« 3572中国は見る(2138)日本各大手メディア 「中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典」の報道 | Main | 3574中国の三面記事を読む(1234)チャン・ツーイ妊娠の兆候濃厚 »

3573中国は見る(2139)日本のインターネット・ユーザー:中国の閲兵式に驚愕 日本メディア:指導者の威信を誇示する

日本网民称中国阅兵很震撼 日媒:炫耀领导人威信
2015-09-04 06:40:33    来源:环球时报

【環球時報日本特派員:藍雅歌、李珍】:中国が9月3日行った閲兵式は全世界の目を引きつけた。 日本はそのうち、心理状態が一番複雑な観客だった。 日本の各テレビ局は当日、北京から記者の現場報道を放送したが、コメントはどうしても“口惜しさ”が見られ、中国は“力を誇示”していると伝えた。 菅内閣官房長官は3日、抗日戦争の勝利を記念する中国の閲兵式についてのコメントには、多少矛盾が見られた。 先に、“政府としては発言を慎みたい”と言いながら、その後、“コメント”をしていた。
    

《環球時報》記者が3日注意して見たところ、NHKテレビなどが朝のニュースから中国閲兵式の現場情況を放送、ゲストを招いて解説を行っていた。 TBSテレビとテレビ東京などは、当日午後、また再放送を行った。 日本最大の動画サイト・ニコニコ動画(Niconico)は3日、中国の閲兵式の全過程を生放送した。 

《環球時報》記者は当日午前の同サイトのトップページの人目を引く位置に番組放送通知を出しているのを見ました。 このサイトの生放送は12時40分まで行われ、アクセス数は8万人以上に達し、コメントは12万件を上回りました。 “とてもびっくりした”“中国支持”というネット・ユーザーや、“日中友好、世界平和”を呼びかけるものもありました。

日本メディアは3日、中国の閲兵式報道一色でした。 角度はそれぞれでしたが、しかし基本的にはすべて、“これは中国初めての抗日戦争勝利の国家的記念活動”と伝え、習主席の演説“中国はこれまでずっと平和発展の道を堅持してきた”や“中国の兵力削減宣言”の内容に触れていました。 NHKテレビの3日の報道によると、中国閲兵のイベントは“政府の正当性”や“指導者の威信と強大な中国の兵力を誇示する”ものだと強調、“中国軍縮の決定”は“中国脅威論”を取り除きたいためだと伝えた。 また各国指導者の天安門城楼上に参列した様子を紹介した時、NHKは“EU各国政府首脳はが基本的に出席していない”と強調した。 東京新聞は、中国の閲兵パレードは“戦勝国の地位を誇示する”ものとし、中国が国際秩序構築に参加したいとの意思表明だと伝えた。

NHKの報道によると、菅内閣官房長官は3日の記者会見で、中国の閲兵式について、“政府としては発言を慎みたいが、関連動向に注目している”と話した。 その後、“中国政府に『過去の不幸な歴史に過度に焦点を当てるのではなく、国際社会が直面する共通の課題に未来志向で取り組む姿勢を示してほしい』と伝えたと明らかにした。 

また、菅官房長官は中国が《産経新聞》駐北京記者の閲兵式典の取材証を許可しなかったことに不満の意を表明し、“すでに大使館を通して中国側に平等な対応を取るよう強く希望する”と語った。 だが当日の《産経新聞》は、閲兵式報道で少しも立ち遅れはなかった。 またウェブサイト上では、中国の軍縮をテーマとした長文の記事を書き、習主席の演説の日本語訳文を掲載していた。

閲兵式を通じて中日関係をどう見るかについて、TBSテレビのコメンテーターは、“このような形の勝利記念日は対日関係正常化にふさわしいものではない”と述べた。 しかしその場にいた別のゲストは、“習主席は演説の中で何度も平和に言及した。 また3日、多くのメディアが、中日韓首脳会談の開催に言及している。 これは中国側が現段階、日中関係を考えに入れているものだ”と説明した。

《日本経済新聞》は外務省の話を引用して、習主席は演説の中で直接日本を批判することはなかった。 これは“中国側が対話を通じて、対日関係を発展をさせたい”ということだ。

共同通信社も、習主席の演説は全世界に歴史問題で日本に妥協しない態度を見せたが、しかし今まで繰り返し強調していた“決して歴史を否定することは許さない”などの表現は避け、強い対日批判は抑えた。

3日遅く、菅官房長官は、習主席の閲兵式後のレセプションでの演説について、“日中和解に言及しなかったことは遺憾だ”と語った。 

また中国軍削減について、“日本側は一貫して中国に軍事力の透明度を高めるように求めている。 中国側は高い透明度を持って(軍縮)を進めてもらいたい”と強調した。 共同通信社は、習主席はレセプションの演説の中で、“どの年代だろうと、正しい歴史観を堅持し、歴史の啓発と教訓をしっかり心に刻まねばならない”と強調した。

これは日本に対する圧力のようで、意味するところは、安倍首相の「戦後70年談話の中で、“子や孫の代にまで謝罪の宿命を背負わせたくない”を批判したものと見られる。

日本网民称中国阅兵很震撼 日媒:炫耀领导人威信
2015-09-04 06:40:33    来源:环球时报

【环球时报驻日本特约记者蓝雅歌李珍】中国在9月3日举办的阅兵式吸引了全世界的目光,而日本应该是其中心态最复杂的观众。日本各大电视台当日都播出了记者从北京发回的现场报道,但一些评论不免“酸溜溜”,称中国是在“炫耀”。日本内阁官房长官菅义伟3日对中国阅兵式的表态也有些前后矛盾:先说“不做评论”,后来又忍不住两次“评论”。
    
《环球时报》记者3日注意到,日本NHK电视台等从早间新闻开始就在播放中国阅兵的现场情况,电视台还邀请了评论嘉宾进行解说,日本TBS电视台和东京电视台等当日下午还进行了重播。日本最大的视频网站Niconico3日在线直播了中国阅兵的全过程。《环球时报》记者当天上午看到,该网站在首页的醒目位置贴出节目上线通知。截至当天12时40分直播结束,在线人数达8万人以上,留言数超过12万条,有网民表示“很震撼”,“支持中国”,也有网民直呼“日中友好,世界和平”。

日本媒体3日对中国阅兵的报道铺天盖地,角度各有不同,但基本都提到了“这是中国首次就抗日战争胜利举行的国家纪念活动”、习主席在讲话中强调“中国将始终坚持走和平发展道路”以及宣布裁军等内容。日本NHK电视台3日报道称,中国的阅兵活动旨在强调“政府的正当性”,“炫耀领导人的威信和日益强大的中国军力”,而中国裁军的决定是想消除“中国威胁论”。介绍各国领导人在天安门城楼上观礼的情景时,NHK还特意强调,“欧盟各国政府首脑基本没有出席”。《东京新闻》称,中方的阅兵活动想“炫耀战胜国地位”,表明中国要强化参与国际秩序构建的意愿。

据NHK报道,日本内阁官房长官菅义伟3日在记者会上先对中国阅兵表示“不做评论,会注意相关动向”,随后又说:“(日本)政府认为不应过度聚焦于过去不幸的历史,希望能展示对于国际社会面临的共同课题采取面向未来的姿态。这种想法日方已向对方(中国)传达。”另外,菅义伟就中国拒绝向《产经新闻》驻北京记者发放阅兵采访证表示不满,称“已经通过大使馆向中方提出希望平等对待的强烈愿望”。不过当日的《产经新闻》在阅兵报道方面一点也不滞后,在其网站上刊登了以中国裁军为主题的长篇文章,并配有习主席讲话的全日文翻译。

对于如何透过阅兵看中日关系,日本TBS电视台的一名评论员称,“以这样的形式纪念胜利日不是表明对日关系正常化的合适方式”。但现场另一名嘉宾说,习主席在讲话中多次提到和平,而且3日多家媒体报道称,中日韩首脑会谈有可能举行,这说明中方现阶段是考虑到了日中关系。《日本经济新闻》援引一名外务省官员的话称,习主席在讲话中没有直接点名批判日本,这说明“中方想通过对话机制发展对日关系”。共同社也称,习主席的讲话虽然向全世界展现了在历史问题上不向日本妥协的态度,但也回避了一直以来反复强调的“决不允许否认历史”等表述,控制了对日批评力度。

3日晚些时候,菅义伟对习主席在阅兵式之后的招待会上的讲话又表态,对其未涉及日中和解表示遗憾。谈及中国裁军,他强调“日方一贯强烈要求中国提高军事力量透明度,希望中方持高透明度推进(裁军)”。共同社称,习主席在招待会讲话中强调,无论是哪个年代出生的人,“都要坚持正确历史观,牢记历史的启迪和教训”,这似乎是在对日施压,意在批评安倍在战后70周年谈话中表示,不愿让子孙后代继续背负道歉的宿命。

|

« 3572中国は見る(2138)日本各大手メディア 「中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典」の報道 | Main | 3574中国の三面記事を読む(1234)チャン・ツーイ妊娠の兆候濃厚 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事