« 3940中国は見る(2485)日本で中国系の首相が本当に出るだろうか?(下) | Main | 3942中国は見る(2487)福原愛 結婚(1) »

3941中国は見る(2486)蓮舫氏、最新情報 ①台湾籍問題 ②民進代表選で優位に

1.蓮舫氏、再び台湾籍放棄を確認 
2.蓮舫氏、民進代表選で優位に
1.莲舫再次确认放弃台湾籍
  2016/09/07  来源:日经中文网
2.莲舫在日本民进党党首选举中占优势
  2016/09/09  来源:日经中文网
 
1.蓮舫氏、再び台湾籍放棄を確認 
 
民進党の蓮舫代表代行は6日、高松市での記者会見で台湾籍放棄の手続きを再び行ったと明らかにした。 日本と台湾の二重国籍ではないかとの一部指摘を受け、台湾側に既に放棄している事実確認を求めたが“31年前のことで時間がかかる”と回答されたための措置という。
 
1985年に日本国籍を選択した際、台湾籍放棄を宣言し、父親が手続きしたと説明。 “これは私の中では動かない事実。 私は日本人だ”と強調した。 同時に“ご心配を掛け、申し訳なく思う”と述べた。 蓮舫氏は父が台湾人で、母は日本人。
 
 
2.蓮舫氏、民進代表選で優位に

 
民進党代表選が15日の投開票まで1週間を切った。 日本経済新聞社が国会議員の有権者の支持動向を調べたところ、蓮舫代表代行が全体の4割強にあたる64人を固めたことが分かった。 前原誠司元外相は4分の1にあたる38人、玉木雄一郎国会対策副委員長は2割弱の23人で追う展開だ。 3陣営は態度未定の国会議員などへの働きかけを強めている。
Photo 討論会を終え手を取り合う
(左から)玉木、蓮舫、前原の各氏(8日、静岡市)
 
 
今回の民進党代表選は岡田克也氏の任期満了に伴うもので、旧民主党と旧維新の党が合流して初の選挙戦だ。 国会議員の有権者は維新出身で特例扱いの無所属1人を含め計147人。 22人が支持候補が未定か不明だ。
 
 
投票結果は総数849ポイントを争う形で実施する。 国会議員票は1人2ポイントで294ポイントに換算され、全体の35%を占める。
 
 
国政選挙の公認予定者には118、党員・サポーターには231、地方議員には206ポイントがそれぞれ割り振られている。 今のところ蓮舫氏が優位な戦いを進めているものの、前原、玉木両陣営とも最後の追い込みを図っており、情勢はなお流動的な面もある。
 
 
各陣営は国会議員に加え、国政選挙の公認候補予定者、地方議員、党員・サポーターの投票動向が結果を左右するとみて、はがきなどによる支持の呼びかけを強化している。
 
 
蓮舫氏は所属する野田佳彦前首相グループのほか、旧社会党系や旧民社党系から細野豪志元環境相のグループまで幅広く支持を獲得。 岡田克也代表ら現執行部からも推す声が多い。 蓮舫氏を支持する議員の一人は“唯一の女性候補で発信力も高い”と話す。
 
 
前原氏は自らのグループや長島昭久元首相補佐官のグループなど保守系のほか、大畠章宏元経済産業相のグループからも支持を得ている。 元民主党代表の小沢一郎生活の党共同代表に近いとされる議員も目立つ。 “新しい社会保障の提案がある”などを理由とする声が挙がっている。
 
 
玉木氏は大畠グループ、リベラル系などに賛同者がいるが、推薦人20人以外の浸透が課題だ。 3候補で最も年齢が若く、議員経験も浅いため“民進党の刷新につながる”との声が聞かれる。
 
 
党内最大の旧維新の党グループ(23人)は、3陣営に支持が分かれている。
 
 
代表選は1回目の投票で過半数を得た候補がいない場合、国会議員と公認予定者だけで上位2候補の決選投票となる。 前原氏の陣営では“決選投票に持ち込み、玉木氏と連携したい”と「2、3位連合」で逆転を狙う戦略も浮上する。 玉木氏を支持する議員の一人は“あうんの呼吸だ”と話す。

1.莲舫再次确认放弃台湾籍
  2016/09/07  来源:日经中文网
9月6日,日本民进党代理党首莲舫在高松市举行记者发布会,透露再次办理了放弃台湾籍的手续。有人质疑莲舫具有日本和台湾的“双重国籍”,对此,她要求台湾方面确认已放弃台湾籍的事实,但台湾方面称“这是31年前的事,确认需要时间”。据悉,莲舫为此而召开记者会。
莲舫表示,1985年选择日本国籍时宣布了放弃台湾籍,并由父亲办理了手续。她强调称:“这是我心中不会改变的事实。我是日本人。”同时表示“非常抱歉让大家担心”。莲舫的父亲是台湾人,母亲是日本人。
2.莲舫在日本民进党党首选举中占优势
  2016/09/09  来源:日经中文网
日本民进党党首选举距离9月15日的投计票还剩下不到1周。日本经济新闻社(中文版:日经中文网)调查有选举权的民进党国会议员的支持意向发现,有64人支持代理党首莲舫,占整体4成以上。38人支持前外相前原诚司,占4分之1,23人支持国会对策委员会副委员长玉木雄一郎,接近2成。三个阵营正在加强游说态度未定的国会议员等。
辩论会结束后的玉木、莲舫和前原(左起,9月8日,静冈市)
民进党现任党首冈田克也任期即将结束,自3月原民主党和原维新党合并以来,民进党首次举行党首选举。包括1名属特殊情况的维新党出身的无党派人士在内,有选举权的国会议员共计147人。其中22人的支持倾向未定或不明确。
投票结果将以争夺总分849积分的形式实施。国会议员选票为每人2分,换算为294分,占整体的35%。
国政选举的民进党公认候选人占118分,民进党党员和支持者为231分,地方议员为206分。目前莲舫在选战中占据优势,但前原和玉木两个阵营都在谋求最后迎头赶上,局势仍存在变数。
各阵营都认为,除了国会议员之外,国政选举的公认候选人、地方议员、党员和支持者的投票意向也将影响结果,正在加紧拉票。
莲舫获得了广泛支持,除了同党派的前首相野田佳彦派之外,还包括前社会党派、前民社党派以及前环境相细野豪志派。在冈田克也等现任民进党领导层中,也有很多人推举莲舫。支持莲舫的一位议员表示,“她是唯一的女性候选人,而且信息传播力很强”。
前原除了自己派系和前首相助理长岛昭久派等保守派之外,还获得了前经济产业相大畠章宏派的支持。与前民主党党首、生活党联合党首小泽一郎关系密切的议员也支持前原。支持者提出了“具有新社会保障提案”等理由。
玉木在大畠派和自由派等之中具有支持者,但在20名推荐人以外的浸透仍是课题。由于在3名候选人中最为年轻、担任议员时间较短,有人认为他“将促进民进党的改革”。
党内人数最多的前维新党派(23人)存在分歧,分别支持3个阵营。
在民进党党首选举中,如果没有候选人在第1轮投票中票数过半,将由国会议员和公认候选人对票数靠前的2名候选人进行决胜轮投票。前原的阵营“希望闯入决胜轮投票,与玉木展开合作”,透露出借“2、3名联盟”逆转局势的战略。支持玉木的议员之一表示“我们配合默契”。

|

« 3940中国は見る(2485)日本で中国系の首相が本当に出るだろうか?(下) | Main | 3942中国は見る(2487)福原愛 結婚(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事