« 3838中国は見る(2386)オバマ大統領 広島の旅:謝罪ではない謝罪 | Main | 3840中国は見る(2388)オバマ米大統領の「意外な」贈り物 「平和のシンボル」折り鶴 »

3839中国は見る(2387)オバマ大統領の広島での演説全文


奥巴马广岛演讲全文(中文翻译)
2016/05/28  来源:日经中文网


オバマ米大統領は5月27日、米国の現職大統領として初めて米国が原爆を投下した広島を訪問し、広島平和記念公園で演説を行った。 日本経済新聞(中国語版:日経中文網)に掲載した全文の中国訳です。 訳文は次の通り。 (注:当翻訳は日本語原文からのものです)
71年前のよく晴れた雲のない朝、空から死が降ってきて世界は変わった。閃光(せんこう)と火の壁が町を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを示した。
 
 
我々はなぜここ広島を訪れるのか。それほど遠くない過去に解き放たれた、恐ろしい力について思いを致すためだ。亡くなった10万人を超える日本の男性、女性、子供たち、数千人の朝鮮半島出身の人々、そして捕虜になった十数人の米国人を追悼するためだ。 彼らの魂は我々に内面を見つめ、我々が何者であるか、これからどのようになっていくのかを考えるように語りかけている。
 
 
広島を際立たせているのは戦争という事実ではない。歴史的な遺物をみれば、暴力による争いが初期の人類からあったことが分かる。我々の初期の祖先は石から刃物を作り、木からヤリを作る方法を学んだ。こうした道具を狩りだけでなく、同じ人類に対しても用いるようになった。
 
 
世界の文明の歴史は穀物不足や黄金への欲望、民族主義や宗教的熱意といった理由で、戦争で満ちている。帝国は台頭し、衰退した。人々は支配されたり解放されたりしてきた。節目節目で苦しんできたのは罪の無い人々であり、数え切れない彼らの名前は時とともに忘れ去られてきた。
 
広島と長崎で残虐な終わりを迎えた世界大戦は、最も豊かで強大な国の間で起きた。彼らの文明は世界に偉大な都市、素晴らしい芸術をもたらしてきた。思想家は正義と調和、真実という概念を発展させてきた。しかし戦争は初期の部族間であった支配や征服と同じような本能から生まれてきた。新たな能力が、支配欲や征服欲が争いを呼ぶという古くからの構造を増幅させた。
 
数年の間におよそ6千万人の命が奪われた。我々と変わらない男性や女性、子供たちが銃撃され、打たれ、連行され、爆弾に巻き込まれた。投獄されたり、飢えたり、ガス室に送り込まれたりした。
 
 
世界各地には勇敢で英雄的な行動を伝える記念碑や、言葉には言い表せないような邪悪な出来事を反映する墓や空っぽの収容所など、戦争を記録する場所が数多く存在している。しかし、この空に上がったキノコ雲の姿は、人類が持つ矛盾を強く思い起こさせる。我々を人類たらしめる思考、想像力、言語、道具を作る能力、我々を自然と区別し、自然を自らの意志に従わせる能力は、大きな破壊的な力も生み出した。
 
 
いかにして物質的な進歩や革新がこうした事実から目をくらましてきただろうか。崇高な理由のために暴力をどれだけたやすく正当化してきただろうか。すべての偉大な宗教は愛や平和、正義への道を約束している。しかし、どの宗教も信条のもとで殺人が許されると主張する信者を抱えてきた。国の台頭は人々の犠牲と協力を結びつける物語として語られてきたが、人類を抑圧し、人間性を奪う理由にも使われてきた。
 
 
科学の力で、我々は海を越えて対話し、雲の上の空を飛び、病気を治し、宇宙の真理を知ることができるようになった。しかし同じ科学の発見が、効率的な殺人の機械を生み出すこともある。近代の戦争や広島(での原爆被害)はこの真実を告げている。
 
 
科学の進歩に見合うだけ人間社会に進歩がなければ破滅が訪れる。原子核の分裂を可能にした科学の進化と同様、道徳の進化も求められている。だから我々はこの場所を訪れる。広島の真ん中に立ち、原爆が落とされた時に思いをはせる。目の前の光景に子どもたちが味わった恐怖を感じる。声なき悲鳴に耳を傾ける。
 
 
あのひどい戦争やそれまでの戦争、そして未来の戦争の罪なき犠牲者全員に思いを寄せる。言葉だけではそのような苦しみに声を与えることはできない。歴史を真っすぐに見つめ、再び苦しみを生まないために何を変えなければいけないのかを問う共通の責任がある。
 
 
いつか、証言をしてくれる被爆者の声を聞くことができなくなる日が来る。しかし1945年8月6日朝の記憶は絶対に消えてはならない。この記憶によって我々は独りよがりではいられなくなる。道徳的な想像力がかき立てられ、変わることができるようになる。
 
 
そしてあの運命の日から、我々は希望ある選択をしてきた。日米は同盟だけでなく友情を鍛え、戦争で得られるよりもはるかに大きな利益を勝ち取った。欧州の国々は連合体を築き、戦場を商業と民主主義の連帯(の地)に変えた。抑圧された人々や国々は自由を得た。国際社会は戦争を回避し、核兵器を制限、削減、ついには廃絶するための機構や条約を作った。
 
 
それでも、国家間の紛争やテロ、腐敗、残虐性、抑圧が世界中にあり、道のりが遠いことを思い知る。
 
 
人間が悪を働く力をなくすことは難しく、国家や同盟は自分自身を守る手段を保持しなければならない。しかし我が米国をはじめとする核保有国は、恐怖の理論から逃れ核兵器のない世界を目指す勇気を持たなければならない。
 
 
私の生きているうちには、この目標を達成することはできないかもしれない。しかしたゆまぬ努力により惨劇の可能性を後退させることはできる。新たな国や狂信者たちに恐ろしい兵器が拡散するのを止めることもできる。しかし、それだけでは十分ではない。世界をみれば、非常に原始的なライフルや樽(たる)爆弾がどれだけ大きな破壊力を持つか分かる。
 
 
我々は戦争そのものへの考え方を変えなければならない。外交の力で紛争を防ぎ、紛争が起きたら終わらせようと努力をすべきだ。国と国が相互依存関係を深めるのは、平和的な協力のためで、暴力的な競争のためではない。軍事力によってではなく、何を築き上げるかで国家を評価すべきだ。そして何にも増して、同じ人類として、互いのつながりを再び考えるべきだ。それが、人間が人間たるゆえんだ。
 
 
遺伝情報のせいで、同じ過ちを繰り返してしまうと考えるべきではない。我々は過去から学び、選択できる。過去の過ちとは異なる物語を子どもたちに語ることができる。我々は同じ人間であると伝え、戦争を今よりも起きにくくし、残虐さが簡単には受け入れられなくなるような物語だ。我々はこうした物語を被爆者から学ぶ。
 
 
原爆を落としたパイロットを許した(被爆者の)女性は、憎むべきはパイロット個人ではなく戦争そのものだと理解していた。日本で殺された米兵の家族を探し当てた(日本人)男性は、米国人も自分と同じように家族を亡くした喪失感を抱えていると感じた。
 
 
私の国の物語はシンプルな言葉で始まる。「すべての人は平等で、神によって生命や自由に加え、幸福を追求する譲歩不可能な権利を与えられている」
 
 
この理想を実現することは米国内の米国市民であっても、決して簡単なことではない。しかし、この物語を実現することは、努力に値する。それは努力して、世界中に広められるべき理想の物語だ。
 
 
我々全員は、すべての人間が持つ豊かな価値やあらゆる生命が貴重であるという主張、我々が人類という一つの家族の一員だという、極端だが必要な観念を語っていかなければならない。
 
我々は、その物語を語るために広島に来る。そして愛する人のことを考える。朝起きてすぐの子どもたちの笑顔、夫や妻とのテーブル越しの温かなふれあい、そして親からの温かな抱擁。こうしたことに思いをはせ、そしてそんな素晴らしい瞬間が、71年前この広島にもあったことを知る。亡くなった人は、我々となんら変わらない人たちだった。
 
 
普通の人ならこうしたことが分かるだろう。彼らは、これ以上戦争が起きることは望まない。彼らは科学は、生命を奪うためではなく、生活をより良くするために使われるべきだと考えている。
 
 
国家や指導者がこうした単純な知恵を使って(国の方向を)選択するならば、広島の教訓が生かされたことになる。
 
 
ここ広島で、世界は永遠に姿を変えてしまった。しかし今日、この町の子どもたちは平和の中に生きている。なんと貴重なことか。それは守られるべきことで、世界中の子どもたちが同じように平和に過ごせるようになるべきだ。それが我々が選びうる未来だ。そして、その未来の中で広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして記憶されるだろう。
 
 
 
奥巴马广岛演讲全文(中文翻译)
2016/05/28  来源:日经中文网

 
奥巴马5月27日作为美国现任总统首次访问美国投下原子弹的广岛,并在广岛和平纪念公园发表演讲。日本经济新闻(中文版:日经中文网)刊载演讲的中文翻译全文。译文如下:  (注:本翻译来自日语原文)
 
在71年前万里无云的晴朗的早晨,死亡从天空降临,世界由此改变。闪光不断扩大,烈火形成的墙破坏了这座城市。这显示出人类已经获得毁灭自己的手段。
 
我们为何会来到广岛?我们来到这里,是为了思考恐怖的力量在并不遥远的过去被释放出来。是为了追悼超过10万日本人、数千朝鲜半岛人以及成为俘虏的美国人。这些人的灵魂对我们说,要更加关注内心、自己回顾过去、并思考今后要何去何从。
 
在战争中,并非只有广岛是特殊的。自古以来,暴力争端一直不断发生。最初使用石头和长矛。人们使用武器,不仅是为了捕获动物,还为了杀死人类自身。不管是哪块大陆,所有的文明都充满战争。
 
时而为了追求金钱,时而出于民族主义和宗教理由,一直在爆发战争。帝国崛起,随后衰退。人们成为奴隶,又得到解放。在历史的转折点上,无辜的人遭受痛苦,很多人成为牺牲品。牺牲者的名字随着时间的流逝而逐渐被遗忘。
 
第2次世界大战在广岛和长崎显示出残酷的终结方式。文明一直在创造优秀的艺术。此外,思想家们一直在创造正义、和谐、真实的思考方式。但在同样的地方,也孕育了战争。战争源自征服的欲望、以及非常单纯的部族。古老的方式借助新的能力进一步加强,制约无法发挥作用。
 
在短短数年之间,6千万人失去生命。男性、女性、孩子等,都是与我们完全没有不同的人们。遭到枪击、被殴打、或被迫参加行军、处在饥饿之中、或遭到逮捕、被送进毒气室,结果因此而死亡。
 
全世界都存在很多记录战争的场所。纪念碑还显示出英勇的行为等,空空如也的收容所等讲述了这些故事。但是,在这片天空中升起的蘑菇云之中,我们明显遇到了人类的巨大矛盾。我们的语言能力和想像力、制造和使用工具、与自然世界不同的人类能力带来了巨大的破坏性力量。
 
物质上的进步如何令人看不到这样的事实?在多大程度上轻而易举地为崇高理由而使用暴力,并寻找借口?伟大的宗教都强调仁慈和爱,但这绝不应成为杀人的理由。国家的崛起一直被阐述为人们的团结,但一直被用于压制人类的理由。
 
借助科学,我们进行了各种沟通,在天空中飞行,治愈了疾病,能理解太空。但是,相同的科学有时成为非常高效的杀人工具。但是,广岛正在教给我们真理。
 
技术的进步如果没有伴随制度的进步,就将带来毁灭。产生核裂变的科学进步同时需要道德的进步。正因为如此,我们站在广岛的正中心,遥想原子弹被投下的时候。遥想孩子们看到的情景,倾听那种痛苦、无声的叫喊声。遥想无辜的人们由于这种残酷的战争而遭到杀害。
 
遥想历史上的战争、今后的战争的牺牲者。仅仅凭语言,无法让那些痛苦发出声音。我们必须正面看清历史,同时思考如何选择与以往不同的道路、以及为不再产生痛苦,应该做些什么。
 
总有那么一天,核爆受害者的声音将消失。但8月6日的痛苦绝对不会消失。由于记忆,傲慢之心将被抑制。这一记忆将激发道德上的想象力,推动变化。
 
此外,自命运之日以来,我们一直在进行有希望的选择。日美两国不仅是同盟,还建立了友谊。这是战争带来的东西。在欧洲,各国建立了联盟,将战场变为了商业、民主主义的纽带(之地)。各种制度和条约为了避免战争而形成。为制约核武器,为了使之减少和消除而采取行动。
 
但是,在全世界看到了国家间的攻击行动、恐怖主义和腐败、残暴行为、打压。这显示出我们的任务没有尽头。
 
我们或许无法根除人类作恶的能力。同时,必须拥有旨在保护自己的武器。但是,美国等拥有核武器的国家必须摆脱威慑的逻辑,拿出追求无核武器世界的勇气。我们必须摆脱威慑理论。
 
或许在我的有生之年无法实现目标,但希望不断追寻可能性。必须减少带来破坏的核武器的保有,杀人的武器不能交给狂热的人。仅仅有这些还不够。即使是原始的步枪和铁桶炸弹,有时在世界上也带来巨大的破坏。必须改变我们的内心和对战争的思考方式。
 
必须努力通过外交手段解决争端。和平的合作至关重要,不应展开暴力性竞争。有必要认识彼此的联系,确认作为人类一员的联系。这种联系才能使人类更像人类。
 
我们过去曾犯下错误,但能够从这种不幸中学习,并作出选择。能够告诉孩子们还有其他道路。能够创造共同的人类、战争不易爆发的世界、无法轻易接受残酷性的世界。下面的故事来自于核爆受害者们那里。
 
一位女性原谅了投下原子弹的飞行员。这是因为憎恨的是战争,而不是人。有人见到遭杀害的美国人的家人,了解到彼此的丧失感具有相同意义。
 
美国这一故事以简单的语句开始。所有的人都是平等的。同时具有与生俱来的权利。这是追求生命的自由和幸福的权利。但是,要使这些成为现实,在美国并不容易。但是,努力忠实于这个故事非常重要。
 
这是一种理想,是全部大陆、所有国家都需要的。所有生命都是宝贵的,我们是1个家庭的一部分。这就是我们必须传达的故事。
 
正因为如此,我们来到广岛。而且思考我们热爱的人们。例如遥想早晨起床不久的孩子们的笑容、与配偶隔着桌子相互接触、自己父母亲的温柔抱拥等,还可以想象这种感人的瞬间也曾存在于71年前的广岛。
 
如果是普通人,可以认为死去的人是和我们完全没有不同的人们。他们已经不希望再次发生战争。反而希望利用科学使生活变得更美好。
 
在国家和领导人的选择中,从广岛学到的这一朴素的智慧得到体现。世界因广岛而完全改变。但在今天,广岛的孩子们生活在和平的日子里。这是多么珍贵啊。这一生活值得保护,还需要让全世界的儿童都过上这种生活。这个日子告诉我们,广岛和长崎并非核战争的拂晓,而是道义上的觉醒的开始。

|

« 3838中国は見る(2386)オバマ大統領 広島の旅:謝罪ではない謝罪 | Main | 3840中国は見る(2388)オバマ米大統領の「意外な」贈り物 「平和のシンボル」折り鶴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事