« 4050中国は見る(2575)真珠湾訪問 首相がめざす「中曽根氏」超え(下) | Main | 4052中国の三面記事を読む(1269)安倍首相「真珠湾訪問」 中国の反応(下) »

4051中国の三面記事を読む(1268)安倍首相「真珠湾訪問」 中国の反応(上)


1.中国外交部の反応:
  “安倍首相は南京に来て中国人民に謝罪すべきではないか?”
2.真珠湾“慰霊”が何だ  安倍が南京に来ないのならそれでいい
1.中方回应“安倍是否该到南京向中国人民道歉”
  2016年12月27日 17:25  来源:外交部网站
2.珍珠港“慰灵”又如何,安倍不来南京就对了
  2016年12月28日 10:59  来源:凤凰军事
 
1.中国外交部の反応:
  “安倍首相は南京に来て中国人民に謝罪すべきではないか”
 
2016年12月27日外交部の華春瑩報道官の定例記者会見
 
質問:日本の首相が真珠湾を訪問しています。 今、日本の首相が南京に来て中国人民に謝罪すべき時だとは思いませんか?
 
Xinwen 華春瑩報道官:私はこの数日、中国メディアや西側メディアの安倍首相のハワイ真珠湾訪問に対する報道に注意してきました。 私達は報道の中に、安倍首相の今回の訪問が、“ただ慰霊するだけで、謝罪はしない”、その上“パフォーマンス”的要素が強く、主に中国に対するものだということに注目しました。 また、私達は、およそ50人ほどの日本と米国の歴史学者が連名で、安倍首相に質問書を送ったということにも注目しました。 
それは、安倍首相は中国、韓国などアジア国家の戦争被害者に対し哀悼の意を表す必要がある。 日本は中国人に対し謝罪すべきだというないようです。
 
私の同僚の陸慷報道官が、つい最近、日本の指導者に、慰霊すべき中国同胞の場所は沢山あるといい提案を出しました。 私は一つだけ補足したいと思います。 どんなポーズ、どんなパフォーマンスを取ろうと、和解を実現する鍵は、誠実な反省しかありません。
 
 
質問:共同通信社の報道によると、“寛容の心”と“和解の力”が、安倍晋三首相の真珠湾訪問のキーワードだそうです。 安倍首相は今回の訪問で、“第二次世界大戦の歴史を完全に清算したい”と望んでいます。 これについてのコメントをお聞かせ下さい。
 
 
華春瑩報道官:真珠湾に“慰霊”に行って、「第二次世界大戦の歴史を完全に清算したい」?! これは恐らく希望でしょう。 忘れないでください。 世界反ファシズム戦争の東洋の主要戦場は中国です。 中国人民は世界反ファシズム戦争の勝利のために大きな民族の犠牲を支払いました。 中国などアジア被害国の和解がなければ、日本の歴史のこのページを変えることは出来ません。 日本の指導者はいい加減なことを言ってごまかしたり、肝心な点を避けずに、本当に歴史に対して責任を負い、未来に対しても責任を持ち、過去の侵略の歴史に対し、真剣に深く反省し、過去と徹底的にけりをつけるべきです。

 
2.真珠湾“慰霊”が何だ  安倍が南京に来ないのならそれでいい

  
現地時間12月26日、安倍晋三首相が、ハワイ真珠湾に行き、米国立太平洋記念墓地を訪れ献花した。 安倍首相は日米両国の戦没者を“慰霊”すると共に、“二度と戦争を繰り返さない”決意を表明した。 またその際、安倍首相は真珠湾攻撃に参加して戦死した飯田房太中佐記念碑にも献花した。
 
 
Anbei 安倍首相 真珠湾攻撃に参加し戦死した飯田房太中佐記念碑に献花
 
1941年12月7日早朝、飯田房太中佐は空母「蒼龍」から飛び立ち、真珠湾攻撃に参加した。 攻撃中、対空機銃に被弾し、そのまま米海軍基地に突入、太平洋戦争の最初の神風特攻の日本軍飛行士となった。 この飯田中佐は、安倍首相の出身地山口県生まれだった。
 
戦後、米軍は「死者の勇気と祖国のため命を捧げた軍人への敬意を込め」、飯田中佐が墜落した真珠湾基地の場所に記念碑を建てた。 安倍首相は演説の中で、特に英文でこれに触れ、“The brave respect thebrave(勇者は勇者を敬う)”と説明した。 背後の意味は言うまでもない。 間もなく任期を終える大統領として、オバマ大統領は一気に事を進め、安倍首相の顔を立ててやったのだ。
 
 
オバマ大統領を広島の原子爆弾投下地点への招待から、経済カード(10億円の“支援金”)で韓国の慰安婦少女像の撤去まで、日本側のこのように白(戦争犯罪の事実を隠す)にするやりくち、実は長期にわたる計画の結果である。 米国と西側は日本の“大東亜戦争”の直接の被害者ではない。 平和、人権など普遍的な価値の下、日本は大きな操作を行った――自国が原子爆弾2個を落とされたのを、“被害者”と装い、西側世界に同情を買おうとしている。
 
 
戦後、日本の経済発展の成果は、“平和国家”の国際責任を守ったり、更には日本ドラマ、アニメ・マンガ、ゲームなどのソフト文化で、これらの手段が日本を白(戦争犯罪の事実を隠す)とする手段の、見た目の良さの役割を果たした。
 
 
第二次世界大戦の歴史を清算するつもりなら、アジア各国の日本の戦争の被害を受けた人々は、このような疑問を出さざるを得ません。 “安倍首相は真珠湾に行った。 どうして南京に慰霊に来ないんだ!?”(続く)

 
1.中方回应“安倍是否该到南京向中国人民道歉”
  2016年12月27日 17:25  来源:外交部网站
 
原标题:2016年12月27日外交部发言人华春莹主持例行记者会
 
 
问:日本首相正在访问珍珠港。你是否认为现在到了日本首相该去南京并向中国人民道歉的时候?

 

答:我注意到这几天无论是中国媒体还是西方媒体,都密集关注日本首相安倍晋三对夏威夷珍珠港的访问。我们注意到有报道称,安倍首相此行“只慰灵,不道歉”,而且有很大的“作秀”成分,主要是针对中国。另外,我们也注意到大约有50多名日本和美国的历史学家联名向安倍首相发出了质问书,认为安倍首相有必要向中国、韩国等亚洲国家的战争受害者表示悼念,日本最应该向中国人道歉。
 
我的同事陆慷近期就日方领导人该去哪里凭吊遇难的中国同胞给出了很好的建议。我只想补充一句,不管怎么作姿态,怎么作秀,只有真诚反思才是实现和解的钥匙。
 
问:据共同社报道,“宽容的心”和“历史和解”将是日本首相安倍晋三访问珍珠港的关键词,他希望通过此行“完全清算二战历史”。你对此有何评论?
 
答:去趟珍珠港“慰灵”就想完全清算二战历史?!这恐怕是一厢情愿。不要忘了,世界反法西斯战争的东方主战场在中国,中国人民为世界反法西斯战争的胜利付出了巨大的民族牺牲。没有中国等亚洲受害国的和解,日本历史这一页翻不过去。日方领导人不应再继续顾左右而言他,避重就轻,而应真正本着对历史负责、对未来负责的态度,对过去那段侵略历史作出真诚和深刻的反思反省,与过去彻底一刀两断。
 
 
2.珍珠港“慰灵”又如何,安倍不来南京就对了
  2016年12月28日 10:59  来源:凤凰军事
 
 
当地时间12月26日,日本首相安倍晋三抵达夏威夷珍珠港,向美国太平洋国家纪念公墓献花。安倍同时“慰灵”日美两国遇难者,并再次承诺“不战”誓约。期间,他还专程向二战日军飞行员饭田房太的纪念碑敬献了花束。
 
安倍向二战日军飞行员饭田房太纪念碑献花。
 
1941年12月7日清晨,饭田房太从“苍龙”号航母上起飞,执行偷袭珍珠港的任务。轰炸时被防空火力击中,最终他驾机冲向美军基地,成为太平洋战争中第一个自杀攻击的日军飞行员。而这位饭田中佐,还是安倍的山口县老乡。
 
战后,美军出于道义和尊重,在饭田战(坠)死(毁)的珍珠港基地内,为其修建了纪念碑。安倍在与奥巴马的演说中,特意以英文对此解读为“The brave respect the brave(勇者惜勇者)”,背后的意味不言而喻。而作为即将卸任的总统,奥巴马也不介意顺水推舟,再卖日本人个面子。
 
从邀请奥巴马访问广岛原子弹爆炸地,到以经济筹码(10亿日元“支援金”)换韩国撤去慰安妇少女像,日方这种洗白的伎俩,其实是长期谋划的结果。美国及西方不是日本发动“大东亚战争”的直接受害者,在和平、人权等普世价值之下,日本具备极大的操作空间——毕竟自己实打实的挨了2颗原子弹,不难装扮成“受害者”面对整个西方世界装可怜。
 
而战后日本的经济发展成就、坚守“和平国家”的国际责任,乃至日剧、动漫、游戏等文化软实力,则成为了这些洗白手段的加分项目。
 
既然打算清算二战历史,亚洲各国遭受日本战争伤害的人们,则不难发出这样的疑问:“安倍选择去珍珠港,为什么不来南京慰灵!?”

|

« 4050中国は見る(2575)真珠湾訪問 首相がめざす「中曽根氏」超え(下) | Main | 4052中国の三面記事を読む(1269)安倍首相「真珠湾訪問」 中国の反応(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事