、国防部門が現在、金正男氏がマレーシアで殺された情報を詳しく調査中だと述べた。 また青瓦台は、報告を受けた後、調査指示を行った。 しばらく動向を見守ることとし、国家安全委員会の会議招集の予定はない。
 
金正男氏死亡のニュースは、その後、ロイター通信などのメディアに再引用された。 英国放送協会(BBC)は、韓国政府やマレーシア総理府に近い消息源からの話として、“北朝鮮指導者の金正恩の腹違いの兄がマレーシアで「殺された」”と伝えた。
 
公開資料によると、金正男氏は1971年、北朝鮮の最高指導者・故金正日総書記の長男で、母親は北朝鮮の映画スターの故成慧琳です。  正男氏はモスクワとジュネーブで勉強した。 《ニューヨーク僑報》の14日報道によると、正男氏は1995年、人民軍の大将軍を授与され、朝鮮国家保衛部海外部門の責任者、朝鮮労働党中央委員会宣伝部の指導員、朝鮮国家公共安全部の責任者、朝鮮コンピュータ委員会主席などの職を務めたことがある。
 
韓国聯合通信社の14日の報道によると、2001年、金正男氏は息子と二人の女性を連れて、成田空港の入国審査を受けた際、ドミニカ共和国の偽造旅券を使ったのがわかり、国外退去となった。 その後、金正男氏は次第に権力の中心から離れ、マカオ、北京などに滞在していた。
 
 
金正恩长兄金正男遇害 警方正追踪涉嫌刺杀女性
2017-02-15 05:32:04  来源:环球时报
 
韩国媒体报道金正男死亡消息。
 
【环球时报驻韩国、马来西亚特约记者 济冬 欧贤安 环球时报记者 李萌】14日,马来西亚警方高官向该国媒体证实,46岁的朝鲜人金正男在吉隆坡国际机场准备登机前死亡。对于此前韩国媒体关于金正男是被“两名朝鲜女特工用毒针杀害”的说法,警方表示,死因必须等待验尸结果才能确定。警方暂将此案列为猝死案。
 
马来西亚《星报》14日报道称,当地时间13日上午,一名朝鲜男子在马来西亚吉隆坡国际机场死亡。是雪兰莪州刑事调查主任法兹里14晚间向《星报》表示,死者确认为金正男,自2月6日以来一直在马来西亚境内逗留。
 
《星报》引述法兹里的话称,13日上午9时许,金正男在吉隆坡国际机场离境厅等候10时飞往澳门的班机时,被身份不明的人从后面抓住并向其面部泼洒不明液体。他随后向机场柜台职员求助,他在从机场诊所被转移至布城医院救治途中身亡。报道称,金正男在机场诊所有轻度癫痫发作。马来西亚《东方日报》则报道称,马国警察总长丹斯里卡立14日晚发表文告指出,吉隆坡国际机场送院途中死亡的46岁朝鲜男子护照上的名字是金楚(Kim Chol)。
 
雪兰莪州刑事调查主任法兹里对媒体表示,警方已经接到朝鲜使馆方面索要死者遗体的请求,但在此之前马方将先进行尸检。警方将调查死者在该国逗留期间的行踪,询问与他接触过的人员。目前警方正在追踪涉嫌刺杀的两名女性。
 
“金正男遇刺”的消息最先来自于韩联社。报道的消息源是“韩国政府一消息人”。韩国《每日经济》此前曾报道称,金正男是在机场“被两名朝鲜女特工用毒针所杀”。青瓦台14日则表示,韩国外交、国防部门正在查核有关金正男在马来西亚遇害的消息。青瓦台还称,接到报告后下达了查核指示,暂时注视有关动向,尚无召开国安委会议的计划。
金正男死亡的消息随后被路透社等媒体转引。英国广播公司(BBC)则报道说,来自韩国政府和接近马来西亚总理府的消息源均表示,朝鲜领导人金正恩的同父异母兄长在马来西亚“被杀”。
 
公开资料显示,金正男生于1971年,是已故朝鲜最高领导人金正日的长子,其母是已故朝鲜影星成蕙琳。他曾在莫斯科和日内瓦学习。《纽约侨报》14日称,他1995年被授予人民军大将军衔,曾任朝鲜国家保卫部海外部门负责人、朝鲜劳动党中央委员会宣传部指导员、朝鲜国家公共安全部负责人、朝鲜电脑委员会主席等职。
 
韩联社14日的报道称,2001年,金正男带着儿子同两名女性在日本成田机场接受入境审查时被发现使用多米尼加共和国的假护照而被驱逐出境。之后,金正男逐渐远离权力核心,曾在澳门、北京等地居留。

|

« 4099中国の三面記事を読む(1302)トランプ大統領次の矛先は中国とドイツに(下) | Main | 4101中国の三面記事を読む(1304)金正男 殺害される(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事