« 3938中国は見る(2483)日本で中国系の首相が本当に出るだろうか?(上) | Main | 3940中国は見る(2485)日本で中国系の首相が本当に出るだろうか?(下) »

3939中国は見る(2484)日本で中国系の首相が本当に出るだろうか?(中)


日本真的有可能出现华裔首相吗?
2016/08/29  来源:日经中文网
その後、蓮舫は芸能界に足を踏み入れ、連続ドラマ《君の瞳をタイホする!》に出演したり、石鹸の泡で大事な部分を隠したセミヌード写真集を出し一世を風靡したこともあり、彼女の名前は、一躍有名になった。 続いて彼女は、人気テレビ番組《スーパージョッキー》のアシスタントに出た。 番組の中で、監督でありテレビ司会者の北野たけしと一緒に、軽妙なトークを行い、テレビ界で名を揚げた。 当時から、彼女はたばこや酒を飲み、よく“たけし軍団”の仲間達と酔っぱらうまで飲んだという。
 
 
1992年、彼女テレビの司会者となり、1993年8月フリージャーナリストの村田信之氏と結婚、1995年に夫婦で北京に留学した。 1997年、蓮舫は男女の双子を生んだ。 娘は“翠蘭”と名付け、息子は“琳”と名付けた。
 
 
蓮舫氏は参議院議員(東京都選挙区)で、旧民主党内の派閥の花斉会(松下政経塾系)のメンバーで、参議院の“新緑風会”の一員でもある。 蓮舫氏は菅直人内閣で“行政刷新特命担当大臣”として、“公務員制度改革”“消費者及び食品安全”などを担当し、日本史上初めての中国系国務大臣となった。 2011年の3.11宮城大地震後、日本全国は原子力危機、電力不足に直面した。 蓮舫氏は時の菅直人首相から緊急対応して“節電啓発相”に任命された。 野田佳彦内閣でも、蓮舫氏はまた“行政刷新特命担当大臣”に再任された。 2012年1月13日の野田改造内閣で、蓮舫氏は更迭され、内閣を離れた。 2015年1月、野党民主党の岡田克也新代表の要請で、民主党の副代表に相当する“代表代行”に就任した。
 
 
蓮舫氏の名声と人気は、彼女の若い頃の知名度と政治力にある。
 
 
民主党は2009年に政権奪還後、“事業仕分け”を行った。 これは、自民党長期一党独裁で、政、官、商が利益を一体化する構造となっていたからです。 日本の民主政治は戦後、民主的改革が不徹底で、伝統的集団文化の継承、戦前政治の家族性、血縁性、世襲性、地縁性など積年の弊害があり、議員の選挙区も一般には故郷ではなく、祖父伝来の地盤となっている。 だから日本の政治の中心・永田町では、“議員に必要なもの「地盤、看板、かばん」という言葉が流行っている。 
 
 
地盤とは出生地または祖先が残した選挙区や選挙権を持つ支持者を指す。 看板は肩書き、地位、声望を指す。 かばんはお金である。 日本の議員は米国議員とは違い、“地盤”以外にいろいろある。 得票のため、彼らは各官僚と結託して、一生懸命に自分の地盤のために国家予算を獲得しないといけない。 また自分の地盤の特徴に基づき、党内で“道路族”、“農林族”などの利益集団を形成している。
 
 
国家予算がその要求を満足させられない時、彼らは予算外で国会の年度審査を経ない“特別会計”制度を作り、官僚に国家財政とは別の政府系の公益法人、独立行政法人、特殊法人のために“特別会計”を作らせた。 そして退任官僚がこれら法人のトップに納まり、高給を取るのを黙認した。 これら法人機関は大量に国家財政を使い込み、合法的な腐敗を行っている。 あるものは時代遅れとなっているが、禄盗人のままとなっている。
 
 
国土交通省が管轄する特殊法人“道路公団”を例にすると、国土交通省を退職した後、219の道路公団のファミリー企業に“天下り”し、高給をもらう元官僚は、2000人余りに達している。
 
 
このような腐敗が、合法的な利益構造となり、日本経済、政治と人々の生活を浸食し、日本経済は1990年代のバブル崩壊後、立ち直れなくなった。 2009年末には、財政赤字は累計で816兆円に達し、GDPの150%を超え、国家財政は崩壊に瀕した。 日本の民主制度のコストは、世界最高となった。
 
 
2009年に民主党が政権を取った後、政府系法人、特に“天下り”現象のひどい法人について、徹底的に審査と整理を行った。対象は“天下り法人”の4504社、国家公務員の再就職者25245人、国家財政資金の12,1334兆円に及んだ。 蓮舫氏は、この行動の中ですばらしい働きをした。 よく徹夜で資料を入念に読み、質問の時には、確かな根拠があり、急所を突いたものだったので、大きな人気を博した。
 
 
3.日本人は華人系首相を受け入れるか?
 
蓮舫氏は首相の座を、目指している。 可能だろうか? 日本人は中国系首相を本当に受け入れるだろうか?
 
 
蓮舫氏は首相になれるだろうか? まずは民進党など野党が政権交代を実現できるかどうかを見ないといけない。 今の自民党と公明党政権は、正に絶頂期にある。 しかしその“絶頂”の中に、大きな危機がはらんでいる。  安倍政権が直面している最大の問題は経済問題である。 安倍第二次政権後、日本経済を振興する“3本の矢”を打ち出したが、それは根本的に誤った。  “成長路線”堅持を前提に経済不況と財政赤字問題を解決することだった。 しかし日本は今、老齢化と少子化という新しい歴史の段階にあり、労働力不足、需要の減少、消費の萎縮は客観的な事実である。 日本政府は、この客観的な事実を顧みず、経済成長を前提とし、金融緩和、税率を高めようとしている。

 
日本真的有可能出现华裔首相吗?
2016/08/29  来源:日经中文网
 
此后莲舫开始涉足演艺圈,在连续剧《逮捕你的眸子》中出任角色,也出过半裸写真集。一张用几团肥皂沫遮蔽敏感部位的莲舫半裸照风靡一时,使她一举成名。接着,她成为人气电视节目《超级骑手》中的助手,在节目中经常和著名导演兼电视主持人北野武合作。两人妙趣横生的对话,使她蜚声艺坛。那时的她既抽烟又喝酒,经常和“北野武军团”同伴们喝个一醉方休。

 

1992 年,她成了著名电视主持人,1993 年8 月和自由撰稿人村田信之结婚,1995 年夫妻同赴北京留学。1997年,莲舫生下一对龙凤胎,女儿起名叫“翠兰”,儿子起名叫“琳”。
 
莲舫现任日本参议员(东京都选区),属原民主党内派阀花齐会(源于松下政经塾)成员,亦为参议院“新绿风会”一员。莲舫于菅直人内阁中曾以“行政刷新特命担当大臣”的身分,负责过“公务员制度改革”和“食品安全暨消费者事务”等工作,是日本史上首位华裔国务大臣。2011年3.11日本宫城大地震后,全国面临核能危机、电力短缺,莲舫被时任首相的菅直人紧急指派兼任“节电启发特命担当大臣”,而在野田佳彦内阁中,莲舫再任“行政刷新特命担当大臣”。2012年1月13日野田内阁改组,莲舫遭到撤换、离开内阁。2015年1月,获最大在野党民主党新任总裁冈田克也邀请,出任相当于副代表的民主党“代表代行”。

 

 

 

莲舫的名声和人气来源与她的早年的知名度和政治能力。
民主党2009年夺取政权以后,进行了“事业分类整理”,这是因为,自民党长期一党独大,形成了政、官、商沆瀣一气的利益- 政权结构。日本的民主政治由于战后民主改革不彻底,继承传统集团文化,以及战前政治的家族性、亲缘性、世袭性、地缘性积弊,议员选区一般不是故乡,就是祖父辈传下来的地盘,因此日本政治中心永田町流行这样一句话:议员必须有“地盘、招牌和皮包”。
地盘指出生地或祖上留下的选区,以及有选举权的支持者;招牌指头衔、地位和名望;而皮包就是钱。日本的议员很难像美国同行那样,跨出“地盘”之外参选。为了选票,他们便和各部官僚勾结,拼命为自己的地盘争国家预算。他们还根据自己地盘的特点,在党内形成“道路族”、“农林族”等利益集团。
当国家预算难以满足其要求时,他们就在预算外建立不需经过国会年审的“特殊会计”制度,怂恿官僚成立向国家财政和“特殊会计”伸手的政府系统公益法人、独立行政法人、特殊法人等等,并纵容卸任官僚到这些法人当头头,拿高薪。这些法人机构有的大量侵吞国家财政,合法腐败;有的早已落后于时代,尸位素餐。
以国土交通省管辖的特殊法人“道路公团”为例,从国土交通省退休后“下凡”到219 家道路公团家族企业拿高薪的原官僚,达2000 多人。
这种腐败却合法的利权结构,极大侵蚀了日本的经济、政治和民生,使日本经济在1990 年代泡沫经济崩溃后一蹶不振。到2009 年底,财政赤字累计达816 万亿日元,超过GDP 的150%,国家财政频于崩溃,日本民主制度的成本也成为全世界最高。
2009年民主党上台后,对政府系统法人,特别是那些“下凡”现象严重的法人进行彻底审查和整理。对象包括“下凡法人”4504 个,涉及国家公务员再就业者25,245 人,涉及国家财政资金12.1334万亿日元。莲舫在这次行动中表现出色,经常通宵达旦地研读资料,提问时有理有据,切中要害。使其博得了广泛的人气。
三、日本人能否接受华人首相
莲舫立志问鼎首相宝座,是否有可能?而日本人真的能接受一名华裔首相吗?
莲舫能否当上首相,首先要看民进党等在野党是否能够实现政党轮替。现在自民党和公明党政权虽然如日中天,但是其“盛势”中蕴含着巨大的危机。安倍政权所面临的最大问题是经济问题,安倍第二次上台后,打出了振兴日本经济的“三支箭”,而其根本错误,就是坚持以“成长路线”为前提来解决经济萧条与财政赤字问题,但是日本现在处于老龄化、少子化的新的历史阶段,劳动力不足、需求减少、消费萎缩是客观事实,日本政府不顾这个客观事实,以经济成长为前提,放松银根,提高税率。

|

« 3938中国は見る(2483)日本で中国系の首相が本当に出るだろうか?(上) | Main | 3940中国は見る(2485)日本で中国系の首相が本当に出るだろうか?(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事