« 3609中国は見る(2169)中国 南京大虐殺 ユネスコ記憶遺産に登録(上) | Main | 3611中国は見る(2171)2015年 今年の紅葉 »

3610中国は見る(2170)中国 南京大虐殺 ユネスコ記憶遺産に登録(下)

1.日本メディア:南京大虐殺世界遺産登録 中国側 日本の歴史戦攻勢に強化か?
2.日本 南京大虐殺世界遺産登録に抗議 ユネスコ改革を主張
 
1.日媒:南京大屠杀档案申遗或让中方加强对日历史战攻势
  2015-10-10 13:20  来源:环球网
2.日质疑南京大屠杀档案申遗 称教科文组织制度需改革
  2015-10-10 13:14:00  来源:环球网

1.日本メディア:南京大虐殺世界遺産登録 中国側 日本の歴史戦攻勢に強化か?

【環球ネット報道 記者:王歓】:国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10月10日、中国が申請していた《南京大虐殺に関する資料》を《世界記憶遺産》に登録したと発表した。 中国が同時に申請した慰安婦問題の資料は見送られた。 日本が申請した第2次世界大戦後のシベリア抑留の資料と国宝の“東寺百合文書”関連資料も登録された。

共同通信社10月10日の報道によると、中国から日本軍の犯罪記録とされる南京大虐殺の歴史資料が国連教育科学文化機関で“世界的に重要な意味がある”と認定された、 中国政府の見解がこれにより固定され、中国が今後更に歴史問題で日本攻勢を強めそうだ。

南京大虐殺問題が世界記憶遺産に登録されたことで、日本政府は外交報道官が談話を発表し、《南京大虐殺》登録を強く批判し、世界記憶遺産制度の制度改革を求めた。 外務省によると、現行の審査基準では、文書遺産の保護やアクセスの確保が目的とされ、歴史の正確性があるかどうかが判定されていない。

中国侵略日本軍の南京大虐殺遭難同胞紀念館の朱成山館長は10日、南京大虐殺問題が登録されたことに、“これは公正な結論だ”と歓迎の気持ちを表明した。

《人民日報》は10月10日、「南京大虐殺の世界遺産登録は正義の勝利だ」という文章を発表した。 文章は、“歴史は歴史だ。 ユネスコが公正にしかも試練に耐えうる結論を出し、世界にまた中国に公正な解答を出し、正義の存在を明らかに示した。 今までずっと、日本の右翼が、侵略戦争の歴史的史実を覆い隠そうとし、と同時に自分が被害者のように世間の人を欺いてきた。 事実は証明された。 いわゆる粉飾は、多くの人を憤慨させた。 考えてもみなさい、もしも若い世代に歴史問題に対する正しい認識がなかったら、世界とどうして正常な交流を行うことができるだろうか? 戦争経験者がどんどんいなくなっています。 この歴史を知るのに、政治目的でどうして良心を隠すことができるだろか?!

尊重はすなわち自尊心を持つことだ。 南京大虐殺の世界遺産登録は、間違いなく歴史の真相の復元だ。 同時に後世の人び同じ失敗を繰り返さないようにとの警世でもある。 70年来、私達が求めたのは口先だけの謝罪ではなく、事実の根本的復元を望んだのです。 歴史を尊重し、歴史を正視し、歴史を銘記する。 世界遺産登録は正義の勝利であり、歴史の名分が明らかになったことです。 この記憶が後代の人にしっかり残されることを望みます。 かっての罪悪を、今“努力して”きれいにすることなどあり得ません。 今回の勝利で、お互い軽い気持ちで前進できるよう望みたい。

2.日本 南京大虐殺世界遺産登録に抗議 ユネスコ改革を主張

【環球ネット報道 記者:王歓】:10月9日夜、パリに本部がある国連教育科学文化機関(ユネスコ)のオフィシャルサイト上に2015年最新の“世界記憶遺産リスト”の登録が発表された。 

全部で47の登録リストの中で、中国が申請していた南京大虐殺の資料が世界遺産に登録された。 これに対して、日本の外務省の報道官は10日に談話を発表し、“日中の間で南京大虐殺をめぐってまだ見解の相違があり、しかも中国側が申請している資料の真実性に疑問がある”と抗議を表明した。

 
日本は更に、国連教育科学文化機関を“記憶遺産制度について、今後、制度改革を求めていく”と批判した。

時事通信社10月10日の報道によると、国連教育科学文化機関が中国の申請した南京大虐殺の資料を世界記憶遺産に登録したことについて、日本の外務省の川村泰久報道官は10日に談話を発表して、ユネスコが“国連機関として中立・公平に問題があり、極めて遺憾だ”と非難した。 日本政府は、“記憶遺産が中国に「政治利用」されている”とし、“ユネスコに今後改めてこの事業を見直すよう”求めた。

川村報道官は談話の中で、(1)南京大虐殺をめぐっては、日中両国の間で見解がとして分かれている。 (2)中国が申請している資料は一方的な主張であって、その資料の真実性には問題がある”と指摘した。 また、“ユネスコが政治的に利用されないよう、今後制度改革が必要だ”と表明した。

時事通信社の報道によると、南京大虐殺の被害者数をめぐって、中国側はずっと“30万人が日本軍に殺戮された”と主張している。 これに対して、日本側の立場は“多くの議論があり、正しい数字”(外務省)を出すことはきわめて困難”と言っている。 日本政府の関係者は“記憶遺産は歴史事実の認定の場ではない”と思っている。 しかし、中国側は2015年“抗日戦争勝利70周年”の今年、中国は今回自分が主張する“補強材料”の南京大虐殺が世界遺産に登録されたことで、今後中国が、更に国際社会に関連情報の発信強化に出ることが予想されると伝えている。


また、外務省の幹部は南京大虐殺が世界遺産登録されたことに、不満を表明し、“正に日中関係改善の重要な時に、中国は日本のあの「負の歴史」に焦点を当てるべきじゃない”と述べた。


南京大虐殺の歴史に関して、中国外交部の報道官は過去何回も発言している。 “南京大虐殺は日本軍国主義が中国侵略戦争中起こした残虐な犯罪で、動かしがたい証拠が沢山あり、国際社会もこれに対してはすでに定説となっている。 日本国内の一部少数者が、この歴史を抹殺し、覆い隠し、歪曲しようとしているが、これは国際正義と人類の良知に対する公然たる挑戦であり、日本の指導者の歴史に逆行する誤った行為と同じ流れで、国際社会から高い警戒を引き起こしている。 中国は日本に対し、侵略の歴史を直視し、深く反省するよう促し、責任ある態度で歴史で残された問題を適切に処理し、実際行動でアジア隣国や国際社会の信頼を得るよう求める”と述べている。

1.日媒:南京大屠杀档案申遗或让中方加强对日历史战攻势
    2015-10-10 13:20 来源: 环球网

【环球网报道 记者 王欢】联合国教科文组织10月10日发布消息称,中国申报的《南京大屠杀档案》成功登录《世界记忆名录》。中方同时申报的慰安妇相关档案则落选。而日本申报的第二次世界大战后西伯利亚扣留相关档案和国宝“东寺百合文书”均成功登录。
日本共同社10月10日报道称,被中国视为日军犯罪记录的南京大屠杀历史资料被联合国教科文组织认定为“具有全球性重要意义”,可能导致中国的官方见解被固定下来。中方今后或将进一步在历史问题上加强对日攻势。

针对南京大屠杀档案被收录世界记忆遗产名录一事,日本政府发布外交发言人谈话,强烈批评《南京大屠杀档案》登录,要求修改世界记忆遗产制度。日本外务省介绍称,根据现行审查标准,只有档案保管和管理的必要性被作为审查对象,是否具有历史正确性则并非评判材料。

侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆馆长朱成山10日对档案成功登录表示欢迎说“这是公正的结论”。

《人民日报》10月10日发表文章强调,南京大屠杀成功申遗是正义的胜利。文章指出,历史就是历史,教科文组织公正且经得起考验的结论,向世界还给了中国一个公正的答案,也彰显了正义的存在。一直以来,日本右翼都试图掩盖发动侵略战争的史实,同时做出自己像受害人似的假像以蒙蔽世人。事实证明,所谓的粉饰,只会让更多人愤慨。试想一下,如果年轻一代对历史问题没有正确的认识,又怎能与世界进行正常交流?当亲历者正在凋零,抢救这段历史,岂可被政治目的蒙住良心?!

文章表示,尊重即是自重。将南京大屠杀申遗无疑是还原历史真相,同时也是警醒后人勿重蹈覆辙。70年来,我们要的不是空头道歉,而是希望可以还原事实根本。尊重历史,正视历史,铭记历史,申遗成功是一次正义的胜利,也是一次历史的正名。愿这个记忆能使后人记住:以往的罪恶,不可能用现在的“努力”涂抹干净;愿这次胜利,能够让彼此轻装前进。   

2.日质疑南京大屠杀档案申遗 称教科文组织制度需改革
  2015-10-10 13:14:00  来源:环球网

【环球网报道 记者 王欢】当地时间10月9日晚,总部位于巴黎的联合国教科文组织在官方网站上公布了2015年最新入选“世界记忆名录”的项目名单。在总共47个入选项目中,中国申报的南京大屠杀档案成功申遗。对此,日本外务省发言人10日发表谈话表示质疑,认为中日之间围绕南京大屠杀尚存分歧,且中方申报的材料真实性有待确认。日方还指责联合国教科文组织称,记忆遗产相关制度今后需要改革。

日本时事通信社10月10日报道称,对于联合国教科文组织将中国申报的南京大屠杀档案收入世界记忆遗产名录一事,日本外务省发言人川村泰久10日发表谈话,指责教科文组织称“作为联合国机构缺乏中立和公平,存在问题”,并表示“极其遗憾”。日本政府认为,记忆遗产事业被中方“政治利用”,要求教科文组织今后重新审视该项事业。
川村在谈话中指出,(1)围绕南京大屠杀,中日两国间的见解仍存分歧;(2)中方申报的材料系单方面的主张,相关资料的真实性存在问题。此外,该发言人还表示:“要确保教科文组织该项重要的事业不被政治利用,今后相关制度有待改革。”

时事通信社报道称,围绕南京大屠杀受害者人数,中方一直主张“30万人遭日军屠杀”。对此,日方的立场是“存在诸多说法,确认正确数字极为困难”(外务省)。日本政府相关人士认为“记忆遗产不是认定历史事实的场合”,但在被中方定位为“抗战胜利70周年”的2015年,中方此次通过自己主张的“补强材料”成功将南京大屠杀申遗,可以预想中方今后将进一步加强向国际社会发出相关信息。

此外,日本外务省干部对南京大屠杀档案申遗一事表示不满,称“在正值改善中日关系的重要时期,中方不应将焦点放在日本那段‘负的历史’上”。

有关南京大屠杀历史,中国外交部发言人曾多次重申,南京大屠杀是日本军国主义在侵华战争中犯下的残暴罪行,铁证如山,国际社会对此早有定论。日本国内极少数人试图抹杀、掩盖、歪曲这段历史,是对国际正义和人类良知的公然挑战,与日本领导人开历史倒车的错误行径一脉相承,应引起国际社会高度警惕。中方严肃敦促日方正视和深刻反省侵略历史,以负责任态度妥善处理有关历史遗留问题,以实际行动取信于亚洲邻国和国际社会。

|

« 3609中国は見る(2169)中国 南京大虐殺 ユネスコ記憶遺産に登録(上) | Main | 3611中国は見る(2171)2015年 今年の紅葉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事