« July 2015 | Main | September 2015 »

3567中国は見る(2134)10万人が国会を包囲 安倍退陣を要求(1)

日本10万民众包围首相官邸 要求安倍下台
2015-08-30 17:59:00  来源:环球网

3Photo2



【環球ネット総合報道】:2015年8月30日、日本全国各地の大学生団体と社会団体など数十万人が集まり、《安保法案》に反対、この法案を廃案することを呼びかけた。 集会の中には学生や、子供を連れた家族連れもおり、戦争を知る老人たちも参加した。 これは市民団体による安保法案に抗議する“国会10万人・全国100万人行動”の一環である。

【環球ネット報道 記者 王一】:共同通信社8月30日の報道によると、安保関連法案に反対する市民団体は30日、国会議事堂付近で大規模集会を行った。 主催者側発表によると参加者は約12万人だという。 抗議者は国会を包囲した。 現場は込み合い人々は動きがとれない程だった。 行動実行委員会の話によると、各地に共同行動を呼びかけ、同日、全国200ヶ所で抗議のデモや集会が行われていた。 反対する国民の声は日に日に広がり、安倍政権にこの法案の廃案を求めているという。

参議院で審議されている安保法案めぐって、与党と野党は激烈な攻防戦を展開している。

小雨がぱらつく国会付近では、議事堂周囲の外、抗議者は霞が関の官庁街や日比谷公園にもたくさんいた。 抗議者は国会正門前で混みあう中、口をそろえて“戦争反対”、“直ちに法案を廃案にせよ”と叫んでいた。

若い人の団体“SEALDs”の中心メンバー、明治学院大学4年生・奥田愛基さん(23歳)は演壇に上がって大声で、“もしも《憲法》第9条を無視するなら、首相を辞任してもらいたい”と叫んだ。

ルポライターの鎌田慧氏は、“民衆の力を結集して、この法案を廃案させよう”と訴えた。 民主党の岡田克也代表、共産党の志位和夫委員長など野党の指導者も現場の抗議集会に駆けつけた。

シンガポール《聨合早報》の報道によると、抗議の人々は、安保法案廃案と同時に安倍退陣を求めているという。

AFP通信8月30日の報道によると、現在、東京では抗議の人数はどんどん増えている。 抗議の人の中には、大学生、有名な音楽家・坂本龍一さん、野党指導者の岡田克也代表もいた。 抗議の人々は、“戦争反対”“平和を守ろう、戦争反対”“安保法案を廃案にしよう”などのスローガンを叫んでいた。 “安倍退陣せよ”と書かれた大きな横断幕が白黒2色のアドバルーンに掲げられ中空を飛んでいた。

日本ニュースネットの報道によると、抗議活動は今も続いているという。

日本10万民众包围首相官邸 要求安倍下台
2015-08-30 17:59:00  来源:环球网

【环球网综合报道】2015年8月30日,日本全国各地的大学生团体以及社会团体等数十万人集合,共同反对《安保法》,呼吁取消该法案。人群中既有学生,也有带着孩子的家长,还有了解战争的老人。这也是市民团体为抗议安保法案组织的“国会10万人·全国100万人大行动”其中的一环。

【环球网报道 记者 王一】日本共同社8月30日称,反对安保相关法案的日本市民团体30日在国会议事堂附近举行大规模集会,主办方宣布参加者约有12万人。抗议者包围国会,现场拥挤到人们动弹不得的程度。据执行委员会介绍,已呼吁各地共同行动,当天全国有200多处举行了抗议游行或集会。反对的民意日渐扩大,要求安倍政府废除该法案。

围绕正在参院审议的安保法案,执政党和在野党正在展开激烈攻防战。

在小雨纷纷的国会附近,除了议事堂周围,还有许多抗议者涌向霞关的官厅街和日比谷公园。抗议者挤在国会正门前齐声呼喊“不要战争”、“立即废除法案”。

年轻人团体“SEALDs”的核心成员、明治学院大学大四学生奥田爱基(23岁)登上讲坛大声说,“如果无视《宪法》第9条,那就请首相辞职”。

纪实作家镰田慧坚定地表示,“决心集结民众的力量击溃这部法案”。民主党党首冈田克也、共产党委员长志位和夫等在野党领袖也赶到了抗议现场支援。

新加坡《联合早报》报道称,抗议民众除要求废除安保法案外,同时要求安倍下台。

另据法新社8月30日报道,目前东京抗议人数仍在增加。抗议人群包括大学生、知名音乐家坂本龙一和在野党领袖冈田克也。抗议人群高举“拒绝战争”“和平,拒绝战争”“停止安保法案”等标语。写着“安倍应该下台”的巨型横幅被很多黑白两色气球拉升至半空。

日本新闻网报道称,抗议活动正在进行中。

|

3566中国は見る(2133)大阪の中学生 死体遺棄事件 容疑者  事件発生前 車中に手錠などを所持

大阪初中生弃尸案 案发前嫌疑人车中藏手铐

August 27, 2015  来源:朝日新聞中文网

大阪府寝屋川市の中学一年生学生平田奈津美さん(13歳)の遺体を捨てた疑いで逮捕された同市居住の契約社員・山田浩二容疑者(45歳)が、事件発生前の2日前の11日、東京秋葉原で警察の職務質問を受けていたことが分かった。 その際、運転していた軽自動車の中からスタンガンや手錠などが見つかった。 このため、大阪府警はこの事件との関連について調査を進めている。

大阪府警によると、山田容疑者は福島県で除染作業に従事していた。男性の同僚の話から、お盆休みの10日、彼は山田容疑者と一緒に車で東京に遊びに行ったという。

山田容疑者は11日未明、東京秋葉原を男性同乗者を乗せ運転中、大阪ナンバーのため、警視庁の警官から職務質問を受けた。 その際、警官が車内を捜査したところ、所持品のボストンバッグの中から、スタンガン、手錠、注射器などが見つかった。

警視庁の警察官はスタンガン携帯は《軽犯罪法》に違反する可能性もあるとの理由で、山田容疑者と男性を近くの警察署に連行し、事情を聴いた。 スタンガンについて詳しく尋ねたが、スタンガンには使用できる状態でなかったため、警察は、手錠と注射器などを山田容疑者に返し、質問を終了した。 

男性の同僚によると、山田容疑者とは警察から出た後、別れ、山田容疑者は大阪に帰ったという。

大阪府警は、21日、山田容疑者を逮捕した。 大阪府警は逮捕後、慎重に捜査を行っているが、スタンガン、手錠、注射器などは見つかっていない。

大阪初中生弃尸案 案发前嫌疑人车中藏手铐

August 27, 2015  来源:朝日新聞中文网

据采访相关调查人员得知,因遗弃大阪府寝屋川市初中一年级学生平田奈津美(13岁)尸体,以涉嫌弃尸而被捕的该市合同工山田浩二(45岁)在案发前2日的11日,在东京秋叶原接受警察职务盘问时,从其驾驶的小型货车中发现电击棒和手铐等物品。为此,大阪府警正针对其与案件的相关性进行调查。

据府警表示,嫌疑人山田是在福岛县从事除染作业的员工。而从其男性同事口中得知,在盂兰盆节休假期间的10日,他曾与嫌疑人山田一同驾车到东京游玩。

据相关调查人员称,嫌疑人山田在11日黎明时分,驾驶载有男性同事的车在东京秋叶原路上行驶时,因其车牌号为其他府县而接受了来自警视厅警察的职务盘问。据悉,当时警察对车内进行搜查后,在其提包中发现电击棒、手铐和注射器等物品。

警视厅以携带电击棒带有违反《轻犯罪法》的可能性为由,将嫌疑人山田等人带到附近的警察署进行问询。经过对电击棒的仔细搜查,因其处于不能使用的状态,而结束问询。据了解,警方之后也将手铐和注射器归还给嫌疑人山田。

据男性同事称,嫌疑人山田从警署出来后,便与之告别,回大阪省亲。

大阪府警方于21日,对嫌疑人山田进行逮捕。据悉,府警将车收押后进行详细搜查,却并未发现电击棒、手铐和注射器等物。

|

3565中国の三面記事を読む(1232)チャン・ツーイ 妊娠?

チャン・ツーイ、汪峰 米国ロサンゼルスに姿を見せる 緩い服でもお腹の膨らみ隠せず 妊娠

章子怡汪峰现身美国洛杉矶 宽松衣难掩肚子微凸显身孕
08-27 21:28 来源:华西都市报 

Photo成都本報の愛読者で米国の友人・呉女士が華西都市報記者に、米国ロサンゼルス、8月27日夜8時頃、チャン・ツーイと汪峰が北京から国際線で長旅の末、ロサンゼルスに降り立ったという特ダネを伝えてくれた。 彼女と友人はロサンゼルス空港で成都からの友達を待っていたという。 突然、スターのチャン・ツーイと汪峰がアメリカに現れた。 二人は、おしゃべりし、笑いながら仲良く空港ロビーから出てきた。 チャン・ツーイはゆったりした服を着ていたが、彼女のお腹は明らかにぽっこりしており、一目で4ヶ月以上の妊婦のようだった。

華西都市報記者が尋ねた。 “あなたはしっかり見たのですか? 見間違いじゃないですか? チャン・ツーイと汪峰ですか?”

“見間違いはない。 チャン・ツーイと汪峰は、中国の大スターだし、はっきりと見ました!” 通報者はありのままに語った。“その時、汪峰は帽子を被り、元気いっぱいだにチャン・ツーイと笑いながら出てきました。 そばに出迎えに来た女性がいました。 チャン・ツーイがアメリカに現れたのが、あまりに突然で、正面からの写真を撮るのは間に合いませんでした。 二人の背中の写真だけは撮りました”

華西都市報記者がまた尋ねた。“チャン・ツーイと汪峰が米国に来たのは、お産するためですか?”

通報者は、“私は、空港で二人を見かけただけです。 具体的な状況はわかりません。 でも私は、チャン・ツーイはアメリカにお産のため来たのじゃないかと思います。 チャン・ツーイのお腹がポッコリ膨らんでいるのを見ました。 間違いなく妊娠しています!”

「全民星探」の報道によると、先日、ネットでチャン・ツーイが妊娠しており、しかも6ヶ月、出産予定は年末だというニュースを伝えた人がいる。 チャン・ツーイ側からは現在のところ回答がなく、汪峰側は“知らない”と言う。 この情報が一体、本当かうそか、私達の早撮りカメラマンがあなた達のために情報をお伝えしましょう。 最近、このカメラマンは、北京の温泉会館で、汪峰とチャン・ツィイーの2人が友達と会っているところをバッチリと撮影しました。

その日、汪峰は帽子をかぶり、青いTシャツを着ていた。 車から降りると、携帯電話を耳元にあて、誰かと話していた。 汪峰は会館の入口まで行くと、振り返って見回した後、会館に入った。 一方、外にいた付き人はトランクの中のスーツケースを抱え、別の車に押し込んだ。

しばらく待っていると、汪峰とチャン・ツーイが降りてきた。 見るとチャン・ツーイは黒のワンピースを着て、真っ先に会館を出てきた。 よく見ると、チャン・ツーイのお腹のあたりが確かにぽっこりしており、妊娠の可能性大で、見たところ妊娠6ヶ月のうわさは本当のようだった。

チャン・ツーイの後ろを歩いていた汪峰が会館を出た後、突然立ち止まった。 何を考えていたのか知らないが、このあと、チャン・ツーイと一緒に乗ると、運転して会館を離れ、愛の巣に戻っていった。 聞くところによると、チャン・ツーイと汪峰は、近いうちにアメリカ・ロサンゼルスに行ってお産をするという。 2人は妊娠について相当気にかけているようだ。 華西都市報記者・杜恩湖 本紙の米国の愛読者・呉女史写真提供

章子怡汪峰现身美国洛杉矶 宽松衣难掩肚子微凸显身孕
08-27 21:28 来源:华西都市报 

8月27日晚8时,成都本报热心读者吴女士在美国的好友,向华西都市报记者独家报料称:美国洛杉矶当地时间,章子怡和汪峰从北京乘国际航班风尘仆仆已抵达美国洛杉矶了。她和朋友在洛杉矶机场接机从中国成都来的朋友,突然发现了明星章子怡和汪峰现身美国。夫妻俩人又说又笑,十分恩爱从机场出港大厅走出来。章子怡尽管穿衣宽松,但明显看出她的肚子微凸,一看就是怀孕至少4个月以上的孕妇。

华西都市报记者问:“你看准确没有?看错没有?是章子怡和汪峰吗?”

“没有看错,章子怡和汪峰是中国大明星,我看清楚了的!”报料人如实透露:“当时,汪峰戴着帽子,精神抖擞和章子怡又说又笑走了出来。旁边还有一个接机的女士。因为章子怡出现在美国太突然,我拿出手机来已来不及拍正面照片,只抢拍了一张他们夫妻俩到达美国的背影。”

华西都市报记者又问:“章子怡和汪峰来美国是安胎待产吗?”

报料人称:“我只是在机场看见他们俩。具体情况不知道。我只能是怀疑章子怡是来美国安胎待产。但我亲眼所见章子怡的肚子微凸,她确实怀孕了!”

另据全民星探报道,日前,网上有人爆料章子怡已经怀孕,且有六个月,预产期为年底。章子怡方面目前没有回应,而汪峰方面则说“不知道”。究竟此爆料是真是假,让我们风行摄影师为你们呈现一番。近日,风行摄影师在北京某温泉会馆外拍摄到汪峰与章子怡二人来到此处会友。

当天,汪峰戴着帽子,身穿蓝色短T,刚一下车便将手机附在耳边不知与谁通话。汪峰走到会馆门口,回头张望一番后便进入会馆。而在外的助理则将后备箱中的一个行李箱抱下,推到另一辆车内。

在一段等待后,汪峰与章子怡终于下楼,只见章子怡身穿一件黑色连衣裙,率先走出会馆,再一细看,章子怡的腹部果然隆起,孕味十足,看来怀孕6月的传闻已然成真。
只见跟在章子怡身后的汪峰走出会馆后却突然止步,不知道在想些什么,随后便与章子怡一同乘上座驾离开了会馆,返回爱巢。据悉,章子怡汪峰近日将赴美国洛杉矶安胎待产,二人对于怀孕一事是相当的在意。华西都市报记者杜恩湖 本报美国热心读者吴女士供图

|

3564中国は見る(2132)安倍訪中を中止(下) 

安倍首相9月3日前後の訪中見送り メデイア:関係改善への影響を懸念

安倍确认9月3日前后不访华 日媒担心影响关系改善
2015-08-24 13:40:21   来源:搜孤新闻

Anbei安倍首相は9月3日の中国抗日戦争

勝利70周年記念活動に出席せず

新華社報道によると、菅内閣官房長官は8月24日は、安倍首相が9月3日の中国抗日戦争勝利700周年記念活動に出席しないこと、9月3日前後に中国を訪問することもないと発言した。

菅内閣官房長官はは当日行われた定例記者会見で、“国会の状況”などを踏まえ9月上旬の中国訪問はないと発表した。 しかし、“国際会議”などの場所で引き続き、習近平主席と首脳会談を行う機会を模索するという。

中国政府はこれ以前、安倍首相に9月3日の中国抗日戦争勝利70周年記念活動に出席するよう招請していた。 共同通信社は、安倍首相の今回の訪中計画の中止は、日中関係改善に影響を与えるかもしれないと報じた。

中国外交部は以前、“安倍首相の9月訪中は聞いていない”“中国が関連国の指導者を招待するのは「9・13」記念活動だと再度申し上げます”と言っていた。

日本の外務省は、“安倍首相の訪中は、まだ閣議で正式に決定していない”と発表していた。

中国の王毅外相も以前、同様な対応をしていた。 米国メディアは8月4日、安倍首相が強力に進める安保法案が国会内外で強い反対にあっているため、安倍首相は9月の訪中計画を見送り、今国会で、この法案を成立するため全力を尽くすだろうと伝えた。 王毅外相は翌日、“私はこれまで安倍首相が9月に訪中するということは聞いていない”、“このことは日程にない”と答えていた。

安倍首相の戦後70年談話について、外交部の華春瑩報道官は、“日本はあの軍国主義の侵略戦争の性質と戦争責任に対して、はっきりと明確に説明し、被害国の人々に誠実に謝罪し、軍国主義の侵略歴史をきっぱりと断ち切り、この重大な原則問題でいかなる隠し事もすべきではない”と厳正な態度で語った。

安倍确认9月3日前后不访华 日媒担心影响关系改善
2015-08-24 13:40:21   来源:搜孤新闻   

日本首相安倍晋三将不会出席9月3日中国抗日战争胜利70周年纪念活动。 东方IC 资料
据新华社报道,日本内阁官房长官菅义伟8月24日表示,日本首相安倍晋三将不会出席9月3日中国抗日战争胜利70周年纪念活动,也不会在9月3日前后访问中国。

菅义伟在当天举行的例行记者会上表示,出于“国会事务”考虑,安倍将不会在9月上旬访华,但将继续通过“国际会议”等场合摸索与习近平主席举行首脑会谈的机会。
中国政府此前邀请安倍出席9月3日中国抗日战争胜利70周年纪念活动。共同社担忧,安倍此次访华计划搁浅或将对日中关系的改善产生影响。

中国外交部此前曾表示,“没有听说安倍首相9月访华的事”、“我愿重申,中方邀请有关国家领导人出席的是‘9·3’纪念活动”。

日本外务省曾表示,有关安倍访华的事尚未经过内阁会议正式决定。

中国外交部长王毅此前也曾做过类似回应。美国媒体8月4日称,由于安倍力推的安保法案遭遇国会内外强烈反对,安倍有可能放弃9月访华计划,全力确保在本届国会上通过这一法案。王毅次日回应,“我从来没有听说安倍9月访华这件事”,“此事不在日程上”。
对于安倍战后70周年谈话,外交部发言人华春莹曾严正表态,日本理应对那场军国主义侵略战争的性质和战争责任作出清晰明确的交代,向受害国人民作出诚挚道歉,干净彻底地与军国主义侵略历史切割,而不应在这个重大原则问题上做任何遮掩。

|

3563中国は見る(2131)安倍訪中を中止(上) 

日本 安倍訪中見送り 専門家分析:格好がつかないため

日本确认安倍放弃访华 专家分析:担心下不了台
2015年08月25日   来源:环球网 

【環球時報総合報道】日本政府は24日、安倍首相が中国の9・3抗日戦争勝利の閲兵式典に参加せず、9月上旬の訪中計画を見送ったと発表した。 理由は“国会の状況から”という。 日本政府のこの説明は中国を納得させるものではない。 日本メディアは24日、安倍訪中見送りの理由について、相次いで分析の記事を載せた。 中国と訪問日程で折り合わなかったというものや、日本が中国の軍備拡張を黙認したとの誤解を国際社会に与えたくないからだというものもあった。 中国の日本問題専門家が24日、《環球時報》記者の取材に対して、“安倍首相の今回の中国訪問見送りの損失は大きい。 日本が歴史の重荷を下ろし、周辺国とのわだかまりを解き親善を図る歴史的チャンスを棄ててしまった”と述べた。

時事通信の報道によると、菅内閣官房長官は24日午前の記者会見で、安倍首相が中国の抗日戦争勝利式典への見送り報道を確認すると共に、“3日前後の訪中計画”はなかったと述べた。 共同通信社が24日報じたところによると、菅官房長官は、中国側に上述の決定を伝えたと述べると同時に、“日中首脳が国際会議などの場所で率直に対話の機会を利用し、両国関係発展を推進できるよう望む”と強調した。 安倍首相も24日、参議院予算委員会で、“国会の状況”を考慮し決定したことを認めた。 《産経新聞》は、9月上旬は、安保法案審議が、参議院で最大の関門を迎える。 安倍訪中見送りは、国会を優先したことを意味すると伝えた。

安倍首相の決定について、時事通信は、日本は中国の招待を受けた後、中国に3日の式典を避け、安倍4日訪中を打診したが、最終的には折り合わなかったと伝えた。 共同通信社は24日、消息筋の話として、先週までに、中国側が出したスケジュールでは、安倍首相が閲兵式典終了後の3日午後北京に到着し、中国指導者と会談を行い、その後、夜の記念レセプションに出席するというものだった。

《毎日新聞》が24日報道したところによると、中国の閲兵式典は“抗日の色彩”が強く、中国の一連の記念活動の名称には、すべて“抗日”の字が含まれており、これらに日本はとても強い抵抗感を持ったという。

《読売新聞》によると、日本政府は欧米各国と、“共同歩調”を取ったという。 日本のメディアの分析によると、“中国脅威論”もあるという。 《産経新聞》によれば、日本は中国の軍事拡張に懸念を抱いている。  共同通信社も、国際社会に日本が中国の軍備拡張を黙認したとの誤解を与えると言及している。

中国社会科学院日本研究所の楊伯江副所長は24日、《環球時報》記者の取材に対して、日本のメディアが、これ以前ずっと安倍訪中のニュースを追跡してきたことから見て、日本国内の民意は一枚岩ではないようだ。

関連の報道から、民間は安倍訪中で中日関係改善を期待していたようだ。 楊伯江副所長によると、“実のところ安倍政権は、訪中で外交成績を上げ、政権の支持率を上げたいと望んでいた。 しかし日本側は最終的に、安倍首相は国内の勢力に説明がでず、訪中したら格好がつかなくなると懸念した。 これは安倍首相の歴史認識が依然として戦前と切れていないことの説明になる。

楊伯江副所長は、安倍首相訪中見送りの損失は大きいものとなる。 近いところから長期的に見ても、チャンスを失することになる。 内政から見ても、安倍政権が、この機会を利用して改善を得ることはできなくなった。 長期的に見ても、安倍の中国訪中が実現したら、日本が歴史的な重荷を下ろし、軽装で前進できる利益が得られたはずだ。

 

国防大学の公方彬教授は24日、《環球時報》記者に対して、中国は抗日戦争勝利の大閲兵で、識別基準と評価基準を提示しました。 歴史を尊重するのは誰か? 歴史問題に平然としていられるのは誰か? 正しい態度で未来に向えるのは誰か? この意味から言って、日本の指導者が来るか来ないか、中国はどうでもいいのです。 閲兵式をを通じて、中国は世界平和を守る誠意を示しています。 安倍首相は、中国やかって日本に侵略された国とのしこりを水に流し、共に未来を築く機会を棄てたのです。 これは政治家のイメージにしろ、中日善隣友好、世界平和の発展事業などにとって、安倍首相の大きな失策といえるものです。

共同通信社24日の報道によると、安倍首相は9月訪中計画見送りで、9月下旬の国連総会での中国の習近平国家主席との会談を希望しています。 日本政府は近くスケジュールについて調整するこおにしています。

日本側は更に、11月中旬トルコで開催される20ヶ国首脳会議やフィリピンで開催されるAPEC首脳会議の際に、日中首脳会談実現の可能性を模索しています。 報道によれば、今回の訪中見送りは、双方の関係改善に影響する可能性が大だと伝えている。

日本确认安倍放弃访华 专家分析:担心下不了台
2015年08月25日   来源:环球网 

【环球时报综合报道】日本政府24日宣布,首相安倍晋三将不出席中国9·3抗战胜利阅兵活动,放弃9月上旬访华的计划,原因是“基于国会的状 况”。日政府的这种解释显然让外界不太满意,日本媒体24日纷纷对安倍不访华的原因进行解读,有的披露称和中国没谈妥访问日程,有的则称不希望给国际社会 造成日本默许中国军备扩张的误会。中国日本问题专家24日接受《环球时报》记者采访时表示,安倍此次不访问中国对其损失很大,放弃了让日本卸下历史包袱、 与周边国家化干戈为玉帛的历史性机会。

据日本时事通讯社报道,日本内阁官房长官菅义伟24日上午在记者会上确认了安倍不参加中国抗战胜利日活动的消息,并且称“也没有在3日前后访华 的安排”。日本共同社24日报道称,菅义伟表示已向中方传达了上述决定,并强调称“希望能创造出日中首脑利用国际会议等场合坦诚对话的机会,以推动两国关 系发展”。安倍在24日的参院预算委员会上也证实了该决定,称是考虑了“国会的状况”。日本《产经新闻》称,9月上旬,有关新安保法案的审议工作将在日本 参议院迎来最后关头,安倍放弃访华意味着要优先解决国会事务。

对于安倍的决定,时事通讯社则称,日方接到中国的邀请后,曾向中国提出安倍4日访华、避开3日活动的方案,但最终并没就此谈妥。日本共同社24 日援引消息人士的话称,截至上周,中方提出的日程安排显示,希望安倍在阅兵活动结束后的3日下午抵达北京,与中国领导人举行会谈后出席当晚的纪念招待会。

日本《每日新闻》24日报道认为,中国的阅兵活动带有强烈的“抗日色彩”,中方对一系列的纪念活动名称都包含“抗日”,这些使日方产生很强的抵 触感。《读卖新闻》则称,日本政府想跟欧美各国“保持步调一致”。日本媒体在分析时,还不忘扯上“中国威胁论”。《产经新闻》称,日本担心中国军事扩张。 共同社也提到日方对会给国际社会造成日本默许中国军备扩张的考虑。

中国社科院日本所副所长杨伯江24日接受《环球时报》记者采访时表示,从日本媒体此前一直紧密跟踪安倍访华消息来看,日本国内民意并非铁板一 块,相关报道体现出民间希望安倍访华改善中日关系的期待。杨伯江说,其实安倍政府是希望访华以提升其外交政绩,提升政府的支持率。但日方的最终决定表明, 安倍还是担心来了之后下不了台,在国内无法向某些势力交待,这也说明安倍直到现在在认识上仍没有同战前做好切割。

杨伯江认为,安倍不来中国对他损失不小,从近期和长远来看都将错失机遇。从内政看,安倍的执政地位不能借此机会得到改善。从长远角度看,安倍中 国之旅成行的话有利于日本尽早卸下历史包袱、轻装前进。国防大学教授公方彬24日对《环球时报》记者说,中国举办抗战胜利大阅兵提供了一种鉴别标准和评价 尺度—看看谁尊重历史,谁能坦然面对历史问题,谁能以正确的态度面向未来。从这个意义上来说,日本领导人来或不来,中国是无所谓的。通过阅兵,中国已经能 展示维护世界和平的诚意。而安倍则放弃了与中国以及曾被日本侵略过的国家摒弃前嫌、共筑未来的机会。这无论在政治家形象、中日睦邻友好,还是世界和平发展 事业等方面来说,安倍都是失分的。

共同社24日称,安倍放弃9月访华计划,希望借9月下旬的联大会议与中国国家主席习近平举行会谈,日本政府将于近期就日程展开协调。日方还将摸 索于11月中旬在土耳其举行的二十国集团峰会和在菲律宾举行的亚太经合组织峰会期间实现日中首脑会谈的可能性。报道称,这次放弃访华计划可能会影响改善双 边关系的趋势。

|

3562中国は見る(2130)中学女子殺害される 同行の男子 7日間行方不明

日本一初中女孩被杀 同行男生失踪7天下落不明(图)
2015-08-20 17:41:54 来源: 国际在线

Photo


遺体発見現場に献花

国際オンライン特別寄稿:《朝日新聞》8月20日の報道によると、大阪の中学一年生・平田奈津美さんが死亡しているのが発見された。 事件発生前に、彼女と一緒にいた同じクラスの男子・星野凌斗くんは行方不明で、19日現在、依然として行方が分からない。

報道によると、13歳の女の子・平田奈津美さんが、物流会社の駐車場で死んでいるのが発見された。 彼女の両手や顔は粘着テープで何重にも巻かれていた。

警察は防犯カメラから、2人は最後に京阪電鉄の寝家川駅前の商店街で、2人が自転車を駅前に止めているのがわかった。 このことから、大阪府警は、2人がおそらく駅周辺で事件に巻き込まれたものと見ている。


現在、大阪府警は殺人死体遺棄事件として捜査を進めている。 行方不明の星野凌斗くんの家族と友人は、ビラやネットなどで、“懸命に”なって、全力で助けを求めていた。

19日夜、星野くんの母と友達など10数人が、駅前でビラを配っていた。 ビラには、“この子供を探しています、何か心当たりなどがありましたら、情報提供よろしくお願いします”と書かれていた。 ツイッターで流した呼びかけは、広く転送された。 その内容は“みんなにお願いします。 ぜひこの情報を広めて下さい。 些細なことでも情報提供をよろしくお願いいたします”とあった。

日本一初中女孩被杀 同行男生失踪7天下落不明(图)
2015-08-20 17:41:54 来源: 国际在线

人们在发现遗体的现场献上鲜花(网页截图)

国际在线专稿:据日本《朝日新闻》8月20日报道,日本大阪府初中一年级女生平田奈津美于本月13日被发现死亡,而案发前与她同行的同班男生星野凌斗失踪,直到19日仍下落不明。

据报道,13岁女孩平田奈津美被发现死在一家物流公司的停车场,她的两手腕及脸部都被胶带紧紧缠住。

警方调查录像发现,两人最后出现在京阪电铁寝屋川市车站前的商店街,他们曾把自行车停在车站前。因此大阪府警察初步认为,两人很可能是被卷入车站周边的事件当中。
目前,大阪府警方正以杀人弃尸事件立案侦查。失踪男生星野凌斗的家人和朋友们更是“分秒必争”,通过传单和网络等竭尽全力寻求帮助。

19日夜间,星野的母亲及其朋友等十几人在车站前分发传单,上面写着“正在寻找这个孩子,请多多关照”。而在推特上发出的呼吁也被广泛转发,其内容为“拜托大家务必扩散这则消息,即使是蛛丝马迹也请不吝告知”。

|

3561中国は見る(2129)在日中国人作家が書く“靖国神社”(下)

一位旅日华人作家笔下的“靖国神社”

2015-07-21 22:35:38  来源:辛子in日本

その後、中国国民党政府から中国共産党政府は,戦争賠償を相次いで放棄しました。 戦後40年間、日本の首相の靖国神社参拝に,中国は異議を言いませんでした。 しかし1985年8月15日,当時の中曾根弘首相が公式の肩書きで靖国神社を参拝して以降、中国は初めて抗議の申し入れを行いました。 中国が抗議した理由については、靖国神社第六代の松平永芳宮司が、A級戦犯14名を靖国神社に合祀したからです。

“東京裁判を否定しなければ、日本の精神復興は出来ないと思う”松平永芳宮司は《“靖国”奉仕十四年の無念》の中でこう書いている。 松平永芳宮司の文章の観点について、“松平宮司がA級戦犯を靖国神社に合祀したことは、「死者に罪なし」「死者即仏」「怨霊信仰」等の文化的信仰ではなく、強い 政治的倾向と「東京裁判」の歴史観を見直そうとする意志が感じられる”と、張石さんは本の中で指摘している。

「天皇がなぜ靖国神社を参拝しなくなったのか?」 これ以降だと指摘している

“天皇に引き続き参拜してもらうこと,松平宮司の政治的、歴史的動機に満ちた参拜は,当然戦争の評価に対する答えだった。 次いで、政治的論争に巻き込まれることに「日本国と日本国民统一の象徴」としての天皇は参加できないし、参加したくない事情もあった”

“天皇は敏感に松平宮司の企みを察した。 だから断固として松平宮司が仕掛けたわなを避けた”

この本の中で、張石さんは靖国神社の本质问题について、政治が文化を奪った。 政治が文化的衝突”を呼んでしまった---日本人の善悪にかかわらず、“死者即佛”となる生死観と全く違い、中国人の生死観ははっきりしている。 善には善の報いがあり、悪には悪の報いがある。 いい人のことは美名を後世に 残し、悪人のことは悪名を後世まで残す。 しかも悪名は、永久に回復することはない。 だから中国人が靖国神社にA級戦犯が祀られているのを知り、怒り驚くことは推して知るべしだ。 一方、“日本の政治家は更にこのような文化を選挙に利用したり、その行為で侵略されたアジアの国と対抗する武器とし、ますます文化的衝突が深まり広がった。

では、靖国神社がもたらした各種の衝突や関係悪化は、永遠に修復ができないのだろうか? 決してそんなことはない。張石さんは本の中でこう指摘している。 靖国神社の境内に、鎮霊社がある。 靖国神社の第五代目の宮司・築波藤麿が1965年に建立した。 鎮霊社内には、“世界各国すべての戦死者と戦争で死んだ人々”を祀っている。

そのため張石さんは、“もし靖国神社が築波藤麿の遺志を受け継ぎ、鎮霊社に祀っている人々と靖国神社で祀っている人々を平等に祀ることができるなら、日本の神道の原点に戻ることができ、アジアの人々と本当の文化理解と文化和解の道を切り開くことができる”と見る。

張石さんのこの未来図は、とてもすばらしい。 かって学術の自由のため、中国を離れ日本に来たこの友人は、数年来、執筆に没頭したり、また仏教や禅宗の研究に没頭してきた。いかなる政治的色彩や民族の偏見を持たず、人間性を原点に中日関係と文化の本質を探求し続けてきた。 功利と俗世間の紛争から遠く離れているため、この友人は、今なお内心に依然として、年齢と違って無邪気さと単純さを維持している。 そのため、靖国神社について、いろいろなすばらしい分析と豊富な証拠を出した後、張石さんはこのような日本神道文化の原点に回帰する、すばらしい未来図を描いて見せた。

しかしこのようなはすばらしい未来図は、複雑に錯綜する政治の利益の衝突の中では、発言権を持てない。 文化が政治にいったん汚されたら、少女の処女喪失のようなものだ。 靖国神社が、また神道の原点に戻れれば、宗教信仰の神聖に戻れるか? 結果を見ないまでは、私はこれについて、深い疑問を抱いている。

一位旅日华人作家笔下的“靖国神社”

2015-07-21 22:35:38  来源:辛子in日本

这之后,从中国国民党政府到中国共产党政府,都相继放弃了战争赔款,在战后四十年间,对于日本首相参拜靖国神社,中国也从未提出过异议。直到1985年8月15日,当时的首相中曾根康弘以公职身份正式参拜了靖国神社之后,中国才首次提出抗议,而中国抗议的原因,是因为靖国神社第六代宫司松平永芳将十四名甲级战犯在靖国神社合祀。

“如果不否定东京审判,日本的精神就不能复兴”松平永芳在《“靖国”服务14年的遗憾》一文中这样写道。针对松平永芳这篇文章中的观点,张石兄在书中指出:

“松平永芳将甲级战犯在靖国神社合祀,并不是出于‘死者无罪’、‘死者即佛’、‘冤灵信仰’等文化信仰,而是具有强烈的政治倾向和重新评价‘东京审判’的历史观的意志的。”

并因此指出日本天皇为什么不再参拜靖国神社:

“如果天皇继续参拜,就是在松平永芳充满了政治与历史动机上的参拜,必然要面对回答对战争评价的问题,第二就是要卷入政治的争论之中,这都是作为‘日本国和日本国民统一象征’的天皇不可参与,也不愿参与的事情。”

“天皇敏感地体会到了松平的用意,因此他坚决地回避了松平给他设下的圈套。”

因此,在此书中,张石兄指出靖国神社的本质问题,是因为“政治绑架了文化,政治触发了文化的冲突”---与日本人不管善恶,都能“死者即佛”的生死观截然不同,中国人的生死观是极为黑白分明的:善有善报,恶有恶报。好人流芳百世,坏人遗臭万年,并且死后也万劫不复。因此,当中国人知道靖国神社里居然祭祀着甲级战犯,其震惊与愤怒,可想而知。而“日本某些政治家进一步利用这种被绑架了的文化拉选票并将其作为与被侵略的亚洲国家对抗的武器的做法,进一步使文化的冲突弥深弥广”。

那么,因为靖国神社所带来的各种冲突与关系劣化,是否永难修复?也并非如此。张石兄在书中指出:靖国神社境内,还有一座镇灵社,由靖国神社第五代宫司筑波藤麿建于1965年,镇灵社内供奉着“世界各国的所有战死者和在战争中死去的人们”。

张石兄因此认为:“如果靖国神社能够继承并发展筑波藤麿的遗志,将在镇灵社里供奉的人们和靖国神社里供奉的人们进行平等供奉,那么就可以回到日本神道的原点,开拓出与亚洲人民进行真正的文化理解与文化和解之路。”

张石兄的这一愿景是非常美好的。这位当年为了学术自由而远离家乡来到日本的仁兄,多年来除了埋头写稿,还潜心研究佛教与禅宗,是一个不带任何政治色彩与民族偏见、坚持以人性为原点探讨中日关系及其文化本质的人。因为远离功利与世俗纷争,这位仁兄至今内心里依旧保持着与其年龄不相称的天真与单纯。因此在对于靖国神社的种种精彩分析和丰富的佐证之后,张石兄提出了这样一个回归日本神道文化原点的美好愿景。

但这样的美好愿景,在错综复杂的政治利益冲突中,是难以占有话语权的。文化一旦被政治玷污,就像少女失去了童贞。靖国神社,它还能再回到神道的原点,还原宗教信仰的神圣吗?在没有看到结果之前,我对此抱有深深的疑问。

|

3560中国は見る(2128)在日中国人作家が書く“靖国神社”(中)

一位旅日华人作家笔下的“靖国神社”

2015-07-21 22:35:38  来源:辛子in日本

そのため、張石さんは本の中でこう書いています。

“日本の歴史上、中国の秦檜のような「悪名を後世に残した」人物は見当たりません」”

“日本では、「泰山より重い死とか、鴻毛より軽い死とかはありません」、死ぬとすべて が肯定されます。 

“善人、悪人に関わらず、死んだらすべて“仏”になるのです。

日本人が作った“死者即仏”思想のほか、日本人は仏教の“怨親平等”を受け入れています―――“怨親平等”思想と日本の王朝社会の“御霊信仰”が期せずして一致し、平安時 代の朱雀上皇以降、日本人は戦争で命を落とした敵・味方双方の死者を平等に見、墓を建て祀るようになりました。 例えば有名な鎌倉の円覚寺は、元軍に2回に亘り侵略された 1274年-1278年に戦死した、日本、モンゴル、中国や高麗の戦死者を祀るため創立された寺院である。 中国の8年に亘る抗日戦争中、日本軍人も日本軍の侵入に勇敢に抵 抗した民国兵士のため死者に弔いをしていた。 当時の《朝日新聞》が戦況報道の際、命を落とした日本兵士と中国兵士を一様に、“英霊”と呼んでいる。

このような死生観があるため、2013年12月26日、中国と韓国が安倍首相の靖国神社参拝に抗議した際、日本のヤフーネットの世論調査によると、13万人の投票結果では、 安倍首相の靖国神社参拝を「妥当だ」と思う人が84.1%に上った。 理由は“死者即仏”というだけでなく、“どの国も国のために命を捧げる人を弔うのは当然”というもの だった。

それでは、日本人の“死者即仏”の死生観を理解した上で、靖国神社参拝を許せるかどうか? 張石さんの本の中での回答は「ノー」だった。 “死者即仏”、“怨霊を恐れる” 宗教観から生まれた“敵も弔う”というこの優秀な民族文化の伝統は、侵略戦争という残酷なものに質的変化を遂げたからだという。

“日本独特な死生観と日本軍が敵を祭る活動は、抗日戦争中、武士階級の死生観の延長線上で、極めて悪い質的な変化を起した。 まず、それは王朝文化にあった“怨霊を恐れる”“死者即仏”といった現代人道主義と一脈相通ずる精神的なものを徹底的に捨て去り、“忠のため死ぬ”を極端に推し進めることになり、“忠のため死ぬ”ことなら、すべて残虐行為もすべて“英雄的壮挙”と見なされ、敵国軍人や民衆、日本軍人の命を含め、“忠”が、命より大事と思われた。

“慈悲”や“覚醒”の観念は、仏教の“悟りを開く者”の2大特質を構成している、 もし“慈悲”という、この仏教の基本的な実践精神を捨て去り、“忠”を最高の道徳基準としたなら「死者即仏」の概念は、逆に貴重な生命を軽視させてしまう一方、殺すことに対し、罪悪意識を失くし、一方、自分の生命を軽視することになる。 彼らから見ると、殺しても“仏”になり、殺されても“仏”になる。 だから、人を殺す悪事を働いても、少しも気兼ねしないようになるのだ。

上述以外、張石さんは次のようなことも書いています。 侵略戦争はこのように残酷だったけれど、日本が無条件降伏を発表した後、当時の中国国民政府は、日本兵士の処理政策について“怨みに報いるに徳をもってす”を行った。 ソ連が数十万の関東軍兵士をシベリアに送っていた時、中国人は数百万の日本人を日本に帰国させた―――“互いに怨みを報いあえば、永遠に終わりはない。 仁愛と正義の中国の目的ではない”として、当時の中国国民政府は、“日本人を母の側に戻す”と言った。

一位旅日华人作家笔下的“靖国神社”

  2015-07-21 22:35:38  来源:辛子in日本

因此,张石兄在书中写道:

“在日本的历史上,根本无法找到像中国的秦桧那样‘遗臭万年’的人物。”

“在日本,死是一种全方位的肯定,不会‘或重如泰山,或轻如鸿毛’”。

因为不管善人恶人,死后都成了“佛”。

除了日本人自创的“死者即佛”思想,日本人还接受了佛教中的“怨亲平等”---因为“怨亲平等”思想与日本王朝社会的“御灵信仰”拥有某种不谋而合,所以,从日本平安时代的朱雀上皇开始,日本人便为战争中牺牲的敌我双方死者都一视同仁地建碑祭祀。例如著名的镰仓圆觉寺,就是为祭奠从1274-1278年,元军二次侵袭日本而战死的日本、蒙古、中国以及高丽的战亡者而建立的寺院。甚至在中国八年的抗日战争中,日本军人也为英勇抵抗日军入侵的我民国将士战亡者实施祭奠,连当年的《朝日新闻》在报道战况时,对于牺牲的日本士兵和中国士兵,都一律称为“英灵”。

因为这样的生死观,所以,当2013年12月26日,中国和韩国对日本首相安倍参拜靖国神社提出抗议时,日本雅虎的网络民意调查则显示:超过13万人参加的投票结果表明:有84.1 %的日本人认为日本首相参拜靖国神社的行为妥当。理由不仅因为“死者即佛”,还因为“哪个国家都对为国牺牲的人们进行祭奠。”

那么,在了解到日本人“死者即佛”的生死观之后,是否就可以原谅并包容参拜靖国神社这一行为了呢?张石兄在书中的回答是否定的。因为“死者即佛”、“怨灵恐惧”的宗教观而产生的“祭奠敌人”这一优秀民族文化传统,产生了恶劣的质变,并加剧了侵略战争的残酷:

“日本独特的生死观和日军祭奠敌人的活动,在抗日战争中,在武士阶级的生死观的延长线上,发生了最恶劣的质变。首先,它彻底抛弃了王朝文化中的‘怨灵恐惧’‘死者即佛’的与现代人道主义息息相通的精神内涵,把‘为忠而死’推向极端,只要一心‘为忠而死’,一切残虐行为都被视为‘英雄壮举’,‘忠’凌驾在一切生命之上,包括敌国的军人和民众及日本军人自己的生命。”

“‘慈悲’与‘觉醒’的观念,是构成佛教‘开悟者’的两大特质。如果抛弃了‘慈悲’这一佛教基本的实践精神,而把‘忠’作为最高的道德准则,那么‘死者即佛’的观念反而会使人对最宝贵的生命产生轻视:一方面会对杀戳本身减少罪恶意识,一方面会轻视自己的生命,因为在他们看来,反正杀者也‘成佛’,被杀者也‘成佛’,因此使杀人作恶变得毫无顾忌。”

除上述之外,张石兄还在书中写道:尽管侵略战争如此残酷,在日本宣布无条件投降之后,当时的中国国民政府,对于日本士兵的处理政策却是“以德报怨”,当苏联将几十万关东军士兵俘虏到西伯利亚时,中国人却将几百万日本人送回了日本---“冤冤相报,永无终止,绝不是我们仁义之师的目的”,因此当时的中国国民政府说:“把日本人送回到母亲身边去”。

|

3559中国は見る(2127)在日中国人作家が書く“靖国神社”(上)

一位旅日华人作家笔下的“靖国神社”   
2015-07-21 22:35:38  来源:辛子in日本

在日華人の大先輩・張石さんが新著《靖国神社と中日死生観》を書かれ、今年3月に“南粤出版社”から出版され、香港でも発売されている。 本当に喜ばしいことです。 張石さんは、日本に来る前、中国社会科学院日本研究所の講師兼研究員助手を務めていました。 現在は、日本の中国語新聞《中文導報》の編集局長を務めています。 

中日関係のニュースや時事評論の記事を書く以外、この数年来、張石さんはずっと、小説や随筆などを書き続けており、 中日両国の文化比較研究や歴史の淵源などの研究について、多くの書籍を出版しています。

靖国神社は敏感な中日関係の中にあって、常に人々の注目を集める敏感な場所となっています。 中日両国の間にいる中国人執筆者として、中国語圏の世界の人々にどう靖国神社を紹介するかは、簡単な事ではありません。 一般の中国人の心の中には、“日本軍国主義の悪の権化”A級戦犯を祀る靖国神社と映っています。 ですから靖国神社を参拝することは、“中国人民の感情を傷つける”だけでなく“日本の軍国主義の野心がまだ死んでいない”ことを意味しています――――このような思想を基に、中国人作者が中国の読者に靖国神社を紹介する時は、例外なく、真っ先に自分の愛国的立場を表明し、文章の中でも“政治的正しさ”という塹壕を掘って、体をかばうようにし、それからやっと声を上げるようにしています。 もしそうしないと、うっかりすれば、“人民の敵”となるからです。

しかし、張石さんの《靖国神社と中日死生観》の中では、護身用の“政治的正しさ”の塹壕を掘ることなく、お決まりの愛国の立場を表明することもなく、ただ自分の客観的な認識に従い、研究者の視角の目で、民族性を起点にして歴史を遡り、人間性を基点にして文化の対比を行い、また異なる文化の伝統を通して、中日間の全く異なる死生観認識について論述しています。 この本を通して、読者は、「日本にどうして靖国神社が存在するのか?」「中国はどうして靖国神社参拝に反対するのか?」「天皇はどうして靖国神社に参拝しないのか?」「靖国神社問題の本質は一体何か?」などを、はっきりと知ることができます。

「日本にどうして靖国神社が存在するのか?」は、第2章の“日本人の死生観の迷い”と第3章の“日本人の死生観の変遷”の中で、張石さんは歴史をさかのぼり、日本の歴史上有名な“四大怨霊”の話からスタートし、読者に日本の王朝社会の“怨霊文化”を紹介しています。 そして仏教が日本に伝わるに従い、禅宗が武士の宗教になった後、日本人の死生観にどのような重大な転換が起こったか―――怨霊文化を含む“御霊信仰”から、“死者即仏”の死生観に転化していったことを説明しています。

“死者即仏”は日本人の死生観で、日本独特の宗教観です。 “佛”は日本語では“仏”とも書きます。 日本語の辞書を調べると、“仏”の説明については、菩薩、仏陀を指すだけでなく、死者も指すとあります。 “死者即仏”の思想の起源については、日本学術界では今なお定説がありません。 でも、曹洞宗の創始者・道元禅師の思想を見ると、日本人の“仏”に対する認識を理解することができます。

道元禅師は、“現象世界の万物流転は、絶えず移り変わる。あらゆるものは常に変化して、一刻も同じ状態にとどまることはない、これが仏性の真理――――“草木樹林の中にも仏性がある。 国土の山河にも仏性がある。 ましてや人物の心にも仏性ある。 阿耨多羅三菩提(仏の悟り。一切の真理をあまねく知った最上の智慧。真理を悟った境地)、大般涅槃、一切衆生にはすべて仏性が備わり、その仏性をもつものは成仏できる……”と説く。

道元禅師のこの言葉、とても奥深さを感じさせます。 簡単に言うと、日本人の原始神道は、現世主義でした。 その後、仏教が日本に入って来ても、このような現世主義は消えないばかりか、日本の仏教の中に溶け込み、日本の仏教には、中国の仏教と全く異なる現世の性格を持つようになりました。 そのため、道言禅師の言う仏性も、浄土宗の開祖と言われる法然も現世の一切衆生には、全て仏性があると言っています。 法然の弟子の親鸞に至っては、“悪人正機”と言い出し、悪人(末法濁世を生きる煩悩具足の凡夫のこと)こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の対象で、阿弥陀仏の浄土に対して自分を煩悩まみれのどうしようもない悪人であることを自覚すれば、悪人も仏陀になることができるという。

一位旅日华人作家笔下的“靖国神社”   
2015-07-21 22:35:38  来源:辛子in日本

旅日华人前辈张石兄的新著《靖国神社与中日生死观》 ,今年3月由“南粤出版社”出版并在香港发行,真是可喜可贺。张石兄来日本之前,曾任中国社会科学院日本研究所讲师兼助理研究员,现为在日华文报《中文导报》编辑局长兼副主编。除了撰写中日关系的新闻与时评,多年来张石兄还一直笔耕不止,从小说到随笔,到中日两国的文化比较研究与历史渊源探讨,有过多种书籍出版问世。

靖国神社在敏感的中日关系中,一直是个引人瞩目的敏感源。作为介于中日两国之间的中文写作者,如何向中文阅读世界介绍靖国神社,不是一件容易的事。在普通中国人心目中,供奉有甲级战犯的靖国神社,是“日本军国主义罪恶的化身”,而参拜靖国神社,不仅仅“伤害了中国人民的感情”,还意味着“日本军国主义野心不死”----在这样的思想主导之下,中国作者要向中国读者介绍靖国神社,几乎毫无例外地要首先表明自己的爱国立场,要在文章中先挖好一个“政治正确”的战壕用来防身护体,才敢继续发声。否则,一不小心就会变成“人民公敌”。

但是,张石兄在他的《靖国神社与中日生死观》一书中,并不修筑任何防身护体的“政治正确”战壕,也没有例行公事的爱国立场声明,而只是遵循自我的客观认识,用研究者的视角,以民族性为起点进行历史追溯、以人性为原点进行文化对比、并通过不同的人文传统,论述中日之间完全不同的生死观认知。通过此书,读者可以清晰地了解到:日本为什么会存在靖国神社?中国为什么反对参拜靖国神社?天皇为什么不再参拜靖国神社?靖国神社问题的本质到底是什么?

日本为什么会存在靖国神社?在第二章的“日本人生死观的迷津”与第三章的“日本人生死观的变迁”中,张石兄追溯历史,从日本历史上著名的“四大怨灵”故事开始,向读者介绍了日本王朝社会的“怨灵文化”,以及随着佛教传入日本,在禅宗成为武士的宗教之后,日本人的生死观如何发生重大转变---也即从包含怨灵文化在内的“御灵信仰”,转化为“死者即佛”的生死观。

“死者即佛”是日本人的生死观,也是日本独有的宗教观。“佛”在日文中写作“仏”,查阅日文词典对于“仏”的解释,不仅指菩萨、佛陀,也指死者。而关于“死者即佛”的思想起源,日本学术界至今并无定论。不过,看一段曹洞宗创始人道元禅师的思想,可以稍许了解日本人对于“佛性”的认识:

道元禅师认为:现象世界的无常迁流之态,本来便是佛性----“草木丛林之无常是佛性,人物身心之无常是佛性,国土山河之无常也因佛性而起。阿耨多罗三藐三菩提(无上的智慧觉悟),也因成佛性而变无常,大般涅磐,则因成无常而变佛性……”。

呵呵~,道元禅师这几句话,真是令人感觉好深奥。简言之,日本人的原始神道,是现世主义的,即使后来佛教传入日本,这种现世主义不但没有消失,还被融入到日本佛教之中,令日本佛教拥有与中国佛教完全不同含义的现世性格。因此,不仅仅是道元禅师认为连无常也有佛性,就连日本净土宗老祖法然上人也认为现世的一切众生,皆有佛性。而法然上人的弟子親鸞更是提出“恶人正机”之说,强调恶人正是阿弥陀佛拯救的对象,只要对弥陀净土有足够的信心愿望,恶人也能成佛。

|

3558中国の三面記事を読む(1231)天津付近の海岸で魚が大量死 

1.天津付近の海岸で魚が大量死 水産局 現場でサンプリング汚染水処理作業を進める 
2.天津市環境監視測定センター:死魚の川からシアン化合物検出せず

1.天津闸口海边现大量死鱼 水产局现场取样处理消毒
  2015-08-20 16:57 来源:环球时报
2.天津市环境监测中心:死鱼河段未检出氰化物
2015-08-20 19:55:00 来源:澎湃新闻网

1.天津付近の海岸で魚が大量死 水産局 現場でサンプリング汚染水処理作業を進める 

Photo塘沽水産局の担当者が、現場で調査開始 

環球時報記者・劉欣撮影

【環球時報総合報道】8月20日、ネットで、天津塘沽渤海の海岸近くで、大量の魚が死んでおり、腐臭が漂っているとの目撃情報が流れた。 調査したところによれば、天津塘沽渤海の河口付近で天津浜海新区に位置しており、天津港の爆発中心から約6キロのところだった。 近くの住民によると、以前この場所では、このような魚の大量死はなかったという。

環球時報記者が、このことについて20日午後の記者会見で質問した。 天津市環境監視測定センターの鄭小文主任は、“映像を見たので、人を現場に派遣し見本を取って調査している。 漁業部門と連絡をとり検査中だ”と答えた。

現場を視察した北京軍区の高東璐副政治委員は、《環球時報》記者の取材に対して、“メディアや一般の人々には客観的にありのまま見てもらいたい。 この現象は、よく発生する自然現象だ。 余計な推測やおかしな勘繰りはすべきでない”と述べた。

2.天津市環境監視測定センター:死魚の川からシアン化合物は検出せず

2
天津付近の海岸で魚が大量死

天津市人民政府報道室のオフィシャルサイト天津によると、天津市環境監視測定センターが今日(8月20日)17時30分、ネットで海岸付近で魚の大量死があったということについて、“この川の水質をサンプリング調査したところ、シアン化合物は検出されなかった”と発表した。

8月20日、天津浜海新区の海岸付近から大量の魚が死んでいるのが見つかったとメディアが報じた。 同日午後、天津港“8・12”瑞海公司危険物倉庫大爆発事故の第11回記者会見で、天津市環境監視測定センターの鄧小文主任が“魚の大量死”問題に答えた。

央広ネットによると、鄧小文主任は“魚の死については、理由はいろいろ考えられます。 現場に人を派遣し、漁業水産部門と一緒に調査し、原因を確認しました。 現在、事故のすべての汚染水はすべて事故区域内にブロックし、排出しないようにしています。

現在、魚の大量死の場所は海の外とは確定されていませんが、現在、海の汚染物質を調査したところ、規準を超えたものは見当たらなかった。 現在、ここに海洋観測ポイントを設置することはしない。

鄧小文主任は、“天津では夏の暑い日、魚が死ぬことが多い。 死んだ場所は水門の影響で、たまり水となるところで、そのため天津の水の環境には心配なところがある。 高温の時、雨降りに遭うと、地表の汚染物質が川の流れ込み、富栄養化(プランクトンの異常繁殖)を引き起こし、魚類の酸欠死を招くことがある。死んだ魚の品種は「こはだ」で、海岸付近では、ここ数年間に亘り同ような大量死があった。 環境保護部門はサンプルを採取したので、結果がわかればすぐに公表する”と述べた。 

1.天津闸口海边现大量死鱼 水产局现场取样处理消毒
  2015-08-20 16:57 来源:环球时报

塘沽水产局工作人员正在现场取样。环球时报记者刘欣 摄

【环球时报综合报道】8月20日,据网友爆料,天津塘沽渤海海河突然死了好多鱼,腐臭味很浓。据了解,天津塘沽渤海海河河口位于天津滨海新区,距离天津港爆炸中心约6公里。另据附近多位居民称,此前这个位置从未出现过如此规模的死鱼状况。

环球时报记者就此事在20日下午的新闻发布会上提问,天津市环境监测中心主任邓小文回应称,他也看到了视频,已经派人赴核查地点取样,将和渔业部门联系进行检查。
到现场视察的北京军区副政委高东璐在接受《环球时报》记者采访时表示,媒体和民众应该客观、如实地认识这种现象,这其实是一种经常发生的自然现象,不要进行过度的猜测,更不要猜邪了。

2.天津市环境监测中心:死鱼河段未检出氰化物
2015-08-20 19:55:00 来源:澎湃新闻网 责任编辑:

传天津海河出现死鱼(图片来自网络)

据天津市人民政府新闻办公室官方微博@天津发布 消息,天津市环境监测中心今天(8月20日)17时30分,针对网友反映在海河大闸附近出现死鱼现象,对该河段水质进行了采样分析,未检出氰化物。

8月20日,有媒体曝出天津滨海新区海河闸岸边发现大面积死鱼现象。当日下午,在天津港“8·12”瑞海公司危险品仓库特别重大火灾爆炸事故第11场新闻发布会上,天津市环境监测中心主任邓小文对“死鱼”问题作出回应。

据央广网消息,邓小文表示死鱼的原因有很多,已派人去现场,与渔业水产部门联合检测,核实原因。目前事故的所有污水都封堵在事故区内,做到指标不达标不排放。
目前不确定死鱼地点在大闸内外,目前对海河的特征污染物有检测,未发现超标。目前没有在这里设立海洋监测点。

邓小文介绍,天津在夏季天热的时候死鱼会较多,由于海河受闸控影响,是死水,因此天津水环境不容乐观。高温遇降水时,地表污染物流进河道,引起富营养化,导致鱼类缺氧而死。死鱼品种为斑鰶,海河前几年也出现同类死鱼。环保部门已取样,近期公布结果。 

|

3557中国は見る(2126)わかりにくい安保法案 3つの「事態」について研究(下)

日本“安保法案”的三个新名词
2015-07-27 02:36:00  来源:京华时报

安保法案の“グレーゾーン事態”には、自衛隊と米軍の“切れ目のない”協力強化が打ち出されている。

たとえば《自衛隊法修正案》に、日本を防衛するため活動する米軍と他の外国艦船について、自衛隊は防衛に参加することができる。 たとえば、米軍艦船が東シナ海の公海水域で、某国艦船が監視や追跡を行っていた際、米艦艇にレーダー照射が行われた時、新しい法案では、護衛の日本の艦艇あるいは戦闘機は、某国の軍艦に対して警告射撃を行うことができるとなっている。 某国とはどこを指すのか、みんなはよく分かっているはずだ。

日本の軍事評論家の前田哲男氏は、“一連の安保法案から、安倍政権が集団的自衛権を容認し、海洋の安全保障を強化し、日米の武力行使一体化など、軍事安保政策の大転換を具体的に立法面から実行に着手している。 そして“グレーゾーン事態”“存立危機事態”“重要影響事態”などの新しい名称を作った。 これら難解な“事態”は、逆に、日本軍がかって各種保護権益を打ち出し、生命線保護、日本人保護を名目に始めた“満州事変”、“上海事変”、“盧溝橋事件”など侵略の歴史を連想させる。

□問題点

確実に存在する4つの問題と危険

安保法案は日本の多くの学者や多くの国民が反対している。 憲法学者の95%以上が、安保法案は違憲または違憲の疑いが強いと見ている。 《朝日新聞》7月中旬に行った最新世論調査によると、日本の国民の6割近くが、安保法案は憲法違反だと見ており、安保法案賛成者は26%しかなかった。  半数の国民は、安保法案が違憲だと見ており、8割の国民が安保法案が理解できないと表明している。  今国会で慌てて成立させる必要はないと思っている。

各種意見を総合すると、安保法案の主な問題点は次の通り。

まず、集団的自衛権容認のための法律的拠り所となる安保法案は違憲の疑いが強い。 日本国憲法第9条によれば、日本は武力行使と交戦権を放棄し、軍隊は持てないことになっている。 1972年、日本政府は集団的自衛権と憲法の関係について、集団的自衛権は日本国憲法第9条に違反すると認定した明確な決議をしている。 これにより、日本は“専守防衛”の安保を基本国策とするようになった。

しかし、安倍政権の安保法案は“専守防衛”の理念を覆し、日本が攻撃にあわなくても、集団的自衛権を行使でき、海外で武力を行使したり、更には戦争に参加することができるようにした。 安保法案の立法は安倍政権が昨年7月、集団的自衛権容認の閣議決定によるもので、この閣議決定により、安倍政権は、これまでの歴代内閣の集団的自衛権問題での憲法解釈をひっくり返した。 つまり、安倍政権は憲法改正という手続きを迂回し、憲法解釈を勝手にいじくり、それによって自分の意志を憲法より上に置こうとしている。

2番目に、多くの国民は安倍首相が“戦争法案”を強行しようとする政治手法に懸念を抱いている。   国会審議中、安倍首相、中谷防衛大臣、岸田外務大臣、内閣法制局長官を含め、野党が出す質問に対して、絶えず言い方が変わり、一部の発言には自己矛盾があり、法案自体の雑なことを露呈しているだけでなく、安倍政権の国会対応の杜撰さも目立っている。 本来は憲法改正に賛成だった保守派の学者や政界の元老も次々と立ち上がり、安倍首相の違憲的政治手法を批判し、安倍首相が向う独裁政権の恐ろしい結果に、警告を発している。


第3、安保法案は日本が戦争に巻き込まれたり積極的に戦争に参加する危険リスクが増大している。  安倍首相は、集団的自衛権行使が容認されたら、自衛隊は米国の艦艇などの支援活動を行うことができるようになり、日米同盟強化の高まりは、他の国に対する抑止力となり、それによって戦争リスクを避けることができると強調している。 

しかし世論調査によると、国民の半数以上は決して認めてはいない。 逆に、元防衛官僚や退役自衛隊員は、集団的自衛権が容認されたら、日本は米国から出される参戦要求を拒否できなくなり、日本がより戦争に巻き込まれる危険が増えることになると指摘する。

第4、安倍首相の対米追随姿勢と歴史修正主義が、戦争法案の危険性を大きくした。 今年4月、日米政府は自衛隊の役割拡大を主旨とした新しい日米防衛強力指針を決定した。 その後、安倍首相は米国議会で演説した際、安保法案を今年の夏までに成立させると約束した。 これに対して、野党は“これは米国の必要性と利益を日本の上に置いたもので、まったくの対米追随だ”と批判した。

軍事論説家の前田哲男氏は、“この2年間、安保法案と日米防衛協力ガイドラインの改正が、同時進行で進められてきた。 この二つには“危険な関係”が隠されている。 安保法案は、実際には日米防衛協力ガイドラインという“戦争ハンドブック”を具体的に実行するための法律的根拠となるものである”と指摘する。


日本の政界の元老、藤井裕久元財務大臣は、“日本と米国の軍事同盟強化の危険性”を警告している。

“安倍首相の集団的自衛権行使容認は、日米軍事同盟の対等化を狙っている。 軍事同盟の特徴は仮想敵を作ることだ。 安倍首相は中国を今後の仮想の敵と見ている。 これは誤った道を再び歩もうとするものだ”と警鐘を鳴らす。

日本“安保法案”的三个新名词
2015-07-27 02:36:00  来源:京华时报

安保法案还提出在“灰色地带事态”中加强自卫队和美军的“无缝”合作。比如《自卫队法修正案》中提出,对于为协防日本而活动的美军及其他外军舰船,自卫队能参与防卫。比如,美军军舰在东海公海水域对某国舰船进行监视追踪时遭火控雷达锁定,根据新法,护航的日本军舰或战机能对某国军舰进行警告射击。某国指谁,大家都心知肚明。
日本军事评论家前田哲男指出,通过一系列安保法,安倍政府把解禁集体自卫权、强化海洋安全保障、日美武力行使一体化等军事安保政策大转换具体落实到了立法层面,并创造出“灰色地带事态”“存立危机事态”和“重要影响事态”等新名词。这些令人费解的“事态”,反而让人联想到日军当年打着各种保护权益、保护生命线、保护日侨为名发动的“满洲事变”,“上海事变”、卢沟桥事变等侵略历史。

□问题点

四个切实存在的问题与风险

安保法案遭到日本广大学者和主流民意反对。95%以上宪法学者认为,安保法案违宪或者有违宪之嫌。《朝日新闻》7月中旬一项最新民调显示,近6成日本民众反对安保法案,赞成者只有26%。半数民众认为安保法案违反宪法,8成民众表示不能理解安保法案,认为没有必要在本届国会仓促表决通过。

综合各种意见,安保法案的主要问题点如下:

首先,旨在为解禁集体自卫权提供法律依据的安保法案涉嫌违宪。根据日本宪法第9条,日本放弃行使武力和交战权,不得拥有军队。1972年,日本政府就集体自卫权和宪法关系做出明确决议,认定集体自卫权违反日本宪法第9条。据此,日本形成了“专守防卫”的安保基本国策。

但是,安倍政府的安保法案颠覆了“专守防卫”理念,提出日本在没有遭到攻击时也可通过行使集体自卫权在海外行使武力乃至参与战争。安保法案的立法依据来自安倍政府去年7月通过的解禁集体自卫权的内阁决议,而这一内阁决议得以出台,是因为安倍政府推翻了历届内阁在集体自卫权问题上的宪法解释。也就是说,安倍政府绕开必要的修宪程序,在宪法解释上自说自话,从而将自己的意志凌驾于宪法之上。

其次,多数民众对安倍强行推进“战争立法”的政治手法感到忧虑。国会审议中,包括首相安倍、防卫大臣中谷元、外务大臣岸田文雄、内阁法制局长官在内,对在野党提出的质询不断改变说法,有些说法自相矛盾,不仅暴露了法案本身的粗糙,更显示安倍政府对国会的怠慢。许多原本赞成修宪的保守派学者和政坛元老也纷纷站出来批评安倍违反立宪民主的政治手法,警告安倍滑向独裁政权的可怕后果。

第三,安保法案增加了日本被动卷入或主动参与战争的风险。安倍声称,解禁集体自卫权后,日本自卫队就能执行护航美国军舰等美军支援行动,通过强化日美同盟提高对其他国家的遏制力,从而避免战争风险。但民调显示,半数以上民众并不认同。相反,有前防卫官僚和退役自卫队员指出,解禁集体自卫权后,将使日本更难以拒绝美国提出的参战要求,增加日本卷入战争的危险。

第四,安倍对美追随的姿态和历史修正主义,放大了战争法案的危险性。今年4月,日美政府通过以扩大自卫队作用为主旨的日美防卫合作新指针。随后,安倍在美国国会演讲时承诺,相关安保法案将在今夏通过。对此,在野党抨击说,这是将美国的需要和利益置于日本之上,是彻头彻尾的对美追随。

军事评论家前田哲男指出,从这两年多来安保法案与日美防卫合作指针修订同步推进的节奏看,二者隐藏“危险关系”。安保法案实际是为具体执行日美防卫合作指针这一“战争手册”提供法律依据。

日本政坛元老、前财务大臣藤井裕久则警告日本强化与美国军事同盟的危险性。他指出,安倍解禁集体自卫权,试图打造“对等”的日美军事同盟,而军事同盟的特征是制造假想敌,安倍把中国视为今后的假想敌,这是在重蹈错误道路。

|

3556中国は見る(2125)安倍首相「戦後70年談話」発表(4) そらぞらしい! 「安倍戦後70周年談話」 あいまいな4つの言葉

党报:太能装了!安倍战后70周年谈话的4个悖论
2015-08-14 20:53:16  来源:人民日报   

「お詫び」を入れ、また極めて間接的に「侵略」を使った。しかし、現在の日本人には“謝罪する宿命”を負う必要はないと発言した。 安倍首相は14日、「戦後70年談話」を発表した。 「反省」「お詫び」を表明したものの、しかし矛盾に満ちていた。 言葉一つ一つの使い方で、安倍首相の白々しさがわかる!

直接的に“反省”“お詫び”を表明することを避ける

安倍首相は談話の中で、“私達は中国人民に対して申し訳ないことをした。 私達は中国人民が大変な戦争被害を受けたことを忘れてはならない”“日本は植民地支配から永遠に決別し、いかなる武力の威嚇や行使も二度と用いてはならない”と発言した。

しかし安倍首相の談話の中で、“反省”“お詫び”の直接的表現は避け、これまでの日本政府の歴史認識を持ち出し、“我が国は先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました”と語った。

侵略と植民地の行為には言及せず

安倍首相は談話の中で、日本の侵略や植民地での行為については同様に、直接言及せず、第三者的口調で、“事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない”“植民地支配から永遠に決別する世界にしなければならない”と述べた。

安倍首相は侵略について、“どんな行為が侵略かは、歴史学者の判断に任せるべきだ”と語っていた。

日本は今後、謝罪を続けることはすべきでない

安倍首相は談話の中で、「日本は今後、引き続き謝罪することはすべきでない」と述べた。 安倍首相は、“日本では戦後生まれの世代が、今や、人口の8割を超えている。 あの戦争と、なんら関係のない、子供たちや孫、そしてその先の世代の子供達に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない”と発言した。 

安倍首相は「歴史を直視」することを強調し、日本は「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄に貢献すると述べた。

被害女性に触れたが、「和解」を主張

安倍首相は、“戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。 日本は戦後、国際社会に復帰することが出来ました。 我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います”と述べた。 

関連記事

日本の元首相5人 安倍首相に安保法案撤回 平和路線堅持を要求 

今年7月、新聞社、テレビ局のベテラン記者51人で組織された団体が日本の元首相12人に対し、安倍首相に対する提言を求めた。

細川護煕、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人ら5人の元首相が揃って、安倍首相の国民無視、立憲主義破壊を批判し、直ちに参議院で審議中の安保法案撤回を求めた。

そのうち、1995年、戦後50年の時“村山談話”を発表した村山富市元首相は、安倍首相が多勢に頼り法案を強行採決したことは、国民を軽視した態度で、許すことができないと批判した。 “村山談話”は侵略戦争の歴史を反省し、植民地支配や侵略歴史を謝罪し、日本は平和の道を歩み、永遠に戦わないことを誓った。 それ以降、歴代日本政府は皆“村山談話”を受け継ぐと表明した。 この談話は中韓などかって日本の植民地主義の被害を受けた国や日本国内の正義の人達から受け入れられた。

菅直人元首相は、安倍首相が祖父の遺志実現を日本国民の未来より優先していると、安倍首相を批判した。 また安倍首相の“立憲主義違反だ。 民主国家を担当する首相としての資格がない”と批判し、安倍首相に辞任を求めた。

鳩山由紀夫元首相は、安倍首相に“戦争国家建設”から“平和国建設”に転ずる、正しい決断を求めた。

細川護煕元首相と羽田孜元首相は二人とも、憲法第九条は日本が国際社会に向かって、二度と間違った道を歩まないと約束したものだ。 安倍首相は安保法案を撤回すべきだと主張した。

安保法案は“専守防衛”から“積極進撃”への重要な転換点で、「平和の上着」を羽織った戦争法案である。 もし安保関連法案が成立したなら、安倍政権は集団的自衛権を容認し、自衛隊の海外軍事行動を拡大する軍事安保政策が法律面から保障されることを意味する。

潘基文:日本は歴史を反省することを望む

安倍首相が14日に戦後70年談話を発表するのを前に。  潘基文国連事務総長は12日、スポークスマンを通じて、“日本は歴史を反省するという基礎の上に立ち、周辺国家と協力する精神で、よりよい未来に踏み出してほしい”と述べた。

党报:太能装了!安倍战后70周年谈话的4个悖论
2015-08-14 20:53:16  来源:人民日报   

   
写入了道歉,又表达得很间接;承认侵略,但是又说现在的日本人不必肩负“谢罪的宿命”。日本首相安倍晋三14日发表战后70周年谈话,虽然表达了懊悔和歉意,但却充满矛盾。用一个词概括他就是:太能装了!

回避直接表达“反省”“道歉”之意

安倍在谈话中提及,“我们对中国人民犯下了令人遗憾的事情,我们知道中国人民深受战争伤害。”并称日本应当永远抛弃殖民统治、永远不会再使用武力和威胁。
但安倍在谈话中回避了直接表达“反省”“道歉”之意,而是通过回顾以往日本政府的历史认识称,“我国对过去那场大战中的行为,反复表明了痛切的反省和衷心道歉的心情。”

未直接提到侵略和殖民行为

安倍在谈话中同样没有直接提到日本的侵略和殖民行为,而是以貌似第三方的口气称,“事变,侵略,战争。再也不能将武力恐吓和行使作为解决国际争端的手段”“世界应该彻底告别殖民统治”。

安倍对侵略做出表述,称“什么行为是侵略交给历史学家判断”。

党报:太能装了!安倍战后70周年谈话的4个悖论

称日本今后无需继续道歉

安倍同时在谈话中宣称,日本今后无需继续道歉。他说,日本战后出生的人已经超过总人口的八成,这些“与那场战争没有任何关系”的世代及其后代,“不能再背负继续谢罪的宿命”。

但安倍也强调需“正视历史”,称日本“将继续高举‘和平主义'大旗,为世界的和平与繁荣做出贡献”。

提到了受害女性,但又主张和解

安倍还表示,“也不能忘记在战场背后存在名誉与尊严深深受到伤害的女性们”,为日本战后能够回归国际社会、向促成相关和解的所有国家表示“发自内心的感谢”。

延伸阅读

日本五前首相要求安倍撤回安保法案 坚持和平道路

今年7月,由51名日本报社、电视台老记者组成的团体向12名日本前首相征集对现任首相安倍晋三的建言。细川护熙、羽田孜、村山富市、鸠山由纪夫、菅直人这五名日本前首相集体表态,批评安倍无视国民、破坏日本立宪主义,要求立即撤回正在日本国会参院审议的安保法案。

其中,在1995年战后50周年之际发表“村山谈话”的前首相村山富市,批判安倍凭借人多势众强行通过法案、轻视国民的态度不可原谅。“村山谈话”反省侵略战争历史,为殖民统治和侵略历史谢罪,誓言日本走和平道路,永不再战。此后历届日本政府均表示继承“村山谈话”。这一谈话受到中韩等曾遭受日本殖民主义祸害的国家及日本国内正义人士的肯定。

前首相菅直人则批评安倍将实现外祖父遗志优先于日本国民的未来,指责安倍“违反立宪主义,没有资格担任民主国家的首相”,要求安倍辞职。鸠山由纪夫则要求安倍做出正确决断,从“建设战争国家”转为“建设和平国家”。

前首相细川护熙和羽田孜也都认为,宪法第九条是日本向国际社会做出不会重走错路的承诺,安倍应撤回安保法案。

新安保法案是日本由“专属防卫”向“主动进攻”的重要转折点,是披着和平外衣的战争法案。如果新安保法相关案获得通过,将意味着安倍政府解禁集体自卫权、扩大自卫队海外军事活动的军事安保政策在法律层面能够得到保障。

潘基文:希望日本反省历史

而针对安倍晋三将于14日发表的战后70周年谈话,联合国秘书长潘基文12号通过其发言人表示,希望日本在反省历史的基础上,与周边国家以合作精神来迈向更好的未来。来源:人民日报客户端、新华社 (人民日报) 新闻频道

|

3555中国の三面記事を読む(1230)天津爆発事故 死者114人 行方不明者70人に

发布会:遇难者人数达114人 失联70人
2015-08-17 11:00:22   来源:海外网

海外ネット8月17日電:天津港“8・12”瑞海公司危険物倉庫の大爆発事故の第7回記者会見が今日開かれた。 記者会見には天津市の何樹山副市長、市環境保護局の包景嶺総工程師、市衛生計画委員会の王建包主任、天津市委員会宣伝部の龚建生副部長らが出席した。

記者会見では17日午前9時現在で、事故現場から114人の遺体が発見された。 そのうち身元が確認できたのは54人、公安消防隊員16人、天津港消防隊員23人、人民警察5人、その他10人である。 身元が分からないのが60人。 行方不明が70人となっている。 そのうち、公安消防隊員が8人、天津港消防隊員56人、その他が6人である。 入院中の怪我人は698人に上ると発表された。

何樹山 5日間顔を出さなかったことについて釈明

8月17日午前10時、天津港“8・12”瑞海公司危険物倉庫大爆発事故第七回記者会見は開発区のメイフェア ホテルの多機能ホールで開かれた。 記者会見には天津市の何樹山副市長、市環境保護局の包景嶺総工程師、市衛生計画委員会の王建包主任、天津市委員会宣伝部の龚建生副部長らが出席した。

天津市の何樹山副市長は、安全を担当する副市長として、自分の責任を痛感すると述べた。

何樹山が、どうして最近、顔を見せなかったのかとのメディアの疑問について、何副市長は、“危険物に猛毒の性質があるため、すぐに処理しなければならず、全責任をもって担当するため、連日連夜その対応に当たっていた”と答えた。

これより前、天津市の6回の記者会見では死傷者の発表、救援の進展状況、危険物の種類、処置内容について集中的に発表していた。

事故の経過

2015年8月12日の23:30頃、天津浜海新区塘沽開発区天津東疆保税区の瑞海国際物流有限公司所属の危険物倉庫で爆発が起こった。 2015年8月17日午前9時現在、事故現場で114遺体を発見した。 そのうち身元が確認できたのは54人、公安消防隊員16人、天津港消防隊員23人、人民警察5人、その他10人である。 身元が分からないのが60人。 行方不明が70人となっている。 そのうち、公安消防隊員が8人、天津港消防隊員56人、その他が6人である。 入院中の怪我人は698人に上ると発表された。

发布会:遇难者人数达114人 失联70人
2015-08-17 11:00:22   来源:海外网

海外网8月17日电 天津港“8•12”瑞海公司危险品仓库特别重大火灾爆炸事故第七次新闻发布会今天召开,出席新闻发布会的有:天津市副市长何树山、市环保局总工包景岭、卫计委主任王建存、天津市委宣传部副部长龚建生。

新闻发布会透露,截至17日9时,事故现场已发现114具遗体,其中确认身份54人,公安消防人员16人,天津港消防人员23人,民警5人,其他人员10人;未确认身份60人。失联人数70人,其中公安消防人员8人,天津港消防人员56人,其他人员6人 ,住院698人。

何树山回应5日未露面

8月17日上午10点,天津港“8·12”瑞海公司危险品仓库特别重大火灾爆炸事故第七场新闻发布会将在开发区美华大酒店负1层多功能厅召开。出席新闻发布会的是,天津市副市长何树山、市环保局总工包景岭、卫计委主任王建存、天津市委宣传部副部长龚建生。

天津市副市长何树山介绍,作为分管安全的副市长,感到深深的自责。

媒体关注何树山为何近日未露面,他表示,危险物带有剧毒性质,必须及时处理,由他全权负责,因此连夜制定方案。

此前,天津市六次新闻发布会的回应集中在了伤亡通报、救援进展、危化品品类及处置的披露。

事故进展

2015年8月12日23:30左右,位于天津滨海新区塘沽开发区的天津东疆保税港区瑞海国际物流有限公司所属危险品仓库发生爆炸。截至2015年8月17日上午9时,事故现场已发现114具遗体,其中确认身份54人,公安消防人员16人,天津港消防人员23人,民警5人,其他人员10人;未确认身份60人。失联人数70人,其中公安消防人员8人,天津港消防人员56人,其他人员6人,住院698人。

|

3554中国は見る(2124)安倍首相「戦後70年談話」発表(3) 中国外交部の反応

1.外交部 安倍首相「70年談話」について回答 
  “侵略戦争について 明確に引継ぐべき” 

2.米メディア:天皇陛下 国家の歩みについて
  安倍首相と違う道を進む

1.外交部回应安倍战后谈话:理应对侵略战争作交代
  2015-08-15 06:20:28  来源:外交部

2.美媒:日本天皇在国家道路思考上与安倍分道扬镳
  2015-08-15 16:53:00 来源:环球网

1.外交部 安倍首相「70年談話」について回答 
  “侵略戦争について 明確に引継ぐべき” 

Photo_5
写真:中国外交部の華春瑩報道官 

 

質問:8月14日、安倍首相が戦後70年の首相談話を発表しました。 中国側のこれについてのコメントをお聞かせください。

華春瑩報道官:中国は日本の指導者の談話について注目しています。 外交部の張業遂副部長は、日本の木寺昌人駐中国大使に中国側の立場を示しています。 日本軍国主義が発動した侵略戦争は、中国とアジアの被害国の人々に深い災いをもたらした。 こうした過去の歴史を正確に認識し、歴史を銘記し、正義の要求を守ることが、日本がアジアの隣国と関係を改善する重要な基礎であり、未来を切り開く前提です。 国際社会が共に第二次世界大戦勝利70周年を記念する今日、日本はその軍国主義の侵略戦争の性質と戦争責任について明確な説明を行い、被害国の人々に誠意ある謝罪と軍国主義侵略の歴史ときっぱりと決別し、こうした重大な原則問題において、いかなる隠し立ても行ってはならない。

歴史問題は日中関係の政治的基礎と中国人民の感情に関わる。 中国は一貫して「歴史を鑑に未来へ向かうべき」と主張してきた。 歴史を正視してこそ、未来が切り開かれる。 中国は日本側が日中国交正常化以来、中国に示してきた厳粛なる姿勢と約束を固く守り、侵略の歴史を正視するとともに深く反省し、平和的発展の道を堅持し、実際の行動を持ってアジアの隣国と国際社会の信頼を得るよう促している。

2.米メディア:天皇陛下 国家の歩みについて
  安倍首相と違う道を進む

【環球ネット総合報道】:安倍首相が8月14日、日本の終戦70年記念談話を発表した後、天皇陛下が15日、「全国戦没者追悼式」でお言葉を述べられた。 

米国《ワシントン・ポスト》8月15日の報道によると、同日昼ごろ――70年前のこの日、今上天皇の父親である昭和天皇が、終戦の詔書を発表した――天皇陛下と美智子皇后、安倍首相は、戦没者を追悼するため、東京九段の追悼式に参列した。 

天皇陛下は、先の大戦において命を失くされた人々に対して“深い反省”を述べられ、これまでのお言葉より、深い追悼の意を強められた。

報道によると、天皇陛下は毎年の終戦記念日の際、いつも同じお言葉を述べられていた。 しかし今年、天皇はいつもと違う言葉を使われた。 この81歳の天皇が以前の“深い悲しみ”から、もっと強い――反省――という言葉を使われた。 “ここに過去を顧み、先の大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願います”

これについて、米国《ワシントン・ポスト》は“天皇が平和主義論争で安倍首相と袂を分かつた”との見出しで、説明している。

日本の皇室の報道に数十年の経験があるベテラン記者・久野靖氏は、“天皇は私達に歴史を学ぶよう警告しているのです。 天皇はできるだけ多く発言しようとしているのだと思います” 天皇の今回の発言は“異例”のことだという。

1989年に昭和天皇が崩御され、唯一、現憲法下で宣誓の上、今の天皇が皇位を継承された。 憲法上、天皇には多くの制約があるが、しかし、天皇は日夜努力して憲法での役割の制約を研究された。 その典型的な微妙な言葉は、天皇が安倍晋三首相に対して日本を軍事化の道へ向かわせるのに不満を見せたものであり、同時に天皇のお言葉が起こした微かな変化は、安倍批判分子たちを激励するものとなった。


天皇は「全国戦没者追悼式」で、“終戦以来、すでに70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け、払われた国民からの弛みない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました” 

天皇は、日本の戦争行為に対し、深い反省を表明し、過去の歴史にピリオドを打とうとされたのです。

1.外交部回应安倍战后谈话:理应对侵略战争作交代
  2015-08-15 06:20:28  来源:外交部

资料图:中国外交部发言人华春莹中新社发 刘震 摄
 

问:8月14日,日本首相安倍晋三发表战后70周年首相谈话。中方对此有何评论?

答:中方注意到日本领导人有关谈话。外交部副部长张业遂已向日本驻华大使木寺昌人表明中方严正立场。日本军国主义发动的侵略战争给中国和亚洲受害国人民带来了深重灾难。正确认识和对待过去那段历史,是铭记历史、捍卫正义的要求,是日本与亚洲邻国改善关系的重要基础,也是开创未来的前提。在国际社会共同纪念二战胜利70周年的今天,日本理应对那场军国主义侵略战争的性质和战争责任作出清晰明确的交代,向受害国人民作出诚挚道歉,干净彻底地与军国主义侵略历史切割,而不应在这个重大原则问题上作任何遮掩。

历史问题关乎中日关系政治基础和中国人民感情,中方一贯主张“以史为鉴、面向未来”,只有正视历史,才能开辟未来。中方敦促日方切实恪守中日邦交正常化以来日方在历史问题上向中方作出的郑重表态和承诺,正视和深刻反省侵略历史,坚持和平发展道路,以实际行动取信于亚洲邻国和国际社会。

2.美媒:日本天皇在国家道路思考上与安倍分道扬镳
  2015-08-15 16:53:00 来源:环球网

【环球网综合报道】在日本首相安倍晋三8月14日发表日本二战战败70周年纪念谈话之后,明仁天皇于15日发表年度讲话。据美国《华盛顿邮报》8月15日报道,当日中午——70年前的这一天,明仁天皇的父亲裕仁天皇宣布日本投降——明仁天皇和皇后美智子,连同首相安倍出席了东京的纪念仪式,悼念战争死者。同时明仁天皇对日本在二战期间的暴行表示“深深的忏悔”,悔过之意较以往的周年道歉声明有所强化。

据报道,日本天皇在每年周年纪念日之际都会宣读一份相同的声明,但今年明仁天皇却说了一些与通常措辞不同的话。这位81岁的元首选择了不同以往的“深深悲伤”,转而使用了一个更强烈的词眼——懊悔。他表示,“反思过去并且牢记战争的悔恨,我诚挚地希望战争的蹂躏不再上演”。对此,美国《华盛顿邮报》用“日本天皇在和平主义争论上与安倍开始分道扬镳”这样的标题进行解读。

一名报道日本皇室已有数十年之久的资深记者久野靖(Yasushi Kuno)表示,“天皇告诫我们要学习历史,他正努力尽可能地多说”。此外,他还称明仁天皇此次的讲话“前所未有”。

报道称,1989年裕仁天皇崩御,明仁继承菊花皇朝皇位,成为唯一一位在日本现宪法下宣誓即位的天皇。虽然宪法对他有诸多限制,但他正日益努力地寻找办法绕开宪法对其角色的限制,以其典型的微妙措辞表达他对安倍晋三首相引导日本走向军事化道路的不满,同时天皇讲话发生的细微变化也会鼓励那些批评安倍的人士。

然而,这位天皇也在东京仪式上表示,“现在距离战争结束已有七十年,如今我们的国家享有和平与繁荣,这多亏了日本人民对和平的渴望以及对从战争阴影中恢复的努力与发展。”他表达了对日本战争行为的后悔但也尝试为过去的历史划上一个句号。(实习编译:刘璇 审稿:聂鲁彬)

|

3553中国は見る(2123)安倍首相「戦後70年談話」発表(2) 誠意が見られず

1.環球時報社説:安倍首相はキーワードを使ったが、しかし誠意が見られない
2.外国メディア:“子や孫が謝罪を続ける宿命を背負わせない”ため 安倍首相「お詫び」をする

1.社评:安倍继承了几个关键词,但丢了诚意
  2015-08-14 21:14:00  来源:环球时报
2.外媒:安倍不愿子孙后代“命中注定为此道歉”
  2015-08-14 18:37:00  来源:环球网

1.環球時報社説:安倍首相はキーワードを使ったが、しかし誠意が見られない

安倍晋三首相は今日、“世界が注目する”というべき、日本が全世界の関心を集める時を迎えた。  しかし日本のこの状況は、決して光栄なものでない。 なぜなら世界は、日本政府の歴史問題での誠意を検査するからだ。

安倍首相は今日夕方、戦後70年談話を発表した。 彼は“お詫び”“反省”“植民地”“侵略”というキーポイントの言葉を何とか発言し、中韓と国際社会が求める“最低要求”を辛うじて達した。 安倍首相は、これらの言葉をどのように工夫して並べたか? たとえば、安倍首相は直接アジア諸国に謝罪することは避け、“我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持を表明してきました”と述べると共に、“これまでの歴代内閣の立場は、今後も揺るぎないものであります”と表明した。

国際世論は“安倍談話”の発表に対して複雑な評価を下した。 大部分は安倍首相のお詫びの言葉に、苦心のあとが見られるが、“心からの言葉ではない”と見る。 

また特に安倍首相が“あの戦争には関わりのない、私達の子供や孫、そしてその先の世代の子供達に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない”と強調したことに注目する人もいた。

韓国の連合通信は記事の見出しに“安倍談話 「お詫び」の言葉は使うものの、「侵略」については、明確に表明せず”だった。

安倍首相は、日本の植民地支配を欧米の植民地支配の“潮流”を背景に語り、侵略というもとの言葉の意味を薄めてしまった。

中国の学者・金灿栄氏は“安倍談話”は、“ずる賢い”と見る

“安倍談話”では、“村山談話”のいくつかのキーワードを使ったが心からのものではない。 “村山談話”の誠意ある態度を受け継いではいない。 村山首相の「お詫び」が、アジアの国々に90度にかがんで頭を下げたとしたら、安倍首相のお詫びはちょっと腰をかがめた程度か、軽く頭を下げた程度だ。 安倍首相が書いた言葉は、日本内外の強い圧力の下、妥協したもので、彼の談話はまた日本社会の保守勢力に迎合したものでもある。

この談話が、中日関係を更に悪化させる導火線になることはないでしょうが、しかし中日関係を格段に改善させることには、多分、力不足でしょう。 安倍首相は文字ゲームを考えたようです。 多くの解釈ができる、可能性を提供しました。 これらの解釈は互いに相殺した後、最後に残る外交的意味は“ゼロ”です。

安倍首相の実体は、修正主義歴史観と政治的には右翼だということは、だれもが知っています。 安倍首相の談話と“村山談話”との実際の落差を、みんな感じています。 それが、価値観として現れるのです。 安倍首相は必ず言わなければならない言葉を言いました。 これは安倍首相が、様々な現実的圧力を受けたことを示しています。 これは一時的な問題ではなく、今後、首相の地位にある限り、大体このようなことになります。

中韓などの歴史問題での阻止が効力を発揮し、安倍首相の“村山談話”精神から脱却に狂奔しようとする姿勢を抑制しました。 しかし中韓も“完勝”はできませんでした。 現在の局面は、もしかすると双方“引き分け”と言えるかもしれません。 続いて中日関係がどう進むか、安倍首相の今日の談話から手がかりを見つけることはできません。 中日は一つ一つ協議するという不安定な場に直面しています。

戦後70年という時間は、遠いものです。 しかし三大敗戦国で歴史問題でがんじがらめになっているのは日本しかありません。 これは安倍首相というこの歴史修正主義者が日本に捧げたプレゼントです。 日本の右翼をこのように苦しめましょう、 独伊は、とっくに歴史の重荷から抜け出し、全身身軽である時、日本の次世代は、引き続き苦しめられるかもしれません。 他の人をとがめるわけにはいきません。 これは現在の日本政府が、この国の選択をこうしたのです。

2.外国メディア:“子や孫が謝罪を続ける宿命を背負わせない”ため 安倍首相「お詫び」をする

【環球ネット総合報道】《AFP通信》《ワシントン・ポスト》など西洋メディアは“安倍談話”発表後、いずれも、安倍首相が、子や孫、そしてその先の世代の子ども達に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならないため、戦時中の行為について「お詫び」をしたと報じた。

AFP通信は14日の報道で、安倍首相は14日、“先の大戦で生命を失われた人に対して「断腸の念」を禁じ得ません”と述べた。 しかし“後の世代の人々が、謝罪を続ける宿命を背負わせたくない”とも述べた。
 

安倍首相は戦後70年の前日に関心を呼んだ談話の中でこう述べた。 “日本は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びを表明してきた”“私達はあの戦争になんら関わりのない私達の子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません”

《ワシントン・ポスト》ウェブサイト14日の報道によると、日本の敗戦70年の前日(14日)、安倍首相は、日本が第二次世界大戦中に行ったことに対して反省を表明した。 しかし前任者のようにお詫びを繰り返すことは明確に避けた。 安倍首相がテレビの生放送で読み上げた中で、安倍首相は日本の未来に向けた決意を表明した。 “終戦70年を迎えるに当たり、私は国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すと共に、永劫の、哀悼の誠を捧げます”と述べると共に、安倍首相は、歴史と一線を画すべく、“私達は、あの戦争にはなんら関わりのない、私達の子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません”と述べた。

北京と韓国は、“安倍首相が日本政府が戦時中行った行為について正式に謝った1995年の村山談話に倣い、村山富市首相が「植民地支配と侵略」について「心からのお詫び」を述べるよう期待する”と表明していた。

今回の練りに練られた文章は同時に英文に訳されたが、これらの文言は見当たらなかった。 安倍首相の言葉は、民族主義支持者を引きとめるため、また同時に中国との改善を願い、怒りを買うのを避けようとする、安倍首相のバランス行為をはっきりと示していた。 

1.社评:安倍继承了几个关键词,但丢了诚意
  2015-08-14 21:14:00  来源:环球时报

日本首相安倍晋三今天可谓“万众瞩目”,这几乎是日本近年来最受全球关注的时刻。但日本出这个风头并不光荣,因为世界在检验这个国家政府在历史问题上的诚信。
安倍于今天傍晚发表了战后70周年谈话,虽然有点像挤牙膏,但他总算说出了“道歉”“反省”“殖民”“侵略”几个关键词汇,勉强达到中韩及国际社会的“最低要求”。安倍对如何编排、使用这些词汇下足了功夫,比如他避免直接向亚洲国家道歉,而是说“我国对在二战中的所作所为一直多次反复进行深切反省并道歉至今”,同时表示将“坚持历届内阁的这一立场”。

国际舆论在第一时间对“安倍谈话”做出复杂评价,大多认为安倍对道歉的措辞做了精心安排,因而态度上“不够明确”。有些还特别注意到安倍强调“我们不能让我们的孩子、孙子乃至更远的后代,与那场战争无关的人,命中注定为此道歉”。其中韩联社消息的标题是:安倍谈话包含“谢罪”措辞,但未明确表明“侵略”。

安倍把日本殖民统治放在欧美殖民统治“潮流”的背景下来谈,以此制造冲淡原词含义的语境。

中国学者金灿荣就“安倍谈话”评论道,他“耍了一些滑头”。


“安倍谈话”似乎不太情愿地继承了“村山谈话”的几个关键词,但它没有继承的是“村山谈话”比较诚恳的态度。如果说村山道歉是向亚洲国家鞠了个90度的躬,安倍道歉则像是有个弯腰的动作,或者点了个头。他写上那几个词是在日本内外强大压力下所做的妥协,他的谈话也同时迎合了日本社会中的保守情绪。

这样的一份谈话,应不至于成为中日关系进一步恶化的导火索,但对中日关系出现重大改善大概也提供不了动力。

安倍玩了一堆文字游戏,为多种解释提供了可能性。这些解释相互抵消后,最后剩下的外交含义大体是个“零”。

安倍真实的修正主义历史观和他的政治右倾性尽人皆知,他的谈话与“村山谈话”形成的实际落差大家都能感觉到,这就是其价值观一定要流露出来的部分。但他把必须说的词都说出来了,又表明了他受制于种种现实压力。这不是一时的纠结,他以后在首相位上的表现也会大体这样。

中韩等国在历史问题上的阻击发挥了作用,遏制了安倍可能严重脱离“村山谈话”精神的狂奔。但中韩也难“完胜”。眼前的局面或许可以称为双方的“平局”。接下来中日关系怎么走,无法从安倍今天的谈话中看到端倪,中日面临一事一议的不确定性。

按说战后70年的时间已经不短,但三大战败国只有日本被历史问题缠得死死的,这都是安倍这样的历史修正主义者献给日本的礼物。日本右翼就这么折腾吧,当德意早已摆脱历史重负变得一身轻松时,说不定日本的下一代还要继续陷在百般纠结中。怪不得别人,这是当前日本政府帮这个国家做的选择。

2.外媒:安倍不愿子孙后代“命中注定为此道歉”
  2015-08-14 18:37:00  来源:环球网

【环球网综合报道】法新社、《华盛顿邮报》等西方媒体在“安倍谈话”后,均突出了其表示后人不应“命中注定”为东京战时行为道歉。

法新社14日报道说,日本首相安倍晋三14日对二战期间生命损失表示“深切悲痛”,但表示后人不应“命中注定”为东京战时行为道歉。

“日本已一再对战争期间的行为表示深刻反省和由衷道歉,”他在二战结束70周年前一天备受关注的谈话中说,“我们不能让我们的孩子、孙子乃至更远的后代,与那场战争无关的人,命中注定为此道歉。”

另据《华盛顿邮报》网站14日报道,在日本战败投降70周年前一天,日本首相安倍晋三14日对日本二战行为表示反省,但避免明确重复前任的道歉。在安倍向记者宣读的电视直播讲话中,这位首相试图展望日本的未来。“在终战70周年之际,我向国内外丧生的灵魂深深低下我的头,表达深切的悲痛和我永恒、真诚的哀悼,”安倍说,但他试图要与历史划清界限,“我们不能让我们的孩子、孙子乃至更远的后代,与那场战争无关的人,命中注定为此道歉。”

北京与首尔向东京表明,他们期望安倍遵守被视为日本政府对战时行为正式道歉的1995年村山谈话,时任首相村山富市当时对日本的“殖民统治和侵略”表示“由衷的道歉”。

但此次精心措辞、同时以英文形式公布的日语谈话,并未重现这些词语。他的话凸显了安倍的平衡行为,他既试图留住民族主义支持者,同时又避免进一步惹怒其希望改善关系的中国。

|

3552中国は見る(2122)安倍首相「戦後70年談話」発表(1) “お詫び”表明 “侵略”にも言及

安倍发表战后70周年谈话 写入“道歉”提及“侵略”

2015-08-14 18:54:00  来源:环球网

【環球ネット報道 記者 王歓】:共同通信社、時事通信社などのメディア8月14日の報道を総合 すると、日本政府は14日夕方、臨時閣議で戦後70年の安倍首相の談話を決定した。 その後、首 相官邸で開かれた記者会見で、安倍首相は正式に談話を発表した。 先の戦争について談話の中で、 歴代内閣が近隣各国に対して一貫して表明した「痛切な反省と心からのおわび」に触れ、“お詫び” を盛り込むと共に、“歴代内閣の立場は今後も揺るぎない”と語った。 談話の中で“侵略”にも触 れ、国際紛争を解決する手段として、武力の行使は二度と用いてはならない。 植民地支配からも永 久に決別しなければならないと述べた。

先の大戦で国内外で命を失った人々に対し“深く頭を垂れ、痛惜の念を表すと共に、永劫の哀悼の誠 を捧げます”と述べると共に、“我が国は繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明し て来ました”と述べた。 また、“あの戦争にはなんら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその 先の世代の子供達に、謝罪を続ける宿命をを背負わせてはなりません”と強調した。

侵略をめぐって、談話では、“いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、も う二度と用いてはならない。 植民地支配から永遠に決別し、すべての民族の自決の権利が尊重され る世界にしなければならない”と述べた。 同時に“戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷 つけられた過去をこの胸に刻み続けます”と指摘した。

こうしたことをベースに、安倍首相は、“先の大戦で、300万余の同胞の命が失われました。 中 国、東南アジア、太平洋の島々など戦場となった地域では、多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりま した。 戦争の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性がいたことも、忘れてはなりません。 なんの罪もない人々に、計りしれない損害と苦痛をわが国が与えた事実。 この当然の事実をかみし める時、今なお、言葉を失ない、ただただ、断腸の念を禁じ得ません”と総括した。

しかし、安倍首相は談話の中で、中国侵略戦争中の大規模殺戮行為には触れず、これについての深い 反省と謝罪の言葉はありませんでした。

安倍首相はまた、日本では戦後生まれの人口が8割を越えていると述べ、“第二次世界大戦となんら 関わりのない子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならな い”と述べると共に、“私達は「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以 上に貢献して参ります”と語った。

日本政府は、今回の首相談話の中英韓三国語訳を公表した。 談話の字数はおよそ4000字で、 “村山談話”の3倍以上となっている。 (“安倍談話”の全文内容は下記のとおり)

首相談話全文

戦後70年の安倍首相談話の全文は以下のとおり。

終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。

百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。

当初は、日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

そして七十年前。日本は、敗戦しました。

戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。

先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。

戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が、数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。

何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。一人ひとりに、それぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。

これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。

二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。

先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。

こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。

ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。

ですから、私たちは、心に留めなければなりません。

戦後、六百万人を超える引揚者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

戦争の苦痛を嘗め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。

そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。

寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。

日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。

私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。

そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。

私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。

私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。

私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。

私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。 終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。

平成二十七年八月十四日

内閣総理大臣 安倍晋三

安倍发表战后70周年谈话 写入“道歉”提及“侵略”

2015-08-14 18:54:00  来源:环球网

【环球网报道 记者 王欢】综合日本共同社、时事通信社等媒体8月14日报道,日本政府14日傍晚在临时内阁会议上通过了战后70周年首相安倍晋三的谈话。在此后的官邸召开的记者会上,安倍正式发表了谈话。关于过去的战争,谈话中通过介绍历代内阁向近邻各国一贯表示深刻的反省和由衷的歉意,写入了“道歉”表述,称“历代内阁的立场在今后也不会动摇”。谈话中提及“侵略”,表示武力行使不能作为解决国际纷争的手段,并称会和殖民统治诀别。

谈话称对过去战争中的国内外遇难者“深深低下头表示痛心,同时献上永远哀悼之诚意”,介绍道“我国一贯表示深刻的反省和由衷的歉意”。同时强调“不能让与战争无关的一代人背负持续道歉的宿命”。

围绕侵略,谈话称“任何武力威吓和行使,都不能作为解决国际纷争的手段再度使用”,提及“必须和殖民统治永远诀别,实现所有民族的自决权受到尊重的世界”。谈话同时指出“也不能忘记在战场背后存在名誉与尊严深深受到伤害的女性们”。

在此基础上,安倍总结:“此前战争中,三百多万同胞失去了性命。中国、东南亚、太平洋诸岛等地沦为战场,无数无辜平民悲惨丧生。我们不能忘记,在战争背后被深深损害了名誉和尊严的女性。日本给众多无辜的人造成了无法估量的损害和痛苦,这是不争的事实。深入思考如此事实,如今更加无言,唯有感到悲痛万分。”

但是,安倍在谈话中并未提及侵华战争期间的大规模屠杀行为,也并未就此表示深切反省和谢罪。

安倍还指出日本当前人口中超过8成是在二战后出生的,称“不该让与二战毫无关系的子孙后代及之后的后代们再背负持续道歉的宿命”,并表示:“我们将高举积极和平主义的旗帜,为世界的和平与繁荣作出比以往更多的贡献。”

日本政府还将公布此次首相谈话的中英韩三国语言的版本。谈话字数约为4000字,是“村山谈话”的3倍以上。(文后附“安倍谈话”全文内容)

以下为安倍战后70年谈话全文翻译(孙秀萍 王欢)

在迎来战后70年之际,对于上次大战的历程,战后走过的道路,那个被称为20世纪的时代,我们必须静心地回顾,从其中的历史教训,学习未来的知识和智慧。

百年以前的世界,以西洋各国为中心,各国的殖民地在不断扩散,以压倒的技术优越性为背景,殖民地支配之波涌向了19世纪的亚洲。因之而产生的危机感,成为日本近代化的原动力,这是毫无疑问的。(日本)在亚洲最先设立了立宪政治,守住了独立。日俄战争发生在殖民地支配的基础上,鼓舞了多数亚洲和非洲人的勇气。

经过席卷世界的第一次世界大战,日本民族自强的趋势在增强,给那时的殖民地化拉上了车闸。这次战争造成了1千万人死亡,是一场悲惨的战争。人们强烈希望和平,创立了国际联盟,制定了《非战公约》。形成了战争本身就是违法的新的国际社会潮流。

当初日本也加入了那场战争。但是由于发生了世界恐慌,欧美各国卷入了殖民地经济,并推进经济的分块化,这让日本经济遭受巨大打击。日本因此加深了孤立感,再加上外交和经济的停滞,让日本试图通过力量行使去寻找出路。国内的政治系统,根本没能予以制止。就这样日本背离了世界大趋势。

“满洲事变”(九·一八事变)以及退出国际联盟。日本逐渐成为挑战者,一个向在国际社会经过壮绝牺牲,试图建立新国际秩序的挑战者,并走向歧途,走向战争之路。

于是在70年前,日本战败了。

在战后70年之际,面对国内外死去的所有生命深深低下头,表示痛惜之念的同时,献上永远的哀悼。

上次的大战有3百多万同胞失去了生命。胸怀祖国的未来,期待家庭幸福而阵亡的人们。战后忍受着酷寒或者灼热在遥远的异乡之地,忍受着饥饿和病痛死去的人们。广岛和长崎被投下了原子弹,以东京为首各个都市遭受轰炸,在冲绳地上战中,众多市民悲惨牺牲。

在战火下的各国,无数有望的年轻人也失去了生命。中国、东南亚、太平洋各个岛屿等成为战场,不仅因为战斗,还有食品短缺等,无辜的民众感到痛苦,成为牺牲者。在战场的阴影下,还有被深刻损害了名誉的女性们,这是不应该忘记的。

对于无辜的人们造成了难以计算的损害和痛苦,这是我国造成的事实。历史真是无法挽回的,也是苛烈的。每个人都有独自的人生,独自的梦想还有挚爱的家族。在细心领会这些当然的事实时,即使现在也无言以对,只能产生断肠之痛。

在如此庄严的牺牲之上,才有了现在的和平。这是战后日本的原点。不能再次重复战争的惨祸。

事变、侵略、战争,任何武力威吓和行使都不能再次成为解决国际纷争的手段。永远诀别殖民地支配,必须建成一个尊重所有民族自决权的世界。

伴随着对上次大战的深刻悔悟之念,我国如此宣誓。建立一个自由民主的国家,尊重法律支配,坚持不战的誓言。我们对于长达70年间走过的和平历程保有平静的自豪,今后也将坚持这个方针不会改变。

我国对上次大战的行为一直反复表明了痛切反省和发自内心的道歉。为了把这样的心情化为行动,把和印尼、菲律宾为首的东南亚各国、台湾、韩国、中国等邻人所在亚洲各国人们走过的苦难历史铭刻在心,战后一贯努力为和平与繁荣进行努力。

如此历代内阁的立场,今后也不会动摇。

但是不管我们如何努力,失去家属的悲痛,因为战祸造成的涂炭而遭受苦难的人们的记忆今后也不会痊愈。

为此我们必须对如下事实铭刻在心。

战后,大约6百多万人的战场归还者,从亚太各地归来。成为日本重建的原动力。被遗留在中国的大约3千多名日本遗孤平安长大,再次踏上祖国的土地。美国和英国、荷兰,澳大利亚等地的俘虏们常年来日本,对相互的战死者进行慰灵。

尝尽战争的痛苦的中国人民、还有曾经被日本军给与无限痛苦的俘虏的各位,能够如此宽容,要经过多少内心的纠葛,进行了多么艰难的努力。

对于上述事实我们必须有所思虑。

由于宽容之心,战后日本才得以回归国际社会。战后70年之际,我国要向为和解而尽力的所有国家,所有个人表达发自内心的感谢。

在日本,战后出生的人们目前超过全体人口的80%左右。不能让和那场战争没有任何关系,我们的子孙后代背负不断谢罪的宿命。但是,即使这样我们日本人也应该超越各代,从正面面对历史,本着谦虚的态度,接受过去,并具有将其传承给未来的责任。

我们的父辈,以及父辈的父辈那一代在战后烧成灰烬的原野,在最贫困的底层,终于活下来了。而且我们这一代,还有下一代能够开拓未来。这是因为有先人们的不懈努力,还有曾经做为敌人进行激烈战斗的美国、澳大利亚、欧洲各国,以及很多其他国家超越恩仇伸出了善意之手。

上述事实我们必须传承下去。铭记历史教训,开拓更加美好未来。为亚洲乃至世界的和平而尽力。我们拥有如此巨大的责任。

我们将继续铭记因为无路可走而试图通过力量而开拓的过去。为此我国对任何纷争都秉承尊重法律支配的原则,不行使武力,通过和平和外交去解决的方针。这个原则今后也会坚守,并努力呼吁世界各国也来遵守。作为唯一的被核爆国家,将努力实现核武器不扩散和实现最终废弃核武器的目标,并在国际社会承当并实现这一责任。

我们将铭记在20世纪的战争中,曾经深刻损害了多数女性的尊严和名誉。为此我国应该时常和这些女性贴心而行,引领世界为让21世纪成为不伤害女性人权的世纪而努力。

我们将铭记过去因为经济的分块化孕育了纷争之芽的过去。为此我国将将不受任何国家所左右,发展自由公正、开放的国际经济系统,加强对发展中国家的支援,牵引世界使其更加繁荣。繁荣才是和平的基础。面对贫困这个暴力的温床,为给世界各国人民提供医疗、教育和自立的机会,日本将会更加尽心尽力。

我们将会继续在心中铭记曾作为国际秩序挑战者的过去。正因为此,我国将继续坚持自由、民主主义、人权这个基本价值不动摇,并将与拥有共同价值观的国家携手,高举“积极和平主义”的大旗,继续为世界和平和繁荣做出更大的贡献。

面向终战80年、90年,甚至是100年,我们将与广大国民一道共创未来的日本。这是我的决心。

二零一五年八月十四日

内阁总理大臣 安倍晋三

|

3551「有縁ネット」ブログ再開

病院で血液検査とレントゲン撮影を行い、
前回のデータ、写真と比較したところ、
だいぶ改善が見られるとのことでした。

咳もだいぶ収まるようになりました。

ついでにお盆休みにも便乗して、長い間、
お休みいたしました。

気分一新また再開いたします。 

|

3550「有縁ネット」休業のお知らせ

ここ数日、咳が収まらないため、病院に行ったところ、

肺炎だということがわかりました。

しばらく安静のため、ブログを休止いたします。

みなさまも、この猛暑で熱中症など体調を崩さないよう

お気を付けください。

よろしくお願い申し上げます。

|

3549中国は見る(2121)わかりにくい安保法案 3つの「事態」について研究(中)

日本“安保法案”的三个新名词

2015-07-27 02:36:00  来源:京华时报

その後、安倍政権は“存立危機事態”の定義をまたあいまい化し、“攻撃国の意思、能力、事態の発生場所、その規模、態様、推移がわが国に戦渦が及ぶ蓋然性、国民が被ることとなる犠牲の深刻性、重大性などから、客観的、総合的に判断するとした。 これは、実際には自衛隊の最高指揮官である首相に戦争に巻き込まれたり、戦争に参加したりする際、大きい権限を与えるものである。

注意すべきは、安倍政権の論理によれば、日本の重要なエネルギー資源の海上運輸の通路となっている“ホルムズ海峡”をもし“南シナ海”に置き換えたとしたら、同様に“存立危機事態”が適用される可能性があるのだろうか?

“重要影響事態”

“重要影響事態”とは何か? “存立危機事態”とどう違うのか? 安倍政権は納得できる説明をしていない。 

今回の安保法案の中で、もう一つ注目を呼んでいるのが、《重要影響事態法》である。 これは現行の《周辺事態法》のグレードアップ版である。 《周辺事態法》は1999年に成立した。 立法の目的は、日本周辺に重要な影響を与える事態が現れた時、自衛隊は米軍の後方支援などの軍事行動を展開する。 ただし後方支援の範囲は、“日本本国の領海・領空の領域と日本周辺の非戦闘地域”に限られるとし、しかも支援対象も実際に米軍にだけ限定されていた。

“重要影響事態”は“周辺事態”の中で限定されていた地理的範囲と外国軍への対象を取っ払ったものである。 定義によれば、“重要影響事態”は“海外で発生した事態が、日本の平和と安全に影響を及ぼす事態にまで発展する恐れがあり、もしもこの事態を放置すれば、日本に直接の武力攻撃に至る恐れがある”というもの。 “重要影響事態”は“周辺事態”に取って代わるもので、自衛隊を米軍などの外国軍隊を支援する範囲も、日本周辺から全世界規模まで拡大し、安倍政権側と日本のメディアが言うように、“自衛隊が地球のいかなる場所にも行くことができる”目標を実現することになる。

何が“重要影響事態”か? “存立危機事態”とどう違うのか? 安倍政権は納得できる説明をしていない。 

ここには“ブラックホール”が存在する。 すなわち南シナ海問題だ。 5月28日の国会審議中、“重要影響事態”の地理的範囲を質問された時、安倍首相は、事態はさまざまな事態がある。 “南シナ海で、某国は海岸埋め立てを行っている”と述べた。 “重要影響事態”の適用に当たって南シ ナ海問題に軍事介入する可能性を暗示した。 6月1日、民主党政権で外相を担当した玄葉光一郎氏が安倍首相に質問した。“もしも…、南沙諸島をめぐって、中国とフィリピンで武力衝突が発生した時、米国は米比相互援助条約によってフィリピン側に立つでしょう。 中国は南沙海域に水雷を置くかもしれません。 このような事態は「存立危機事態」かそれとも「重要影響事態」でしょうか?”

安倍首相は、明確な返答を避けた。 ただ中谷防衛大臣は同日の答弁中、“自衛隊が南シナ海で哨戒任務を実行することは「法律が許す」範囲内だ”と答えた。 以前《日本経済新聞》の特別取材の中で、中谷防衛大臣は、はっきりと、“日本にとって南シナ海は重要な海上輸送ラインだ。日本の周辺情勢と日米間の協議によって、南シナ海で日米防衛強力を進めるよう研究している”と語っていた。

“グレーゾーン事態”

一連の安保法案を通じて、安倍政権は軍事安全保障政策の大転換を具体的に立法の形で着実に実施している。

中国と最も直接関係があるのがいわゆる“グレーゾーン事態”である。 いわゆる“グレーゾーン事態”とは、武力衝突とまでは言えないが、警察権だけでは対応できない事態をいう。 これにについて、日本政府とメディアがよく引用する仮想実例は、外国武装兵力が離島を占領する。 安倍政権は、“このようなで状況で、日本は苦境に直面する。 警察だけでは力不足、自衛隊を出動させるには大げさだ”

“グレーゾーン事態”の対応について、日本政府は5月14日、安保法案の草案と閣議決定で、“離島”(尖閣諸島を指す)防衛を念頭に、即時対応できるとしている。 閣議決定内容によると、“外国武装グループが島に上陸”とか“外国艦船の領海侵入”“日本の民間船舶が公海で攻撃を受けた” という緊急状況下で、日本政府は電話会議で決議し、首相が速かに自衛隊に“海上警備行動”と“治安出動”を命令する。 専門家によると、この決議は“切れ目ない”対応の旗を掲げ、首相は“グレーゾーン事態”の中で指揮命令の権限を拡大させ、逆に、事態を急激にエスカレートさせやすいと見ている。

日本“安保法案”的三个新名词

2015-07-27 02:36:00  来源:京华时报

后来,安倍政府对“存立危机事态”的定义开始模糊化,称要根据“攻击国的意图、能力、发生地点、事态规模、冲突殃及日本概率、国民受害程度”等因素“综合判断”。这实际是赋予作为自卫队最高指挥官的首相在卷入冲突甚至参与战争方面的极大授权。

值得注意是,按照安倍政府的逻辑,如果将“霍尔木兹海峡”置换成同为日本最重要能源资源航运通道的“南海”,是否同样存在适用“存立危机事态”的可能性?

 

“重要影响事态”

何为“重要影响事态”?与“存立危机事态”如何划界?安倍政府未能给出令人信服的解释。

此次安保法案中的另一关注点是《重要影响事态法案》,它是现行《周边事态法》的升级法。《周边事态法》1999年通过,立法目的瞄准日本周边出现一定状况时,日本自卫队能向美军展开后勤支援等军事活动,但规定后勤支援的范围限于“日本本国领海领空领域和日本周边的非战斗区域”,且支援对象实际限定为美军。

“重要影响事态”则抛弃了“周边事态”中限定的地理范围和外军对象。根据定义,“重要影响事态”指“海外发生威胁到日本和平与安全的事态,对此事态放任不管的话,或许将发展到对日本的武力攻击”。用“重要影响事态”替代“周边事态”,将使日本自卫队向美军等外国军队提供支援的范围从日本周边扩大到全球规模,从而实现安倍政权人士和日本媒体所称“自卫队能到地球任何一个角落活动”的目标。

 

对于何为“重要影响事态”?与“存立危机事态”如何划界?安倍政府同样未能给出令人信服的解释。

这里同样存在一个“黑洞”,即南海问题。5月28日的国会审议中,当被问及“重要影响事态”的可能地理范围时,安倍称,事态有各种各样,“在南海,某国在填海造地”,暗示存在适用“重要影响事态”军事介入南海问题的可能性。6月1日,曾在民主党政权出任外相的玄叶光一郎质询时再将安倍一军,“假如,围绕南沙群岛,中国和菲律宾发生武装冲突。美国根据美菲互助条约站在菲律宾一边。中国或有可能在南沙海域布水雷。这种事态是不是能算存立危机事态,或者重要影响事态”。

安倍逃避了给出明确答复,但防卫大臣中谷元在同一天的答辩中声称,自卫队在南海执行哨警任务在“法律允许”范围内。而在之前接受《日本经济新闻》专访中,中谷元更是坦言,对日本来说,南海是重要海上交通线,日本将“不断根据日本周边局势和日美间的协商,研究在南海推进日美防卫合作”。

“灰色地带事态”

通过一系列安保法,安倍政府把军事安保政策大转换具体落实到了立法层面。

与中国最直接相关的则是所谓“灰色地带事态”。所谓“灰色地带事态”,指介于武力冲突与和平状态的事态。就此,日本政府和媒体最常援引的假想案例是,外国武装民兵占领离岛。安倍政府称,在这种情况下,日本面临困境,即动用警察可能实力不济,出动自卫队则显得小题大做。

对于“灰色地带事态”的框定和应对,日本政府5月14日通过安保法草案同时做出的一个内阁决议直接针对如何快速应对“离岛”(主要指钓鱼岛)防卫。根据内阁决议内容,在“外国武装集团登陆岛屿”“外国军舰侵入领海”“日本民间船舶在公海遭到攻击”的紧急情况下,日本政府能通过电话会议通过决议,由首相迅速向自卫队下达“海上警备行动”和“治安出动”命令。此间专家指出,这一决议打着“无缝”应对名义,实质是绕开立法授权,扩大首相在“灰色地带事态”中的指挥命令权限,反而容易导致事态快速升级。

|

3548中国は見る(2120)2022年の冬季オリンピック

2022年の冬季オリンピック 北京と張家口

北京携手张家口获得2022年冬奥会举办权
2015-07-31 17:59:00来源:海外网

海外ネット7月31日電:国際オリンピック委員会のバッハ会長が、2022年冬季オリンピックは「北京」と発表した。

7月30日、国際オリンピック委員会の第128回の総会がマレーシアクアラルンプールで開幕された。 この会議の重要議事は、2022年の冬季オリンピック開催都市選出の投票だった。

規定では、半数以上の得票数を得た都市が開催都市となる。

国際オリンピック委員会は31日朝、2022年冬季オリンピックの招致申請都市を投票する国際オリンピック委員会委員は85人であることを確認した。

国際オリンピック委員会が2022年冬季オリンピック招致申請都市の投票手続きの説明によると、現在国際オリンピック委員会は全部で100人の委員がいる。 クアラルンプールの第128回総会に出席した委員は89人だった。 国際サッカー連盟のブラッター会長などを含む11人の委員が、今回の総会を欠席した。

国際オリンピック委員会の規定では、利害の衝突の発生を防止するため、オリンピックの招致申請都市のオリンピック委員会委員は、投票に参加することができない。 そのため、中国からの3人の国際オリンピック委員会委員、于再清、李玲蔚、楊揚は投票には参加できなかった。 国際オリンピック委員会のバッハ会長も投票に参加しなかった。

習近平主席、自ら映像に出演、冬のオリンピックを応援:“みなさん、北京を選んで下さい”

北京五輪招致代表団は最初に、習近平国家主席の映像を流した。 習主席は、北京の冬期オリンピック招致を支持すると表明した。習近平主席は、次のように述べた。

尊敬するバッハ会長、女性のみなさん、男性のみなさん、私は中国政府と人民を代表して、ご出席の委員の皆さんに、北京が2022年の冬季オリンピック招致したことを最も強く支持するものです。 2022年に冬季オリンピックを中国で催すことは、中華文明と世界各国の文明交流を推進することに役立つほか、中国13億余り人民が冬季スポーツに関心を持ち、愛し、参加することで、中国人民に再び、オリンピック運動の発展とオリンピック精神を広めるチャンスとなり、貢献するものとなります。

中国政府はオリンピック運動の価値観と国際オリンピック委員会の改革を主張を高く賞賛し、全面的に2022年オリンピックの議事日程を果たすことを約束します。 中国人民は今回のチャンスを期待して待っています。 私は、みなさんがもし北京を選んでくれたら、中国人民は必ず北京で世界のためにすばらしく、特別に、抜きんでた冬季オリンピックを実施できることと信じています。

劉延東副総理は英語で、“中国は言ったことは、必ず実行し、実行したら、必ずやり遂げる”と述べた。

劉延東国務院副総理は、英語、中国語で訴えた。 劉延東副総理は、中国政府を代表して約束します。 責任を負う国家として、言った以上は必ず実行し、実行したら必ずやり遂げます。 すべての約束を実現します。 みなさん、北京を支持するよう希望します!

劉延東は英語で、“私達はオリンピックの大家族が2022年に中国に来られることを待ち望んでいます。 冬季スポーツと中国の春節を共に楽しみましょう! オリンピック運動のすばらしく光り輝くさまを目撃したい。 ここで、私は中国政府と中国人民を代表して、私達は2022年冬季オリンピックとパラリンピックの招致を支持することを、再度申し上げます”

王安順北京市長:全国92%の国民が申請を支持しています

王安順北京冬五輪招致委員会主席、北京市市長は、自らの“オリンピックへの思い”から語りだし、北京の2022年冬季オリンピックとパラリンピックの交通、宿泊などの優位性について詳しく説明した。 彼は説明の中で特に、国際オリンピック委員会が招致国に対して行った世論調査以来、北京市民の支持率は最高となったと言い、全国92%の国民が2022年の冬季オリンピック招致を支持していると述べた。

北京 冬季オリンピック申請の道程

2013年11月3日、中国オリンピック委員会が正式に国際オリンピック委員会に書信を送り、北京市を2022年冬季オリンピック招致申請都市として名乗りを上げた。

2014年3月14日、国際オリンピック委員会は、中国の北京、ポーランドクラクフ、ノルウェーオスロ、カザフスタンアルマトイとウクライナのリオフの5つの都市が正式に2022年の冬季オリンピック招致に手を上げていることを発表した。

2014年7月7日、国際オリンピック委員会は、中国の北京とノルウェーオスロ、カザフスタンアルマトイの3つの都市が正式に2022年の冬季オリンピック候補地に入ったことを明かした。

2014年8月1日、中国書道の“冬”の字をモチーフとした北京2022年冬季オリンピックのエンブレムを、北京冬五輪招致委員会第一回全体会議で正式に決定した。

2014年10月1日、ノルウェーオスロが正式に申請辞退を申し出、候補地は北京とカザフスタンのアルマトイだけが残った。

2015年1月6日、北京冬五輪招致委員会はスイスローザンヌで国際オリンピック委員会に2022年冬季オリンピック《招致申請》を提出した。

2015年3月24―28日、IOC評価委員会が中国に視察に訪れた。

2015年6月1日、国際オリンピック委員会は2022年冬季オリンピック候補地《評価報告》を発表した。

2015年6月9―10日、北京冬五輪招致委員会はスイスのローザンヌへ行き、20222年冬季オリンピック候補地と国際オリンピック委員会委員との意見交流会に出席した。

2015年7月31日、2022年冬季オリンピック開催都市がマレーシアクアラルンプールの国際オリンピック委員会第128回総会で発表される。

北京携手张家口获得2022年冬奥会举办权
2015-07-31 17:59:00来源:海外网

海外网7月31日电 国际奥委会主席巴赫宣布,2022年冬奥会举办地为北京!
7月30日,国际奥委会第128次全会在马来西亚吉隆坡开幕。而本次会议的重要议程就是投票选出2022年冬奥会举办城市。

根据规定,获得半数以上选票的城市当选举办城市。

国际奥委会31日早间确认,本日2022年冬奥会申办城市投票表决的国际奥委会委员为85人。

国际奥委会关于2022年冬奥会申办城市投票表决程序的说明显示,目前国际奥委会共有100名委员,来吉隆坡出席第128次全会的委员有89人。包括国际足联主席布拉特、海博格等在内的11位委员请假缺席本次全会。

国际奥委会规定,为防止发生利益冲突,来自奥运会申办城市所在国家(地区)奥委会的委员在他们的竞选城市没有被淘汰之前不能参加投票。因此,来自中国的三名国际奥委会委员于再清、李玲蔚、杨扬未能参加投票。国际奥委会主席巴赫也未参加投票。

习近平亲录视频力挺冬奥:请各位选择北京

北京申奥代表团在陈述一开始播放了国家主席习近平的视频短片,他对于北京申办冬奥表达了最坚定的支持。习近平说:

尊敬的巴赫主席,女士们先生们,我代表中国政府和人民,向在座的各位委员,各位朋友,表达对北京举办2022年冬奥会最坚定的支持,2022年冬奥会在中国举办,将有利于推动中华文明和世界各国文明交流互建,带动中国13亿多人民关心、热爱、参与冰雪运动,让中国人民再次有机会为奥林匹克运动发展和奥林匹克精神传播做出贡献。
中国政府高度赞赏奥林匹克运动的价值观和国际奥委会的改革主张,将全面兑现每一项承诺,全方位践行奥林匹克2020议程,中国人民期盼和等待着这次机会,我相信,如果各位选择北京,中国人民一定能在北京为世界奉献一届精彩、非凡、卓越的冬奥会。

副总理刘延东中英文陈述:中国言必信,行必果

在陈述环节,国务院副总理刘延东先后用英文、中文进行了陈诉,刘延东代表中国政府承诺,作为负责任的国家,言必信,行必果,将会兑现所有的承诺,希望大家支持北京!
刘延东用英文进行陈述:“我们盼望奥林匹克大家庭在2022年来到中国,共享冰雪运动和中国春节的欢乐!见证奥林匹克运动的精彩辉煌,在此,我代表中国政府和中国人民重申,我们会支持申办2022冬奥会和残奥会。”

北京市长王安顺:全国92%的民众支持申办

北京冬奥申委主席、北京市市长王安顺从自己的“奥运情结”讲起,细说北京举办2022年冬奥会和冬残奥会的交通、住宿等优势。他在陈述中尤其提到,自从国际奥委会开始对申办国家进行独立民意调查以来,北京的民意支持率最高。全国92%的民众支持申办2022年冬奥会。

北京申办冬奥会之路

2013年11月3日,中国奥委会正式致函国际奥委会,提名北京市为2022年冬奥会的申办城市。

2014年3月14日,国际奥委会宣布,中国北京、波兰克拉科夫、挪威奥斯陆、哈萨克斯坦阿拉木图和乌克兰利沃夫5个城市正式申办2022年冬奥会。

2014年7月7日,国际奥委会宣布,中国北京与挪威奥斯陆、哈萨克斯坦阿拉木图三座城市正式入围2022年冬奥会候选城市。

2014年8月1日,以中国书法“冬”字为创作主体的北京申办2022年冬奥会的标识,在北京冬奥申委第一次全体会议上正式亮相。

2014年10月1日,挪威奥斯陆正式退出申办,候选城市只剩下北京和哈萨克斯坦的阿拉木图。

2015年1月6日,北京冬奥申委在瑞士洛桑向国际奥委会提交2022年冬奥会《申办报告》。

2015年3月24-28日,国际奥委会评估团来华评估考察。

2015年6月1日,国际奥委会公布2022年冬奥会候选城市《评估报告》。

2015年6月9-10日,北京冬奥申委赴瑞士洛桑出席2022年冬奥会候选城市与国际奥委会委员陈述交流会。

2015年7月31日,2022年冬奥会举办城市将于在马来西亚吉隆坡举行的国际奥委会第128次全会上揭晓。(王栋 综合报道)

|

« July 2015 | Main | September 2015 »