« 4082中国の三面記事を読む(1288)中国 アパホテルに対抗措置 旅行者に利用中止を呼びかけ(下) | Main | 4084中国の三面記事を読む(1289)2017年は、日本でスキーをするか、雪を見に行くルート(上) »

4083中国は見る(2586)日本人の謝罪の方法

等身大的日本(141)日本人道歉的方式有哪些
2016/10/25  来源:日经中文网

自分のミスを認め誤ることは、きまりが悪いことだ。 私は10月に出版した新しい本の中で、固有名詞の誤りをしてしまった。学校の名称を間違えたのだ。
 
これはとても小さな誤りだ。 もしもその学校を知らない人が読んだら、その誤りに気づくことはない。 その学校はその名称だと思うに違いない。 誰が見ても、決して誤字による誤りだとは思わないはずだ。
 
しかしメディア業界にいれば、形容詞や副詞の誤りと違い、固有名詞の誤りは絶対に許されない致命的誤りだということは常識だ。
 
私は昨日まで、全くその誤りに気づいていなかった。 読者から私に直接届いたSNSで、私は初めてそれに気づいた。 翌日、別の読者から出版社に問い合わせがあった。
 
しかし、私の取材したその学校の校長は全く私に連絡してこなかった。 私は恐る恐るその学校の関係者に聞いたところ、相手がやはりとても怒っていることを知った。 それは当然のことだ。 出版社と協議の末、私は学校に謝罪しにいくことにした。
 
日本では、普通、謝罪する時、いくつかのステップがある。 最も軽いもので、しかも簡単な謝罪方法はメールでの謝罪です。 日本人は仕事中、SNSを使用することは少ない。 中国人のように頻繁に微信(チャット)を使わない。 普通は会社のパソコンのメールでお互いに連絡を取る。 メールの中で“たいへん申しわけありません”と書き、メールで謝罪する。
 
しかし、これは軽い問題の時の謝罪の方法です。 例えば相手が出したメールを見ないで、何日も返答しなかったりとか、仕事の締め切りに一日遅れてしまったとか、このような程度の問題の時にだけ限られます。
 
その次に簡単な謝罪の方法は電話での謝罪です。 日本人の仕事の連絡は、普通90%ぐらいがメールで行われます(業種と個人の違いはありますが、電話と比べて、メールの使用が圧倒的に多いです)。 ですから、特に電話で謝罪することは、メールと比べて丁寧な意味合いがあります。
 
メールの謝罪では、ちょっと軽いかなという場合、声を通して自分の微妙な気持ちを伝えたいという場合、メールの文字で謝罪を伝えても、相手側に誤解を生じさせるおそれがある場合、謝罪の気持ちを早く伝えたい時などの場合、日本人は電話で謝罪をします。
 
今、日本では、みんなほとんど会社のデスクから電話をかけることはしません。 普通は直接相手の携帯に電話をかけます。 相手がつながらない時は、メッセージを残します。 人から伝えてもらう必要がない場合、メールと比べ、率直に自分の気持ちを伝えることができます。
 
メールと電話と比べ、更に相手に謝罪の気持ちを丁寧に伝えたい場合、日本人は手紙を書きます。
 
日本人は手紙を書くことが好きです。 日本の本屋や文房具屋に入ったことがある中国人なら、日本には沢山の種類の便箋、封筒、筆記具があるのをご存知でしょう。 手紙を書く時、どんな便箋を使うか? どんな筆記具で書くか? どんな切手を貼るか? すべて自分で選びます。 それにより、自分の個性と誠意を見せることができます。
 
手紙は、メールや電話と違い、時間がかかります。 また同時に、反省の気持ちを込めることができ、相手に謝罪の心を伝えることができます。
 
今回、私は手紙を書いて謝罪の気持ちを表すことに決めました。 実を言うと、私は、その学校に電話をかけるのが怖い気持ちがあります。 一般の日本人なら、手紙は鄭重に謝罪の気持ちを表わすものだということを知っています。 ですから、私は手紙を書く方法を選びました。
 
その学校は遠くにあり、新幹線に乗って3時間かかります。 私の手紙は速達で出しました。 普通の状況だと、日本国内の郵便物は翌日には配達されます。 たとえ遠くても、2~3日後には届きます。 しかし今回、私はできるだけ早く届くようにと思ったので、翌日配達される速達を選びました。
 
最も丁重な謝罪方法は、相手の会社や家を訪れ謝罪することです。特に相手のところまで行って、目の前で謝ります。 これが最も丁寧な謝罪です。 しかし、これが最も反省を表明する方法ですが、しかし相手の時間を占用すると同時に、相手の家に行った場合、相手方に面倒をかけることになります。
 
どのような謝罪方法をとるか、具体的な情況によって考えなければなりません。 これが日本人の謝罪方法です。
 
それでは、もしも中国人だったら、謝罪方法は軽い場合、丁寧な謝罪などの違いがあるのでしょうか? 具体的にはどんな違いがあるのでしょう?

等身大的日本(141)日本人道歉的方式有哪些
2016/10/25  来源:日经中文网
 
 
日经中文网特约撰稿人 中岛惠:宣布自己的失误,会感觉不好意思,但我发现10月出版的新书中,存在固有名词的错误。即弄错了一所学校的名称。
 
这是很微小的错误,如果是不知道那所学校的人读到,不会注意到那个错误。肯定会认为,那所学校就是那个名称。并非任何人看到都会认为是错字的错误。
 
但是,身在大众媒体行业的人都知道,与形容词和副词的错误不同,固有名词的错误是绝对不允许的致命错误。
 
我在昨天之前,完全没注意到那个错误。读者给我的SNS直接发来信息,我才第一次注意到。第二天,另外的读者询问了出版社。
 
但是,我采访的那所学校的校长完全没有联系我。我诚惶诚恐地询问那所学校的相关人士,得知对方果然很生气。那可以理解。经过和出版社协商,我决定向学校表示道歉。
 
在日本,一般道歉时具有几个阶段。最为轻微且简单的道歉方式是通过邮件道歉。日本人在工作中很少使用SNS,不像中国人那样频繁使用微信。一般是通过公司的个人电脑邮件互相联络。在邮件中写上“非常抱歉”,通过邮件表示道歉。
 
但是,这是发生轻微的问题时道歉的方法。例如没有看到对方发来的邮件、很多天没有作出回复,或者工作的结束期晚了1天,仅限于发生这种程度的问题时。
 
其次简单的道歉方式是通过电话道歉。日本人的工作联络一般来说90%左右通过邮件进行(虽然存在行业和个人差异,但与电话相比,邮件的使用具有压倒性优势),特意通过电话表示道歉,意味着与邮件相比更加郑重。
 
在通过邮件道歉过于轻率之际、希望通过声音和微妙的感觉进一步传达自己心情的时候、通过邮件的文字表达道歉会让对方产生误解的时候、急于表达道歉的心情的时候等,日本人通过电话表示道歉。
 
如今在日本,人们几乎不会向公司的办公桌打电话,一般是直接给对方的手机打电话,在对方没有接听时,可以使用电话留言。没必要请他人转达,与邮件相比,能更坦率地表达自己的心情。
 
与邮件和电话相比,希望更加郑重地向对方表达道歉的心情时,日本人会写信。
 
日本人喜欢写信。曾到过日本的书店和文具店的中国人或许知道,日本有成百上千种信纸、信封和笔销售,在写信时,选择什么样的信纸?用什么样的笔书写?贴什么样的邮票?都能自己选择。能借此展现自己的个性和诚意。
 
写信与电脑邮件和电话不同,需要更多时间,同时能融入反省的心情,向对方传递心情和真心。
 
这次,我决定通过写信来表示道歉。说实话,我存在害怕给那所学校打电话的心情,但一般日本人都知道,写信更能表达郑重道歉的心情,因此我选择了写信的方法。
 
那所学校距离遥远,乘坐新干线需要3个小时才能到达,我的信通过速寄形式寄出。一般情况下,日本国内信件在次日到达,如果距离遥远,是2~天后到达。但是此次,我希望尽可能快点将信送到,选择了次日到达的速寄。
 
最为郑重的道歉方式是,到对方的公司和家里道歉。特意前往对方那里,在眼前道歉。这是最为郑重的道歉。但是,虽说这是最能表达反省的方式,但将占用对方的时间,同时,去对方家里,有时会给对方添麻烦。
 
采取什么样的道歉方式,必须根据具体情况加以思考,这就是日本人的道歉方式。
 
那么,如果是中国人,道歉方式是否具有轻微和郑重等差别呢?具体有哪些差别呢?

|

« 4082中国の三面記事を読む(1288)中国 アパホテルに対抗措置 旅行者に利用中止を呼びかけ(下) | Main | 4084中国の三面記事を読む(1289)2017年は、日本でスキーをするか、雪を見に行くルート(上) »

社会生活」カテゴリの記事