« 3503中国は見る(2088)安保法案めぐる論戦開始(10) 安倍首相 安保法案成立に躍起 | Main | 3505中国は見る(2090)浅間山 噴火 »

3504中国は見る(2089)安倍首相の「戦後70年談話」について

1.日本メディア 安倍「戦後70年談話」9月に延期か?
2.安倍首相 中国メディアの特別取材を受け 
  「戦後70周年談話に反省盛り込む」と語る

1.日媒称安倍战后70年谈话或将延期至9月发表
  2015-06-16 10:33:00  来源:环球网
2.安倍接受中国媒体专访 称将在战后谈话中加入反省内容
  2015-06-16 11:13:00  来源:环球网

 

1.日本メディア 安倍「戦後70年談話」9月に延期か?

【環球ネット記者 余鵬飛】:《読売新聞》6月16日の報道によると、安倍首相は“村山談話”などに明記された、各国への“お詫び”という文言に後ろ向きだ。 野党の批判も予想されるため、安倍首相は“戦後70周年談話”を9月にずらし発表する意向だという。

記事によると、安倍首相は8月15日前に“戦後70周年談話”を発表することにしていた。 しかし8月下旬に中央アジア訪問、9月に自民党総裁選挙を控え、安倍首相の政治スケジュールはとてもタイトとなっている。 安倍首相は政治日程を考慮し、“戦後70周年談話”を国会閉幕後に発表したいとしている。

報道によると、安倍首相の“戦後70周年談話”は村山富市元首相の“戦後50周年談話”の中の“明確なお詫び”とかけ離れたものとなり、野党からの批判は必至と見られている。

日本政府は今国会を9月まで延長することで調整に入った。  集団的自衛権を可能とする安保法案を9月で成立させるためだ。

2.安倍首相 中国メディアの特別取材を受け 
  「戦後70周年談話に反省盛り込む」と語る

Abe【環球ネット総合報道】:安倍首相は8月の第二次世界大戦から戦後70周年を迎えて発表する談話(安倍談話)に、過去の歴史についての反省を含めた内容が入ると明らかにした。 6月15日夜、香港の鳳凰衛星テレビが安倍晋三首相とのインタビューを放送した。 インタビュうーの中で安倍首相は、“日本は過去の戦争を深く反省し、今後、二度と戦争を繰り返さない”と述べ、“かって日本がアジアの人々に被害をもたらしたという深い反省から、世界の平和発展、特にアジア諸国の発展に、日本が力を使わなければならないという考えを(談話の中に)盛り込む内容となるだろう”と語った。

Abe2最近、日本が安全法制を強化している動きについて、安倍首相は、“日本の安保法案で中日の軍事衝突を起こすことはない”と述べた。 安倍首相は、インタビューの中で、“(安倍談話)は日本の戦後70年間歩んできた道と、国際協力主義に基づく積極的平和主義のもと、地域と世界の平和安全により一層貢献するという立場が入るだろう”と付け加え、“数十年前に日本は戦争に再び参加してはいけないという不戦の決議をしたが、これは今後も決して変わらない”、“新たに軍事衝突を起こす心配はない”と強調した。 また安倍首相は、“中日関係の発展のため努力したいと願っている”補足した。

安倍首相が2012年に政権に就いて以降、初めての中国メディアのインタビューであり、国外のメディアとの取材で、「戦後70周年談話」の内容について、具体的な説明を行ったのも初めてだ。 安倍談話には、第二次世界大戦で、日本がアジア諸国に負わせた被害に対する反省と共に、戦後日本の“平和主義”路線に対する評価および今後の役割を表明する内容が盛り込まれる展望だ。 だが村山談話のように謝罪表明をするのか、もしも謝罪するとなればどんな程度の表現を駆使するかは未知数だ。 安倍首相はインタビューを通じて、日本の積極的役割が軍事衝突を新たに起こそうとするものではなく、地域安定に寄与するためのものであることを強調しようとしたものとみられる。

 

1.日媒称安倍战后70年谈话或将延期至9月发表
  2015-06-16 10:33:00  来源:环球网
  

【环球网 记者 余鹏飞】据日本《读卖新闻》6月16日报道,日本首相安倍晋三迟迟不肯遵循“村山谈话”明确向各国“道歉”的精神,为避免受到各在野党的批判,安倍有意将“战后70周年谈话”拖延至9月份发表。

文章称,安倍原定于8月15日之前发表“战后70周年谈话”,但鉴于8月下旬访问中亚,而9月份自民党总裁选举又即将临近,安倍的政治日程已经安排得非常紧凑。安倍将“战后70周年谈话”拖至国会闭幕后发表,也是出于对政治日程的考虑。

报道认为,安倍“70周年战后谈话”将会与前首相村山富市“战后50周年谈话”中“明确道歉”的精神背道而驰,这必然会引起各在野党的批判。

据悉,日本政府已经确定将本届国会日期延长至9月份,而解禁集体自卫权的新安保法案最迟9月份进行审议。

2.安倍接受中国媒体专访 称将在战后谈话中加入反省内容
  2015-06-16 11:13:00  来源:环球网

【环球网综合报道】日本首相安倍晋三为迎接8月的第二次世界大战停战70周年,将发表谈话(又名安倍谈话),并在谈话中包含对于历史的反省。6月15日晚香港凤凰卫视播出了对安倍晋三的采访,采访中安倍表示,日本深刻反省过去的战争,今后绝不会重蹈战争覆辙。他说,“过去日本给亚洲人民带来了伤害,从对过去的反省到世界的和平发展,尤其是亚洲国家的发展,日本不能不出一份力,(谈话中)将包括这样的内容”。

关于最近日本加强安全法制的动向,安倍还强调,日本的新安保法不会令中日发生军事冲突。他在采访中说,“(安倍谈话)也会谈到日本战后70年来走过的道路,在国际协助主义基础上的积极和平主义下,日本将对地区与世界的和平安全做出更大的贡献”。安倍称,“几十年前日本表达了不会再次参加战争的不战决心,今后也不会变”,“不必担心会引起新的军事冲突”。 另外安倍还补充道,他自己愿意为发展中日关系不断努力。

据悉,这是安倍2012年上台后首次接受中国媒体采访,也第一次通过与国外媒体的采访对停战70周年谈话的内容进行比较具体的说明。预计,安倍谈话中将包含对于过去日本在第二次世界大战中给亚洲国家带来伤害的反思,还有对战后日本“和平主义”路线的评价,以及日本今后将发挥什么作用。但是,是否会像村山谈话那样进行道歉、如果进行道歉的话将使用什么程度的措辞,这些都尚未可知。安倍通过采访强调了日本的积极作用并不是为了引发新的军事冲突,而是为了给地区安全做出贡献。

|

« 3503中国は見る(2088)安保法案めぐる論戦開始(10) 安倍首相 安保法案成立に躍起 | Main | 3505中国は見る(2090)浅間山 噴火 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事