« 3636中国は見る(2193)中国のおばさんたちの広場ダンスの時代 終わりになるか? | Main | 3638中国は見る(2195)ミニフルーツ、味力ぎゅう »

3637中国は見る(2194)シンガポールで7日 中台首脳 初会談(下)中台、直接対話の時代

两岸进入直接对话时代
2015/11/09  来源:日经中文网

Photo中国と台湾の首脳会談が7日初めて実現し、中台は直接対話で交流を広げる時代に入った。 中国との政治対立のために孤立しがちだった台湾が、アジア太平洋の経済統合の動きに参加する余地が広がることにもつながる。 ただ、中台が急接近すれば中国の海洋進出を後押しし、東アジアの安全保障体制を大きく変える可能性があり、日本にとって危うさもはらむ。

中台首脳が握手

66年ぶりに中台首脳が会談した際、中国の習近平国家主席は、“両岸(中台)人民の福祉を向上し、よりよい生活ができるようにしたい”と語り、台湾の馬英九総統は、“両岸の交流を加速し、「(両者がともに利益を得る)ウィンウィン」の利益を獲得していきたい”と述べた。

歴史的な7日のトップ会談は政治対立を棚上げし、経済中心の交流を拡大することが話題の大半を占めた。

台湾の参加に道

今回の会談は中台間の交流の拡大だけでなく、東アジアの経済統合にも変化を呼びそうだ。 台湾は東アジアで中国、日本、韓国に次ぐ4番目の経済規模を持つ。 しかし、日本や米国を含む主要国は中国に気兼ねし、台湾と2国間や広域の自由貿易協定(FTA)をほとんど締結していない。

馬英九総統によると、“(一つの中国の原則を認めるなら)合理的な手続きを話し合える” 習主席は台湾の国際組織での活動に一定の理解を示した。 中国が寛容な姿勢に転じるなら、台湾が望む東アジア地域包括的経済連携,(RCEP)、アジアインフラ投資銀行(AIIB)などへの参加に道が開ける。

台湾は半導体、液晶パネルなどハイテク産業で世界有数の集積を誇り、“文化や言語の共通する中国市場の開拓で、日本企業の有力なパートナーになる”(大手総合商社)という特徴も持つ。 中国の容認という前提条件はあるものの、東アジアの経済統合の質の向上への助けになる。

安全保障面でみると、1949年以降も軍事緊張が断続的に起きた台湾海峡情勢が、ホットライン開設で安定するのは日米にとって安心材料だ。 ただし、中台接近が行き過ぎると、中国の海洋進出を後押しすることになりかねない。

“中国沿岸の地図を台湾を上にして眺めると、その戦略的な重要性が分かる”と多くの地政学の専門家は指摘する。 地図を逆さまにしてみると、確かに台湾は中国の太平洋進出を阻む蓋のように見える。

台湾の選択:日米か、中国か

中国の海洋進出は現在、南シナ海の領有権を巡る米国や東南アジアとの摩擦を引き起こしている。 ただし、中国が台湾を勢力下に収めれば、日本の輸入原油の8割が通るシーレーン(海上交通路)への影響の深刻さは南シナ海の比ではない。

7日の会談は、中台関係が世界情勢で持つ重要性を改めて印象づけた。 その行方を左右する次の節目は、2016年1月の台湾総統選挙だ。

“次期総統選は台湾が日米を選ぶか、中国を選ぶかの分岐点になる”台湾情勢に詳しい日本の外務省OBの見立てだ。 国民党による中国への接近ぶりが改めて浮き彫りになる一方で、台湾独立を志向する最大野党・民進党は軍事・経済面で米国や日本の後ろ盾を期待している。

総統選は台湾住民が90年代以降の民主化で、苦労の末に勝ち取った財産だ。 中国はもちろん、米国や日本にも干渉する権利はない。 ただし、中国の今後の対外政策に大きく影響するだけに、国際社会は今まで以上に結果に注目すべきだろう。

两岸进入直接对话时代
2015/11/09  来源:日经中文网

大陆和台湾领导人11月7日实现首次会面,两岸进入了通过直接对话扩大交流的时代。此前台湾因与大陆的政治对立而易于陷入孤立,但此次领导人会面将有助于扩大台湾参与亚太地区经济整合潮流的空间。此外,如果两岸迅速接近,将推动中国加强海洋战略,也有可能明显改变东亚的安全保障秩序。这对日本来说是一种风险。

两岸领导人握手(kyodo)

在时隔66年的两岸领导人会面时,习近平表示“让两岸同胞继续开创和平安宁的生活,让我们的子孙后代共享美好的未来”。马英九回应称:“扩大两岸交流,增进互利双赢”。

7日的历史性会面搁置了政治对立,以经济为中心的交流扩大占话题的大部分。

将开辟台湾参与地区整合的道路

此次会谈不仅将扩大两岸间交流,而且有望对东亚经济整合带来变化。台湾在东亚拥有仅次于中国大陆、日本和韩国的第4大经济规模。但是,包括日本和美国在内的主要国家顾及到大陆,几乎没有和台湾签署双边和广域的自贸协定。

据马英九介绍,习近平在会面时对于台湾在国际组织内的活动显示出一定的理解,表示希望就个别情况做出适当处理。如果中国大陆转向宽容姿态,台湾参加区域全面经济伙伴关系(RCEP)和亚洲基础设施投资银行(AIIB)等的道路将打开。

台湾还在半导体和液晶面板等高科技产业拥有世界屈指可数的集中度,一家日本综合商社表示“在文化和语言相通的中国市场的开拓方面,台湾将成为日本企业强有力的合作伙伴”。虽然仍设置了大陆允许这一前提条件,但将推动东亚经济整合的质量的提高。

从安全保障方面来看,1949年以后军事紧张局面仍时有出现的台湾海峡局势通过热线的开设而将趋于稳定,这一点让日美感到安心。不过,如果两岸接近发展过快,有可能推动中国加快海洋战略。

不少地缘政治专家指出:“如果将台湾放在上面看中国沿岸的地图,其战略上的重要性将一目了然”。将地图翻转过来看,台湾看起来犹如是阻止中国大陆进入太平洋的盖子。

台湾将选择日美还是大陆?

中国大陆的海洋战略目前在南海领土主权问题上引发了与美国和东南亚的摩擦。不过,如果大陆将台湾纳入势力范围,日本进口原油的8成经过的海上通道所受影响的严重性将超过南海问题。

7日的会谈再次凸显出两岸关系在世界局势中具有的重要性。影响其走向的下一个节点是2016年1月台湾总统选举。

“下一届总统选举是台湾选择日美,还是选择中国的岔路口”,熟悉台湾局势的一名日本外务省资深人士这样认为。通过此次历史性的会面,再次凸显了国民党接近大陆的姿态。另一方面,寻求台湾独立志向的最大在野党民进党期待在军事和经济方面获得美国和日本的支持。

总统选举是台湾居民通过1990年代以后的民主化千辛万苦赢得的财产。大陆自不必说,美国和日本也没有权利干扰。不过,台湾的选择将对大陆今后的对外政策产生巨大影响,国际社会也将比以往更加关注结果。

|

« 3636中国は見る(2193)中国のおばさんたちの広場ダンスの時代 終わりになるか? | Main | 3638中国は見る(2195)ミニフルーツ、味力ぎゅう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事