« 3877中国は見る(2422)横井裕・駐中国大使 着任から1カ月半の活動(下) | Main | 3879中国は見る(2424)参院選挙 改憲派 3分の2に迫る  »

3878中国は見る(2423)クールチャイナ

酷爱中国
2014/02/24   来源:演播室by明子

北京人民ラジオ放送局は、毎年春節になると、“春節特別番組競技”を行っています。 競技の中で受賞した作品は、春節期間中、北京人民ラジオ放送局のそれぞれのチャンネルで放送されます。
 
私達の日本語ラジオ放送の番組も毎年、競技に参加し、過去何回も受賞しています。 私の印象に深く残っているのは、“中国が好き”のシリーズ番組です。 “クールジャパン”と逆で、この番組は“クールチャイナ”形式で、中国に居住している日本人が“中国のこの場所がとてもクール”などの情報を紹介するものです。
 
 
中国に長く住んでいる日本人が、どんなものを“クールチャイナ”と思っているか、その結果は正に多種多様でした。
 
 
“中国式ファーストフードは、早くて、おいしくて、安い”、“四川火鍋(しゃぶしゃぶ)が好き”、“何人も乗せられる自転車”、“どの国の自動車も見ることができる”、“一家団欒を重視し、伝統を愛する”、“読書”……など、いろいろありました。
 
 
そのうち、私がとても賛同したのは、ある女性が挙げた“クールチャイナ”――“中国の男性は、女性に勘定の支払いをさせない”です。
 
 
中国で生活した10数年中、私も随分、中国の男性からもてなしを受けました。 いつも、“女の幸せ”をしみじみ感じさせて頂きました。
 
 
ある日、私は3人の友達と一緒に食事をしました。 内訳は中国人男性と中国人女性、私ともう一人は日本人女性でした。 食事の後、私達日本人2人はがザザっとバッグを取り出し、中から財布を取り出そうとしました。

“別々に払いましょう”
“割り勘で”
 
 
これは日本では見慣れた風景です。
 
 
でもここは中国です。 中国の男達の字典には“割り勘”などの言葉はありません。 支払いを終えた男性は、“日本人はいつも、私が支払うと言います。 (中国人)の彼女を見なさい。 男が支払うのは当たり前といった様子で、まったく動かないでしょう”とからかった。
 
中国人女性の字典の中にも、“割り勘”という言葉はないようです。
 
 
別の日、私の家族が東京から北京にやって来た。 友達夫婦が運転して私を空港に迎えに連れて行ってくれた。 着いたのが早かったため、空港のスターバックスで待つことにした。 日本人の私は、これは私の家族を迎えに来るのを手伝ってくれたのだから、コーヒー代はもちろん私が支払うものだと思っていた。 私が“コーヒー代、私が払います!”と言うと、奥さんが私の腕を掴んで、“なんで?”と理解できないといった顔で、私に言った。 “彼が払うのが当然です。 彼は男ですから”
 
 
なるほど。 男性が払うのが当然のことなんです!
 
その後、私はまったく気が楽になりました。 OK、じゃあ男性におごってもらいましょう。
 
 
その後、私は次第に慣れっこになりました。 でも、これはとても恐ろしいことです。 今、私もまったく動かず、平然として男性達が私のために払うのを見ています。 食事の後、財布を気にすることがないって、まったく爽快です!
 
 
ありがとうございます、中国の男性達!
 
 
最大の“クールチャイナ”は、中国の男性が女性に支払わせないという、この一点です!

 
酷爱中国
2014/02/24   来源:演播室by明子
 
 
日经中文网特约撰稿人 青树明子: 在北京人民广播电台,每到春节后,就将举行“春节特别节目竞赛”。如果在竞赛中获奖,在春节期间,获奖作品将在北京人民广播电台各个频道播出。
 
我们日语广播节目组每年也参加竞赛,并曾多次获奖。让我印象尤其深刻的是“酷爱中国”系列节目。与“酷日本”相反,该节目通过“酷中国”的形式向居住在中国的日本人广
泛介绍“中国这个地方很酷”等信息。
 
说到长期居住在中国的日本人将哪些东西理解为“酷中国”,结果的确显得五花八门。
“中式快餐、快捷、好吃、便宜”、“喜欢吃四川火锅”、“一辆自行车带了好几个人”、“各个国家的汽车都能见到”、“重视家人团聚家、爱传统”、“读书”……,不一而足。
 
其中,我极为赞同的是,一位女性列举的“酷中国”——“中国男性不让女性付账”。
 
在中国生活的十多年里,我也一直受到中国男性的款待,每次都能深深体会到“作为女人的幸福”。
 
有一天,我与三位朋友一起就餐。其中包括一位中国男性和中国女性、以及我和另外一位日本女性。在吃完之后,我们两个日本人哗
 
啦哗啦拿出包,打算从中取出钱包。
“分开付吧”
“AA制吧”
 
这在日本是司空见惯的情景。
 
但这里是中国。中国的男子汉们的字典里有没“AA制”等单词。结完账的那位男性朋友开玩笑说。
 
“日本人总是要表示一下,说我要付钱。看看(中国人)她,一点儿动作也没有。一副认为男人付钱理所当然的样子。”
 
在中国女性的字典里,似乎也没有AA制这个词语。
 
在另外的一天,我的家人要从东京来北京,朋友夫妻开车帮我去机场迎接。由于到的太早,于是决定在机场的星巴克等着。作为日本人的我认为,这是帮我来迎接我的家人,咖啡钱当然应该由我来支付。在我说“咖啡钱我来付啊!”之后,那位妻子抓住我的胳膊,“为什么?”带着难以理解的样子问我。“当然是他付账。他是男人。”
 
原来如此,男性付账居然是天经地义的!
 
在那之后我就一身轻松了。好吧,那就由男人们来请客吧。
 
后来我就逐渐习以为常了,这很可怕。如今,我也变得一点儿动作也没有,带着若无其事的样子看着男性们为我付账。消费之后不用碰钱包,真是太爽了!
 
谢谢,中国的男人们!
 
最大的酷中国当然就是男性不让女性付账这一点!

|

« 3877中国は見る(2422)横井裕・駐中国大使 着任から1カ月半の活動(下) | Main | 3879中国は見る(2424)参院選挙 改憲派 3分の2に迫る  »

社会生活」カテゴリの記事