« 3674中国は見る(2231)2015年 今年の漢字は「安」 | Main | 3676中国は見る(2233)澤穂希が現役引退へ サッカー女子W杯初優勝に貢献 »

3675中国は見る(2232)「男はつらいよ」の「寅さん記念館」リニューアルオープン

《寅次郎的故事》 纪念馆再现经典柴又站
December 15, 2015
映画「男はつらいよ」の魅力を楽しめる「葛飾柴又寅さん記念館」(葛飾区柴又6丁目)の展示の一部が新しくなり、19日から公開される。
寅さんの出会いと別れの舞台になった「駅」や「鉄道」をテーマにした新たな展示が加わる。
「帰郷と旅立ちの駅」のコーナーでは、映画の第1作が公開された69年ごろの京成電鉄柴又駅の駅舎をセットで再現。 駅の看板や伝言板、時刻表、運賃表などを制作したほか、一部は実際に使われていたものを京成電鉄から借り、当時の雰囲気をつくり出す。
「寅さんと鉄道の旅」のコーナーでは、2人ずつ向かい合って座る列車のボックスシートを再現。 窓の部分に設置されたモニターには映画に登場する鉄道シーンの映像が映し出され、旅を楽しむ寅さんになったような気分を味わえる。
また、「京成金町線 原風景への旅」のコーナーでは、明治時代に柴又帝釈天の参拝客を乗せた鉄道の客車を再現し、実際に乗車して当時の雰囲気を味わえる展示になっている。
山田洋次監督は葛飾区を通じ、「映画で描き続けた日本の原風景と寅さんが愛した鈍行列車ののんびりとした旅を楽しめる内容です」とコメントしている。
《寅次郎的故事》 纪念馆再现经典柴又站
December 15, 2015
能够充分体验电影《寅次郎的故事》(日文片名:男はつらいよ)之魅力,位于东京都葛饰区柴又6丁目的“葛饰柴又寅次郎纪念馆”,其中部分展示在经过更新后,将从19日开始对外开放。
纪念馆中新增了以上演寅次郎相遇与离别之舞台的“车站”及“铁道”为主题的全新展区。
在“归乡与踏上旅途的车站”展示区,通过一系列展示再现了第1部电影上映时的1969年前后,京成电铁柴又站的车站建筑。展区制作有车站的站牌、留言板、时刻表、票价表等,而其中的部分展品更是向京成电铁借用的实物,以营造出当时的氛围。
而在“寅次郎与铁道之旅”展示区,则再现了当时列车中两人座相对设置的座位。设置于车窗部分的显示屏中,播放着在电影中出现的铁路沿路风景,让人感受到仿佛变成了享受旅途的寅次郎。
此外,在“京成金町线 通向原风景之旅”展示区中,再现了明治时期前来参拜柴又帝释天寺的游客所乘坐的铁道客车,是一个能让人实际感受到当时乘车氛围的展示区。
这部电影的导演山田洋次通过葛饰区表示评论称,“展示的内容,能让人充分感受到在电影中持续描写的日本原风景,以及寅次郎喜欢坐着慢车悠闲享受旅行的乐趣”。

|

« 3674中国は見る(2231)2015年 今年の漢字は「安」 | Main | 3676中国は見る(2233)澤穂希が現役引退へ サッカー女子W杯初優勝に貢献 »

映画・テレビ」カテゴリの記事