« 4095中国の三面記事を読む(1298)マティス米国防長官の中国観 「明王朝」のまま(下) | Main | 4097中国の三面記事を読む(1300)日米首脳のゴルフ外交 60年前の奇縁(下) »

4096中国の三面記事を読む(1299)日米首脳のゴルフ外交 60年前の奇縁(上)


安倍与特朗普高尔夫外交60年前的奇缘
2017/02/11  来源:日经中文网
“大統領になるといやなヤツだと思ってもテーブルを囲まないといけないときがあるが、ゴルフだけは好きな人とでなければできないものだ”。 米大統領は日本からはるばるやってきた首相とのゴルフを楽しんだ後、記者団にこう語った――。 大統領の名はアイゼンハワー。 首相は安倍晋三の祖父、岸信介だ。ちょうど60年前のことである。
 
 
訪米中の安倍は11日(日本時間12日)、米大統領トランプとフロリダ州パームビーチにある同氏の別荘でゴルフをする。日米首脳がともにプレーするのはこの岸―アイゼンハワー以来だ。 祖父を敬愛する安倍がこのエピソードを意識しないはずはない。
 
 
Photo 岸が訪米の途に就いたのは1957年6月、就任から約4カ月後のことだ。 ワシントンに着いた初日、ホワイトハウスでアイゼンハワーが岸に“午後に何も予定がないならゴルフをやろうじゃないか”と声をかけた。 事前の打ち合わせで両首脳のゴルフは予定されていたが、改めて大統領から誘った形となった。
 
 
プレーしたのはワシントン近郊メリーランド州にあるバーニング・ツリー・カントリークラブ。 女人禁制で、政官界のVIPが通う名門クラブとしてしられる。岸は上院議員のプレスコット・ブッシュ、アイゼンハワーは岸の通訳として同行していた衆院議員の松本滝蔵とそれぞれペアを組んだ。 プレスコットは後に大統領に就くジョージ・H・W・ブッシュの父、ジョージ・ブッシュの祖父にあたる。
 
 
1ラウンドを終え、スコアはアイゼンハワーが74、岸が99だった。 プレー後、アイゼンハワーと差し向かいでシャワーを浴びることになった岸は“これぞ男と男の裸のつきあいだ”と意気に感じたという。 さらにアイゼンハワーは日本大使公邸まで車で岸を送り届ける配慮までみせた。
 

安倍与特朗普高尔夫外交60年前的奇缘
2017/02/11  来源:日经中文网
 
“当上总统后有时不得不与讨厌的家伙坐到一张桌子前,但高尔夫必须与喜欢的人一起打才行”,美国总统在与从日本远道而来的首相打完高尔夫球后这样对记者说。总统的名字是艾森豪威尔,首相是安倍晋三的外祖父岸信介。正好是距今60年前发生的事。
 
正在美国访问的安倍将与美国总统特朗普在佛罗里达州棕榈滩的特朗普庄园一起打高尔夫球。日美首脑一起打高尔夫球是自岸信介与艾森豪威尔以来的首次。敬爱外祖父的安倍不可能没注意到这件事。
 
岸信介踏上访美之旅是在1957年6月,上任约4个月后。抵达华盛顿当天,艾森豪威尔在白宫询问岸信介,“下午如果没有什么安排的话要不要一起打高尔夫”。在事前的磋商中就有两位首脑一起打高尔夫球的计划,但总统现场再次邀请了岸信介。
 
日本时任首相岸信介1957年访问美国时与艾森豪威尔打高尔夫
 
二人打球的地方是位于华盛顿近郊马里兰州的燃烧树乡村俱乐部(Burning Tree Country Club)。该俱乐部不接受女性会员,是专门面向政府和官僚界VIP的著名俱乐部。岸信介与参议院议员普雷斯科特·布什一组,艾森豪威尔与作为岸信介的翻译同行的众议院议员松本泷藏一组。普雷斯科特是后来就任总统的老布什的父亲、小布什的祖父。
 
一个回合下来,艾森豪威尔取得74分的成绩,岸信介取得99分。打完球后,与艾森豪威尔一同淋浴的岸信介说,“这才是男人与男人之间的‘坦诚相对’”。另外,艾森豪威尔还
用车将岸信介送到日本大使官邸,考虑非常周全。

|

« 4095中国の三面記事を読む(1298)マティス米国防長官の中国観 「明王朝」のまま(下) | Main | 4097中国の三面記事を読む(1300)日米首脳のゴルフ外交 60年前の奇縁(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事