« 3763中国は見る(2312)“駐在員妻”は やはり女性の憧れ?(上) | Main | 3765中国は見る(2314)中国 大都市に迫るバブルの足音(上) »

3764中国は見る(2313)“駐在員妻”は やはり女性の憧れ?(下)

“外派人员妻子”还是女性们的憧憬吗?
2015/06/01 来源:演播室by明子
 
妻の口コミが夫の出世に関係することもあり、妻達も奮闘しなければならない。 そのためあこがれの赴任生活も大きな悩みとなる。 この点は理解されにくい。
 
 
でも時代が移り変わり、海外駐在員妻も劇的な変化が起こった。
 
 
何かというと、妻を同行赴任するという情況が減ってきているという。 昔と違い、今の日本女性は結婚後も仕事を続けている。もしも夫と一緒に赴任すると、妻は必ず仕事を辞めなければならない。 数年後、帰国した際、元の職に復帰する保証はない。
 
 
そのため仕事をスッパリ辞め、夫と一緒に赴任するというのが、今、大きなリスクに直面している。
 
 
そこで、現代の妻達はいろいろ奇手を使っている。 ある金融機関の女性は、夫が海外勤務が確定した後、急いで妊娠し、産休期間を利用して夫に同伴して赴任した。 ある大手企業に勤めている女性は、夫の赴任地のある支社に異動申請を行い、異動が認められ、いっしょに赴任した。
 
 
どうしても仕事を辞めなければならない場合、赴任地で現地の言語を学び、帰国後、この技能を発揮して、新しい仕事を探す。
 
 
妻達は本当に粘り強い。 もちろん、以前のような“駐妻”も存在します。 しかし現代の妻達の多くは、夫が所属するランクと自分は関係ないと思っている。 夫は夫、妻は妻だというのだ。上司の妻に服従するといった関係は、現在すでに無くなっている。
 
 
日本の専業主婦も“改革開放”の時代を迎えたようです。
 
 
女性が天の半分を支えると見る中国でも、大部分の女性がみな仕事を持っています。 妻が海外へ単身赴任することも珍しくありません。
 
 
日本もついにこのような時代を迎えました。 駐妻だけでなく、妻の海外単身赴任の時代もすでに到来しています。 女性の社会的地位は、日本は中国より遥かに遅れていますが、しかし最近はついに接近しつつあると感じます。
 
 
もっとビックリしたのは駐妻の逆で、“駐夫”(妻に同伴し赴任する夫)が現れ始めたことです――夫が会社を辞職する情況。 時代の変化は確かに早くなっています。 中国では、“日本女性は結婚後、専業主婦になる”との見方が依然として根強いと思います。 これに対して、私は、“日本女性は急速に劇的に変化している!”と大声で言いたいです。 
 
 
“外派人员妻子”还是女性们的憧憬吗?
2015/06/01 来源:演播室by明子
 
据说妻子的口碑将关系到丈夫的出人头地,妻子们也需要奋斗,因此憧憬中的赴任生活将成为巨大的烦恼,这一点不难理解。
 
不过,时代发生了变迁,海外外派人员妻子也出现了明显改变。
 
说起来,携带妻子赴任这种情况本身正在减少。与很久以前不同,如今日本女性在结婚之后也参加工作。如果跟随丈夫前去赴任,妻子就必须辞去工作。而在数年后回国之际,无法保证能恢复原职,因此不惜抛弃工作一起陪丈夫赴任面临很大风险。
 
于是,现代的妻子们就各出奇招。就职于某金融机构的一位女性在丈夫确定赴海外工作之后,就赶紧怀孕,利用产假时间陪同丈夫前去赴任。而就职于一家大型企业的另一位女性则申请调动工作,调到丈夫赴任目的地所在的分公司,在获得同意后得以一同赴任。
 
虽然不得不辞去工作,但可以在赴任地学习当地的语言,然后在回国后发挥这项技能,寻找新工作。
 
妻子们真是非常顽强。当然,也存在像以往那样的“驻妻”。但是,现代的妻子们很多人认为,丈夫所处的等级与自己无关。丈夫是丈夫,妻子是妻子。服从于上司妻子这种关系目前已经接近于无。
 
日本的家庭主妇似乎也迎来了“改革开放”的时代。
 
在认为女性支撑半分天的中国,大部分女性都拥有工作。妻子到海外单身赴任也并不罕见。
 
而日本也终于迎来了这样的时代。不仅是驻妻,妻子单身到海外赴任的时代已经到来。在女性的社会地位方面,虽然日本远远落后于中国,但感觉最近终于不断接近了。
 
更加令人吃惊的是与驻妻相反,有迹象显示开始出现“驻夫”——指的是为了陪同妻子赴任、丈夫从公司辞职的情况。时代的变化的确迅速。在中国,认为“日本女性在结婚后肯定变成家庭主妇”的看法依然根深蒂固。对此,我想大声说,“日本女性的变化又迅速又明显!”

|

« 3763中国は見る(2312)“駐在員妻”は やはり女性の憧れ?(上) | Main | 3765中国は見る(2314)中国 大都市に迫るバブルの足音(上) »

社会生活」カテゴリの記事