« 3741中国は見る(2292)原発避難者の帰還断念、避難先での移住進む | Main | 3743中国の三面記事を読む(1247)米国留学中国人3人 同級生を7時間 暴行 それぞれ6年から13年の実刑 »

3742中国は見る(2293)日本人が理解しにくい中国人の多様性

等身大的日本(106)日本人难以理解的中国人的多样性
2016/02/23  来源:日经中文网

春節が終わり、私は今、ほっと一息ついている。 昨年、私は中国人観光客の“爆買い”についての本を書いたため、今年の春節は、企業やテレビ局などから、私に爆買いについて話をして欲しいとの要請が相次ぎ、忙しくて大変だった。 薬、化粧品店、百貨店と同様、私自身も爆買いで儲かった側の当事者の一人となった。
 
今回、様々な日本人から私に「爆買い問題」について聞かれた。そうした中で、私は違和感を感じたことがある。 それは“日本人の角度”から爆買いを見る日本人が多いことだった。
 
 
例えば、“中国人は日本のラーメンが好きで、次々と有名ラーメン店に入って行く”という二ュースが流れる。 するとその後、日本のメディアは私に、“どこのラーメン店だかご存知ですか?”と聞いてくる。
 
 
“そうですね。 中国の人は自分で調べてから、一風堂、一蘭などのいろいろなラーメン店に行くみたいですよ”と私が答える。しかし、この答えは聞き手の気に入らないようで、更に“中国人が大量に入る店ありませんか? どこですか? 店名を挙げていただけますか?”と聞いてくる。
 
“特定の店ではないです。 大勢の中国人がどっと来るので、一つのラーメン店を挙げることはできません。 事実、いろんな店に殺到しています”とういと、相手は不満な表情を浮かべ、“聞いても、この人は答えられない”といった困惑の顔です。 この聞き手は、私がわからないから、答えできないと誤解しているようです。
 
その他の問題も同じです。 “中国人が北海道に殺到しているそうです。 北海道のどこに行ってるんでしょう? 例を挙げていただけますか?” 私が、“えーと……。 例えば札幌、小樽、函館、旭川、知床、根室などですね。 最近、札幌などの大都市だけでなく、小さな町にも向かっています。 どこへも行きます”と答える。 でも、このような答えでは、聞き手を満足させることができない。
 
“中国人がどっと行く”といったら、日本人は私にその地名を列挙してもらいたいのだ。
 
 
その他も推して知るべしです。 取材もこのような問答の繰り返しになります。 最初、私は相手がどうして繰り返し、同じ問題を質問するのか理解することができませんでした。 しかしやっと、こういったことかと理解できました。
 
 
日本人の論理に基づき中国人を見るため、中国人が“OOに殺到する”と耳にすると、中国人も日本人が行動するように、1ヶ所に集中すると誤解してしまうのです。
 
 
日本は世界でも珍しい平均化社会で、中産階級が圧倒的な規模を占めています。 例えば、東京都の平均の収入、あるいは20歳代の平均収入は、このレベルの人が一番多いです。 他の国と比べて、日本の貧富の差はとても小さく、学歴があろうとなかろうと、収入は同レベルです。 何か流行ると、あっという間に全国に波及します。 日本人は関心があるものには、自ら行こうとし、どこへもどっと押し寄せます。
 
 
以前と比べ(日本は)特別に流行るという情況は減ってきつつありますが、しかし、多種多様な人が生活し、違いが明らかな中国社会と比べると、あるものが流行るという情況は依然として高いものがあります。
 
 
そのため、自分が所属する社会と比べるのが好きで、いつの間にか外国に対する情況についても平均値を求めてしまうのです。 例えば、“こうする人は平均、何歳ぐらいでしょう?”、“平均的に見て、上海の会社員の給料はいくらくらい?” これは自分の目や視線で理解しようとするからです。
 
 
そのため、日本人はいつも“日本人の尺度”によって中国人の行動を見ようとし、この範囲内で理解しようとします。 これは明らかな誤りです。 しかし島国日本では、変えることができない一面なのです。
 
 
日本人にとって、理解しにくいのが中国人の多様性です。 しかし、これこそ中国最大の面白いところであり吸引力となっています……

 
等身大的日本(106)日本人难以理解的中国人的多样性
2016/02/23  来源:日经中文网
 
日经中文网特约撰稿人 中岛惠:春节已经过去,我产生了终于松口气的心情。去年,我撰写了有关中国游客“爆买”的书籍,因此企业和电视台等邀请我讲述爆买的情况,结果今年春节忙得不可开交。与药妆店和百货店一样,我本人也成为受益于爆买的当事者之一。
 
 
这次,各种日本人向我提出了有关爆买的问题,在这个过程中,我感到明显的违和感。那就是仅仅以“日本人的角度”看待爆买的日本人非常多。
 
 
例如,“中国人非常喜欢日本的拉面,纷纷走进日本的知名拉面馆”这一信息流传出来。随后,日本的大众媒体就问我,“知道有哪家拉面馆吗?”
 
 
我回答说,“是啊。听说他们在自己调查后去了一风堂、一兰等各种拉面馆”。但是,这个回答无法让听者满意。他们会问“有没有顾客大量涌入的店铺?是哪些地方?请列举一个店名”。
 
 
我回答说,“并非某一家店铺。由于是大量中国人蜂拥而至,无法列举出一家拉面馆。事实是涌向了各种店铺”。于是,对方浮现出不满的表情,带着“即使询问,这个人也无法回答”的困惑表情。听者误认为我不了解,所以难以回答。
 
 
其它问题也如出一辙。有人问“听说中国人涌到北海道。都去了北海道的哪些地方?请举一个例子”。我回答说,“这个嘛……。例如札幌、小樽、函馆、旭川、知床或根室等。最近,不仅是札幌等大城市,还前往很小的城镇,任何地方都会去”。这样的回答仍无法让听者感到满意。
 
 
一提到“中国人涌到这里”,日本人就希望我列举一个地名。
 
以此类推,访谈就是这种问答的重复。最初,我无法理解对方为何不厌其烦地揪住不放、总向我提出相同的问题。但是,后来逐渐理解了这一点。
 
 
由于是根据日本人的逻辑来看待中国人,只要听到中国人“涌向○○”,就会误以为中国人像日本人的行动那样,集中于一个地方。
 
日本是世界上罕见的平均化社会,中产阶级规模具有压倒性优势。例如,统计东京都的平均收入、或20多岁的平均收入,处在这一水平的人最多。与其它国家相比,日本的贫富差距很小,无论是学历还是收入,很多人都处于相同水平。因此,不管流行什么,很快就将波及全国,整个日本的人都将蜂拥而至,或产生兴趣,或亲身前去。
 
 
与以前相比,只有一个东西特别流行的情况正在减少,但是,与生活着多种多样的人、差异明显的中国社会相比,只有一个东西流行的程度仍非常高。
 
 
因此,喜欢与自己所处的社会比较,不知不觉对于外国的情况也寻求平均值,例如“这样做的人平均多大年纪?”、“平均来看,上海公司职员的工资有多少?”。这是因为从自己的目光和视线来理解。
 
 
因此,日本人总试图按照“日本人的尺度”来衡量中国人的行动,并在这个范围内加以理解。这是明显的错误,但在岛国日本,也存在无法改变的一面。
 
 
对于日本人来说,最难以理解的是中国人的多样性。但是,这正是中国最大的有趣之处和吸引力……

|

« 3741中国は見る(2292)原発避難者の帰還断念、避難先での移住進む | Main | 3743中国の三面記事を読む(1247)米国留学中国人3人 同級生を7時間 暴行 それぞれ6年から13年の実刑 »

社会生活」カテゴリの記事