« 3611中国は見る(2171)2015年 今年の紅葉 | Main | 3613中国は見る(2173)日本 慰安婦も世界遺産登録と懸念(1) »

3612中国は見る(2172)スパイ問題 続報

1.日本メディア報道:中国 日本のスパイ4人逮捕 
  外交部:現在、調査中
2.日本メディア:中国 日本のスパイ4人連続逮捕は異常
3.新たな中国侵略の準備? 
  日本のスパイ活動 中国人の想像を超える

1.日媒称中方逮捕4名日本间谍 外交部:正在调查
  2015-10-12 20:36:26 来源: 中国网
2.日媒:中国连抓日本间谍很罕见 已有四人被捕
  2015-10-12 08:02:00  来源:环球时报
3.为新一轮侵华做准备?日本间谍活动超乎国人想象
  2015-10-12 13:11:08  来源:中华网军事

1.日本メディア報道:中国 日本のスパイ4人逮捕 
  外交部:現在、調査中

外交部の華春瑩報道官

中国ネット10月12日電:外交部のウェブサイトによると、外交部の華春瑩報道官は12日、中国が先日、スパイ活動を行った容疑で2人の日本人を逮捕した以外に、2人の日本人が、スパイ容疑で中国に逮捕された問題について、中国の関連部門が法律に基いて事件関連を調査している。 関連の情況については日本側に通報していると述べた。

記者からの質問:日本のメディアの報道によると、先日、スパイ活動の疑いで2人の日本人が逮捕された以外に、ほかに2人の日本人がスパイ容疑で中国に逮捕されたと伝えています。 確認していただけますか? 現在までに、スパイ容疑で中国に逮捕された日本人、全部で何人になりますか?

華春瑩:わかっているところでは、中国の関連部門が法律に基いて事件を調査しています。 関連情況はすでに日本側に通報しています。あなたの2番目の問題については、私は情況を承知しておりません。

2.日本メディア:中国 日本のスパイ4人連続逮捕は異常

【環球時報総合報道】:日本メディア11日の報道によると、中国国家安全部門が、上海で“スパイ容疑”でまた日本籍の女性を逮捕した。 今年5月から、中国に同様容疑で逮捕された日本人は4人に達している。 “異常なことだ”と伝えている。

《環球時報》記者が11日、関連部門から聞いたところによれば、現在、これら最新の事件は審理中で、まだ新たな情報はない。 これより前、中国外交部の報道官が9月30日、中国の関連部門が中国でスパイ活動を行っていた2人の日本人を法律によって逮捕した。 関連の情況はすでに日本側に通報していることを明らかにした。

一連のスパイ事件について、日本政府は一貫して、この人たちはすべて“民間人”だとし、認めていない。 日本のメディアは、この人たちは、恐らく“日本の公安調査庁の委託を受け”たもので、“正式のスパイ”ではないと伝えている。 一部メディアは、これらの日本人が昨年末成立した《反スパイ法》後の初めての厳しい判決を下される“外国人スパイ”となると懸念すると共に、現在、積極的に準備中の日中韓首脳会談に影響が出るとも報じている。

清華大学現代国際関係研究院の劉江永副院長は11日、《環球時報》に対して、“中国が連続して日本人スパイを逮捕したということは、日本にとって間違いなく警告と言えます。 中国は法治国家です。 中国は日本の一般人が中国で合法的な商業ビジネスや観光などすることは歓迎します。 しかし、違法な諜報活動をすれば、必ず法律の制裁を受けることになります”と語った。

3.新たな中国侵略の準備? 
  日本のスパイ活動 中国人の想像を超える

日本メディアの11日の報道によると、中国国家安全部門が上海で“スパイ容疑”でまた日本籍の女性を逮捕した。 今年5月から、中国に同様容疑で逮捕された日本人は4人に達している。 これは“異常なことだ”と伝えている。

公開された報道によれば、過去10年、10人を超える日本人スパイが中国大陸で逮捕され、同時に犯罪が摘発されている。 最新の情報分析によれば、日清戦争から第二次世界大戦の日本の中国侵略まで、毎回、日本が中国で戦争を始める前には、日本は中国に対して多くの軍事偵察を行っていた。 その上情報によれば、現在日本は千人を超えるスパイが中国で活動を行っているという。 また日本の安保法案の成立や日中両国の尖閣諸島の紛争から、日本のスパイが頻繁に逮捕される背後には、もしかすると明るみに出せない秘密があるのではないかと見て取れる。


菅官房長官は、“日本は絶対にスパイ活動は行っていない”という

日本は歴史的に情報国家である。 中国の飛躍的隆盛に伴い、日本はなんとしても中国の軍事発展の状況、科学技術の発展状況、戦略は一状況を知りたい。 中国の軍事、政治、経済などの分野の情報を得るためには手段を選ばずと言うことができる。 ここ数年来、日本政府は“国家安全保障会議”を設置し、対外情報活動を強化しています。 名称はとても“立派”に見えますが、しかしその中身は情報機関です。 現代版“特高科”といっても過言ではありません。 以前、オーストラリアメディアは、日本政府が2008年からオーストラリアの秘密情報機関――オーストラリア秘密情報局に多くの人員を派遣しスパイン訓練を行っていたと伝えていました。 このことからも日本の情報工作についての重要視がわかります。 また私達は、2012年から、日本が推進している一連の対中政策――“中国を仮想敵とする”傾向に注意しなくてはいけません。 このような背景の下、日本が中国に対して大規模なスパイ活動を展開し、必要な情報を得ようとすることは、別に不思議ではありません。

日本が推測する中国の094型原子力潜水艦情報

現在、東シナ海は、日中両国の衝突発生の導火線となっている。 日本の外務省の東郷和彦元条約局局長は以前、“日中が尖閣諸島をめぐって最終的には戦うことになるだろう。 このような情況にかんがみ、日本のスパイ活動は主に中国の軍事力を主とすべきだ”と語っていた。 海外メディアの報道によると、今回、浙江省で逮捕された日本人男性は、温州市平陽県の南麂島での軍事施設周辺の写真を大量に撮っていた。 以前、中国は南麂島に軍事基地があり、この施設は主に300キロ離れた尖閣諸島と周辺海域に対応していると認めていた。 これだけではなく、日本の軍事雑誌は中国海軍の実力を総括し、詳しく中国の現役軍艦の性能と数量を評価し、「航母平台」(空母プラットホーム)の“遼寧艦”も全面的な紹介を行い、日本の強大な情報収集能力と整理能力を示している。 公開資料の詳細なことから、日本の防衛省の大型金庫の中の中国の軍事情報にはどんなショッキングな情報があるのか、推して知るべしだ。

日本の在中国機関の背後には 人に知られない一面がある

軍事情報以外にも、日本のスパイは中国国内の政治、経済の情報にもたいへん興味を持っている。 2006年、中国政府の関連部門が《中日経済新聞》雑誌の創立者、日本人男性・原博文を逮捕した。 彼は1995年から、外務省のために中国の情報を収集、大量の中国の機密文書をコピーしていた。 内容は“指導者の健康状態”、“中国の対外政策”から、“中国指導者の解放軍に対する内部演説”などいろいろだった。 これだけではなく、日本国内では毎年更新される《現代中国人名辞典》には、中国の党と政府の要員、区県以上の人民代表大会、政協、司法、教育、民主諸党派、人民団体、国有企業などの人名、略歴、能力がその中に書かれている。 内容の精確なこと、中国人の想像を超えるものがある。 経済面では、現在中国国内にある日本の商社と金融機関は千社近くまであり、大中都市の至る所にあり、経済のスパイ活動に従事している。 たとえば伊藤忠商事は中国事務関連の要員が150人ほどおり、中国の各駐在事務所、自動車、化学、繊維などの営業部門に分布し、日常の商業活動を通して、中国の情報を集めている。 またある商社は中国に12の常駐出張所を設け、商社本来の業務とは違う仕事をしている。 その陰でどんな事をしているのか、言うまでもないことだ。

1.日媒称中方逮捕4名日本间谍 外交部:正在调查
  2015-10-12 20:36:26 来源: 中国网

外交部发言人华春莹

中国网10月12日讯 据外交部网站消息,外交部发言人华春莹12日就中方日前宣布逮捕2名涉嫌从事间谍活动的日本人外,又有2名日本人因间谍嫌疑被中方逮捕问题表示,中方有关部门正在依法对相关案件进行调查,有关情况已向日方进行了通报。

有记者问:据日本媒体报道,除了日前宣布逮捕2名涉嫌从事间谍活动的日本人外,又有2名日本人因间谍嫌疑被中方逮捕,你能否确认?截至目前,共有多少日本人因间谍罪被中方逮捕?

华春莹表示,据了解,中方有关部门正在依法对相关案件进行调查,有关情况已向日方进行了通报。关于你的第二个问题,我不掌握情况。

2.日媒:中国连抓日本间谍很罕见 已有四人被捕
  2015-10-12 08:02:00  来源:环球时报

【环球时报综合报道】日本媒体11日报道称,中国国家安全部门在上海以“间谍嫌疑”再次拘留了一名日本籍女子。从今年5月起,被中国以同样嫌疑拘留的日本人已达4人,“实属罕见”。

《环球时报》记者11日从相关部门了解到,目前这起最新案件正在审理过程中,还无法透露进一步消息。此前,中国外交部发言人9月30日证实,中方有关部门依法逮捕2名在华从事间谍活动的日本籍嫌疑人,有关情况已向日方进行了通报。

对于一系列间谍案,日本官方一直不承认,称这些人都是“民间人士”。日本媒体则透露这些人可能只是“受日本公安调查厅委托”,这些人不是“正式间谍”。一些媒体还担心这些日本人会成为中国去年底通过《反间谍法》后首批被重判的“外国间谍”,并可能对正在积极筹备阶段的中日韩首脑峰会产生影响。

清华大学当代国际关系研究院副院长刘江永11日对《环球时报》表示,中国接连逮捕日本间谍对日本来说肯定是一个警告。中国是一个法治国家,中国欢迎日本公民到中国来从事合法的商业活动及旅游观光等,但如果从事违法的谍报活动必然会受到法律制裁。

3.为新一轮侵华做准备?日本间谍活动超乎国人想象
  2015-10-12 13:11:08  来源:中华网军事 

日本媒体11日报道称,中国国家安全部门在上海以“间谍嫌疑”再次拘留了一名日本籍女子。从今年5月起,被中国以同样嫌疑拘留的日本人已达4人,这种情况“实属罕见”。根据公开的报道显示,过去十年,已经有超过十名的日本籍间谍在中国大陆被捕,同时被揭发罪行。最新的情报分析说,从甲午战争到二战日本侵略中国,每次日本要向中国发动战争之前,日本都要对中国展开密集的军事侦察。而且有情报显示,目前日本有超过一千名间谍可能在华进行活动。再结合日本通过新安保法,以及中日两国的钓鱼岛争端,不难看出,日本间谍频繁落网的背后,或许隐藏着更多不可告人的秘密。
日本官房长官菅义伟称,日本绝对没有进行间谍活动

日本历史上就是一个情报国家,随着中国的飞速崛起,他们迫切地想要了解中国的军事发展程度、科技发展水平以及战略部署情况,为了掌握中国在军事、政治、经济等领域的情报可以说是不择手段。近年来,日本政府设立了所谓的“国家安全保障会议”以强化对外情报活动,虽然名称看起来很是“高大上”,但其骨子里仍是一个情报机构,说是一个现代版本的“特高课”也并不过分。不久前,澳大利亚媒体曾披露,日本政府从2008年起向澳大利亚保密程度最高的情报机构--澳大利亚秘密情报局派遣了众多人员进行间谍培训,可见日本对于情报工作的重视程度。同时我们也应该注意到,自2012年以来,日本推行的一系列对华政策都呈现出一种倾向--“把中国当作假想敌”。在这种背景下,日本对中国展开大规模的间谍活动,获取所需要的情报,就更加不足为奇了。

日本推测的中国094战略核潜艇情报参数

目前,东海地区已经成为中日两国爆发冲突的导火索,日本外务省前条约局局长东乡和彦早前表示,中日围绕钓鱼岛最终难免一战。鉴于这种情况,日本间谍的活动主要以针对中国军事力量为主。根据境外媒体报道,此次在浙江省所拘捕的日本男性,其在温州市平阳县南麂岛的军事设施周围拍摄了大量照片。此前,中国曾经承认南麂岛上存在军事基地,并且该设施主要针对相距300公里以外的钓鱼岛及其周边海域。不仅如此,日本军事杂志还曾发文总结中国海军实力,详细评价中国现役军舰的性能和数量,甚至对作为航母训练平台“辽宁舰”也作了全面介绍,显示出日本强大的情报搜集与整理能力。公开发布的资料尚且如此详尽,可想而知,被锁在日本防务省保险柜中的中国军事情报又该如何骇人听闻?

日本许多驻华机构的背后都存在着不为人知的一面

除了军事情报以外,日本间谍对于中国国内的政治和经济情报也非常感兴趣。2006年,中国政府有关部门逮捕了《中日经济新闻》杂志的创办人、日本籍男子原博文。他从1995年开始,为日本外务省搜集中国情报,提供了大量中国的机密文件复印件,内容从“领导人的健康状态”、“中国的对外政策”,到“中国领导人对解放军的内部讲话”等不一而足。不仅如此,在日本国内还有一本每年更新的销书叫《现代中国名人辞典》,中国党政要员、区县以上人大、政协、司法、教育、民主党派、人民团体及国企等人名、简历、能力尽在其中,内容之详实超乎国人想象。而在经济方面,目前在中国境内的日本商社和金融机构已发展到近千家,遍布大中城市,从事经济间谍活动。比如日本伊藤忠商社有150多名负责中国事务的人员,分布在驻中国的各办事机构,以及汽车、化学、纤维等营业部门,通过日常的商业活动,搜集中国情报。还有一家商社曾在中国开设12家常驻机构,远远超出商社本身业务需要,其背后干着什么样的勾当,已然是不言而喻。

|

« 3611中国は見る(2171)2015年 今年の紅葉 | Main | 3613中国は見る(2173)日本 慰安婦も世界遺産登録と懸念(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事