« 3860中国は見る(2405)日本人を訪問する際の礼儀作法(下) | Main | 3862中国は見る(2407)楊貴妃 日本で生きていた?(下) »

3861中国は見る(2406)楊貴妃 日本で生きていた?(上)


杨贵妃逃到日本生活? 
2016/04/03  来源:演播室by明子

日本人にとって、知名度抜群の中国の美女というと楊貴妃以外ない。
日本人は西施、王昭君、貂蝉は知らなくても、楊貴妃の名前は知っています。
 
日本人が頭に浮かべる世界の三大美人というと、エジプトのクレオパトラ、小野の小町、楊貴妃です。 ついでに補足すると、小野の小町は平安時代の美人で、歌の名人、長いこと、日本では美人を“~小町”と呼んでいます。
 
 
日本では、果物はとても高いです。 その中でも、中国から輸入するライチはとりわけ高価です。 しかし、“楊貴妃が好きな果物”と言うことで、値段が高くても、みんな買います。 ライチは美容に役立つと信じているのです。
 
 
白ワインにキンモクセイの花を漬け込んだ桂花陳酒とライチの混合カクテルを“楊貴妃カクテル”と言い、女性達から人気がある。
 
日本の女性達は美容の情報にとても敏感で、多くの女性がコラーゲンは皮膚の美化に効果があると知っています。 もし“楊貴妃が大量のコラーゲンを摂取して美肌を保った”と知ったら更に説得力があり、鶏肉や魚をせっせと食べるようになります。
 
 
楊貴妃が上記のように人気があるのは、なぜかと言うと、日本には“楊貴妃伝説”が伝えられているからです。
 
 
中国の歴史によれば、楊貴妃は馬嵬坡で悲劇的な死を迎えた。 その後、その地に埋められた。 しかしその後、楊貴妃の墓には、服と日常の生活用品しか見当たらなかった。 ということは、楊貴妃は墓に埋められていなかったということになる。
 
楊貴妃が影も形も消えてしまった!?
 
“消えた楊貴妃は一体どこに行ったのか?
 実は日本に行った”
 
 
これは日本に伝わる“楊貴妃伝説”で、まずは山口県長門市の楊貴妃伝説を見てみよう。
 
 
長門市に長く伝えられた話によると、“縊死されたと見られる楊貴妃は、実際には戦乱を逃れ、小舟に乗って、山口県長門市まで逃亡した”という。
 
 
馬嵬坡で死んだのは楊貴妃本人ではなく、実際は身代わりだった。 楊貴妃本人は長門まで漂流し、一時、ここで生活していた。
 
 
長門市に“二尊院”という寺がある。 この寺には、なんと楊貴妃の墓がある。 また伝説によると、二尊院の仏像は玄宗皇帝が楊貴妃を悼んで贈呈したものだという。
 
 
長門市の人はこの伝説を信じている。 二尊院の周辺には、大理石で作られた楊貴妃の像と中国式のあずまやが林立し、“楊貴妃の故郷”となっている。
 
そのほかに、九州の天草地区にも楊貴妃伝説がある。
 
その伝説は、玄宗皇帝の側近の援助の下、楊貴妃は戦乱を逃れ、小舟に乗って中国を離れ、日本に漂着した。 それは“紀元756年の蒸し暑く暗い夜”だったという。 天草の伝説によると、有名な遣唐使の阿倍仲麻呂唐も出てくる。 玄宗皇帝の側近が、皇帝の言葉として――“貴妃を日本に逃がしてくれ。 その後の事も頼む”と伝え、楊貴妃を阿倍仲麻呂に託したのだという。 
 
 
杨贵妃逃到日本生活? 
2016/04/03  来源:演播室by明子

 
日经中文网特约撰稿人 青树明子:对于日本人来说,提到知名度超群的中国美女,当属杨贵妃。
日本人就算不知道西施、王昭君和貂蝉,也会知道杨贵妃的大名。
提到日本人心目中的世界三大美女,将是埃及艳后克丽奥佩特拉、小野小町以及杨贵妃。顺便补充一下,小野小町是日本平安时代的美女、和歌作家,长期以来,日本都将美女称为“小町娘(意为小町小姐)”。
在日本,水果全都非常昂贵,其中,从中国进口的荔枝尤为昂贵。但是,因被称为“杨贵妃爱吃的水果”,即使价格昂贵,人们也要购买。人们认为荔枝可能有助于美容。
将桂花陈酒和荔枝混合起来的鸡尾酒被称为“杨贵妃鸡尾酒”,似乎深受女性们的喜爱。
日本的女性们对美容信息很敏感,众多女性已经知道,胶原蛋白有利于肌肤美化。如果提到“杨贵妃通过大量摄入胶原蛋白保持了美丽肌肤”,将更加有说服力,于是开始积极食用鸡肉和鱼。
杨贵妃像上面这样深受欢迎,而最说明问题的是,日本流传的“杨贵妃传说”。
根据中国的历史,杨贵妃在马嵬坡走向悲剧性的死亡,随后被埋入那片土地。但在那之后,从杨贵妃的墓中,仅仅发现了衣服和日常生活用品。也就是说,杨贵妃并未被埋入墓中。
杨贵妃消失了踪影!
“消失的杨贵妃到底去了哪里呢?
实际上去了日本。”
这就是日本流传的“杨贵妃传说”,首先看看山口县长门市的杨贵妃传说。
长门市长期流传的说法是,“被认为已被缢死的杨贵妃实际上逃离了战乱,乘坐小船,来到了山口县长门市”。
换言之,在马嵬坡死去的并非杨贵妃本人,实际上只是替身。其本人漂流到长门,并一度在这里生活。
长门市有一座名为“二尊院”的寺院,里面竟然保留着杨贵妃的墓。同时传说称,二尊院的佛像是玄宗皇帝为悼念杨贵妃而赠送的。
长门市的人相信这个传说,在二尊院的周边,形成了大理石造杨贵妃像和中国式亭子林立的“杨贵妃故里”。
此外,九州岛天草地区也存在杨贵妃传说。
其说法是,在玄宗皇帝亲信的帮助下,杨贵妃逃离了战乱,乘坐小船离开了中国,到了倭国(日本)。据说那是在“公元756年一个漆黑而闷热的夜晚”,在天草的传说中,还出现了日本著名的遣唐使阿倍仲麻吕。玄宗皇帝的亲信将杨贵妃托付给阿倍仲麻吕,并转达了皇帝的话——“请让贵妃逃到倭,之后的事就拜托了”。

|

« 3860中国は見る(2405)日本人を訪問する際の礼儀作法(下) | Main | 3862中国は見る(2407)楊貴妃 日本で生きていた?(下) »

歴史」カテゴリの記事