« 3618中国は見る(2178)晩秋京都 紅葉観賞の旅 | Main | 3620中国は見る(2180)中国人男性の告白:日本人の奥さんをもらった幸せな生活(下) »

3619中国は見る(2179)中国人男性の告白:日本人の奥さんをもらった幸せな生活(上)

中国男人自述:娶个日本老婆的幸福生活
2015年07月25日 10:43  来源:凤凰时尚综合

前書き:文学者・林語堂はこう言っている。 “米国風の家に住み、日本女性を妻にし、中国人コックの料理”これぞ人生最大の幸せだ。 中国人男性が日本人妻と結婚した後、林語堂とは、また違った幸福の味を実感し、ネット上に喜びをぶちまけた……

日本人妻との幸福な生活

私は日本で長いこと暮し、数々の苦しみも体験した。 大学卒業後、ある有名な日本の大会社に就職した。 かわいい女性・高久美さんが私のデスクの向かいに座っていた。 その上彼女は中国語が少しでき、毎日、私達の間では共通の言葉で話すことができた! ほどなく私達は仲良くなり恋人となった。

俗に最も幸せな生活は、「日本人女性を奥さんとし、中国人コックを雇い、フランス人の執事を雇うことだ」という。 フランス人の執事は雇えないが、しかし中国人コックは私には十分資格がある。 現在の中国人男性は、ちょっとした料理くらい誰でもできる。 半年後、私達は夫婦になった! 一番幸せな生活の二つがクリアできた。

結婚後、私は自分が日本人男性のような亭主関白の癖を出さないよう気をつけた。 退社後、私はおはこの料理の腕をふるい、テーブルの上に、香りと味抜群の料理をテーブルに並べた。 妻はしきりに「ありがとう」と「褒め言葉」を連発し、私は得意になり満足した。 心の中で、“どうだ? やっぱり俺達中国の男は優秀だろう!”と思っていた。 しかし、よいことは長く続かなかった。 1ヶ月後、妻は突然会社を辞職したいと言い出した。 理由は、夫を同僚の笑いものにしたくないというのである。 日本には「悪い風習」があり、結婚後も妻が働いていると、“女房も養えないのか?”と同僚がからかうのだ。 妻の必死の願いに耐え切れず、彼女の退職に同意した。

妻が“専業主婦”になった後、大変なことになった。 私が仕事を終えて家に帰ると、彼女はいつも“お帰りなさい!”と言いながら、早足で入口まで迎えにきて、“ご苦労さま”といってスリッパを出し、服を着替えさせてくれた。 こうした日本式の世話は、なかなか慣れなかった。

日本人女性は“主婦”と言う言葉に抵抗感はなく、逆に少し誇りを持っています。 日本社会はこれまでずっと、女性は夫や子供の面倒を見ることが、国家のために貢献することだと思っている。 そのため、仕事が出来る女性も、いったん結婚すると、自ら家に入り家事をする道を選ぶのです。 家に“内務大臣”がいても、私は普段通り、依然として家に帰ると台所に入り料理を作り、中国人男性の本領を発揮した。 しかし私が張り切るほど、妻の様子が落ち込んでいくことに気がついた。 今度は、"私があまり模範的な夫ではないのか? 彼女は家で寂しいと思っているのか?” どういうことなのか、さっぱりわからなくなった。

妻の様子がだんだん悪くなっていった。 私に対する帰宅の出迎えなどは以前の通りでしたが、でも明らかに以前のような明るさがなくなりました。 時々、泣き晴らしたように目を赤くしていました。 私は私たちの結婚に問題が出たのだと気づきました。 ある日、休みを取って、私は車で彼女を河口湖に連れて行きました。 彼女が気晴らしできたところで、彼女と話しあいたいと思ったのです。 私は自己反省していることを話し、落ち込んでいた問題が何なのか彼女に聞きました。

妻はしばらく黙っていましたが、やっと口ごもりながら、“実は、私はずっとあなたに話そうと思っていたんですが、あなたは会社の仕事で大変だし、面倒をかけてはいけないと思いました! それに、あなたは日本人じゃないし、私が上手く話せず、あなたを傷つけちゃうんじゃないかと思ったんです”“構わないから全部話しなさい。 私は気にしないから” 妻は少しためらった後、とうとう口を開いた。 

“あなたたち中国人の男性って自分勝手よ。 あなたは会社の中ではよくできるし、仕事も頑張っています。 それなのに、あなたは家に帰ってもご飯を作って、私の仕事を奪い取っています。 私はまるで何もできない奥さんじゃない。 特にいつも私の友達が家に遊びに来る時、あなたはいつも料理を作ったり,お茶をサービスしたり、自分をアピールしすぎです。 まるで私が何も出来ないのに、旦那さんを尻にしいている強い奥さんみたいです。 姉妹達の前でも恥ずかしいです。 私にもうちの仕事をさせてください!”

えっ! 日本の女性はこんな考え方をしているのか? 中国の妻が考える模範的な夫は、日本人の妻からすると欠点だらけ! それ以降、私は日本人男性をまねるようにし、毎日退社すると、同僚や友達を呼び酒を飲み、世間話をするようにしました。 それから家に戻ると、ソファーでくつろぎ、新聞を読み、お茶を飲み、女房にかしづかれるという亭主関白の幸せな生活を送るようにしました。 妻はというと、うれしそうに、忙しく動きまわり、やさしいことこのうえなしです。

中国男人自述:娶个日本老婆的幸福生活
2015年07月25日 10:43  来源:凤凰时尚综合

导语:文学家林语堂曾经说过,“住美国房子,娶日本老婆,请中国厨子”是人生的三大享受。一位中国男人娶了日本妻子后,真切地体会到了不一样的幸福滋味,并忍不住与网友们分享……

娶个日本老婆的幸福生活

本人在日本打滚了多年,也吃了不少苦,大毕业后,应聘到一家不错的日本大公司就职。可爱的女同事高久美小姐的办公桌正好在我对面,加上她会一点中文,每天我们之间总有很多共同语言!不久我们便如胶似漆,成了恋人。

常言道:最幸福的生活,莫过于娶个日本老婆,雇个中国厨子,请个法国管家。法国管家咱请不起,但中国厨子本人足以胜任,现在中国男人哪个不擅长弄几个小菜?最幸福的生活能有两样已经不错了。半年后,我们成了夫妻!

结婚后,我极力使自己不要养成日本男人那种的大男子主义习气,一下班便使出我的拿手好戏,不一会,一桌色香味俱全的饭菜便上了桌,在妻子不停的谢谢和夸奖声中,我有一种得意和满足。心想,怎么样?还是我们中国男人优秀吧!可好景不常,一个月后,妻子突然提出要辞职,原因是不愿让同事笑话她的丈夫。日本是有这个陋习,结婚后,妻子仍然工作的话,同事会笑话你:连老婆都养活不起还算什么男人?架不住妻子的死磨硬缠,便同意她辞了工作。

妻子荣升“家庭主妇”后,兴奋的不得了。每当我下班回家,她总是一边喊“你回来啦!”一边疾步迎接到门口,又是道辛苦,又是递拖鞋、换衣服,殷勤的让人有时受不了这种日本式礼节。

日本妇女对“家庭妇女”一词从不避讳,相反颇有自豪感,日本社会始终认为,妇女很好地照顾丈夫和孩子就是很好地为国家奉献,因此,很多颇有成就的女性,一旦结婚便主动选择回到家里主持内务。虽然,有了“内务大臣”,但和往常一样,我依然一进门便帮厨做菜,不失中国男人的本色,但很快我便发现,我越勤快,妻子的情绪越是沮丧,这下我搞不懂了,是我不够模范丈夫?还是她在家感到寂寞?

妻子的情绪越来越不好,虽然对我上下班迎送的礼节依旧到位,但明显不如以往那般天真快乐,有时见她两眼哭得红肿,我发现我们的婚姻出了问题。一天休假,我开车带她去河口湖看风景,希望能在她好的心情下与她好好谈谈。我检讨自己并追问是什么原因造成我们出现矛盾。

妻子好半天才吞吞吐吐地说:“其实,我一直都想和你谈,但你那么辛苦,我不好意思给你添麻烦!另外,因你不是日本人,我怕说不好会伤你自尊。”“你只管说,我不介意。”犹豫了一会儿,妻子终于开口:“你没有意识到你们中国男人很自私吗?你在公司里那么出色,那么有成就,可你回到家还要做饭,无理地抢去我的工作,你让我觉得自己好像没有价值了,特别是每当我的朋友来家里时,你总是有意识地表现自己,又烧菜又端茶,显得我好无能、不贤慧,让我在姐妹们面前很自卑。我也同样需要成就感呀!”
天啊!日本女人竟是这样的思维方式啊?中国妻子心中的模范丈夫,在日本妻子眼里竟是缺点!从此以后,我尽力模仿日本男人,每天下班先呼朋唤友去喝酒聊天,然后回家伸展在沙发上,一张报、一杯茶,尽情享受饭来张口、衣来伸手的生活,大男子主义那才叫十足。回头看妻子,兴高采烈、忙前忙后,温柔十足!

|

« 3618中国は見る(2178)晩秋京都 紅葉観賞の旅 | Main | 3620中国は見る(2180)中国人男性の告白:日本人の奥さんをもらった幸せな生活(下) »

社会生活」カテゴリの記事