« 3740中国は見る(2291)春節中の中国人旅行客 | Main | 3742中国は見る(2293)日本人が理解しにくい中国人の多様性 »

3741中国は見る(2292)原発避難者の帰還断念、避難先での移住進む

核事故受害者放弃回乡 定居避难地人数渐增
February 22, 2016  来源:朝日新闻中文网
 

2011年3月の東京電力福島第一原発事故による、政府の避難指示で避難した人が、全国の避難先で新たな住まいを得ようと取得した土地や家屋が、計約7100件に上ることがわかった。
 
避難生活が長引き故郷への帰還をあきらめ、東電の賠償も進んでいることから、避難先に移住する人が増えている。
 
 
避難指示区域に家を持つ人が避難先などで土地や家屋を得ると、一定要件を満たせば、不動産取得税が軽くなる特例措置がある。朝日新聞が全都道府県での適用件数を調べた。
 
その結果、39都道府県で特例の適用を受けていた。 避難指示区域以外の福島県内で住宅を得るために適用を受けた例が最も多く、6103件に上った。 次いで茨城が290件、栃木が152件、宮城121件と、隣県での適用が多かった。
 
 
しかし、この統計にはプレハブ仮設住宅や県による借り上げ住宅から、賃貸住宅を自費で借りて移った例は含まれないため、移住者は実際にはさらに膨らむとみられる。
 
 
核事故受害者放弃回乡 定居避难地人数渐增
February 22, 2016  来源:朝日新闻中文网
 
近日得知,因受到发生于2011年3月的东京电力福岛第一核电站事故影响,而接受政府指示进行避难的民众,希望在全国的避难地重新取得新居的土地或住宅数量,目前已经攀升至约7100件。
 
由于避难生活时间延长,使得避难者放弃返回故乡,加之东京电力的相关赔偿事宜也在持续进行当中,因此,选择直接移居至避难地的民众正在逐渐增加。
 
在避难指示区域只能够持有房屋的人,若在避难地等处取得土地或住房时,只要符合一定条件,便能够成为不动产取得税减轻之特例的适用人群。对此,《朝日新闻》就全国都道府县的适用件数进行调查。
 
调查结果显示,共计39个都道府县接受并认可适用特例。其中,又以能够在避难指示区域外的福岛县内取得住宅,而接受适用特例的件数最多,达到6103件。其次以茨城县的290件、枥木县的152件、宫城县的121件,临近县的件数居多。
 
然而,此统计未包括将预制装配式房屋,及向县政府租借住所,转为自费租赁住宅者的移居案例。因此,预计实际的移居者人数将超出现有数据。

|

« 3740中国は見る(2291)春節中の中国人旅行客 | Main | 3742中国は見る(2293)日本人が理解しにくい中国人の多様性 »

社会生活」カテゴリの記事