« 3925中国は見る(2470)リオオリンピック⑦ 閉幕(下) | Main | 3927中国は見る(2472) BBC“21世紀の偉大な映画ベスト100”を発表 »

3926中国は見る(2471)東京五輪の時の首相は誰か?

东京奥运会时的日本首相是谁?
2016/08/23  来源:日经中文网

Photo 2020年東京五輪の時の首相は誰か――。 リオデジャネイロ五輪が21日閉幕し、永田町の関心は早くも4年後に向かい出した。 安倍晋三首相がその任を担うには、自らの党総裁任期延長が不可欠で、自民党内では近く延長検討に向けた議論が始まる。 肝心の首相の胸のうちが見えない中、4年後の首相選びは「ポスト安倍」も巻き込んだ長い神経戦となる。
 
 
“4年後の東京五輪・パラリンピック、今度は私たちがこの感動を提供する番になる” 首相は21日、25時間かけて赴いたリオデジャネイロでの五輪閉会式出席後、興奮気味に記者団に語った。
 
閉会式では日本のソフトパワーを強調するため、自ら「スーパーマリオブラザーズ」のマリオに扮して登場。 自民党内では“首相はやはり4年後も首相でいたいのだろう”(党幹部)との声が相次いだ。
 
 
東京五輪という晴れ舞台を目指し、首相は一日でも長く首相を続けたいのか? 最近の長期政権といえば在任1980日を数えた小泉純一郎元首相だ。 郵政民営化を訴えて05年の衆院選で圧勝。 翌年に控えた総裁任期の延長論が周囲からは相次いだが、本人は“全くない”と否定し続けた。
 
 
言質を与えず
 
小泉氏同様、安倍首相周辺からは早くも任期延長論がささやかれてはいるものの、首相自身は言質を与えない。 “4年後をどういう立場で迎えたいか。 やはり首相か” 記者団が21日、こう問いかけると“どんな立場にあっても五輪成功に汗を流したい”とかわした。
 
 
あいまい戦術には理由がある。 もし“やらない”と言えば党内は安倍氏の次を気にし出す。 その結果、政権の求心力は低下する。一方、“やる”と明言すると「ポスト安倍」勢力から反発を生むのは必至。 首相が「その先」について微妙な言い回しに終始するのはそうした事情からだ。
 
 
ただ布石は打っている。 3日の党役員人事では任期延長に理解を示す二階俊博氏を幹事長に起用。 内閣改造でも東京五輪の顔の一人になる五輪相に丸川珠代氏を環境相から横滑りさせ、小池百合子東京都知事との「女性タッグ」を実現した。 党幹部の一人は“自分の力で五輪をなし遂げたい意欲の表れ”と解説する。
 
 
そのために必要となるのは18年9月までとなっている党総裁の任期延長だ。 総裁任期は党則で2期6年と規定しており、延期を認めるには党則改正が不可欠だ。 安倍首相に限って特例的に延長を認める方法もあるが、制度的に「3期9年」とする案を軸に検討が進むとみられる。 二階氏は年内にも結論を出し、来年初めの党大会で党則を改正する段取りを描く。
 
 
仮に党則改正が実現しても、安倍首相が東京五輪まで続投できる保証はない。 今回の内閣改造で首相の閣内残留の打診を固辞した石破茂前地方創生相は次期総裁選をにらみ、近く地方遊説を本格化する構え。 閣内残留となった岸田文雄外相も首相の任期延長論には慎重だ。 首相が3選を果たすには石破氏ら「ポスト安倍」の動向がカギを握る。
 
 
総裁選前倒しも
 
東京五輪まではあと4年。 株価や内閣支持率など変動要因も様々だ。 日本経済新聞の8月の世論調査では、党総裁任期延長について「反対」が45%で「賛成」の41%を上回った。 与党内には“18年12月までにある次期衆院選での圧勝が条件”との声もある。 二階氏が年内までに総裁任期延長に関する結論を急ぐのも「一寸先は闇」という政界の常識を熟知しているからでもある。
 
 
“鉄は熱いうちに打て”という考えに従うならば、来年の党大会で党則を改正した後、総裁選を1年前倒しして17年秋に実施するのも一案だ――。 二階氏周辺では既にこんな「奇策」も取り沙汰される。 次期総裁選も絡んだ駆け引きは早くも始まっている。
 
 
东京奥运会时的日本首相是谁?
2016/08/23  来源:日经中文网
 

2020年东京奥运会时的日本首相是谁?里约热内卢奥运会8月21日闭幕,日本政界的关注焦点早已转向了4年后。日本现任首相安倍晋三要继续担任首相,不得不延长执政党自民党党总裁的任期,在自民党内部,有关延长任期的讨论将于近期启动。在看不清安倍内心的背景下,4年后的日本首相争夺是一个长期的心理战。
 
 
“在4年后的东京奥运会和残奥会上,轮到我们提供这种感动”,安倍21日花费25小时赶赴里约热内卢,出席了奥运会闭幕式,随后略显兴奮地对记者表示。
 
安倍花费25小时赶赴里约热内卢,以马里奥形象出席闭幕式
 
在闭幕式上,为了强调日本的软实力,安倍亲自打扮成《超级马里奥兄弟》中的马里奥登场。在执政党的自民党内,相继有声音表示,“首相或许希望4年后仍担任首相”(党高官)。
 
安倍是否已经瞄准东京奥运会,希望尽可能长的担任首相?提到日本最近的长期执政,首推任期达到1980天的前首相小泉纯一郎。借助呼吁邮政民营化,在2005年众议院选举中取得压倒性胜利。虽然身边人士相继发出第二年延长自民党总裁任期的论调,但小泉本人始终否认,称“完全不存在”。
 
安倍的模糊战术
 
与小泉相同,安倍身边人士也很早就发出延长自民党总裁任期的论调,但安倍自身并未作出承诺。“希望以何种立场迎接4年之后?仍然是首相吗”,记者21日提出这个问题时,安倍敷衍称,“不管是何种立场,都希望为奥运会的成功付出努力”。
 
安倍采取模糊战术具有理由。如果表示“不担任首相”,自民党党内将开始关注安倍之后的首相,造成政权的凝聚力将下降。另一方面,如果明确表示“继续担任”,必将遭到瞄准“后安倍时代”的势力反对。安倍对“今后”始终采取微妙措辞就是这个原因。
 
不过,安倍正在进行布局。在8月3日的自民党高层人事安排中,起用对自民党总裁任期延长态度积极的二階俊博担任干事长。而在内阁改组中,将丸川珠代从环境相平调为奥运会担当相,实现了与东京都知事小池百合子的“女性搭档”。自民党的高层之一认为这“体现了安倍希望以自己的力量举办奥运会的想法”。
 
为此,必须将自民党总裁任期延长至18年9月。自民党党章规定总裁任期为2届6年,延长任期必须修改党章。虽然也有只限定安倍晋三延长任期的方法,不过预计在制度上将以“3届9年”的方案为核心推进讨论。二阶最早将在年内得出结论,在明年初的党代会上讨论修改党章。
 
即使自民党修改了党章,也不能确保安倍晋三留任到东京奥运会。在日前的内阁改组中,前地方创生相石破茂拒绝了安倍让其留在内阁的提议,石破茂计划瞄准下届总裁选举,于近期正式在地方展开游说。留在内阁的岸田文雄外长也对延长任期持慎重态度。安倍能否连任到2020年东京奥运会,石破茂等“后安倍时代”人物的动向至关重要。
安倍要趁热打铁?
 
距离东京奥运会还有4年时间。此外还面临股市和内阁支持率等诸多变动因素。日本经济新闻(中文版:日经中文网)8月实施的舆论调查显示,关于延长自民党总裁任期,回答“反对”的受访者占45%,超过表示“赞成”的41%。执政党内部也有声音表示“在下届众议院选举中取得压倒性胜利是(延长总裁任期的)条件”。二阶急于在年内就延长总裁任期得出结论也是因为其熟知将来的事难以预料这一政界的常识。
 
如果遵从“趁热打铁”的想法,在明年的自民党党代会上修改党章,之后将总裁选举提前1年至2017年秋季实施的方案也浮出水面。二阶身边的人士已开始在讨论这样的方案。瞄准下届日本执政党自民党总裁选举,各方已开始展开博弈。

|

« 3925中国は見る(2470)リオオリンピック⑦ 閉幕(下) | Main | 3927中国は見る(2472) BBC“21世紀の偉大な映画ベスト100”を発表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事