« 3485中国は見る(2076)安保法案めぐる論戦開始(2)26日 安保法案審議入り(1) | Main | 3487中国は見る(2078)安保法案めぐる論戦開始(4)安保法案には多重目的がある »

3486中国は見る(2077)安保法案めぐる論戦開始(3)26日 安保法案審議入り(2)

1.国会で安保関連法案審議入り
2.安保法案審議入り 与野党各党の攻防始まる
3.国民の安保法案反対集会 「平和憲法守れ」大声で叫ぶ

1.日本国会开审新安保法案
  2015-05-27 11:39:00  来源:兰州日报 
2.日本新安保法案进入国会审议 朝野各党交锋激烈
  2015-05-26 16:24:00  来源:环球网   
3.日本民众集会反对新安保法案 高呼保护和平宪法
  2015年05月27日09:26    来源:中国新闻网 

1.国会で安保関連法案審議入り

衆議院は26日、安倍政権が提出した集団的自衛権行使に関する

安保関連法案の審議に入った。   新法案は直接日本の平和憲法

の核心に挑戦する内容であるため、野党と国民は強く反対し、これ

を“戦争法案”と呼んでいる。

衆議院で審議し通過した後、安保法案は6月下旬に参議院に送付

され審議される。   政権を握る自民党と公明党が国会衆参両院で

多数を占めているため、法案は最終的に 国会を通ることに基本的

に問題ない。  その時には、安倍政権の集団的自衛権容認、自衛

隊の活動範囲拡大などの重大な安保政策の変更が法律面での保

障が得られることになる。  日本が戦後長い間堅持してきた「専守

防衛」の国策が徹底的に覆されることになる。   日本メディアが最

近、何度も行っている 世論調査によれば、安保法案を 支持するの

は3割くらいの国民しかいない。

2.安保法案審議入り 与野党各党の攻防始まる      


【環球ネット報道 王歓記者】:集団的自衛権行使の法制化などで

衛隊の海外活動の拡大を目指す日本の安保関連法案が、5月

26日午後、衆議院本会議で審議入りした。 

安倍首相は、“政治家は平和をただ願うだけに終わってはならない。 

果敢に行動していかなければなりません”と述べ、法案成立に全力

を尽くすと述べた。 

民主党など野党は安倍首相と中谷元防衛相の自衛隊の他国領域

での武力行使についての発言の食い違いを追及し徹底的な審議を

行うことにしている。 与野党間の激烈な論戦が幕を開けた。

時事通信社の報道によると、26日、中谷防衛相が記者会見で

“総理が述べたことと 私が申し上げたことには、全く矛盾してい

ない。   他国領域での武力行使についての答弁も、しっかりと

整合性が取られている”と反論した。   また自衛隊員の安全に

ついて、“今後の法整備により  隊員のリスクが増大することは

ない”と述べた。

中谷氏は説明の中で、“武力行使の「新3要件」に当てはまれば、

国の領土(領海、領空)でも武力行使ができるとの認識を示し

た。  安倍首相は20日の党首討論の中で、“(海外派兵は) 一

般的に 言えば 許されない”  と述べ、例外として 停戦前の機雷

除去を例に挙げた。

自民党の谷垣禎一幹事長は、役員連絡会で、“切れ目のない法

整備を行うことで抑止力を高め、そして国民のリスクを低くしてい

くという議論をしっかり行い、成立に向けて頑張っていこう”と述べ

た。



一方、民主党の高木義明国対委員長は記者会見で、“人数だけ

で与党のすべての法案を通そうとすべきでない。  国民の多くは

不安と懸念を抱いている。   問題点を出して、日本の平和安全

を守る環境作りをする”と呼びかけた。


3.国民の安保法案反対集会 「平和憲法守れ」大声で叫ぶ

Photo
写真は国民の抗議活動

中新ネット5月27日電:日本のメディアの報道によると、政府

が安全保障関連法案を通そうとするのに 反対する一部国民

が、26日、続々と国会議事堂周辺に集まり、“憲法九条を壊

すな”などのシュプレヒコールを大きな声で叫んでいた。  主

催者側発表によると、集会参加者は約900人だという。

安保法案は歴代内閣が認めてこなかった集団的自衛権行使

を可能とする内容を盛り込んだもので、世界は戦後の日本の

安保政策の重大な転換点と見ている。 集会に参加した人々

は、“日本を戦争国家に変える法案は認められない ”憲法九

条を守れ”などのシュプレヒコールを大きな声で叫んでいた。

66歳の看護士は、“自衛隊が海外で活動範囲を拡大していっ

たら、日本が戦争に巻き込まれる可能性が大きくなる。政府に

は今まで憲法第九条を守ってきた意味をしっかり考えてもらい

たい”と述べた。

安倍首相は、26日の衆議院本会議で、安保関連法案が自衛

隊員を直面させるリスクの増大への懸念について、日本政府

は安全確保に努めると述べた。 だが安倍首相は“それでもリ

スクは残る”とも言った。 野党が、リスクについて正面から答

えていないという批判に対して、態度を変えたものと見られる。

1.日本国会开审新安保法案
  2015-05-27 11:39:00  来源:兰州日报 

日本国会众议院26日开始审议安倍政府提交的与行使集体自卫权相关的新安保法案。由于新法案直接挑战日本和平宪法的核心内容,日本在野党和民众强烈反对,将其称为“战争法案”。
在众议院审议过后,新安保法案会在6月下旬提交到参议院审议。由于执政的自民党和公明党在国会参众两院均占多数,法案最终获国会通过基本已无悬念。届时,安倍政府解禁集体自卫权、扩大自卫队活动范围等重大安保政策调整将得到法律层面的保障,日本战后长期坚持的专守防卫国策将遭到彻底颠覆。日本媒体近期的多次民调都显示,只有三成左右的民众支持新安保法案。□据央视网

2.日本新安保法案进入国会审议 朝野各党交锋激烈
  2015-05-26 16:24:00  来源:环球网   
      
【环球网报道 记者 王欢】旨在将行使集体自卫权法制化等扩大自卫队海外活动的日本安保相关法案,于5月26日下午在众院全体会议开始审议。日本首相安倍晋三称“政治家不能只祈祷和平,必须果敢地行动”,表示将力争使法案成立。而日本民主党等在野党则要求追究安倍和防相中谷元围绕自卫队在他国领域行使武力发言的出入,并进行彻底审议。朝野政党间的激烈论战拉开了帷幕。
日本时事通信社报道称,此前中谷在记者会上就安倍及自身关于行使武力的发言反驳称“完全不矛盾,与过去的答辩也具有一致性”。他关于自卫队员的安全表示“此次法律修改后风险程度也与以往相同”,再次表示风险不会增大。
中谷说明称,只要满足“行使武力新三项条件”即使在他国领域内也可行使。而安倍在20日的党首讨论中则表示“一般而言不会被允许”,作为例外列举了停火前海上扫雷的情况。
日本自民党干事长谷垣祯一在该党高层联络会上表示:“将就旨在提高威慑力、降低国民风险的法制展开彻底讨论,为促其成立而努力。”
另一方面,日本民主党国对委员长高木义明在记者会上呼吁:“不能仅凭人数多就让执政党的所有企图都通过,很多国民抱有不安和担忧。将提出问题点,创造环境使日本的和平安全得到维护。”

3.日本民众集会反对新安保法案 高呼保护和平宪法
  2015年05月27日09:26    来源:中国新闻网   

图为民众在举行抗议活动。

中新网5月27日电 据日媒报道,为反对政府通过新安全保障相关法案,部分日本民众于本月26日陆续聚集在该国国会大厦周边,高呼“保护宪法第9条”等口号。据主办方公布,约900人参加了此次集会。
日媒称,新安保法案纳入了使历代内阁未予认可的行使集体自卫权成为可能等内容,这也被外界视为战后日本安保政策的重大转折点。有参加集会的群众高呼:“不能容忍引导日本变成战争国家的法案”“保护宪法第9条”等口号。
一名66岁的女护士说:“如果自卫队在海外扩大活动范围,那么,日本被卷入战争的可能性就会增大。希望政府能重新思考迄今为止坚守宪法第9条的意义。”
据悉,日本首相安倍晋三同日在众院全体会议上,对外界担忧的新安保相关法案将使自卫队员面临的风险增大表示,日本政府将努力确保安全。不过他还表示,“即便如此,也依然留有风险”。有分析认为,鉴于在野党对其避谈危险性予以批评,安倍改变了态度。

|

« 3485中国は見る(2076)安保法案めぐる論戦開始(2)26日 安保法案審議入り(1) | Main | 3487中国は見る(2078)安保法案めぐる論戦開始(4)安保法案には多重目的がある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事