« 3734中国は見る(2285)日本人が好きな“中国料理”はどんなもの?(下) | Main | 3736中国は見る(2287)東京の行政区分について(下) »

3735中国は見る(2286)東京の行政区分について(上)

旧区域からわかる:東京の行政区分について
 
看得见的旧界线:谈东京的区域划分
January 06, 2016  来源:乔纳斯的东京浮世绘
 
品川駅は品川区ではない。 目黒駅も目黒区にない。 東京の地名と行政区域の区分は一体どうなってるんだろう? みんなよくご存知の東京23区は、実は戦後の1947年の行政区域再編で、境界が定められた。 それ以前の東京の行政区は35区に分けられていた。 実はこの35区の姿から、逆に東京の歴史や文化の姿を見ることができる。 今回はこれら東京がわかる古い境界線の話を紹介しましょう。
 
 
35区から23区へ
 
いわゆる東京35区というのは、1878年の明治時代に決められた東京15区(趜町区、神田区、日本橋区、京橋区、赤坂区、麻布区、芝区、四谷区、牛込区、小石川区、本郷区、下谷区、浅草区、本所区、深川区)があったが、それに昭和初期(1932年)、さらに東京周辺の郡町村の20の新区が編入された。 都市計画の角度から言うと、日本政府のその当時の東京の版図の考えは、東京駅を中心とし、半径16キロメートルを東京都の区域とした。 この構想が35区となったところで確定した。 しかしその後、東京が第二次世界大戦の空襲や混乱で、戦後の復興計画や各区の人口のバランスを調整するため、1947年、再度行政区域の再編成を行い、今の東京23区ができた。
 
約70年前の行政区分だが、しかしそれぞれの区域内には依然として古い旧行政区を“堅持”し“名残り”を見ることができる。私が比較的よく知っている地区を選んで、みなさんに紹介したいと思います。
 
 
中央区=日本橋区+京橋区
 
 
今の中央区は日本橋区と京橋区が合併してできたものです。 日本橋区が中央区に併呑される当時、日本橋区の区民や同地の有力者から、日本橋区にぞくしていた各町名には、“日本橋”という3文字を付けるよう強く要求があった。 例えば日本橋人形町、日本橋本町などである。 同地に住む人にとって、江戸時代から使われてきた名称“日本橋”が自慢であり重視してることがわかる。 今なおこの3文字は依然として残っている。
 
また以前、日本橋の飲食業界の人と雑談をした際、特に、中央区の境目について話してくれた。 神社のお祭りの巡り歩くルートが一番わかるという。 例えば江戸三大祭りの一つ“神田祭り”の神輿の練り歩くルートで、旧日本橋地区の境がわかるという。神田祭りの主廟:神田明神は千代田区にあるが、しかし練り歩くルートは旧日本橋地区が主で、同じ中央区の祭りであるけれど、お神輿は旧京橋区の方まで行くことはない。 逆に、同じ江戸三大祭りの一つ“山王祭り”のお神輿の練り歩くルートは、旧趜町区と旧京橋区が主で、旧日本橋区へ越境することはない。
 
 
Photo 秋葉原のにぎやかな通りをゆっくり進む“神田祭り”のお神輿
(2013年5月12日撮影)
 
 
看得见的旧界线:谈东京的区域划分
January 06, 2016  来源:乔纳斯的东京浮世绘
 
品川站不在品川区、目黑站不在目黑区? 东京的地名与行政区域的划分究竟是怎么一回事呢?大家所熟知的东京二十三区,其实是在战后1947年行政区域改划之后才界定的,在这之前东京的行政区被划分成三十五区,其实从这三十五区的面貌,反而更能反映出东京的历史与人文风貌。这回就来说说这些东京内还观察得到的旧界线的故事。
 
从三十五区到二十三区
 
所谓东京三十五区,是指自1878年明治时期即存在划定的东京十五区(趜町区、神田区、日本桥区、京桥区、赤坂区、麻布区、芝区、四谷区、牛込区、小石川区、本乡区、下谷区、浅草区、本所区、深川区), 再加上于昭和初期(1932年)编入东京市内的东京周边郡町村的二十个新区。从城市规划的角度来说,日本政府当时对东京版图的想法是以东京车站为圆心,半径十六公里做为大东京都的区域规划,而这个构想在三十五区的划定后已大致上落实。然之后东京历经二次世界大战的轰炸与纷乱,为了对战后复兴的规划与调整平衡各区的人口,于1947年再度进行行政区域的整并改划,而有了现在的东京二十三区。
 
虽说已经是将近七十年前的行政区划分,但是各个区块内仍可以看到许多旧行政区的“坚持”与“风情”,这边也就挑选几个我比较熟悉的区域为大家进行介绍;
 
中央区=日本桥区+京桥区
 
现在的中央区是从日本桥区与京桥区合并而来的。当时日本桥区被整并为中央区时,应日本桥区民及当地有力人士的强烈要求,对于原先属于日本桥区的各个町仍冠上“日本桥”这三个字,如日本桥人形町、日本桥本町等,可见当地人们对于这个自江户时代传承下来的名牌:“日本桥”有多么地自傲与重视,至今这三个字仍然真金不换。
 
此外,之前与日本桥餐饮界协会的成员聊天时,还特别跟我提及,要感觉到中央区的分界,看神社庙宇的巡行路线最准。譬如说从江户三大祭之一“神田祭”的神轿巡行路线就可以看出旧日本桥区的分界。神田祭的主庙:神田明神虽然坐落在千代田区,但是巡行的路线却是以旧日本桥区为主,因此虽然是同样是中央区的大型祭典,但是神轿就是不会跨界巡行到旧京桥区这边来。反之,同样是江户三大祭之一“山王祭”的神轿巡行路线,则是以旧趜町区与旧京桥区为主,也不会越线到旧日本桥区来。
 
 
缓缓通过秋叶原繁华街区的“神田祭”(摄于2013年5月12日)

|

« 3734中国は見る(2285)日本人が好きな“中国料理”はどんなもの?(下) | Main | 3736中国は見る(2287)東京の行政区分について(下) »

社会生活」カテゴリの記事