« 3583中国は見る(2148)安倍首相 安保法案早期成立に意欲 野党 徹底抗戦の構え | Main | 3585中国は見る(2150)安保法案 最終局面(2)参議院特別委員会で安保法案採決 »

3584中国は見る(2149)安保法案 最終局面(1)

1.安保法案 締めくくりの質疑応答 与野党の争い頂点に
2.安保法案審議 最終局面 与野党 攻防戦に

1.日本将举行安保法案最终质疑答辩 各党之争达到顶峰
  2015-09-16 16:37:00  来源:环球网
2.日本安保法案审议进入关键时刻 两党拉开攻防战
  2015-09-15 12:05:00  来源:中国网

1.安保法案 締めくくりの質疑応答 与野党の争い頂点に

【環球ネット総合報道】:時事通信社9月16日の報道によると、参議院平和安全法制特別委員会は16日午後、安保法案について締めくくりの質疑応答が行われた。

   
現在、与党側は18までに安保法案を成立させたい意向で、質疑終了後、引き続き本会議で採決を目指している。 これに対して、民主党側は全力で抵抗する構えで、双方の攻防は最終局面を迎えた。 

特別委員会の地方公聴会が16日午後1時から、横浜市で2時間半にわたり行われた。 午後6時から2時間の締めくくりの質疑が行われる。 その時には安倍首相と委員会の各委員が出席する。 与党側は野党の対応を見極めたうえで、質疑終了後の16日夜、または17日に法案を特別委で採決に踏み切る構え。 そして同日、参院本会議で法案の採決を目指すことにしている。

   
自民、公明両党の幹事長が16日、都内のホテルで会談を行い、今週内での法案成立の方針を確認した。 これに対して、民主、維新、日本共産党は午前、締めくくりの質疑に、どう対応するか協議を行った。 民主党の岡田克也代表は党内の会議で、“締めくくり質疑は全くとんでもない話。 力を合わせ阻止しよう」と呼び掛けた。

   
また、安倍首相と公明党の山口代表は16日午前、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の野党3党の党首と、国会で会談を行い、自衛隊を海外派遣することで各党が国会内で協力することを正式に合意し、3党が安保法案に賛成することを表明した。 安倍首相は取材に対し、この3党派の協力を歓迎すると述べ、“これで自衛隊がスムーズな活動に専念できる。 民主的な統制が取れることは重要だ”と述べた。 日本を元気にする会の松田代表は、“少数政党がこのような役割を果たせたことには大きな意味がある」と語った。

2.安保法案審議 最終局面 与野党 攻防戦に

中国ネット9月15日電:日本メディア9月14日の報道によると、国会の最大の焦点――安保法案の審議について、自民と公明の2大与党は9月17日の参議院特別委員会での安保法案の採決を目指し、併せて今週中に安保法案を成立させる方針。 与党のこの方針に対して、民主党は安倍内閣不信任決議案を提出するなど、各種の手段を取り、安保法案成立阻止で抵抗する構えだ。 野党と与党のこの攻防戦は、今週最終の局面を迎える。

9月13日で、安保法案は参議院に送付されてから、60日が経った。
14日からは、たとえ安保法案が参議院で採決されなくても、与党は衆議院に戻った法案を再可決する“60日ルール”で安保法案を成立させることができる。 しかし、自民と公明は“60日ルール”を使わず、参議院で採決する方法で、安保法案を成立させたいとしている。 安倍首相は14日の参議院特別委員会の集中審議に出席し、15日は、中央公聴会、16日には地方公聴会が開かれる。

与党側は、16日の地方公聴会が終われば、安保法案は参議院での審議時間が100時間を超え、採決に向けた環境が整うとして、その日のうちに締めくくりの質疑を行う考えです。 そして週内に参議院本会議での採決を目指す方針です。 

自民党の高村正彦副総裁は、13日夜放映された“NHK特別番組”の中で、“安保法案は国民の命と暮らしを守るために絶対に必要な法案だと思うので、今国会で成立させたい”と語った。

これに対して、民主党は衆議院で内閣不信任決議案を提出、参議院では安倍首相の問責決議案を提出することにしている。 また他の野党と共同して、いろいろな手段を使い、安保法案成立阻止を考えている。 民主党の岡田代表は、“採決は採決させない。 野党は連合して、いろんな手段を採用し法案採決を阻止する”と述べた。

1.日本将举行安保法案最终质疑答辩 各党之争达到顶峰
  2015-09-16 16:37:00  来源:环球网

【环球网综合报道】据日本时事通信社9月16日报道,日本参议院和平安全法制特别委员会将于16日下午,就安保法案进行最终质疑答辩。   

据报道,目前执政党方面希望在18日前通过安保法案,在质疑结束后仍将继续谋求通过表决。对此,民主党方面也表示将全力应对,双方的攻防战达到顶峰。据悉,特别委员会于16日下午1点开始,在横滨举行了长达2个半小时的地方听证会;下午6点将进行2小时的最终质疑,届时将有安倍及委员会各委员出席。执政党方面或将根据在野党的态度,在质疑结束后的16日晚或是17日让法案通过特别委员会表决,并在当天通过参院表决从而使法案通过。   

报道还称,日本自民、公明两党干事长于16日在东京一酒店举行会谈,并确立了本周内使法案成立的方针。对此,日本民主、维新、日本共产党在上午各自展开协商,讨论如何应对即将举行的最终质疑。民主党代表冈田克在党内会议上表示:“最终质疑简直是毫无道理,我们要合力阻止(法案通过)。”   

另外,安倍和公明党代表山口那津男在16日上午,与日本元气、次世代、改革3个在野党的党首在国会举行会谈,正式确认了将自卫队派往海外时各党在国会内的合作意向,并表示这3个党派赞成安保法案。安倍也在接受采访时表达了对这3个党派的合作的欢迎:“这样一来自卫队今后也能够顺利行动,取得民主的协调一致是重要的。”元气党代表松田公太也表示:“少数派政党能够发挥这样的作用是具有重要意义的。”(实习编译:王琦 审稿:马丽)

2.日本安保法案审议进入关键时刻 两党拉开攻防战
  2015-09-15 12:05:00  来源:中国网

中国网9月15日讯 据日媒9月14日报道,围绕日本国会最大焦点——安保法案审议一事,日本自民和公明两大执政党计划于当地时间9月17日在参议院特别委员会上对安保法案进行表决,并于本周之内正式通过安保法案。面对执政党的这一计划,日本民主党提交了针对安倍内阁的不信任决议案,拟采取各种手段极力阻止安保法案成立。日本在野党和执政党之间的这场攻防战本周将迎来最关键时刻。

截至9月13日,安保法案提交参议院已过去60天,因此从14日开始,即便安保法案未在参议院进行表决,执政党也可使用返回众院再度表决通过的“60日规则”实现安保法的成立。但是,据了解日本自民和公明两党并不打算使用“60日原则”,而是希望通过参议院表决的方式通过安保法案。据悉,日本首相安倍晋三14日出席了参议院特别委员会并主持集中审议,15日日本将召开中央听证会,16日将举行地方听证会。
日本执政党方面表示,截至16日地方听证会结束,安保法案在参议院的审议时间将达到100小时,表决的准备已经足够充分,希望能在16日当天举行安保法案的国会质询工作,本周内在参议院全体会议上通过安保法案。

日本自民党副总裁高村正彦日本当地时间13日晚间放映的“NHK特别节目”中强调:“为了维护国名的安全与和平的生活,安保法案绝对是有必要的,希望这次能在国会上获得通过。”

对此,日本民主党计划向日本众议院提交针对安保内阁的不信任决议案,向参议院提交针对安倍个人的问责决议案,并联合其他在野党,采用多种手段极力阻止安保法案通过。民主党冈田克也代表表示:“表决不可能通过,在野党将联合起来,采用各种手段阻止法案通过。”(孙丽燕)

|

« 3583中国は見る(2148)安倍首相 安保法案早期成立に意欲 野党 徹底抗戦の構え | Main | 3585中国は見る(2150)安保法案 最終局面(2)参議院特別委員会で安保法案採決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事