« 3456中国は見る(2047)外国人留学生の採用ニーズ高まる | Main | 3458中国は見る(2049)ドローン 首相官邸に落下(下) »

3457中国は見る(2048)ドローン 首相官邸に落下(上)

ドローン機 首相官邸突入事件 
男が自首 「反原発を訴えるため」 

日本男子承认操纵无人机闯官邸 意在抗议核政策
2015-04-26 15:04:58  来源:新华网

Photo
“私が安倍の頭の上に向ってドローンを飛ばした”

警察は25日、男が24日夜、福井県の警察署に、“放射性物質

を載せたドローンを首相官邸に飛ばしたのは、 「自分だ」” と自

首してきたと発表した。

この男によると、目的は安倍政権の反原発を訴えるためだという。

【反原発抗議】

山本泰雄(40歳)、福井県小浜市在住。 福井県は東京から約

350キロの所にあり、県内には 15基の原発があり、日本の原

発総数の約3分の1を占めている。

日本原子力規制委員会は2月に、福井県関西電力株式会社の

高浜原子力発電所の 3号機と 4号機の新安全基準を設定した。 

福井県の住民は原発再稼動を阻止するため、福井地方裁判所

に差し止めの訴えを起した。  裁判所は 4月の判決で、安全を

考慮し、この 二つの原発の再稼動差し止め仮処分の判決を下

した。 関西電力は不服申し立てをすることにしている。

現地メディアの報道によると、山本のドローン事件は安倍首相

の原発政策に抗議するためだという。 安倍政権はこれまでず

っと日本の 原子力発電産業の推進を図り、化石エネルギー輸

入を抑えている。

東京警視庁の報道官によると、警察はすでに山本を逮捕、東京

に移送し捜査するという。   容疑者の首相官邸ドローン事件は

“威力業務妨害”の疑いになるという。

【遠いところから砂を取る】

Photo_2首相官邸の職員が22日午前、官邸の屋上でこの

ドローンを発見した。 共同通信社によると、このド

ローン機は、ドローンの トップ・中国大疆創新科技

会社の製造によるもので、直径約50センチ、4つのプロペラを持ち、

機体は 本来は白色だったものを、すべて黒色に塗り替えていた。

この“精霊2”型ドローンはGPSとカメラが装備され、放射性警告ラ

ベルが貼られた ペットボトルが付けられ、中には 少量の放射性物

質セシウムの液体が入っていた。

メディアの報道によると、山本は12日、ブログ上に 福島県から持ち

帰った砂をペットボトルに入れ、ドローンに 固定したと書いてあった

という。 山本は9日、東京の真ん中の駐車場に来て明け方3時30

分頃、ドローンを首相官邸に向けて飛ばし、官邸前に落とそうと思っ

たが、ドローンがコントロールできなくなったため、そのまま福井県の

家に戻ったという。

山本は、ドローンの行方についてはわからなかったが、2週間後、テ

レビで報道するのを見て、びっくりした。   ブログの中で“メディアの

報道で自分の犯罪を見ている感じだ”と書いている。

東京警視庁は24日、ペットボトルの中には砂があった。 調査員が

現在、この砂に2011年の福島第1原発で漏れた放射能砂が混じっ

ているかどうか調べているという。

日本当局は、ドローンがいつ首相官邸に落ちたのか明かしていな

い。 警視庁の報道官によるとドローンは3月22日~4月22日の

間に官邸の屋上に落ちたようだという。   警察によると15日に官

邸上空から撮影した写真に黒色の物体が見られ、色とドローン機

が一致するという。

【法律上の欠陥】

ドローーン事件は 日本政府の 警戒を 高めさせる ことになった。 

警察と国土交通省などの担当者が24日、初めて首相官邸に集

り、ドローンの使用上の法规制定の検討に入った。   購入者の

姓名・住所の届け出の義務付けや、ドローンの重要施設上空へ

の乗り入れ禁止などを含む内容だった。

菅内閣官房長官は会議で、“今回の事件は危機管理面での重

大問题である。 ドローンは公共の安全や プライバシー保護に

重大な影響をもたらすもので、政府として直ちに ドローン 使用

規制の法规を整備する必要がある”と述べた。

国土交通省の情報によれば、政府として許可証制度やドローン

保険制度を検討し、ドローン使用に規制を設ける方向だという。

自民党の二階俊博総務会長は24日,“ドローンの重要施設上空

での飛行禁止案を議員立法で提案すべきだ”と発言した。

日本には現在、ドローンの低空飛行に対する法律の規制はない。 

ただドローンが150メートル、250メートル以上の高度を飛ぶ場

合、普通の飛行機への影響がないよう、当局への報告が義務付

けられている。

大疆公司日本支社は23日、ソーシャルネットの ウエブサイトで声

明を出し、"今後、製品の 規格を改め、首相官邸や皇居及びその

周辺など重要施設の 一キロ範囲内を ドローン飛行禁止区域とす

る”と発表した。

日本男子承认操纵无人机闯官邸 意在抗议核政策
2015-04-26 15:04:58  来源:新华网

“是我操纵无人机飞到了安倍头顶上”

日本警方25日说,一名男子前一天晚上向福井县警方投案自首,承认操纵携带放射性物质的小型无人机飞进首相官邸,“是我干的”。

这名男子说,他的目的是抗议安倍晋三政府的核电政策。

【抗议核电】

山本泰雄,现年40岁,家住福井县小滨市。福井县位于首都东京以西大约350公里处,坐落着十几座核反应堆,占日本反应堆总数的大约三分之一。

日本原子能规制委员会2月认定,位于福井县的关西电力公司高滨核电站3号和4号机组符合新安全标准。福井县居民为了阻止项目重启,向福井地方法院递交诉状。法院4月判决,出于安全考虑,暂停重启这两座核电机组。关西电力打算上诉。

当地媒体报道,山本声称无人机事件是为抗议首相安倍的核电政策。安倍政府一向寻求重振日本核电产业,以减少对化石燃料进口的依赖。

东京警视厅发言人说,警方已逮捕山本,并转移至东京进行讯问。嫌疑人想扰乱首相官邸的工作,因此面临“强行妨碍事务”指控。

【远程取沙】

首相官邸工作人员22日上午在官邸屋顶发现这架小型无人机。日本共同社称,它由无人机领先企业中国大疆创新科技公司制造,直径约50厘米,有4个螺旋桨。机身原本为白色,但全部被涂成黑色。

这架“精灵2”型无人机装有全球定位系统和摄像头,并携带一个贴有放射性警告标志的塑料瓶,内盛含少量放射性物质铯的液体。

当地媒体报道,山本12日在博客上说,他把从福岛县取回的沙子装进塑料瓶,固定在无人机上。他9日来到东京中心一座停车场,凌晨3时30分操纵无人机飞向首相官邸,想把它落在官邸前,不料无人机失控,山本于是返回福井县的家中。

山本并不清楚无人机后来的下落,直到两周后在电视中看到相关报道。他紧张不已,在博客中写道:“这一定是一个罪犯看到媒体在报道他的罪行时的感受。”

东京警方24日证实,塑料瓶中确实有沙子,调查人员正在检测这些含有放射物的沙子是否来自2011年发生严重泄漏的福岛第一核电站。

日本当局没有透露无人机何时潜入首相官邸。东京警视厅发言人说,无人机在3月22日至4月22日期间落到官邸屋顶。警方说,一张15日从官邸上空拍摄的照片上能看到一个黑色物体,颜色与无人机相符。

【法律缺失】

无人机事件促使日本政府提高戒备,警方和国土交通省等部门官员24日首次齐聚首相官邸,商讨制定有关无人机使用的法规。议题包括强制购买者登记姓名和住址,以及禁止操纵无人机飞入重要设施上空等。

内阁官房长官菅义伟在会议上说,这起事件是危机管理方面的重大问题,无人机可能对公共安全和隐私保护带来重大影响,政府应该立即制定无人机使用法规。

根据国土交通省的消息,政府可能推出许可证制度和购买意外保险制度,并对无人机的维护作出规定。

自民党总务会长二阶俊博24日说,国会议员需要就禁止无人机在重要设施上空飞行提出议案。

日本眼下没有针对无人机低空飞行的法规,只规定无人机在150米以上、250米以上等高度飞行时需要向当局报备,以免影响普通飞行器飞行。

大疆公司日本分公司23日在社交网站主页上发表声明说,将更改产品规格,在禁飞区域中添加日本首相官邸和皇宫及其周围,使无人机无法在这些重要设施的方圆一公里范围内飞行。

|

« 3456中国は見る(2047)外国人留学生の採用ニーズ高まる | Main | 3458中国は見る(2049)ドローン 首相官邸に落下(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事