« 3604中国の三面記事を読む(1238)国慶節 中国観光地の状況(下) | Main | 3606中国は見る(2166)《第三次安倍内閣》発足 »

3605中国の三面記事を読む(1239)中国人薬学者 屠呦呦氏 ノーベル賞医学生理学賞受賞

1.2015年ノーベル医学生理学賞発表 
  中国の薬学者 屠呦呦氏受賞
2.中国の女性薬学者屠呦呦氏 
  2015年ノーベル医学生理学賞受賞
 
1.2015诺贝尔生理学或医学奖揭晓 中国药学家屠呦呦获奖
  2015年10月06日 09:54:16  来源:新华网
2.中国女药学家屠呦呦获2015诺贝尔生理学或医学奖
  2015年10月05日 17:33  来源:凤凰资讯

1.2015年ノーベル医学生理学賞発表 
  中国の薬学者 屠呦呦氏受賞

中国の女性科学者と日本の科学者、そしてアイルランドの科学者が2015年ノーベル医学生理学賞を共同受賞した。

2011923
これは2011年9月23日、屠呦呦(トゥー・ユーユー)氏が米国ニューヨークのラスカー賞授賞式での賞杯と証書を見せているところ。

Photo10月5日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、中国人女性科学者・屠呦呦氏と日本人科学者とアイルランド科学者が2015年ノーベル医学生理学賞を受賞すると発表した。 屠氏は、マラリア研究で治療に効果を上げた業績で表彰された。 

2080


これは1980年代初め、中国漢医学研究院漢方薬研究所副研究員の屠呦呦氏がマラリアの新薬の“アルテミシニン”を開発した。


2050
これは1950年代、漢医学研究院漢方薬研究所研究実習員の屠呦呦氏(前右)と先生の楼之岑助教授と一緒に漢方薬を研究した。

2.中国の女性薬学者屠呦呦氏 
  2015年ノーベル医学生理学賞受賞

Photo_22011年、屠呦呦研究員が台上で表彰を受けた。 当日、彼女は“中国中医科学院傑出貢献賞”を受賞した。 新華社記者:金立旺撮影

中央テレビ速報ニュース【中国薬学者屠呦呦氏と二人の海外科学者が今年のノーベル医学生理学賞を共同受賞した】スウェーデンのカロリンスカ研究所は、屠呦呦氏と二人の海外科学者が今年のノーベル医学生理学賞を共同受賞したと発表した。 屠呦呦氏は長年、漢方と西洋医学の融合に関する研究を進め、マラリア薬―――アルテミシニンとセスキテルペンラクトンの開発に成功した。

屠呦呦氏はノーベル医学生理学賞の歴史上で12番目にこの栄誉を受ける女性となった。

【中国女性科学者屠呦呦氏受賞の理由】:ノーベル委員会は、屠呦呦氏、ウィリアム・キャンベル氏、大村智氏の3人が、「寄生虫による感染症とマラリアの新治療法の発見」に貢献したとして授賞したと発表した。 

【屠呦呦氏ノーベル賞の半分の賞金が授与される】:ノーベル賞の公式サイトによると、ノーベル医学生理学賞の賞金は半分に分けられる。 ウィリアム・キャンベル氏と大村智氏の2人に半分の賞金が授与され、別の半分の賞金が屠呦呦氏に授与される。

関連記事:

屠呦呦って、どういう人?

2011年9月23日、ニューヨーク。 同年のラスカー賞の授賞式がパーティーの中で、表彰が行われた。 このような気楽な社交場所で、屠呦呦氏のいささか堅苦しい姿はかえって風格がある。 賞杯を手にし、ほほえみを浮かべ記者に写真を撮らせた。 それから原稿を見ながら受賞の感想を述べた。 “アルテミシニン発見の過程で、古代文献が研究の最も大事な時、私に霊感を与えてくれました”

この80歳の女性科学者は江蘇・浙江訛りながらはっきりと、“私は、伝統の医薬を活用すれば、きっと世界の治療に役立つ薬を見つけることができると思っていました”と語った。

1600年あまり前の漢方医の典籍の中からヒントを受けた。 屠呦呦氏の最初の発見は、アルテミシニンを世界保健機関が推薦するマラリアとなりり、全世界数百万人の生命を救った。 ラスカー基金会はこのことで、彼女に25万ドルの賞金を授与した。

沈黙

66年の歴史的科学大賞としてのラスカー賞は、中国ではまったく知られていない。 しかし“ノーベル賞の風向計”という言い方はとても人々の興味を引き起こした。 ラスカー賞受賞後、屠呦呦の名前は中国でも広く知られるようになった。 人々はこの“ノーベル賞に最も近い中国人”に期待を抱いた。 そして、彼女はまた“ノーベル賞にノミネートされた中国人”と形容されるようになった。

屠呦呦氏は自分が突然有名になったことに準備するようになった。 彼女はみんなが強い関心を持つことに、強い抵抗を持った。 ニューヨークで受賞後、彼女はメディアに対してひと言も発言しなかった。 唯一顔を出したのは、11月15日、彼女が所属する部門が行った“2011年科学技術工作大会”だった。 この会議は普通のものだったが、実はテーマは一つ――屠呦呦氏の表彰だったという。 この会議で彼女に“中国漢方医科学院傑出貢献賞”を授与し、彼女が指導したアルテミシニン研究チームに100万元の奨励金が授与された。

“アルテミシニンの成果は科学研究チームのみんなのものです。 中国科学者全体のものです。 これはまた中国の漢方医薬が世界に向かったことを示す栄誉です” 屠呦呦氏の発言は、ニューヨークの授賞式でも、北京の表彰式でも、ずっとこの“調子”だった。

屠呦呦氏の名前は決して“沈黙”ではない。 “ユウユウ”は鹿の鳴き声で、《詩経》にある。 《青蒿と青蒿類の薬物》という本を開けると、最初にこの詩がある。 “ゆうゆうとして鹿鳴き、野の蒿を食らう”とある。 この名前とこの植物は、2千数年前から珍しい形で関連があり、科学者の物語に思いをはせることとなった。

1.2015诺贝尔生理学或医学奖揭晓 中国药学家屠呦呦获奖
  2015年10月06日 09:54:16  来源:新华网

中国女科学家屠呦呦和一名日本科学家及一名爱尔兰科学家分享2015年诺贝尔生理学或医学奖

这是2011年9月23日,屠呦呦在美国纽约举行的拉斯克奖颁奖仪式上展示奖杯和证书。

10月5日,瑞典卡罗琳医学院在斯德哥尔摩宣布,中国女科学家屠呦呦和一名日本科学家及一名爱尔兰科学家分享2015年诺贝尔生理学或医学奖,以表彰他们在疟疾治疗研究中取得的成就。新华社记者 王成云 摄

这是20世纪80年代初,任中医研究院中药研究所副研究员的屠呦呦在研制抗疟新药“青蒿素”。

这是20世纪50年代,在中医研究院中药研究所任研究实习员的屠呦呦(前右)与老师楼之岑副教授一起研究中药。

瑞典卡罗琳医学院5日在斯德哥尔摩宣布,中国女科学家屠呦呦和一名日本科学家及一名爱尔兰科学家分享2015年诺贝尔生理学或医学奖,以表彰他们在疟疾治疗研究中取得的成就。

中国女药学家屠呦呦获2015诺贝尔生理学或医学奖
2015年10月05日 17:33  来源:凤凰资讯

2011年,屠呦呦研究员上台领奖。当日,她获颁“中国中医科学院杰出贡献奖”。新华社记者金立旺摄

#央视快讯#【中国药学家屠呦呦与两名海外科学家分享今年诺贝尔生理学或医学奖】瑞典卡罗琳医学院刚刚宣布,屠呦呦与另外两名海外科学奖分享了今年的诺贝尔生理学或医学奖。屠呦呦多年从事中药和中西药结合研究,突出贡献是创制新型抗疟药———青蒿素和双氢青蒿素。(央视记者王薇薇)

屠呦呦成为诺贝尔生理学或医学奖历史上第12位获得该殊荣的女性。

【中国女科学家屠呦呦获奖理由】诺贝尔委员会称,屠呦呦,威廉-坎贝尔以及Satoshi Omura 三位获奖者发展了一些疗法,这对一些最具毁灭性的寄生虫疾病的治疗具有革命性的作用。

【屠呦呦将分得诺奖一半奖金】诺贝尔奖官网消息,诺贝尔生理学或医学奖的奖金将一分为二。威廉-坎贝尔和大村智两人一同获得一半奖金,而另一半奖金将颁给屠呦呦。

延伸阅读:

屠呦呦是谁?

2011年9月23日,纽约。本年度拉斯克奖颁奖典礼被安排在一个酒会上举行,在这个轻松的西式社交场合,屠呦呦的些许拘谨看起来反而别有风度。捧起奖杯,面带微笑地让记者拍照,然后照着讲稿发表获奖感言,“在青蒿素发现的过程中,古代文献在研究的最关键时刻给予我灵感。”这位80岁的女科学家声音清脆,带着浓浓的江浙口音,“我相信,努力开发传统医药,必将给世界带来更多的治疗药物。”

从1600多年前的中医古籍里得到启发,屠呦呦最初的发现,让青蒿素成为世界卫生组织推荐的一线抗疟药,挽救了全球数百万人的生命,拉斯克基金会为此奖励她25万美元的奖金。

沉默

作为一个有66年历史的科学大奖,拉斯克奖在中国并没有太大的名声。然而,“诺贝尔奖的风向标”这个说法却很容易引起人们的兴趣。不难理解,在拉斯克奖颁奖之后,屠呦呦的名字在中国很快就广为人知,人们都对这个“离诺贝尔奖最近的中国人”充满期待。再后来,她又被形容为“与诺贝尔奖擦肩而过的中国人”。

屠呦呦对自己的突然出名似乎做好了准备,她对公众随之而来的强烈关注保持着超乎寻常的顽强抵抗。在纽约领奖之后,她一直坚持对媒体一言不发,唯一的一次露面,是11月15日在她所在单位举办的“2011年科技工作大会”上。这个听起来稀松平常的会议,其实只有一个主题——表彰屠呦呦。会上授予她“中国中医科学院杰出贡献奖”,并奖励给她所领导的青蒿素研究团队100万元人民币。

屠呦呦的名字本身并不“沉默”,呦呦,是鹿鸣的声音,典出《诗经》。打开《青蒿及青蒿类药物》一书,第一页就是那句诗:“呦呦鹿鸣,食野之蒿”。这个名字和这种植物,两千多年前就以奇特的方式联系在一起,为一个科学家的故事增添了几分令人遐想的诗意。

|

« 3604中国の三面記事を読む(1238)国慶節 中国観光地の状況(下) | Main | 3606中国は見る(2166)《第三次安倍内閣》発足 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事