« 3874中国は見る(2419)日本人の生活に溶け込んだ中古品(下) | Main | 3876中国は見る(2421)横井裕・駐中国大使 着任から1カ月半の活動(上) »

3875中国は見る(2420)参院選調査:改憲勢力3分の2に迫る 

日本参院选调查:修宪势力直逼3分之2
2016/07/06  来源:日经中文网
日本経済新聞社は10日投開票の参院選を前に世論調査を実施し、取材情報を加味して終盤情勢を探った。 自民党は序盤の勢いを維持して55議席に届き、非改選と合わせて単独過半数となる57議席をうかがう。 与党で改選過半数の61を上回り70議席程度の状況。 安倍政権下での憲法改正に前向きな「改憲勢力」は非改選と合わせ国会発議に必要な3分の2に迫る情勢だ。 民進党は巻き返しに苦戦している。 
 
 
調査は3~5日に日経リサーチが電話で実施した。 公示直後の6月22~23日の序盤情勢に続き2回目。
 
 
序盤情勢の調査後、英国が欧州連合(EU)離脱を決めて円高・株安に振れ、バングラデシュでは日本人7人が死亡する襲撃事件が発生。 選挙戦への影響が注目されたが、自民党が選挙区、比例代表ともに優位な状況に変わりはない。
 
 
改憲の発議は参院では定数(242)の3分の2の162議席が必要。自公と、改憲に前向きなおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の非改選は合計で84。 今回の4党の獲得見込み議席を合わせると3分の2に必要な78に迫る情勢だ。 日本経済新聞の取材では非改選の無所属のうち、井上義行、松沢成文、渡辺美知太郎の各氏ら3~4人は改憲に賛成で、これを加えると3分の2を超える。
 
 
調査は全国の有権者5万9516人を対象に、3万3312人から回答を得た。 回答率は56%。有権者のうち選挙区で3割、比例代表で2割が投票先を決めておらず、流動的な要素もある。

 
日本参院选调查:修宪势力直逼3分之2
2016/07/06  来源:日经中文网

 
日本经济新闻(中文版:日经中文网)在7月10日进行投计票的日本参议院选举之前实施了舆论调查,在参考采访信息的前提下,展望了最后阶段局势。日本执政党的自民党将维持初期的势头,或将夺取55个以上议席,加上非改选议席,有望达到作为单独过半数的57个议席。算上联合执政的公明党,执政党将超过占改选议席过半数的61个议席,达到约70个议席。加上非改选议席,对于安倍政权修改宪法持积极态度的“修宪势力”的议席有望接近日本国会动议所需的3分之2。民进党的反攻将陷入艰苦境地。
 
该调查于7月3~5日由日经调查公司通过电话实施。这是继公示之后的6月22~23日初期局势调查之后第2次实施调查。
 
初期局势调查之后,英国全民公投做出脱欧(EU)决定,随后日元升值、股价下跌,同时孟加拉国发生了导致7名日本人死亡的袭击事件。局势对选战的影响受到关注,但自民党在选区和比例代表方面占据优势的局面没有改变。
 
日本国会如果要进行有关修宪的动议,在参议院方面,需要获得占总席位数(242个)3分之2的162个议席的赞成。日本自公两党、以及对修宪持积极态度的大阪维新会、守护日本之魂党的非改选议席合计达到84个。加上此次4党有望获得的议席,将接近占3分之2的78个议席。在日本经济新闻(中文版:日经中文网)的采访中,在非改选议席的无党派中,井上义行、松泽成文和渡边美知太郎等3~4名议员支持修宪,加上这些议席,将超过3分之2。
 
本次调查以日本全国5万9516名选民为对象,获得3万3312人的回答。受访率为56%。在选民中,选区的3成选民、比例代表的2成尚未决定投票对象,存在流动性因素。

|

« 3874中国は見る(2419)日本人の生活に溶け込んだ中古品(下) | Main | 3876中国は見る(2421)横井裕・駐中国大使 着任から1カ月半の活動(上) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事