« 3661中国は見る(2218)趙薇は“女性版ウオーレン・バフェクト” | Main | 3663中国は見る(2220)日本海 カニの季節を迎える 各地のおいしいブランドカニをチェック »

3662中国は見る(2219)同僚はロボット? 将来、労働人口の半数がロボットに

机器人同事? 未来近半数人类工作或被代替
December 03, 2015  来源:朝日新闻中文网

Robotto
2日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した“国際ロボット展”では、人と一緒に働くロボットが相次いで登場した。 体力を使う作業の負担を減らしたり、集中力が求められるこまかい作業を手伝ったり。 ロボットとの「協業」はどこまで進むのか?

産業用ロボット大手ファナックのブースでは、緑色のロボットがタイヤを持ち上げていた。 重さ35キロまで移動させることができ、自動車の生産ラインなどで作業員の体力的な負担を減らすことができる。

産業用ロボットはこれまで、安全面の配慮から柵で囲む必要があった。 それが2年前の規制緩和で、人が触れると停止するなどの安全対策を講じれば、一部のロボットは柵を設ける必要がなくなり、人手に頼っていた工程でロボットの“手伝い”が可能になった。

工場だけでなく、高齢化が進む農作業の現場でも活躍できそうだ。 宇都宮大学やNECは、イチゴを自動収穫するロボットを開発した。熟したものだけを選び、果実に触れずに収穫できる。

サービス分野では、ロボット開発、販売を手がけるココロ(東京都羽村市)が、等身大の女性の人型ロボット“アクトロイド”を展示した。 テーマパークのハウステンボス(長崎県佐世保市)の園内で開業した“変なホテル”のフロント係として活躍している。

野村総合研究所の推計によると、10~20年後に、日本の労働人口の約49%の仕事が人工知能やロボットで代替可能になるという。 広報担当者は、“労働力不足の対応として、ロボットという選択肢もあることを伝えたい”と話した。

机器人同事? 未来近半数人类工作或被代替
December 03, 2015  来源:朝日新闻中文网

“国际机器人展”于2日在东京国际展览中心(东京都江东区)拉开帷幕。展会上,协助人类共同工作的各式机器人相继登场。有的可以帮助人类减轻体力劳动负担,有的可以帮助人类从事需要集中注意力的精细作业。今后,人类与机器人的“协作”将怎样发展呢?

产业用机器人制造巨头发那科(FANUC)公司的展区中,绿色的机器人可将轮胎举起。这款机器人可以移动最大达35公斤重的物体,可以减轻汽车生产线等工人的体力负担。

到目前为止,考虑到安全性,产业用机器人必须要用防护栅围起来才能使用。但这一规定在2年前得以放宽,如果能够设计出一旦接触到人体便立即停止工作等保护安全功能,则部分机器人就不再需要设置防护栏。这样一来,一直以来依赖于人力的工程,将可能实现让机器人来“帮忙”。

此外,不仅仅是在工厂,在老龄化不断发展的农业劳动中机器人也有望大显身手。宇都宫大学以及NEC公司共同开发了一款可自动收获草莓的机器人。这款机器人能自动选择已经熟好的草莓,且不用接触果实就能将草莓摘下。

而在服务业领域中,从事开发销售机器人业务的Kokoro公司(东京都羽村市)展示了一款真人大小的女性人形机器人“Actroid”。目前这款器人在主题乐园豪斯登堡(长崎县佐世堡市)园内开业的“怪异酒店”(日文为:変なホテル)中,作为前台服务人员辛勤工作。

据野村综合研究所估算,10至20年后,日本劳动人口中约49%的工作可能将被人工智能或机器人代替。展会宣传负责人表示,“希望通过展会告诉大家,作为解决劳动力不足的对策,机器人也是选择之一”。

|

« 3661中国は見る(2218)趙薇は“女性版ウオーレン・バフェクト” | Main | 3663中国は見る(2220)日本海 カニの季節を迎える 各地のおいしいブランドカニをチェック »

社会生活」カテゴリの記事