« 3523中国は見る(2106)日本のスイカ | Main | 3525中国の三面記事を読む(1229)日本人戦犯の供述書集 8月に出版 中国公文書局:日本人戦犯 強制され書いたものではない »

3524中国は見る(2107)「明治日本の産業革命」 世界文化遺産に登録決定

「明治日本の産業革命」 世界文化遺産に登録決定
 歴史問題で韓国の強い反対に遭う

日本明治申遗成功 曾因历史问题遭韩国强烈反对
2015-07-06 08:03:00  来源:中国新闻网

Photo中新ネット7月6日電:韓国メディア6日の報道によると、第39回国連教育科学文化機関の世界遺産委員会(略称:世界遺産大会)は、“明治日本の産業革命遺産”の世界遺産登録が決定したと報じた。

韓国メディアによると、世界遺産委員会が審議した結果、文書本文には、日本が朝鮮半島の労働者を強制徴用した歴史的事実に触れていないが、しかし文書には“間接的な方法”で史実に関する注釈を加えたと共に、日本側が“口頭で朝鮮半島からの強制労働を認めた”という。

韓国・日本は大会で日本の世界遺産登録の審議前、何度も“強制労働”問題について協議を行い、最終的に合意した。 これにより、日本が申請していた世界遺産申請文言が委員会メンバー国の同意を得、全会一致での登録が決定した。 審議結果の決議文に、補足事項として、日本政府代表団の発言として、日本が朝鮮半島の人々を働かせた事実を反映させることとなった。

日本政府代表団は委員会のメンバー国に日本の立場を表明する際、ユネスコの諮問機関“国際記念物遺跡会議”(ICOMOS)の勧告提案によって、“世界の人々に各施設の全ての歴史的事実を紹介します”と述べた。

韓国外交部の尹炳世長官は同日、外交部で記者会見を行い、“韓国政府は、正当な懸念が忠実に反映される形で決定されたことをうれしく思う。 今回、韓日は対話を通じて問題を解決できた。 韓国側の懸念は、今回の日本の近代工業施設の世界遺産登録の過程での合意内容が十分に反映されるかだ。これは韓国側が外交努力で成し遂げた貴重な成果だ。 これをきっかけに、韓日関係が好循環の関係発展を図っていくことを期待する”と述べた。

今回、登録が決定した“明治日本の産業革命遺産”は、23施設中の7施設に日本が約5万8千人の朝鮮半島の労働者を強制徴用した歴史がありました。 世界遺産登録に当たっては、日本がその近代の侵略と植民地の歴史の“大義名分を明らかにする”ためといって批判を浴びました。

日本明治申遗成功 曾因历史问题遭韩国强烈反对
2015-07-06 08:03:00  来源:中国新闻网

中新网7月6日电 据韩媒6日报道,第39届联合国教科文组织世界遗产委员会会议(简称世界遗产大会)决定将日本“明治工业革命遗产”列入世界遗产名录。

韩媒称,虽然世界遗产大会发表的有关评审结果的文件(Decision)正文并没有提及日本曾强征朝鲜半岛劳工的历史事实,但文件以加配注解的方式“间接反映”了有关史实,与此同时,日方“口头承认曾强征朝鲜半岛劳工”。

韩日在大会审议日本申遗项目之前进行多轮谈判商讨“强征劳工”问题,最终达成了一致。由此日本提交的申遗文本获得全体委员会成员的同意,会议审议通过了申遗文本。有关评审结果的文件以加配注解、附录日本政府代表团的立场文件的方式反映了日本曾强征朝鲜半岛居民的事实。

日本政府代表团方面在向委员会成员发表立场时表示,根据联合国教科文组织咨询机构“国际古迹遗址理事会”(ICOMOS)提出的建议,将努力向世人介绍各设施的全部历史事实。

韩国外交部长官尹炳世当天在外交部办公大楼举行记者会表示,韩国政府贯彻落实“如实反映史实”的方针,值得肯定的是,这次韩日通过对话解决问题。韩方的忧虑充分被反映到这次日本近代工业设施申遗的过程当中,这是韩方通过外交努力取得的来之不易的成果。以此为契机,希望韩日关系发展能够形成良性循环。

这次入选的日本“明治工业革命遗产”共23个设施中有7个设施涉及日本强征约5.8万名朝鲜半岛劳工的历史,申遗工作曾因日本试图为其近代殖民与侵略史“正名”而遭到非议。

|

« 3523中国は見る(2106)日本のスイカ | Main | 3525中国の三面記事を読む(1229)日本人戦犯の供述書集 8月に出版 中国公文書局:日本人戦犯 強制され書いたものではない »

社会生活」カテゴリの記事