« 3988中国は見る(2527)世界大学ランキング 清華大学,北京大学 東大を圧倒 | Main | 3990中国は見る(2529)日本の一流大学で「敗者復活」する中国人留学生(中) »

3989中国は見る(2528)日本の一流大学で「敗者復活」する中国人留学生(上)

在日本一流大学“复活”的中国留学生
2016/09/27  来源:日经中文网
東京大学や早稲田大学など、日本の難関大学に中国人留学生が押し寄せている。 「グローバル化」を進めたい大学当局にとって歓迎すべき存在だが、喜んでばかりもいられない。国際的な地位が低下する日本の一流大学が、中国でのすさまじい受験戦争に敗れた学生たちの「敗者復活の場」と化している実態もあるからだ。
 
“このままではダメになる”“あのまま中国の大学に残っていたら自分の将来は閉ざされていたでしょう” 4月から早稲田大学の人間科学部に通う中国人留学生の王さん(仮名22歳)は静かな笑みを浮かべながら話し始めた。
 
インタビューしたのは王さんが昨年まで通っていた都内にある「予備校」の教室。 予備校とは日本の大学に受験する受験生のために受験指導をする学校のことである。 王さんは去年までずっとここに通っていた。 かつて祖国での失意のときとは違い、自信を取り戻した姿がそこにあった。
 
Photo
 
中国人留学生向けの予備校「行知学園」
(東京都新宿区)の授業風景。
 
 
中国・遼寧省出身の王さんが来日したのは2014年7月。 中国ではそれまでは2年間、“レベルが低くて卒業しても就職できるかどうかわからないような大学に在籍していた”と自嘲気味に話す。 高校時代の3年間は大学入試に備えて猛勉強に励んだ。 朝7時から夜9時まで学校の教室と自習室で過ごし、自宅では夜12時まで勉強した。 有名な大学に入らないと就職できないかもしれないという恐怖感。 そのストレスは半端ではなかったという。
 
だが試験結果は惨敗。 “これで人生が終わった”と思ったという。 自分の成績から行ける大学は希望とはほど遠かったが、やむなく入学した。 周囲は勉強しない学生ばかりで、このままでは自分もだめになると感じたとき、留学の話を聞いた。 “もう一度がんばって、いい大学に入ればいい会社、いい生活が手に入る” 日本でやり直すことを決意した。
 
いま、中国で大学受験に失敗した学生の「脱中国」が加速している。 行き先の一つが日本だ。
 
日本の大学を目指す近道ーー予備校
 
 
東京大学5人、京都大学9人、早稲田大学60人……。 ビルの1階入り口には進学実績を誇るようにポスターが貼られている。JR新大久保駅から徒歩5分。 エスニック料理店や日本語学校が集まる繁華街から少し離れたところに予備校「行知学園」(東京・新宿)がある。 ここは日本の大学や大学院を目指す中国人留学生向けの学校だ。 授業はすべて中国語。 2008年に開校し、難関大学に多くの学生を送り込む予備校の存在はすぐに留学生の間で知られるようになった。 現在の学生数は1200人に上る。
 
中国の学生たちはこの予備校とは別に、東京や神奈川、千葉などの日本語学校に在籍している。 午前中に各学校で日本語を勉強し、その後は行知学園で夜9時まで受験対策の授業を受ける。 週末も休みはない。 スパルタ教育で1年から1年半で合格レベルまで鍛え上げるという。
 
8月22日、関東に大型台風が直撃したこの日も中国人学生が次々と建物に入っていった。
 
Photo_2
 
壁には日本の有名大学合格者の名前が貼り出される
(東京都新宿区の行知学園)
 
 
1階の壁には合格者の名前が貼り出されている。 学生に人気なのは東京大学や早稲田大学だ。 同学園の楊舸社長によると、“中国でもその知名度はずばぬけている。 中国人はメンツを気にする。 見栄えのいい学歴を手に入れるためなら海外留学でもためらわない”のだという。

 
在日本一流大学“复活”的中国留学生
2016/09/27  来源:日经中文网
 

古山和弘:越来越多的中国留学生正在涌向东京大学和早稻田大学等日本顶尖学府。对于希望推进全球化的日本的大学来说,中国留学生的到来自然值得庆幸,但也没有更多的闲暇沉浸于喜悦之中。原因是背后一个不争的事实,即日本的一流大学的国际地位逐步下滑,与此同时,这些大学却成为了在中国残酷的升学考试中落败的学生们重拾自信与成功的“复活之地”。

“几乎觉得人生快完了”
 
 
“就那样继续留在中国大学的话,恐怕就没有前途了”,4月份进入早稻田大学人间科学部学习的一位中国女留学生小王(化名,22岁)微笑着说。

 

在东京的一家“预备学校”的教室内采访了从中国来的小王。所谓预备学校是专为准备进入日本大学等学习的考生提供应试辅导等的学校。小王直至去年一直来这里上课。或许已经抛去了在中国失意的包袱,我在这里看到的是一个重新找回了自信的中国女孩。
 
面向中国留学生的日本预备学校“行知学园”授课的情形(东京都新宿区)
 
小王出生于中国辽宁省,2014年7月来到日本。对于在中国国内就读了2年的大学,她自嘲道:“那是一所很一般,毕业后都不知道能不能找到工作的大学。”高中的3年为了迎战高考,她一直刻苦学习。从早上7点到晚上9点几乎都泡在学校的教室和自习室里,回家后还得继续学习到半夜12点。她说,当时一直担心如果考不上名牌大学就找不到好工作,因此而承受着巨大的压力。
 
然而,她最终还是考砸了。小王说:“当时我几乎觉得人生快完了。”虽然凭自己的成绩能进的这所大学与理想相去甚远,但还是勉强先去上了。据说,当时身边大多是不学习的同学,她感觉再这样下去前途就荒废了。但正是在这时,她了解到了留学的事。“想再去拼一把,如果能考上好大学,就能找到理想的工作,过上幸福生活”,小王决心在日本重新开始。
 
如今,因高考失利而离开中国的学生正迅速增加,他们选择的目的地之一正是日本。
走向日本大学的捷径——预备学校
 
东京大学5人、京都大学9人、早稻田大学60人……东京一所预备学校的一楼门口位置张贴着考入各所日本大学及研究生院的学生人数。这所预备学校名为“行知学园”,坐落在从东京JR新大久保车站步行5分钟,离民族特色餐馆和日语学校云集的繁华商业街不远处的一角。该校专门面向希望进入日本大学或研究生院学习的中国留学生,授课全部使用中文。虽然2008年才刚刚创办,但因积累了将众多中国留学生送进日本顶尖大学的成绩而在留学生间声名鹊起。目前的在校生已超过1200人。
 
来自中国的学生一般除了在这所预备学校上课外,还各自在东京、神奈川县、千叶县等地的日语学校就读。他们上午会在日语学校学习日语,之后来到行知学园上有关应考的课程。甚至连周末都不会休息。据说,学校会通过1年到1年半的严格培训将学生们的能力提高至能顺利考入日本的大学的水平。
 
在日本经济新闻(中文版:日经中文网)采访的8月22日,日本关东地区正巧遭遇强台风袭击,但学校并没有因此停课,中国学生也陆陆续续赶来上课。
 
墙上贴满了考入日本名牌大学的学生的名单(东京都新宿区的行知学园)
 
学校一楼的墙上张贴着大学等入学考试合格者的名单。备受学生追捧的是东京大学和早稻田大学。据该校的杨舸社长说,这几所学校即使在中国也有超高的知名度。中国人很要面子,为了获得一张知名学府的学历即便是赴海外留学也在所不辞。

|

« 3988中国は見る(2527)世界大学ランキング 清華大学,北京大学 東大を圧倒 | Main | 3990中国は見る(2529)日本の一流大学で「敗者復活」する中国人留学生(中) »

社会生活」カテゴリの記事