« 3653中国は見る(2210)“個人旅行”の中国人 (上) | Main | 3655中国は見る(2212)今年の紅白歌合戦 司会者・歌手発表 »

3654中国は見る(2211)日本映画の大女優 原節子さん死去

1.伝説の女優・原節子さん死去 小津監督映画の永遠の主役
2.日本映画の黄金期築いた女神 原節子さん死去 

1.传奇女优原节子去世 小津电影中永远的主角
  November 26, 2015  来源:朝日新闻中文网
2.日本电影巨星陨落 昭和女神原节子仙去
  2015/11/26  来源:日经中文网

1.伝説の女優・原節子さん死去 小津映画の永遠の主役

Photo戦前から戦後にかけて銀幕のトップスターとして活躍し、42歳の若さで突然引退した後は「伝説の女優」といわれた原節子(本名:会田昌江)さんが9月5日、肺炎で死去していたことがわかった。 95歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

同じ敷地に暮らしていた親族によると、原節子さんは8月中旬、神奈川県内の病院に入院。 亡くなった日は、5人ほどの親族に見守られながら息を引き取った。 それまでは“大きな病気もなく過ごしていた”といい、亡くなった時点での公表を控えたのは“あまり騒がないでほしい”との遺志を尊重したためという。

2原節子さんは小津安二郎監督の《東京物語》などの作品に出演、戦後映画を代表する作品に数多く出演した。 しかし1962年、突然引退し、その後、神奈川県鎌倉市の自宅で静かに暮らし、公共の場やマスコミに一切顔を出さなくなり、“伝説の大女優”的な存在になっていた。

2.日本映画の黄金期築いた女神 原節子さん死去 

 

99昭和を代表する女優、原節子さんが死去した。 半世紀前、日本映画のスター、原節子さんは42歳で突然引退した。 2015年9月に、原さんが95歳の高齢で死去したことがわかった。 原節子さんは小津安二郎や黒沢明など映画の巨匠の作品に数多く出演し、日本映画の黄金時代のミューズ(女神)となった。 彼女の一生は伝説となり、今亡くなり、惜しむ声しきりである。

日本人離れした大きな瞳と彫りの深い美貌で、日本映画の黄金時代を駆け抜けた原節子さんは、1962年に42歳でひっそりと引退。 映画界との交渉を一切絶ち、以後“永遠の処女”は伝説となった。

義兄・熊谷久虎監督のすすめで、35年に日活多摩川撮影所入りし、15歳でデビュー。 山中貞雄監督「河内山宗俊」(36年)での弟思いのかれんな娘役で注目された。 37年にはアーノルド・ファンク、伊丹万作両監督による日本初の本格的合作映画「新しき土」に主演。 ドイツでの舞台あいさつに招かれた後、欧米各国をまわり、世界の映画人と交歓した。

戦後は黒沢明監督「わが青春に悔なし」(46年)で、戦時下の弾圧を信念をもって生き抜いた女主人公を熱演。 吉村公三郎監督「安城家の舞踏会」(47年)、今井正監督「青い山脈」(49年)の気丈なヒロインとあわせ、戦後民主主義の象徴的存在となった。

 
大女優の地位を確立するのは小津安二郎監督「晩春」(49年)から。 父親と2人暮らしで婚期を逃しかけている娘役を気品をもって演じ、その後の小津映画の基調を形作った。 50年代は小津監督「麦秋」(51年)、「東京物語」(53年)、黒沢監督「白痴」(51年)、成瀬巳喜男監督「めし」(51年)、「山の音」(54年)など巨匠の作品に相次ぎ主演。 どこか憂いをたたえながらも、賢明でしんの強さをもった女性を演じきり、日本映画黄金時代のミューズ(女神)となった。

1.传奇女优原节子去世 小津电影中永远的主角
  November 26, 2015  来源:朝日新闻中文网

从战前至战后一直活跃在银幕上的一代巨星,在正值大好时光的42岁时突然退出演艺圈,引退后被世人称为“传奇女优”的原节子(本名:会田昌江),于9月5日因肺炎去世,享年95岁。葬礼由近亲操办。

据与她生活在同一社区的亲属透露,原节子在8月中旬住进了位于神奈川县内的医院。去世当天,她在5名左右亲属的守护中停止了呼吸。据说,在那之前“几乎没有什么大病一直安稳渡日”,而没有在去世当下便公布丧讯是为了尊重她本人“不愿张扬”的遗愿。

原节子曾出演由导演小津安二郎执导的《东京物语》等作品,也出演了多部战后电影的代表之作。但在1962年之时,她突然引退,之后便隐居在神奈川县镰仓市的家中平静渡日,从不出席派对等一切公共场合,也不接受公众媒体等采访。正因如此,反而更增加了她在世人眼中的神秘印象。

2.日本电影巨星陨落 昭和女神原节子仙去
  2015/11/26  来源:日经中文网

日本昭和时代的一颗银幕巨星悄然陨落。半个世纪前,日本影星原节子在42岁突然宣布隐退。我们获悉,原节子已在2015年9月以95岁的高龄逝去。原节子出演了多部小津安二郎和黑泽明等电影巨匠的作品,演绎了日本电影的黄金时代。她的一生已成为传说,如今巨星陨落,身边人无不扼腕叹息。

原节子拥有大大的双眸和轮廓清晰的五官,她的美貌脱离了传统日本人的长相。走过日本电影黄金时代的原节子在1962年以42岁的年纪悄然隐退。她切断了和电影界的所有连续,成为了传说中“永远的处女”。

1935年,原节子15岁,在姐夫熊谷久虎导演的推荐下进入日活多摩川摄影所,宣布出道。1936年拍摄了山中贞雄导演的《河内山宗俊》,以一个爱护弟弟的可爱女孩角色受到电影界的关注。1937年在阿诺德·芬克与伊丹万作两位导演执导的日本首部合拍电影《新土》中担任主演。随后获邀前往德国访问,后来辗转欧美各国,与世界各国的电影人进行了交流。

二战后,在黑泽明导演的《我于青春无悔》(1946年)中,原节子饰演了在战争期间坚持信念无惧黑暗的女主人公。随后,在吉村公三郎导演的《安城家的舞会》(1947年)、今井正导演的《青青山脉》(1949年)中的角色均为独立坚强的女性,原节子成为日本战后民主主义的象征性存在。

原节子在出演小津安二郎的《晩春》(1949年)之后达到了事业的巅峰。在这部电影中,她扮演一位与父亲相依为命,错过婚期的女儿。这部作品成为小津电影的起点。到了1950年代,原节子陆续出演了小津导演的《麦秋》(1951年)和《东京物语》(1953年)、黑泽明的《白痴》(1951年)、成濑巳喜男的《饭》(1951年)和《山之音》(1954年)等巨匠作品。她塑造的女性总是带着忧郁的神情,头脑聪明且内心坚强,成为日本电影黄金时代的女神。

|

« 3653中国は見る(2210)“個人旅行”の中国人 (上) | Main | 3655中国は見る(2212)今年の紅白歌合戦 司会者・歌手発表 »

映画・テレビ」カテゴリの記事