« 3458中国は見る(2049)ドローン 首相官邸に落下(下) | Main | 3460中国は見る(2051)安倍首相 米国議会で演説(1) »

3459中国は見る(2050)安倍首相 ハーバード大学で講演し:日本は第二次世界大戦を深く反省

安倍在哈佛大学演讲:日本对二战作为深感后悔
2015-04-28 10:13    来源: 凤凰网

米国訪問中の安倍首相は、月曜日、マサチューセツ州にあるハー
バード大学ケネディスクールを訪れ、講演を行った。 その中で、
“中国が挑戦的な態度を止め、平和的な態度をとるよう望む”と
述べた。

安倍首相:“中国の発展は日本や世界にとって大きなプラス要因
である。 大国の責任を負った国として、私は中国が挑戦的な態
度を止め、平和的な態度をとるよう心から望んでいます”と述べ
た。

慰安婦問題を質問された時、安倍首相は、“第二次世界大戦中、
人身売買の犠牲にあった慰安婦の方々には胸が痛む思いです。 
この問題に対する私の立場は、歴代首相らと決して違うもので
はありません。 現在、日本は女性の権利・保護の面で、数千
万ドルのお金を支出し、固い決意をもって努力しているところ
であります”

安倍首相はまた、“日本が第二次世界大戦中行った行為について
深く反省しており、戦後70年、日本は平和国家として、アジア
の発展に貢献してきた。 日本は中国や韓国との関係改善に更に
努力する”と語った。

日本メディアの報道によると、現地時間 2015年4月27日、
米国訪問中の安倍首相は、マサチューセツ州ケンブリッジのハー
バード大学ケネディスクールで講演を行った。 安倍首相は、旧
日本軍の慰安婦問題については、“人身売買の犠牲者”との言葉
を繰り返した。

安倍首相は26日夜、政府専用機で羽田空港を出発し、アメリカ
を公式訪問する。 安倍首相は現地時間29日に、米国の両院総
会で、日本の首相として初めて演説を行う。

安倍首相は出発前、記者団に向って、“今後、日本が米国と共に
何をしていくのか、どういう世界にしていくのか、というビジョ
ンを明らかにしたい”と、未来志向の日米関係に重点を置くと述
べた。

安倍首相のバンドン演説「謝罪を口にせず」 米国人も見たくない

22日総合電:安倍首は22日、インドネシアの首都ジャカルタ
で開催されたバンドン会議(アジア・アフリカ会議)60周年記
念首脳会議で演説を行い、過去の戦争について、“深い反省”を
表明した。

しかし、安倍首相は小泉純一郎元首相が50周年首脳会議で“村
山談話”の文言をそのまま使い“植民地支配と侵略”に“心から
のお詫び”を述べたようには言わず、逆に、日本が戦後アジア・
アフリカ地域のために貢献を行ったこと、今後も同地域の関係強
化を図るということを述べた。

今回の演説は、2005年4月に小泉純一郎元首相以来、日本の
首相が再びバンドン会議で演説するものだった。 小泉首相の当
時の演説は、村山富市元首相の 戦後50周年談話の時、過去の
“植民地支配と侵略”について“心からの反省と心からのお詫び”
と述べた内容に沿ったものだった。 その年夏、発表された“小
泉談話”の中でも、同じ精神としてそのまま使用された。

安倍晋三首相のバンドン演説

ただ“深い反省”のみ

当日、安倍首相の演説では、1955年のバンドン会議で採決さ
れた10条の原則(“バンドン精神”)の2条、すなわち“侵略
または侵略の脅威・武力行使によって、他国の領土保全や政治的
独立を侵さない”と“国際紛争は平和的手段によって解決”を重
点的に触れた。

これを基本に、安倍首相は、“日本は先の大戦の深い反省と共に、
いかなる時でも守り抜く国であろうと誓いました”と述べた。

安倍晋三首相は歴史問題で決して悔い改めず。

安倍首相は今回の演説の中で、日本が戦後アジア・アフリカ地域
のために貢献を行ったこと。 今後同地域の関係強化を図ると語
った。 そして、アジア・アフリカ地域は、“もう日本にとって
経済援助の対象ではなく、経済パートナーだと”語った。

安倍首相は、各国がテロリストに安住の地を与えないこと。 自
然災害、気候変動などの喫緊の問題解決に立ち向かうよう呼びか
けると共に、今後5年間に、アジア・アフリカ各国に人材、技術
協力を提供すると表明した。 日本は未来への投資として、今後
5年、35万人を対象に、人材育成をおこなうという。

“安倍談話”のための調整

分析によれば、安倍首相のバンドン会議60周年で発表した演説
は、アジア・アフリカ各国に平和の建設と繁栄の決意を示したも
のの、一方では戦争への“謝罪”はなく、ただ“深い反省”だけ
を表明するものだった。 これは安倍首相が過去ではなく、未来
に重点を置いた現われで、今年の夏安倍首相が発表する予定の戦
後70周年「首相談話」も、この延長線上に基調が置かれる可能
性が高い。

安倍首相は、今年の“8・15”談話の中では、村山談話の中の
“植民地支配と侵略”について“心からのお詫び”などの文言を
そのまま使うことに、否定的な態度を見せている。 2013年
4月の国会答弁の中で、安倍首相は村山談話について、“「侵略」
の定義は国際的にも定まっていない”と述べた。 今回の演説で
は、バンドン会議の平和10原則の文言の「侵略」という言葉を
引用したものの、しかし日本の過去の戦争中の行為について触れ
るものはまったくなかった。

村山富市元首相 “村山談話”の意義を強調

安倍首相は今月29日、米国議会で10分くらいの演説を行う。 
安倍首相は、この2つの演説の国際社会の反響を参考に、“8・
15”談話に着手するものと見られる。

米は歴史問題を適切に処理するよう促す

戦犯を祀る靖国神社は今なお日本人に尊敬されている

安倍首相のバンドン会議で演説について、中国外交部の洪磊報道
官は22日、“中国は関係の報道について注目している。 今年
は戦後70周年記念の年です。 国際社会も日本が侵略の歴史を
直視し反省し、アジアの隣国と和解を進め国際社会からも信頼を
得られることを望んでいます。 中国は、日本が国際社会の正義
の呼び声に従うことを望んでいる”と語った。

韓国外交部は、“安倍首相が、肝心な謝罪とお詫びを言わなかっ
た。 たいへん遺憾だ”と表明した。

日本に隣国との関係改善を促がす米国は、安倍首相の最近の発言
に関心を見せている。 米国政府はこれまでずっと、日本に中韓
と積極的に対話を開き、日中韓三国が歴史認識問題での対立を深
めないよう求めている。 米国国務省のハーフ報道官代行は21
日の記者会見で、“米国政府のこれまでの立場は、歴史認識問題
について、日本政府はすべての関係国と和解を高める取り組みが
重要だと”述べた。

安倍在哈佛大学演讲:日本对二战作为深感后悔
2015-04-28 10:13    来源: 凤凰网

到访美国的日本首相安倍晋三,星期一在马萨诸塞州哈佛大学肯尼迪政府学院的论坛上发表演说。他说,诚心希望中国找到和平的方法,解决自身的挑战。
安倍晋三:“中国的发展对日本以至世界有巨大的正面作用。作为一个负责任的大国,我诚心希望中国会找到解决自身挑战的和平方法。”
被问到慰安妇的问题时,安倍表示,他对二战时期被人贩卖做慰安妇的妇女感到悲伤。而他在这个问题上的立场,与日本其他前任首相并无分别。他又说,现时日本在保护女性权利方面,态度坚决,并为此拨出数千万美元款项,作出了实质努力。
安倍又表示,日本对二次大战的作为深感后悔,战后这七十年,日本已成为一个热爱和平的国家,并对亚洲的发展作出贡献。日本会努力与中国和韩国改善关系。
当地时间2015年4月27日,美国马萨诸塞州坎布里奇,日本首相安倍晋三在哈佛大学肯尼迪政府学院发表演讲。
据日本媒体报道,当地时间27日,美国马萨诸塞州坎布里奇,正在美国访问的日本首相安倍晋三在哈佛大学肯尼迪政府学院发表演讲。安倍就旧日本军慰安妇问题再次提出“人身买卖的牺牲品”一词。
日本首相安倍晋三26日傍晚乘政府专机从羽田机场启程赴美国进行正式访问。安倍将于当地时间29日在美国参众两院联席会议上发表演说,这在日本首相中尚属首次。
安倍在出发前就此向记者表示“将阐述今后日本与美国一道做什么以及塑造怎样的世界的愿景”,重点将放在面向未来的日美关系。
安倍万隆演讲死不道歉 连美国人都看不下去
综合22日消息:日本首相安倍晋三22日在印尼首都雅加达召开的万隆会议(又称亚非会议)60周年纪念峰会上发表演讲,对过去的战争表示了“深刻反省”。
不过安倍并未像前首相小泉纯一郎那样,在50周年峰会上沿用“村山谈话”原文,表明对“殖民地统治和侵略”的“由衷道歉”,反而大谈日本战后为亚非地区所作贡献及今后进一步强化双方地区关系等。
这是自2005年4月时任首相小泉纯一郎以来,日本首相再次在万隆会议上发表演说。小泉当年的演说,遵循村山富市在战后50周年谈话,提及了过去的“殖民统治和侵略”并表明“深切反省与衷心道歉”。在当年的秋天发表的“小泉谈话”中,也沿用了一样的精神。
安倍晋三万隆演讲
仅表示“深刻反省”
当天,安倍在演讲中着重提到了1955年万隆会议确定的十条原则(“万隆精神”)中的两条,即“不以侵略或侵略威胁、行使武力来侵犯他国的领土完整和政治独立”及“通过和平手段来解决国际争端”。
在此基础上,安倍表示:“我们发誓日本在对过去的战争作出深刻反省的同时,在任何时候都会做一个坚守上述原则的国家。”
日本首相安倍晋三在历史问题上不知悔改
安倍在这次演讲中大谈日本战后为亚非地区所作贡献及今后进一步强化双方地区关系等。他称亚非地区“对日本来说已经不是援助对象,而是经济增长的伙伴”。
他还呼吁各国协同解决反恐、自然灾害、气候变化等紧逼问题,并表明日本将在今后5年间向亚非多国提供人才、技术上的支持。他承诺作为“对未来的投资”,日本将在今后5年援助培养35万名人才。
为“安倍谈话”定调
分析指,安倍在万隆会议60周年之际发表的演讲,一方面展示了与亚非各国共建和平与繁荣的决心,另一方面却并未提及对过去战争的“道歉”,仅表明了“深刻反省”。这表明安倍希望将重点放在面向未来而非过去,今年夏天安倍将要发表的战后70周年首脑谈话很可能仍将延续这样的基调。
安倍对于在今年的“8.15”谈话中原封不动地照搬村山谈话中对“殖民地统治和侵略”的“由衷道歉”等措辞持否定态度。在2013年4月的国会答辩中,安倍曾就村山谈话指出“‘侵略’的定义在国际上都没有定论”。此次的演讲虽以引用万隆会议十项原则的形式使用了“侵略”一词,但在有关日本过去战争时期行为的段落中却丝毫没有提及该词。
村山富市强调应坚持“村山谈话”
安倍将于本月29日在美国国会发表10分钟左右的演说,他将结合两次演说的国际社会反响,着手拟定“8.15”谈话。
美促妥善处理历史问题
供奉战犯的靖国神社至今仍被日本人所崇敬
对于安倍在万隆会议上的演说,中国外交部发言人洪磊22日表示,中方注意到有关报道。今年是二战结束70周年,国际社会普遍希望日本能够正视并反省侵略历史,以此推进与亚洲邻国的和解,取信于国际社会。我们希望日方能够顺应国际社会的正义呼声。韩国外交部则表示,对安倍晋三省略关键的道歉和悔改“表示遗憾”。
敦促日本改善与邻国关系的美国,也十分关注安倍近日的这些言论。美国政府一直督促日本积极与中韩展开对话,避免中日韩三国在历史认识问题上的对立加深。美国国务院发言人哈夫在21日的记者会上,重申了美国政府之前的立场:即围绕历史认识问题,日本政府需努力与所有相关国家达成和解,这是非常重要的。

|

« 3458中国は見る(2049)ドローン 首相官邸に落下(下) | Main | 3460中国は見る(2051)安倍首相 米国議会で演説(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事