« 3806中国は見る(2355)中国女性はなぜ結婚したくないのか?(下) | Main | 3808中国は見る(2357)日本人が海外生活に必ず持って行くもの(下) »

3807中国は見る(2356)日本人が海外生活に必ず持って行くもの(上)

日本人去海外生活必带的东西是什么?
2015/04/20   来源:演播室by明子
4月、日本は新年度が始まる。 学校、会社、国家機関、地方自治体などが、新しい一年の始めとなる。 “新しい”と言えば、4月は人事異動の季節で、この時期に異動が大体集中し、多くのサラリーマンが、4月から新しい任務地に赴くことになる。
 
 
ところが、これは大変なことだ。 日本国内だったらまだ比較的楽だが、もしも海外に駐在するとなったら、たいへん厄介なことになる。
 
何が厄介かというと、それは、“海外に持って行く荷物”の準備でてんてこ舞いするからだ。 シャンプー、リンスの準備も大事となるからだ。 日用品の類は現地でも買うことができるが、しかし日本人にとっては、難しいことだ。
 
 
いいことか、悪いことかわからないが、最近の日本の生活は本当に便利になった。 このこと自体は喜ばしいことだが、しかし一方、いったん日本の生活に慣れてしまったら、違う文化環境の下で生活するとなると、たちまち不便に感じてしまう。 日本で慣れた日用品は任務地で必ずしも売っているとは限らないから、取り敢えず持って行かなくてはならない。 日常生活品で必要なものは、全部忘れず持っていくようにする。
 
 
日本人が国外への異動となると、大きい包みや小さい包みの荷物となる。
 
それでは、日本人が海外赴任する際、日本からどんな日用品を持って行くのか? これらの商品を通して、“Made in Japan”がどうして高い評価を得ているかを知ることができます。 よく売れる理由の一端をご紹介しましょう。
 
まずはパリに長く住む日本人女性です。 彼女は、いつも短期間帰国して、必ず買うのが食品のラップとカシミヤのセーターだそうです。 ラップは、もちろん世界各国のスーパーマーケットでも売っています。 でも実際に使用すると、日本製品がやはり一番いいそうです。
 
 
“日本製は薄い膜のピッタリ度が違います。 パリのスーパーマーケットで売っているラップは箱から取り出すのも容易でないだけでなく、切るのも難しいんです”
 
 
私も同感しました。 中国のラップも思い通りにいきません。 とてもぐにゃりと柔らかくて、ナイフで切ってもまっすぐに切れません。 食品の密封度も日本製の方が一段優れています。 
 
 
カシミヤのセーターですが、流行の聖地、パリに住んでいるのに、どうして日本までカシミヤのセーターを買いに行くのか?
 
 
“パリで売っているカシミヤのセーターは、当たり前のことですが、品質はいいけど値段がべらぼーに高いんです。 安いのは品質がとても悪いんです。 その点、日本のカシミヤのセーターは、たとえ安物でも、品質は良く、私は普段よく着ています” 私はこれについても同感です。 日常、普段着で着る優良品質のカシミヤのセーターの贅沢さは、日本人だからこそわかるものです。
 
米国に住む日本人女性は日本に帰ってくると、薬・化粧品店に行って大量に歯ブラシを購入するといいます。
 
“米国の歯ブラシは大きすぎ、日本人には合いません。 日本製品は毛の角度から、形状、柔らかさ硬さ、すべて綿密に計算されています”
 
 
確かに、日本でよく売れる歯ブラシは歯医者推薦のタイプのものです。 つまり、毛の硬さは普通、ヘッドは小さいもの、毛の切り口は平坦なもの、柄は直線型がいいです。 毛はしっかりしたものナイロン製がいいです。 しっかり歯を磨けます。
 
日本人去海外生活必带的东西是什么?
2015/04/20   来源:演播室by明子

日经中文网特约撰稿人 青树明子:4月,日本的新年度开始了。无论是学校、公司、国家机关,还是地方政府,这都是新一年的开始。说到“新”,4月也是人事变动的季节。调动大都集中在这个时期,数不清的上班族4月起将奔赴新的工作地。
 
话说起来,这可是一件苦差事。留在日本国内还比较简单,倘若是派驻海外,就会非常费事。
 
要问什么费事,那就是准备“带去海外的行李”会令人手忙脚乱。因为连洗发水、护发素都想带上,所以准备行李才会变成一桩大事。虽说日用品之类可以到当地再买,但对于日本人,这却很难办到。
 
不知道是好事还是坏事,最近的日本生活实在方便。这本身虽然值得庆幸,但另一方面,一旦过惯了日本的生活,在不同的文化环境下生活总会觉得不方便。在日本用惯的日用品到工作地不一定有得卖,姑且都要带上。只要是日常生活可能需要的东西,全都要一个不落。
 
日本人去国外上班总是带着大包小包的行李。
 
那么,日本人去海外赴任的时候,会从日本带去哪些日用品呢?通过这些商品,可以了解到“Made in Japan”为什么赢得高度评价,揭开畅销原因的冰山一角。
 
首先是一位久居巴黎的日本女性。听说她每次短期回国,一定会购买的是食品保鲜膜和羊绒衫。保鲜膜当然在世界各国的超市都有得卖。但实际用过之后,还是日本产最好。
“日本产从薄膜的紧实度就不一样。巴黎的超市卖的保鲜膜不仅不容易从盒子里取出来,也不容易裁切”。
 
我完全有同感。中国的保鲜膜也不尽人意,特别软软塌塌,用刀子也裁不直。包食品的密封度似乎也是日本产更胜一筹。
 
再就是羊绒衫。住在时尚圣地巴黎,为什么还要到日本买羊绒衫?
 
“在巴黎卖的羊绒衫哪,说来也是理所应当,质量好的价格奇贵,便宜货质量超差。在这一点上,日本的羊绒衫就算是便宜货,质量也很好,我平日里经常穿。” 我对此也有同感。日常穿着优质羊绒衫的奢侈只有在日本才能体会得到。
 
一位住在美国的日本女性回到日本,就会到药妆店大量采购牙刷。
 
“美国的牙刷实在是太大了,不适合日本人。日本产品无论是刷头的角度、刷面的形状,还是软硬度,全都经过了周密计算。”
 
的确,日本的畅销牙刷是牙医推荐的类型,也就是说,刷毛硬度为普通、刷头小、刷面平坦、刷柄呈一条直线、刷毛为尼龙制造而且有力道的牙刷对牙齿好。

|

« 3806中国は見る(2355)中国女性はなぜ結婚したくないのか?(下) | Main | 3808中国は見る(2357)日本人が海外生活に必ず持って行くもの(下) »

社会生活」カテゴリの記事