« 3934中国は見る(2479)トランプ氏 日本たたき封印のわけ(上) | Main | 3936中国は見る(2481)米中 「協調と対立」の間で揺れたまま »

3935中国は見る(2480)トランプ氏 日本たたき封印のわけ(下)


特朗普不再抨击日本的理由
2016/09/02 来源:日经中文网
セッションズ氏らにとって「同盟国、日本」は当たり前のことだ。 だが、それまでのトランプ陣営にはそんな常識を指摘するブレーンは一人もいなかった。
コマツを引き合いにした日本たたきは影を潜めた
"円安誘導は許さない”“中国と日本、メキシコを打ちのめす” 外交ブレーンが準備し、プロンプターを使う演説からは、かつてのように日本の建設機械大手のコマツを引き合いに高揚して語るトランプ氏の姿はなくなった。
 
 
もっとも、日本の外交当局はトランプ陣営への接触について“ノーコメント”を貫く。 “『トランプ大統領』があり得るとみて近づいているのか”とクリントン陣営に疑われかねないからだ。
 
 
■再度の陣営刷新
 
“議論が白熱し、多くの問題を話していると、正しい言葉を使わなかったり間違ったことを言ったりするものだ” トランプ氏は18日のノースカロライナ州での演説で、プロンプターを読み上げながら“後悔している”と発言した。 常に自らの発言を正当化してきた同氏が反省を口にするのは極めてまれだ。
 
 
その前日、親ロシア派だったウクライナのヤヌコビッチ前政権から金銭を受け取ったと疑われた選対本部長のポール・マナフォート氏を更迭した。 同氏は陣営を去った。 6月以来、2度目の陣営刷新は米兵遺族への批判をきっかけに支持率が急落したトランプ氏の焦りが底流にある。
 
 
トランプ氏は31日、新たな移民政策を発表する。 看板政策である1100万人に上る不法移民の強制送還を緩和する案も陣営内に浮上している。 “彼は(強制送還を)確約していない” セッションズ氏はその可能性を認めている。
 
 
プロンプターの使用も板につき始めたトランプ氏の軟化路線が奏功するのか。 9月下旬の最初の大統領候補の討論会まで残り1カ月を切った。

 
特朗普不再抨击日本的理由
2016/09/02 来源:日经中文网
 
 
对于赛辛斯等人来说,“日本是同盟国”是理所应当的常识。但在这之前,特朗普的团队中没有一个人能指明这一点。

 

特朗普曾经以日本建机企业小松为例抨击日本
 
“不允许诱导日元贬值!”“打垮中国、日本和墨西哥!”在过去的演讲中措辞激烈的特朗普,在身边出现外交智囊团,开始使用提词器之后,曾经经常以日企小松为对象批评日本的“大嘴”已不见踪影。
 
但对于日本方面是否和特朗普团队有过接触,日本外交当局坚称“无可奉告”。因为这样做有可能遭到希拉里团队的怀疑,认为日本“接近特朗普是因为其更有可能当选”。
再次更换竞选经理
 
8月18日,“只要讨论一热烈,说的事太多,我经常会说出胡话和错话”,特朗普在北卡罗来纳州照着提词器上的稿子说自己“很后悔”。习惯为自己的发言寻找正当理由的特朗普竟然在反省,这一场面极为罕见。
 
在那之前的一天,特朗普更换了自己的竞选经理保罗·马纳福特。后者被怀疑收了亲俄派乌克兰亚努科维奇前政权的钱。保罗·马纳福特已离开特朗普团队。这是6月以来特朗普第2次更换竞选经理。背后原因为特朗普正在为批评美军士兵遗属造成的支持率暴跌而感到焦虑。
 
特朗普在8月31日公布新的移民政策。强制遣返1100万非法移民曾是特朗普的招牌政策。而目前团队中出现了放宽这一政策的方案。“他并未承诺(强制遣返)”,杰夫·赛辛斯承认了这种可能性。
 
使用提词器开始得心应手的特朗普似乎走上了软化路线,这一转换能否奏效? 特朗普最终会采取哪种姿态呢?距离9月下旬的首场总统候选人辩论会已不足一月。

|

« 3934中国は見る(2479)トランプ氏 日本たたき封印のわけ(上) | Main | 3936中国は見る(2481)米中 「協調と対立」の間で揺れたまま »

経済・政治・国際」カテゴリの記事