« 3841中国は見る(2389)男女の愛が冷めるとき(上) | Main | 3843中国は見る(2391)外国人が見た“ここがヘンだよ 日本人!”(上) »

3842中国は見る(2390)男女の愛が冷めるとき(下)


男女恋情冷却的瞬间
2016/05/30   来源:演播室by明子
デートで行った店で、店員に対する態度がとても横柄に振る舞った瞬間も、女性達はイヤに感じます。
 
“店員さんを呼んだ時、「すみませんが、~~持ってきてください」と言うべきなのに、もし「おい、ちょっと!」なんて言ったら、私はとても恥ずかしい。 催促しても、なかなか料理がこない時、もし乱暴な態度をとったら、私はすぐ別れます”
 
なるほど、そうですね。
 
その次は、相手が“けち”だと思った瞬間です。 けちな男性とは結婚してはいけない。 これは世界の女性達の共通の見方です。
 
“コーヒーが自由におかわりできる店なのに、たった一杯注文しただけで、相手がいっしょに飲めただけでいいでしょうと言ったら、その時、私はこの人とは、もう付き合いを続けることができないと感じます”
 
 
“相手が割り勘と言い、その上、お金を少なく出したの。 その瞬間、この人、本当にけちなんだと思った。 もう付き合えない”
 
 
もし相手が私に割り勘と言い、一円単位でなく、100円単位でも、私はもう「さよなら」です。
 
 
上述のランクには入っていませんが、“相手が時間の観念がないのに気づいた時”も、恋の冷める瞬間です。 日本では、“5分前規則”が常識です。 つまり約束の時間の5分前には到着していなければいけません。 遅刻は厳禁です。
 
 
“私は時間を守らない人は、もしかすると私といっしょにいる時間を気にしないのかもしれません。 このような人には、恋愛感情が持てません”
 
 
なるほど、そうですね。
 
多くの人は、相手が普段着に着変えた瞬間、愛情が冷めると言います。
 
 
制服がもたらす魔法で、仕事着を着た男性(女性も同様)には確か魅力があります。 医者の白衣、会社員の洋服、パイロットの制服……、人々はその颯爽とした姿が好きです。 でも、ふだん会う時の服装には幻滅する。 こうしたことは意外に多いのです。
 
 
“休日のデートの時、彼がジーパンにTシャツ姿で私の目の前に現れました。 それもいいかなと思ったのですが、Tシャツをジーパンの中に入れてる格好って、お世辞にもいいものではありません。 チェック模様のフラノのワイシャツに、銀行に行くとき持つような小さいバッグ、全くおじさんスタイルです。 洋服の魔法が消えてしまった感じです”
 
 
なるほど、そうなんですね。
 
 
しかし、全身高級ブランドの服装なら万事めでたしでしょうか? 実際はそうでもありません。
 
 
もし大富豪で、ふだんからブランド品を着てるなら、論外ですが、自分が持ってる高級な服装を全部、家から持って来たとしたら、女性は引いてしまいます。 虚勢を張っていても、逆に野暮ったさが見えてしまいます。 こうしたことを避けるため、自分にあった服装を選ぶことが大切です。
 
デートの時の服装は、選びにくい。
 
 
以上はは「恋が一瞬で冷める」ことについての女性側の意見です。 
 
 
男性も同様です。 では、男性の気持ちが「一気に冷める」瞬間て、どういう時でしょう?
 
 
“自分の友達を紹介する時、敬語を使わないで、やたら親しげに見せるのは、気持ち悪いです。 彼女から見たら、相手は年上なんです。 気持ちが引いた瞬間です”(28歳の男性)
 
 
“電車の中で、シルバーシートの席に座ったり、周囲の目を気にせず化粧を始める女性。 公共の場で常識に欠けている人、どんなに好きでも嫌になります”(30歳の男性)
 
 
食事の際の礼儀作法は男女共通です。
 
 
“ダイエットのため? もし偏食だったらどうしよう? 将来、結婚して、毎日いっしょに食事をすることを考えたら、気持ちが一気に冷めました”(27歳の男性)
 
 
“どんなにきれいでも、食べ方がみっともない人は、付き合うことができません”(27歳の男性)
 
 
“送り迎え、プレゼント、食事代を支払うなどすべて男として当たり前のことです。 これらのことが駄目なんて言いません。 でも、私は「ありがとう」くらいのことはあってもいいと思います。もし相手が、何ごとも当然な態度をとったら、私は引いてしまいます”(32歳の男性)
 
“ありがとうございます”“すみません”も言えない女性には、がっかりします”(30歳の男性)
 
 
そうですね。 本当に多くのことを学ばせていただきました。
 

男女恋情冷却的瞬间
2016/05/30   来源:演播室by明子
 
 
在约会时去的店,对店员的态度非常盛气凌人的瞬间,也会遭到女性们的讨厌。
 
“在呼叫店员的时候,应该说句‘打扰了,请来一下’,如果说‘喂,过来!’之类,我也感觉不好意思。在催促迟迟没上来的料理时,如果采取傲慢无礼的态度,我会想迅速分手”
 
原来如此。
 
其次是感觉对方“吝啬”的瞬间。不要与吝啬的男性结婚,这是全球女性们的共同看法。
“在咖啡自由续杯的店。在只点了一杯后,对方说一起喝就行了吧,这时,我感觉无法再和这个人相处下去了”
 
“对方说要AA制,而且还要少出钱。在感觉这个人真吝啬的瞬间,已经无法交往了”
如果对方对我说要AA制,即使是以100日元为单位,不是1日元,我也会因此而放弃。
虽然上述排名中不存在,但“在注意到对方没有时间观念时”,也是恋情冷却的瞬间。在日本,“5分前规则”是常识,即在约会时间的5分钟之前到达,对于迟到,确实要求严格。
 
“我会认为,不遵守时间的人或许是不在乎和我在一起的时间。对于这样的人,无法产生恋爱感情”
 
原来如此。
 
很多人说,在对方换上便服的瞬间,恋情就会冷却。
 
由于存在制服带来的魔法,身穿工作服的男性(女性或许也一样)确实很有魅力。医生的白大褂、公司职员的西装、飞行员的制服……,人们会喜欢上那种飒爽的姿态,却会对平时见面时的着装审美感到失望,这种情况很多,令人感觉意外。
 
“在假日约会时,他穿着牛仔裤和T恤衫出现在我面前。这样其实也不错,但将T恤衫放到牛仔裤里面,这种审美无法恭维。身穿格子花纹的法兰绒衬衫、拿着像去银行时携带的小手提包,全都是大叔品位。感觉解除了西装的魔法”
 
原来如此。
 
但是,是否一身高级品牌的服装就万事大吉了?事实并非如此。
 
如果是了不起的大富豪,平时都身穿名牌,另当别论,要是自己拥有的高档服装全都从家里拿来,女性将退避三舍。打肿脸充胖子,反而会被认为很俗气,为避免这种情况,
 
选择适合自己的服装很重要。
 
约会时的服装的确很难选择。
 
这些都是女性一方的意见,在恋情一瞬间冷却这一点上,男性也是相同的。那么,男性感情一下子冷却的瞬间有哪些呢?
 
“在介绍自己的朋友时,不使用敬语,显得过分亲昵,令我感到不好意思。从她的角度来看,是对方年长。这是感情冷却的瞬间”(28岁男性)
 
“在电车中,一屁股坐到爱心座位上,或者不顾周围的目光开始化妆。在公共场合缺乏常识的人,不管多么喜欢,也会感觉很生气”(30岁男性)
 
就餐的礼节是男女共同的。
 
“会想这是为了减肥吗?要是过于偏食怎么办?一想到将来结婚,就会每天一起吃饭,感情就冷却了”(27岁男性)
 
“不管多么漂亮,如果吃相很难看,就无论如何无法相处”(27岁男性)
 
“接送是理所当然的。送礼物也理所当然。就餐付钱也全是男性。虽然这样也没什么不行,但我仍感觉,应该说句‘谢谢‘之类的。如果对方采取什么都理所当然的态度,我会感觉急躁”(32岁男性)
 
“对于不会说‘谢谢’、‘对不起’的女性,确实感到很失望”(30岁男性)
 
是啊,真的学到很多东西。

|

« 3841中国は見る(2389)男女の愛が冷めるとき(上) | Main | 3843中国は見る(2391)外国人が見た“ここがヘンだよ 日本人!”(上) »

社会生活」カテゴリの記事