« 3466中国は見る(2057)日本の景勝地・大涌谷 噴火警戒レベル引き上げで 立ち入り禁止 | Main | 3468中国は見る(2059)テレサ・テン 没後20年 »

3467中国は見る(2058)世界観光競争力ランキング 日本「おもてなし」世界一

1.世界観光競争力ランキング 日本「おもてなし」世界一   

2.世界経済フォーラム:世界観光競争力ランキング:

    スペイントップ 中国17位  

3.世界経済フォーラム:世界観光競争力レポート発表:

    中国17位に上昇

1.全球观光竞争力排行榜出炉 日本服务居首    

    2015-05-07 15:12:33  来源:华夏经纬网

2.国际财经头条:世界旅游竞争力排行榜:西班牙居首中国第17   

  2015-05-07 09:40:15    来源:国际在线

3.世界经济论坛发布旅游竞争力报告 中国升至第17位   

  2015-05-07 09:06:17    来源: 人民网

1.世界観光競争力ランキング 日本「おもてなし」世界一   

時事通信社5月7日の報道によると、世界経済フォーラム(WEF)は6日、

2015年《旅行・ 観光競争力レポート》のランキングを発表した。  レポ

ートによると、日本は2015年の観光 競争力ランキングでで9位に入り、

前回2013年の 14位から順位を 五つ上げ、トップテン入りを 果たした。 

また、評価項目別で見ると、日本の“顧客対応”(おもてなし)が高い評価

を 得て、世界一となった。 レポートによると、その他の項目でも、日本の

“鉄道インフラ” がトップ、 “従業員の質” や “無形文化財の数” が 2位、

“大型スポーツ施設の数” が4位になるなど、これらの高ランク が、日本

の総合順位を高めることとなった。  一方、空港の費用が82位、燃料費

が126位 など、価格競争の弱さがマイナス材料となった。 レポートでは、

総合トップとなったのはスペインで、2位はフランス、3位はドイツと、上位

10位のうち、ヨーロッパ勢が6カ国を占めた。

2.世界経済フォーラム:世界観光競争力ランキング:    

     スペイントップ 中国17位  

世界経済フォーラムが6日、2015年版《旅行・観光競争力レポート》を発

表した。 この リポートによると、世界141カ国中、スペインが、旅行競争

力の強い国となった。    次いで フランス、ドイツ、米国、イギリス、スイス、

オーストラリア、イタリア、日本、カナダと続 いた。   トップテン入りしたほ

とんどが欧米の国である。   アジア・太平洋地域で上位にランクインした

のは、シンガポールで11位、次いで香港(13 位)、ニュージーランド(16

位)、中国(17位)、マレーシア(25位)、韓国(29位)、 タイ(35位) など

となった。

3.世界経済フォーラム:世界観光競争力レポート発表:    

     中国17位に上昇

世界経済フォーラムが6日発表した最新《旅行・観光競争力レポート》によ

ると、中国は前回 のリポートでの45位から17位と上昇した。 スペインが

初めてトップに入った。  リポートによると、伝統的に観光人気の国が依然

として強い競争力を持っており、フランス、 ドイツ、米国、イギリスが、今回

も2位から5位と並んだ。 日本は9位に入り、アジア観光 業で最も競争力

のある国となった。   レポートの分析によれば、先進国と新興経済体の間

の観 光競争力の差は次第に縮小しているという。  国際観光客の数が増

加するのと、中産階級の観光客が日増しに増大しているのに伴い、東アジ

ア地域は今や、世界で最も活力のある観光ホッ ト地域となっている。 

2013年から2014年まで、東南アジアは世界で観光客が一番伸 びてい

る地域の一つとなった。 世界経済フォーラムは2年ごとに《旅行・観光競争

力レポート》を発表している。 世界141 カ国から、14分類の指標を用い

て、旅行・観光業の旅行客を引きつける潜在力を比較し、ラン キング付け

している。 

1.全球观光竞争力排行榜出炉 日本服务居首    

    华夏经纬网   2015-05-07 15:12:33   

据日本时事通信社5月7日报道,世界经济论坛(WEF)于6日公布了2015年《旅游·观光竞争力指数》报告。报告显示,日本2015年旅游观光竞争力世界排名第九,相较上次2013年的第14位排名,本次排名上升并进入前十。此外,从项目类别看,日本的“服务待客”排名世界第一,其“顾客至上”的服务态度得到高度赞扬。 报告显示,在其他项目上,日本的“铁路设施质量”排名第一,“从业员素质”以及“无形文化财产数量”均居世界第二,“大型运动竞技场数量”排名第四,这些高排名项目提升了日本的综合排名。另一方面,机场相关费用排名82,燃料价格更是低至126位,价格竞争处于劣势。 报告显示,综合排名第一位的是西班牙,第二为法国,第三为德国,前十名中欧洲国家占了6位。

2.国际财经头条:世界旅游竞争力排行榜:西班牙居首中国第17   

     2015-05-07 09:40:15   来源:国际在线 

非营利组织世界经济论坛6日公布了最新的《旅行及旅游业竞争力报告》。这份报告显示,在141个调查国家中,西班牙是旅游竞争力最高的国家,其次是法国、德国、美国、英国、瑞士、澳大利亚、意大利、日本、加拿大。前几名几乎都是欧美国家。 亚太地区排名较高的还有新加坡,位列总排名的11位,其次是中国香港地区(13位)、新西兰(16位)、中国(17位)、马来西亚(25位)、韩国(29位)、泰国(35位)等。

3.世界经济论坛发布旅游竞争力报告 中国升至第17位   

     2015-05-07 09:06:17   来源: 人民网 

世界经济论坛6日发布的最新《旅游业竞争力报告》显示,中国从上次报告中的第45位升至第17位,西班牙则首次拔得头筹。 报告说,传统旅游热门国家仍然具备强大竞争力,法国、德国、美国、英国此次分列第二至第五位。日本名列第九位,是亚洲旅游业中最具竞争力的国家。报告分析说,发达国家与新兴经济体之间的旅游竞争力差距正在逐渐缩小。随着国际游客人数的日益增长和本地区中产阶层游客群体的壮大,东亚地区已成为全球最具活力的旅游热点地区。而从2013到2014年,东南亚成为全球游客增长最快的地区之一。 世界经济论坛每两年发布一次《旅游业竞争力报告》,采用14大指标对141个经济体进行分析排名,以衡量各经济体通过发展旅游业创造经济和社会效益的潜力。(据新华社)

|

« 3466中国は見る(2057)日本の景勝地・大涌谷 噴火警戒レベル引き上げで 立ち入り禁止 | Main | 3468中国は見る(2059)テレサ・テン 没後20年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事