« 3516中国は見る(2101)自民党若手議員 メディア批判発言 | Main | 3518中国は見る(2102)安倍首相 オフレコで“安保法案は中国が相手”と発言 »

3517中国の三面記事を読む(1227)中国で冷凍肉密輸取り締まり 40年前の肉も市場に流通

10万トンの冷凍鳥肉など密輸 40年前の肉もあり

10万余吨走私冻肉冻鸡爪进入我国 “肉龄”长达40年
2015-06-24 09:55  来源:新蓝网 

中国でまたまた驚くべき「食」の事件が報道されました。
冷凍肉の使いまわし肉、「なんと30年、40年もの」も
あったということ。 あぜん、アゼン、唖然!

税関 違法冷凍肉密輸を摘発

Photo2

“四川風鳥の手羽先”は冷凍密輸品の“大口摘発地”で、その手羽先の中から数十歳の“高齢”のものも見つかった。

“70年代”の豚の蹄、“80年代”の鳥の手羽先……あるものは、摘発税関の若い担当者より年齢が上の“腐った肉”も密輸入され、こっそりと夜の屋台やレストランに出されていたとみられる。 

6月、税関当局は21の密輸冷凍肉グループを摘発し、およそ
30億元(約600億円)の冷凍肉(手羽先、牛肉、豚肉など
10万トン)を押収した。

“肉の年齢”30年、40年
  

6月1日、長沙税関が検挙した大密輸事件では、黎、鐘を主犯とする2グループの密輸冷凍品から、牛肉、アヒル、手羽先など約800トン、価値にして約1000万元(約2億円)を押収した。 長沙税関の説明によると、これは湖南のここ数年来で押収した最大の密輸冷凍事件だという。
  

“扉を開けたら、冷凍庫中、吐きそうな臭いだった” 長沙税関密輸担当員の張涛(仮名)さんがそう言った。
  

今回の事件では事件関係者20人が逮捕された。 そのうち、17人が湖南籍、広西籍が2人、広東籍が1人だった。
  

冷凍技術の発明により、本来は食物を新鮮に保存するものだった。 しかし記者が調べたところ、密輸冷凍肉の包装の生産日には、なんと“肉の年齢”が30年、40年の表示のものがあった。 6月の税関の冷凍密輸摘発では、80年代生まれの税関員が広西の某港で押収した中には、彼より年上の“70年代の”冷凍肉があったという。
  

ネット販売を利用
  

これら産地不明の冷凍肉は小売り市場を通じて、屋台、レストラン、あるいは正規のスーパーに流れたとみられる。 またネットでの生鮮品販売も盛んで、その潜在販売ルートとなったとも見られている。

多くの人がよく食べる“四川風鳥の手羽先”は、密輸の“大口冷凍もの”だった。 専門家が記者に教えてくれたところによれば、“色香味がいい”で評判の鳥の手羽先はなんと数十歳の“高齢”だった。 産地は不明で、密輸者が過酸化水素などの漂白剤に浸して、トリの爪をまるまると太り、白くて柔らかそうに見せ、“見かけ”はとても良かった。

国家品質検査総局の最新肉製品検疫許可リストには、オーストラリア、ニュージーランド、ウルグアイ、アルゼンチン、カナダ、コスタリカ、チリ、ハンガリーなどの牛肉だけが輸入国とされている。 これらの国以外の密輸入牛肉は普通一斤20元(約400円)で売られている。 新鮮な牛肉は市場では、通常一斤40元(約800円)している。

税関の話によると、よくある密輸ルートは、密輸者が国外から安く商品を仕入れ、コンテナで香港まで送り、それからベトナムのハイフォンに送り、中国とベトナム国境の芒街で荷物を開け、国境地帯の大勢の住民を雇い、“みんなの力”で、中国国内に運搬するのだという。

更に驚くべきことは、密輸冷凍肉は多くの地域と繋がっていることだ。 初動捜査でわかったところでは、2015年1月以来、広東番禺、江門地区の陳某、黄某、温某や遼寧大連地区の劉某など21の密輸グループメンバーを摘発し、北京、天津、重慶、河南、広東などからの多くの荷主からの注文書を掴んだ。 国外の密輸冷凍肉は、ここから国内市場にどんどん流れ込んでいるのだ。

“腐った肉”とは

“腐った肉とは”、冷凍された肉が、長年、市場を冷凍・解凍を繰り返されたものを指す。 多くは密輸品で、品質の安全は保証されない。 冷凍肉の包装の生産期日から、“肉の年齢”はなんと30年もの、40年ものがあった。

“腐った肉”の危害

1.解凍を繰り返したものは、細菌が繁殖しやすい。

2.冷凍肉は伝染病の発生地区から来たもので、安全の保障はできない。

どのように見分けるか?

古い冷凍肉の品質は新鮮な肉と比べて断然痛んでいる。 しかし、冷凍されていて解凍されたことがなければ、外観や口当り的には区別しにくい。

1.価格比べ

安いものにいい品質のものはない。 普通の市場価格の肉より安いものは、買うのに慎重にした方がいい。

2.表示をよく見る

検疫に合格した肉の輸入食品のダンボール箱に、鉄くぎや鉄具を使うことはない。 また包装上に輸出国の検疫マークと中国語での品名、生産会社の登録番号、生産ロット番号、生産期日、保証期間などの内容が表示されている。

3.正規のルートで購入する

安心な肉を買う最も簡単な方法は正規のスーパー、市場、百貨店などのブランドのブタ肉を選ぶこと。 しかも、必ずレシートを取っておくこと。

10万余吨走私冻肉冻鸡爪进入我国 “肉龄”长达40年
2015-06-24 09:55  来源:新蓝网 

警方查处违法走私冷冻肉。

“泡椒凤爪”是走私冻品的“重灾区”,某些鸡爪甚至有几十岁“高龄”。

“70后”猪蹄、“80后”鸡翅……有的比一些年轻人年纪还大的“僵尸肉”通过走私入境,悄无声息地出现在宵夜摊、餐厅。6月份,海关总署成功打掉专业走私冻品犯罪团伙21个,初步估计全案涉及走私冻品货值超过30亿元人民币,包括冻鸡翅、冻牛肉、冻牛猪副产品等10万余吨。
  

“肉龄”三四十年
  

6月1日,长沙海关破获一起特大走私冻品案,打掉以黎某、钟某等分别为首的2个涉嫌走私冻品团伙,查扣涉嫌走私冻牛肉、冻鸭脖、冻鸡爪等约800吨,价值约1000万元。据长沙海关介绍,这是湖南历年来查获的最大宗走私冻品案。
  

“太臭了,整整一车厢,打开门差点吐了。”长沙海关缉私局警员张涛(化名)说。
  

据了解,这两起案件共抓获涉案人员20人,其中包括17名湖南籍、2名广西籍和1名广东籍涉案人员。
  

冷冻技术的发明,本是为了保证食物的新鲜。然而,记者了解到,一些走私冻肉包装上的生产日期显示,“肉龄”竟然长达三四十年。在6月的海关打击冻肉走私的专项行动中,有“80后”缉私人员在广西某口岸查处了一批比他年纪还大的“70后”冻肉。
  

利用网络销售

  
这些来历不明的肉品通过批发市场,进入大排档、餐馆,甚至是正规超市。随着生鲜电商的风生水起,一些网络平台也成为其潜在销售渠道。

很多人喜欢吃的“泡椒凤爪”,是走私冻品的“重灾区”。业内人士告诉记者,某些“色香味俱全”的鸡爪甚至有几十岁“高龄”,可能是来自异国他乡,不法分子用过氧化氢等漂白剂浸泡,让鸡爪显得胖乎乎、白嫩嫩的,“卖相”特别好。

根据国家质检总局最新肉类产品检验检疫准入名单,我国仅允许澳大利亚、新西兰、乌拉圭、阿根廷、加拿大、哥斯达黎加、智利、匈牙利等牛肉进口。非这些国家进口的走私牛肉一般卖20元一斤,而新鲜牛肉市场上平均40元一斤。

据介绍,最常见的走私路径是:走私人员从境外以低价采购货品,用集装箱发至香港,然后发往越南海防,在中越边境的芒街拆解,雇佣边民“蚂蚁搬家式”将冻品运到境内。

更令人触目惊心的是,走私冻肉的链条牵涉多地。经初步侦查发现,自2015年1月以来,广东番禺、江门地区的陈某、黄某、温某以及辽宁大连地区的刘某等21个走私团伙,承揽北京、天津、重庆、河南、广东等多地货主的冻品进口订单,国外走私冻品由此源源不断流入国内市场。

什么是“僵尸肉”?

“僵尸肉”,指冰冻多年销往市场的冻肉,多为走私品,质量安全不能保证。一些走私冻肉包装上的生产日期显示,“肉龄”竟然长达三四十年。

“僵尸肉”的危害?

1反复解冻易滋生细菌。

2肉品或来自疫区,难以保证安全。

如何辨别?

多年的冻肉品质上比鲜肉会差,但只要冷冻过程中没有发生解冻现象,从外观和口感上很难区别。

1.比价格。

便宜没好货,遇见低于平均市价的肉食谨慎购买。

2.找标识。

经检验检疫合格的进口肉类产品纸箱不会使用铁钉和铁卡,同时外包装上有输出国(地区)官方检验检疫标识,有以中文标明品名、生产企业注册号、生产批号、生产日期、保质期等内容。

3.正规渠道购买。

买放心肉最简单的办法就是到正规超市、菜市场等选择品牌猪肉,而且一定要记得索要小票。

|

« 3516中国は見る(2101)自民党若手議員 メディア批判発言 | Main | 3518中国は見る(2102)安倍首相 オフレコで“安保法案は中国が相手”と発言 »

中国関係」カテゴリの記事