« 3751中国は見る(2301)日本人が好きな四字熟語(上) | Main | 3753中国は見る(2303)日本のテレビが描く魅力的な中国人(上) »

3752中国は見る(2302)日本人が好きな四字熟語(下)

日本人青睐的中国四字熟语是什么?
2016/01/11  来源:演播室by明子
 
四字熟語の外に、自分の抱負、志また自分の感情を表現したい時、日本人はよく中国の古詩を借用します。
 
日本の高校では“漢文”という授業があり、中国の古典や古詩などを日本語に翻訳して学びます。 多くの高校生にとって、これは耐えられない苦痛の時間です。 しかし私は好きでした。 その時の漢文の先生が中国語で朗読してくれた中国の古詩は、とても優美に聞こえました。 それが中国語に対して私が関心を持った第一歩となりました。 (今思えば、それは全く日本人の発音でしたが、でも、その時私はとても引き付けられました)
 
 
中国の古詩は日本人にとって教養に属します。 二千年前から現在まで、この点はずっと変っていません。
 
日本人が好きな“中国の古詩”について、あるウェブサイトの調査結果は次の通りとなっています。
 
 
第一位  春望                                     杜甫
第二位  江南春                                  杜牧
第三位 送元二使安西                     王維
第四位 春暁                                     孟浩然
第五位 登黄鶴楼                                王之渙
第六位 静夜思                                  李白
第七位 早発白帝城                          李白
第八位 飲酒二十首其五                    陶淵明
第九位  涼州詞                                   王翰
第十位 黄鶴楼送孟浩然之広陵          李白
 
  
日本人が好きな中国の古詩については、圧倒的にトップにランクされるのは《春望》です。 俳句の松尾芭蕉が《奥の細道》の中で、平泉の高館に行った時、心の中で思ったのは杜甫の《春望》で、しみじみと感慨にふけりました。 また第二次世界大戦から70年が経ち、日本人は戦争を避けたいとの思いを《春望》に託しています。
 
 
“春眠暁を覚えず”は、日本人の中に広く伝わっています。というより、すでに日本語化しています。 春になると、多くの日本人は、“春だから、うっかり寝過ごしてしまった”、“まったく、春眠暁を覚えずだ。 眠くてたまらない”などと会話します。
 
《早発白帝城》も日本人の好きな古詩です。 白帝城を見たいため、多くの日本人が三峡旅行に行きます。
 
ついでに補足すると、私が一番好きなのは李白の《黄鶴楼送孟浩然之広陵》です。 “ただ見る長江の天際に流るるを”という言葉、日本語であろうと中国語であろうと、どちらもたいへん好きです。 いつもこの詩を読む時、私は友達のありがたさをつくづく感じます。
 
 
そうだ。 私の今年の抱負は“友達と交流を深める”にしよう。
 
 
日本人青睐的中国四字熟语是什么?
2016/01/11  来源:演播室by明子
 
 
除了四字熟语之外,在表达自己的抱负、志向乃至自己的感情时,日本人经常借用中国的古诗。
 
日本的高中有“汉文”课,将中国的古典和古诗等翻译为日语加以学习。对于很多高中生来说,这是令人难熬的时间,但我比较喜欢,当时的汉文老师用中文朗读的中国古诗听起来非常优美,那是我对中文产生兴趣的第一步。(如今回想起来,那完全是日本人的发音,但当时我感到非常动听)
 
中国古诗对日本人来说属于一种修养。从二千年前到现在,这一点始终没有改变。
关于日本人喜欢的“中国古诗”,某网站的调查结果如下。
 
第1位  春望                                      杜甫
第2位  江南春                                  杜牧
第3位  送元二使安西                     王维
第4位  春晓                                      孟浩然
第5位  登黄鹳楼                               王之涣
第6位  静夜思                                 李白
第7位  早发白帝城                         李白
第8位  饮酒二十首其五                   陶渊明
第9位  凉州词                                  王翰
第10位  黄鹤楼送孟浩然之广陵      李白   
 
说到日本人喜爱的中国古诗,以绝对优势高居第1位的就是《春望》。日本俳句作家松尾芭蕉在《奥之细道》中写道,在来到平泉的高馆时,心里想着杜甫的《春望》,充满感慨。在二战过去70年后,日本人经常将避免战争的想法寄托于《春望》。
 
“春眠不觉晓”也在日本人之中广泛流传,甚至已经日语化。到了春天,很多日本人都会说,“春天不知不觉就睡过头了”、“的确如此,真是春眠不觉晓啊,困得不得了”等对话。
《早发白帝城》也是深受日本人喜爱的古诗。由于想看看白帝城,很多日本人到三峡旅游。
 
 
顺便补充一下,我最喜欢的是李白的《黄鹤楼送孟浩然之广陵》。对于“惟见长江天际流”这句,无论是日语版还是中文版,都非常喜欢。每当吟咏这句诗,我都再次感觉到朋友的珍贵。
 
 
对了,我今年的抱负是“与朋友加强交流”。

|

« 3751中国は見る(2301)日本人が好きな四字熟語(上) | Main | 3753中国は見る(2303)日本のテレビが描く魅力的な中国人(上) »

社会生活」カテゴリの記事