« 3606中国は見る(2166)《第三次安倍内閣》発足 | Main | 3608中国は見る(2168)国慶節 中国人観光客 日本でまた爆買い(下) »

3607中国は見る(2167)国慶節 中国人観光客 日本でまた爆買い(上)

GO,GO,GO!国慶節の長い休暇  中国人観光客が日本で爆買い

買って、買って、買う! 観光客“爆買い”後、健康診断に行く

GO,GO,GO!国庆长假中国游客挤爆日本买,买,买!游客“爆买”之后,还带趟体检
2015-10-04 03:18:00 来源: 今日早报

「十月一日」ゴールデンウィークの海外旅行盛ん 日本が韓国、タイ国を抑え最大の勝者となる

GO,GO,GO!国慶節の長い休暇 中国人観光客 日本で爆買い
買って、買って、買いまくる! 観光客“爆買い”後、健康診断に行く

本紙記者 陳暁

国慶節の長い休暇の初日、ネット仲間の間の“ゴールデンウィーク旅の思い出”の写真の中で、中国の人々が東京で爆買いする現場の写真が一段目を引いた。 中国人観光客を迎えるため、日本の各大百貨店は次々と新しい手を考えている。 “買う、買う、買う”は中国人が爆買いするさまを形容できない。 そこで日本のテレビ局は報道現場で伝える際、新しい言葉を使った――“爆買い”!

19107





記者は携程ネットを見て、「十月一日」の今年のゴールデンウィークの海外旅行の予約は2014年前年同期と比べて倍増し、日本、韓国、タイが海外旅行の行き先のトップ3で、日本が、タイ、韓国を抜いて最大の勝者となったことを知った。

銀聯、微信の支払いOK,日本の店も準備万全

今年香港は“最悪”のゴールデンウィークとなった。 昔、大人気だったショッピング店は、従業員が顧客より多いほどだった。 香港の一部のホテルは国慶節の期間中、値段は去年の同時期の半分にしていた。 これと対照的なのが日本だった。

今回の休日が、中国の株式市場の影響を受け、来日客が減るのではないか? 国慶節前、東京の多くの商店は心配していた。 しかし今は、取りこし苦労だということがわかった。 ネット上の写真では、商店や日化粧店で、買い物かごを持って並んで支払いを待っているのはほとんど全部が中国人観光客で、どの精算所も“爆買い”と形容することができるものだった。

日本の各百貨店も準備万端、次々と訪日観光者向け限定日用品コーナーを設けていた。 有名コンビニ・チェーン“セブン・イレブン”とローソンは中国の国慶節の休暇がやってくる前に、すべての店で銀聯カードが使えるよう準備した。 大丸、松坂屋の二つの百貨店の全部で8店の支店では、9月30日から「微信」の支払もOKとなった。

日本にショッピングにやってくる中国人観光客を呼び寄せるため、銀座通りに面した大部分の商店は入口に銀聯カードOKのマークを貼っていた。 腕時計やバッグなど高級品を売る店舗では、「微信」や「QQ]を貼って、中国人観光客がネットで商品情報を見られるようにしていた。

ネット上では、日本で物を「買う」という言葉について、新しい言葉“爆買い”が作られたという。 携程によると、人民元がドルの策略で引き下げられたが、ゴールデンウィークの旅行とショッピングに影響はなかった。 人民元は3%下がったが、一万元(20万円)で300元(6千円)だけ増えたくらいで、大多数の出国観光客にとっては大した問題ではなかった。

“爆買い”後、中国人観光客は日本で健康診断を受ける

ここ2、3年、多くの中国人観光客が韓国へ行き美容整形ブームが起こったが、最近は、中国人観光客の間に日本へ行って健康診断を受けるブームが起こっている。

だが実際には、2010年に、中国を主とするアジアの富裕層を狙って、日本は閣議で、外国人向け“医療ビザ”を設けることを決めた。 最近、日本各地の旅行会社と医療機関が次々と手を結び、中国人観光客向けの医療観光ルートを売り出した。 日本政策投資銀行の報告によると、2020年までに、健康診断を目的とする訪日中国人観光客が毎年31万人を上回るようになるだろう。 医療旅行の潜在市場規模は5507億に達するという。

名古屋と杭州の両地で生活する王さんによると、“日本で健康診断を受けるのも、診察を受けるのもいいです。 お医者さんは根気よくみてくれるほか、時間でも中国国内と大違いです。 中国では診察でも、もしもいろんな検査をするには、少なくとも一日かかります。 でも日本では、事前に予約しておけば、個人病院なら一時間で中国人のすべての検査を終えることができます”という。

最近数日間、日本のメディアは中国人観光客の来日と“爆買い”を報道しています。 空港、銀座などで、日本のメディアが国際線出発口や中国人観光客の多い店で撮影しているところを見ることができます。 日本各界は、大量の中国人観光客がやってくることは日本の経済に対する効果が大きいと見ている。 今後、日本へ医療旅行に行く中国人観光客も“噴出”する勢いを見せるだろう。

作者:陳暁

GO,GO,GO!国庆长假中国游客挤爆日本买,买,买!游客“爆买”之后,还带趟体检
2015-10-04 03:18:00 来源: 今日早报
“十一”黄金周出境游火爆,日本首超韩国、泰国成最大赢家
GO,GO,GO!国庆长假中国游客挤爆日本  买,买,买!游客“爆买”之后,还带趟体检
本报记者 陈晓

国庆小长假首日,在朋友圈的“黄金周旅游风景大片”的刷屏中,中国购物者在东京挤爆现场的照片显得独具一格。为迎接中国游客,日本各大百货商场纷纷出招。“买买买”已经不能形容国人疯狂购物的情景,于是日本电视台在播报现场时又赋予了一个新词汇——“爆买”!

记者从携程网了解到,今年“十一”黄金周出境游预订比2014年同期翻一番,日本、韩国、泰国为今年出境游国家(地区)前三甲,日本首超泰韩,成为最大赢家。
引入银联、微信支付,日本商家做足准备

今年香港经历了“最糟糕”黄金周,很多昔日的热门购物点,服务员比顾客还多;香港部分酒店国庆期间的价格降为去年同期的一半。与之形成鲜明对比的是日本。

这次假日会不会受中国股市的影响,来的客人减少呢?节前,东京不少商家还在担心。现在看来显然是过虑了。网友上传的照片,无论是商场,还是日妆店,拎着购物篮排起长长队伍买单的几乎都是中国游客,每处购物场景都能用“挤爆”来形容。

日本各大百货商场也做足了准备,相继推出主要面向访日旅游者的限时日用品柜台。知名连锁便利店“7-11”和罗森赶在中国国庆节假期到来前,在所有店铺实现了银联卡结算。大丸、松阪屋两家百货店的共计8家分店也从9月30日开始引入微信支付。

为吸引前来日本购物的中国游客,银座临街的大多店铺都在入口处张贴可使用银联卡的标识,部分出售手表箱包的高档品店铺还贴有店铺的官方微信和QQ账号,方便中国游客通过网络获取商品信息。

在网络上,日本购物“买买买”之后,又出现了一个新词汇“爆买”。携程表示,人民币汇率对美元的策略性下调未能对黄金周出境出行及购物造成影响:就算人民币贬值3%,对一笔1万元的交易而言,成本仅仅增加300元,这对大多数出境游客来说根本不构成障碍。

“扫货”后,中国游客还在日本做一回体检
继前两年不少中国游客去韩国美容整形潮后,最近又兴起了中国游客去日本体检的潮流。

其实,早在2010年,为吸引以中国为主的亚洲富裕阶层,日本内阁就通过决议,新设了外国人“医疗签证”。最近,日本各地的旅游和医疗机构纷纷携手,推出各种针对中国游客的医疗旅游项目。根据日本政策投资银行的报告,到2020年,仅以体检为目的的赴日中国游客每年就将超过31万人次,医疗旅行的潜在市场规模将达5507亿日元(约合302.8亿元人民币)。

在日本名古屋和杭州两地生活的王小姐告诉记者,在日本体检也好,看病也好,除了医生的耐心和专业,在等候时间上和国内的区别很大。国内看病,如果要做各种检查,至少需要一天才能完成;而在日本,只要提前预约成功,一些私人医院在一小时内就能帮中国客人做完所有的检查。

最近几天,日本媒体对中国游客访日和“爆买”进行了大量报道,在机场、银座等地,不时能看到日本媒体在国际到达出口及中国游客较多的店铺外拍摄。日方各界认为,大量中国游客的到来对日本经济发展起到了一定的推动作用。今后赴日医疗旅游的中国游客还将呈现出“井喷”之势。

作者:陈晓

|

« 3606中国は見る(2166)《第三次安倍内閣》発足 | Main | 3608中国は見る(2168)国慶節 中国人観光客 日本でまた爆買い(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事