« 4060中国は見る(2580)トランプ氏の米軍撤退 「心配ない」安倍氏の論理 (上) | Main | 4062中国の三面記事を読む(1272)中国で感動を与えた日本の名作テレビドラマ 20作品① »

4061中国は見る(2581)トランプ氏の米軍撤退 「心配ない」安倍氏の論理 (下)


安倍不担心特朗普撤走驻日美军的逻辑(下)
2017年01月05日 来源:日经中文网
Photo 会談に臨む安倍首相とトランプ氏。 後方は長女イバンカさんと夫のジャレッド・クシュナー氏(11月17日、ニューヨーク)=内閣広報室提供
 
 
日本が拠出する在日米軍関係経費は2016年度で約7600億円に上る。 労務費や福利厚生費、光熱費など、日米地位協定上は本来、米側が負担すべき経費も「思いやり予算」として支出している。 他の米軍受け入れ国と比べると、日本の駐留経費の負担割合は高い。
 
 
東アジア各地にすぐ派遣できる米軍をこれだけ低負担で置ける国は他にない。だから在日米軍は大丈夫――。 首相はこう考えた。
 
 
TPPへの不安は的中
 
 
安保での楽観的とも見える主張と対照的だったのはTPPだ。 首相は11月上旬、冒頭の安全保障の話をした場で"問題は自由貿易だ”と、既に不安を口にしていた。
 
 
首相のトランプ観は当たっていたのか。 11月17日、首相は米ニューヨークでトランプ氏と会談した。 終了後、記者団から会談で日米同盟とTPPの話があったのかを問われた首相は“同盟は信頼がなければ機能しない。 私はトランプ次期大統領は、まさに信頼できる指導者だと確信した”と日米同盟については回答。 だがTPPに関しては言及しなかった。
 
 
その後の11月21日。 トランプ氏は“大統領就任初日に(TPPからの)離脱を通告する”と表明した。 TPPに関しては確かに首相の不安は的中した。 次は日米同盟を支えとする安全保障だ。
 
 
政府内ではいま“トランプ氏との初会談で日米同盟強化を確認した”との声が広がっている。 首相の読み通り、果たして“心配ない”なのか。 トランプ氏の大統領正式就任は1月20日。 政権の基本方針が見えてくるのはまだまだ先だ。 予断は許さない。
 
 
安倍不担心特朗普撤走驻日美军的逻辑(下)
2017年01月05日 来源:日经中文网
 
 
举行会谈的日本首相安倍和美国侯任总统特朗普。后方是特朗普的长女伊万卡及其丈夫杰瑞德·库斯纳(11月17日,纽约,日本内阁广报室提供)
 
日本支付的驻日美军相关经费2016年度达到约7600亿日元。包括劳务费、福利卫生费、照明和取暖费等,这些费用根据《日美地位协定》本来应由美方负担,但实际上日本也以“体贴预算”的形式进行支付。与其他美军驻扎的国家相比,日本负担的驻扎经费比例很高。
 
美军也只有在日本才能以如此低的负担进行部署,并实现迅速派往东亚各地。因此不必担心驻日美军问题——安倍如此认为。
 
对TPP的担忧成为现实
 
与在安保方面看起来较为乐观的安倍的主张形成对照的是TPP。安倍16年11月上旬在谈到上述有关安全保障话题之际,也同时说“问题在于自由贸易”,显露出忧虑。
 
安倍对特朗普的推测是否已经应验?11月17日,安倍在美国纽约与特朗普举行了会谈。结束后,面对记者询问在会谈中是否提到日美同盟和TPP,安倍表示,“同盟没有信赖就无法发挥作用。我坚信下任总统特朗普是完全值得信赖的领导人”,对日美同盟作出了回答,但并未提及TPP。
 
但在随后的11月21日,特朗普表示,“就任总统第一天就通知退出(TPP)”。关于TPP,安倍的担忧的确成为了现实。今后支撑日美同盟的将是安全保障。
 
在日本政府内部,目前越来越多声音认为,“通过(安倍)与特朗普的首次会谈确认了日美同盟的强化”。但是否正如安倍所推断的“不用担心”安全保障呢?特朗普正式就任美国总统是1月20日,政权的基本方针将在今后浮出水面。

|

« 4060中国は見る(2580)トランプ氏の米軍撤退 「心配ない」安倍氏の論理 (上) | Main | 4062中国の三面記事を読む(1272)中国で感動を与えた日本の名作テレビドラマ 20作品① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事