« 3882中国は見る(2427)1987年の“アグネス論争”は何だったのか?(下) | Main | 3884中国は見る(2429)中国、南シナ海問題で批判の矛先、日本に »

3883中国は見る(2428)ハーグ仲裁裁判所 南シナ海について判決を下す

海牙仲裁法庭对南海做出判决
2016/07/12  来源:日经中文网
オランダ・ハーグ仲裁裁判所は7月12日,南シナ海について、中国が主権を主張する“九段線”に国際法上の根拠がないと認定した。 これは国際司法が初めて中国の南シナ海の主張に対して判断を下したもので、日米や南シナ海沿岸国の中国に対する批判が強まるのは必至だ。
 

判決は、中国の南沙諸島で造成している人工島についても、スカボロー礁、クアテロン礁、ファイアリー・クロス礁は“島”ではなく、“岩”だとし、排他的経済水域(EEZ)は設けられないとした。 またスビ礁、ミスチーフ礁、セカンド・トーマス礁は、“低潮高地”(暗礁)だとし、排他的経済水域を設定することはできないし、領海を設定できないとした。
仲裁の判決が出た後、中国外交部は、“同裁定は拘束力がなく無効、違法であり、中国は受け入れないし、承認しない”との声明を発表した。 声明の中で、“フィリピンが一方的に仲裁裁判所に、悪意をもって提訴した。 仲裁裁判所はフィリピンが提起した仲裁事項の実質的内容が、領土主権と海洋境界であるのを無視し、中比が紛争解決方式を選択しているのを見誤っている"と述べている。
中国はこれまでフィリピンが提訴した仲裁裁判所に参加せず、受け入れないと表明してきた。 中国の戴秉国元国務委員は7月5日、仲裁裁判所が下した判決は“ただの紙くずだ”と語っている。
中国の王毅外相は7月6日、ケリー米国務長官と電話で、南シナ海の仲裁案をめぐって協議した。 王毅外相は、中国はこの仲裁裁判の判決を受け入れないことを重ねて言明、その上で、ケリー長官に対し、“フィリピンの南シナ海の仲裁判決の結果の如何にかかわらず、中国は領土主権と正当な海上権限を死守するとともに、平和と安定を守る”と述べ、“米国は主権に関わる議論において特定の側にコミットしない姿勢を大切にし、賢明な言動を心がけ、中国の主権および安全保障上の利益に抵触する行為を慎むよう”強く求めた。
仲裁裁判の判決の焦点は、中国が実効支配し造成を進める人工島に、領海と排他的経済水域を認定するかどうかにあった。 《国連海洋法条約》に基づき、“島”は領海や排他的経済水域を設定できる。 “岩”は領海だけ設定できる。 一方、“低潮高地”は領海も排他的経済水域も主張することはできないとした。
中国は《国連海洋法条約》の批准国であり、判決を守る義務がある。 しかし、判決には強制力がない。 中国はこれまでずっとフィリピンが提訴した仲裁裁判に参加せず、判決を受け入れないと表明している。 フィリピンが一方的に提訴した南シナ海の仲裁裁判は国際法に違反すると指摘、“領土問題や海域境界問題で、中国はいかなる第三者の紛争解決方法は受け入れないし、中国に対するいかなる紛争解決案の強要も受け入れない”としている。

海牙仲裁法庭对南海做出判决
2016/07/12  来源:日经中文网

荷兰海牙国际仲裁7月12日做出有关南海的判决,认定中国主张领土主权的“九段线”没有国际法上的根据。这是国际司法首次对中国在南海的主张做出判断,日美和南海沿岸国对中国的批评有可能加强。
裁决还对中国在南沙群岛所造人工岛等的场所进行了判断,认定黄岩岛、华阳礁、永暑礁不是“岛”,而是“岩”,不能以此划定专属经济区(EEZ)。此外,还认定渚碧礁、美济礁、仁爱礁是“低潮高地”,不仅不能以此划定专属经济区,也不能以此设定领海。
在仲裁做出后,中国外交部迅速发布了声明,表示“该裁决是无效的,没有拘束力,中国不接受、不承认”。声明指出菲律宾单方面提起仲裁,目的是恶意的,并表示仲裁庭无视菲律宾提起仲裁事项的实质是领土主权和海洋划界问题,错误解读中菲对争端解决方式的共同选择。
中国一直表示不接受、不参与菲律宾提出的仲裁。中国前国务委员戴秉国7月5日指出仲裁法院作出的裁决“不过是一张废纸”。
中国外交部长王毅7月6日与美国国务卿克里进行了电话磋商。围绕南海仲裁案,王毅再次重申中国不参与、不接受这一仲裁,在此基础上对克里表示:“不管菲律宾南海仲裁案结果如何,中国都将坚定维护自身领土主权和正当海洋权益,坚定维护南海地区和平与稳定”,同时强调:“希望美方恪守在有关领土争议问题上不持立场的承诺,谨言慎行,不采取任何损害中方主权和安全利益的行动。”
仲裁的焦点在于是否认定中国实际控制或建造人工岛的地点为依据,划定中国的领海和专属经济区。根据《联合国海洋法公约》,“岛屿”有权划定领海和专属经济区,而“岩礁”只能划定领海,另一方面,“低潮高地”则不能主张拥有领海和专属经济区。
中国是《联合国海洋法公约》的缔约国,有遵守裁决的义务,但国际法庭没有办法强制。中国始终表示不接受、不参与菲律宾提起的仲裁,并指出菲律宾单方面提起南海仲裁案违反国际法,提出“在领土问题和海域划界争议上,中国不接受任何第三方争端解决方式,不接受任何强加于中国的争端解决方案”。

|

« 3882中国は見る(2427)1987年の“アグネス論争”は何だったのか?(下) | Main | 3884中国は見る(2429)中国、南シナ海問題で批判の矛先、日本に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事