« 3532中国は見る(2104)安保法案 衆議院安全法制委員会で可決  | Main | 3534中国は見る(2106)中国“衆議院で安保法案強行採決”についてのコメント »

3533中国は見る(2105)日本各界 安保法案の強行採決に反対

 

日本各界反对强行通过安保法案
2015年07月14日 21:47:56  来源:  新华网   

日本の与党は、衆議院平和安全法制特別委員会で15日、安保法案を可決し、翌日の衆議院本会議で採決するよう予定している。 この動きは日本社会から強い反対を受け、各界から戦争立法反対、安保法案撤回要求が高まっている。

14日夜、衆議院で“戦争法案”を強行採択したことに反対するため、2万人の人々が日比谷公園で抗議集会を開いた。 参加者は安倍政権に怒りを表明するため、大きな声で安保法案撤回要求の声を上げた。

安倍政権が5月26日に安保法案を提出し、国会で審議入りして以来、国会周辺での抗議デモが連日続けられ、毎日のように人々が街頭で抗議を行い、毎週、1万人規模の抗議活動が展開されています。 また日本の全国各地で、市民団体が大小さまざまな集会・デモが行われています。

先月29日、“反戦千人委員会”が、国会の衆参両院に対し「集団的自衛権容認反対、安保関連法案撤回要求」を求める166万人署名を手渡した。

日本の主流メディアが最近行った民間調査によると、国民の半数以上が、安保法案を支持せず、今国会での法案採決に反対していた。

《朝日新聞》の今月11日12日に行った世論調査の結果によると、安保法案賛成は26%で、反対は56%にも達していた。 

《毎日新聞》の世論調査でも、法案反対が6割にも達しており、賛成は3割足らずだった。 

NHKが今月10日~12日に行った調査でも同様で、61%が安倍政権の安保法制に否定的態度を見せた。 親自民党の《読売新聞》の調査でも、反対者は50%に達していた。

また《日本経済新聞》《読売新聞》《毎日新聞》が行った世論調査の結果でも、8割以上が、安倍政権は安保法案について十分な説明を行っていないと見ている。

日本の学界も法案に対して反対を表明している。 13日、日本の有名な法律学者などで構成されている“国民安保法制懇談会”は緊急声明を発表し、再度、“安保法案は違憲、法案の撤回要求”を求めた。 声明には、“安保法案の具体的内容は、昨年7月、集団的自衛権容認を閣議決定に基づくものだが、この閣議内容自体、憲法第九条に違反している。 安倍政権の憲法解釈を見直しの手法は、憲法の法の原理と法律の安定性を破壊するものだ”としている。

また《東京新聞》は、全国数百人の憲法学者、教授に対し、アンケート調査を実施したところ、憲法学者の9割以上が、安保法案は“違憲”だと回答した。

百人に上る日本の文化界の有名人も今月8日、安保法案と安倍政権に対して“ノー”と言おう、“安倍政権を容認しない”標語を掲げた。 日本の有名なアニメの大家・宮崎駿監督は13日、安倍政権の安保政策は時代の潮流に反するものだと述べた。 宮崎監督は、与党が国会の多数議席の力で安保法案を強行採決しようとする行為は、自民党が日本の民意を代表しておらず、自民党議員の“素質の低さ”を見せるものだと痛烈に批判した。

日本各地でも安保法案に反対する呼び声が強い。 共同通信社の報道によると、昨年7月初めから今年6月末まで、日本の40の都道府県339地方議会が、衆参両院の事務局に集団的自衛権と安保法案に対する意見書469通を提出した。 そのうち、閣議決定の撤回、安保法案を廃案にするなど明確に反対する意見書が296通あり、6割を上回っていた。

自民党、公明党は衆議院を3分の2以上の多数議席を確保しており、“安保法案”を衆議院で強行採決することができる。 また、与党は“60日ルール”により――法案が60日以内に議決されない場合、衆議院は再議決により法案を成立させることができ、安保法案は最終的に成立する。 これについて、日本社会の各方面から大規模な反対行動が巻き起こるものと見られる。

日本各界反对强行通过安保法案
2015年07月14日 21:47:56  来源:  新华网   

日本执政党推动国会众议院和平安全法制特别委员会计划15日就安保法案进行表决,并于翌日提交众议院全体会议表决。这一举动遭到日本社会强烈反对,各界掀起反对战争立法、要求撤回安保法案活动高潮。

14日晚,2万多日本市民在东京市中心日比谷公园举行抗议集会,反对在众议院强行通过“战争法案”。与会者高呼要求撤回安保法案的口号,表达对安倍政权的愤怒。
安倍政府提交的安保法案在5月26日进入国会审议以来,日本国会附近的抗议示威活动持续不断,每天都有市民在街头抗议,每周都有规模上万人的抗议活动上演。在日本全国各地,由市民团体发起的大小集会示威更是数不胜数。上月29日,日本市民团体“反战千人委员会”向国会参众两院提交了近166万个反对解禁集体自卫权、要求撤回安保相关法案的民众签名。

多家日本主流媒体近日进行的民意调查显示,半数以上日本国民不支持安保法案并反对在本届国会内通过该法案。

《朝日新闻》本月11日和12日进行的民意调查结果显示,26%的受访者赞成安保法案,而反对者高达56%;在共同社、《每日新闻》进行的民意调查中,反对法案者也高达近六成,赞同者不足三成。日本广播协会本月10日至12日进行的调查同样显示,61%的受访者对安倍政权的安保法制动作持否定态度,即使在亲自民党的《读卖新闻》进行的调查中,持这一态度的受访者也达50%。

此外,共同社、《日本经济新闻》《读卖新闻》《每日新闻》开展的民意调查结果都显示,八成以上受访者认为,安倍政府没有就安保法案进行充分说明。

日本学界也对法案表示坚决反对。13日,由日本知名法律学者等组成的“国民安保法制恳谈会”发表紧急声明,再次重申安保法案违反宪法,要求撤回该法案。声明说,安保法案的具体内容基于去年7月1日政府通过的解禁集体自卫权相关内阁决议,而这一内阁决议本身违反了宪法第九条,安倍政府修改宪法解释的手法破坏了宪法的法理逻辑和法律稳定性。

此外,《东京新闻》针对全国数百名宪法学者、教授进行的问卷调查显示,9成以上宪法学者认为安保法案“违宪”。

上百名日本文化界名人也在本月8日亮出“安倍政治零容忍”的标语,对安保法案和安倍政权说“不”。日本著名动画大师宫崎骏13日表示,安倍政权的安保政策违背时代潮流,他痛斥日本执政党企图凭借在国会的多数席位强行通过安保法案的行为,认为自民党不能代表日本民意,自民党议员“素质低下”。

日本地方反对安保法案的呼声也相当强烈。据共同社报道,自去年7月初至今年6月底,日本40个都道府县的339个地方议会向国会众参两院事务局提交了469份有关集体自卫权和安保法案的意见书。其中,要求撤回内阁决议、将安保法案变成废案等明确表示反对的意见书为296份,超过六成。

自民党、公明党掌握着日本国会众议院三分之二以上多数议席,可强行推动“安保法案”在众议院表决通过。同时,执政党有意借助“60天程序”——即法案提交参议院60天以内无法通过时,可由众议院再次表决单独通过,以推动安保法案最终成立。对此,日本社会各界或将掀起更大规模的反对浪潮。

|

« 3532中国は見る(2104)安保法案 衆議院安全法制委員会で可決  | Main | 3534中国は見る(2106)中国“衆議院で安保法案強行採決”についてのコメント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事