« 3406中国の三面記事を読む(1219) 張芸謀監督 新作 「妻への家路」(上) | Main | 3408中国は見る(2000)安倍内閣の女性政務官 既婚議員と路上キス »

3407中国の三面記事を読む(1220) 張芸謀監督 新作 「妻への家路」(下) 映画を見ての感想

求电影《归来》的读后感

2014-06-02 20:09  来源:百度知道

 

張芸謀監督の低予算文芸作品《妻への家路》が公開された。 

人々からの評判を受け、公開3日の興行収入は 8200万元

(約15億5800万円)を突破した。 注目すべきは、この

ラブロマンスで歴史を振り返る映画が、“文革”世代の年長者

“感概無量”だと思わせただけでなく“現代”に生きる若い

人の“涙”を誘ったことだ。《妻への家路》は厳歌苓の長編小

説《陸犯焉識》を映画化したもので、見たところ、映画は枝葉

末節の部分を思い切って削除、知識人・陸焉識と中学教師の妻・

馮婉瑜の文革時代の二人の思いを描いたものであるが、その表

面部分の裏側には歴史の重さと人間性の輝きがあった。 《妻

への家路》の映画は、びっくりするほど殺風景な画面で、白黒

のコントラストの下、鞏俐と陳道明が、ほとんど顔の表情と身

体の動きだけで、“単調で”“重苦しい”画面引きつけてい

る。 

1970年代初め、“右派”の労働思想改造受刑者・陸焉識と

妻の馮婉瑜は長年会えずにいた。やっと、会えるチャンスが来

たのに、娘が密告したため、好機を逃してしまう。 陸焉識が

再度、家に帰って来た時には、記憶を失った馮婉瑜は、彼を見

ても彼だと分らない。  彼らはそれぞれの思いを抱きながら、

年を重ねていく。 

莫言は、“《妻への家路》の物語自体はお決まりの古臭いもの

だ。 だが、この映画は私の沢山の記憶を呼び起し、私の痛い

所に触れた”と語っている。 確かに《妻への家路》は、歴史

そのものを描写しているわけではない。 それどころか、多く

を「カット」している。 しかし、私達は常に、至る所で、歴

史の存在を感じる。 映画の中で、歴史は“見えざる手”とし

て、あのこの手で人々の運命を支配しだけでなく、人々の

精神をも支配してい。 知識人の陸焉識は、文化人さはまる

でなく、ぼさぼさ髪で顔はあかだらけ、罪人となっていた。

学教師の馮婉瑜は、殺されるのを待つ羊のように、毎日、薄氷

を踏むように、びくびく暮していた。 個人の“生活”が社会

の“大きな歴史”に流されていた。 なんとなく《ドクトル・

ジバコ》を思いだしてしまった。 

文革”を舞台とした、ドラマ《知識青年》《両親の愛情》は、

《妻への家路》とまるで反対です。 見る人々は、その特別

な時代思い入れがいっぱいあります。 でも私達との記憶

のものとは大きな隔たりがあります。 れらは、愛情

あまり、歴史が大きなユートピアなってしまいました。

映画《妻への家路》は愛映画というより、歴史映画というべ

きです。 この映画は、歴史の本質を掘り起こしている。 歴

史を歪曲、改竄しようとするものではない。  題材の

映画「さらば,わが愛(覇王別姫)」《芙蓉鎮》と同じよう

人の心を打つを持っている。 映画の中で、陸焉識の娘・丹

が“革命”のため、“大義のためには親兄弟の情をも顧みな

い”として、密告する。 肉親の情を犠牲にた、これは歴史

真実だ。 その年代歩いてきた多くのにとって、このよ

うな細かいことも一生忘れられないことだ。 あるいは、多く

の観にとって、この人物のイメージ大したことないと思う

人がいるかもしれない。 だが、これ重要な手がかりで、テ

ーマ広く開拓しただけでなく更に深く考える力を強めた。映

画を見時、若い観衆の多くの年代の愛情は本当に純

なんだ。 とても感動と感想を述べた。 この言葉は実

考え方が甘すぎる 愛情自体は純粋だというべきだが、あ

代の愛情は往々、決して純粋ではなく、政治に巻き込まれ

たものだった。 今日愛情がいつも物質に傷つけられるのと

似ている。 ある意味、前者は後者より更にひどかった。  

映画《妻への家路》を見て、私達は愛情のために感動したとい

うより、むしろ私達愛情が壊された悲哀と孤独を体験したと

いった方がいい。 映画《妻への家路》を見て、人間性の輝き

はいつも黙々と、強歴史の重に反抗していることを、私達

は身をもって験している。 陸焉識はきわめて厳しい環境

危険も顧みず、風雨の夜に会いに行った。

婉瑜は扉を隔てていたが、心の中は大な恐れを抱き、夫の

めに扉を開けるかどうか迷っていた。 また夫に会いたい一

心で、勇気を出して駅まで駆けつけたりした。  丹丹はずっと、

親と政治の間で揺れ動いていた。  “文革”の後、後悔と反省

に陥入り、当時の“誤り”を償っている。  一番大切なことは、

婉瑜が記憶を失って以降の間の愛情のエピソードだ。

大きな石のように記憶の深い所まれ、永遠に消えることは

い。 愛の悲劇悲しければ人々をより悲しませる。 

《妻への家路》は映画版の「文学」と言える。 《妻への

家路》は、昔の《傷》《担任》を間違いなく超えている。

しかし、反省の広さと深さでは、《編集間違物語》《犯

李銅》を必ずしもリードしているとはらない。 《妻へ

の家路》歴史に直面した時、曖昧で遠回しな表現を選んでい

るからだ。 西として張芸謀監督には歴史的な思いと悩

みがある。 また、いろんな軋轢が常に彼の仕事に影響を与え

ている。

今や、女と銃と荒野の麺屋( 三槍拍案驚奇) 》《王妃の紋

滿城盡帶黃金甲)》などで危うく死ぬまで娯楽映画監督

とまで言われた張芸謀監督が、また《紅いコーリャン红高粱》、

《秋菊の物語秋菊打官司》、活きる(活着)》初恋

のきた道 我的父親母親 )》本来の軌道に回帰したよう

です。 映画の中の記憶喪失は一種の傷跡す。 今日の

私達にとって、記憶喪失はよく起ます。 《妻への家路》

記憶喪失にピント合わせ、常に記憶を追っています。 

今日の80年代生まれ、90年代生まれの若い人にとって、あ

の歴史はもう過去のことでわかりません。 しかし彼ら《妻

への家路》を見て、やはり心の共鳴を得ることができます。ネ

ットの人々は、“このようにじっくり時間をかけ、考えさせて

くれる味わい深い映画が好きだ。 監督は苦心して撮り、俳優

達は一心に演じ、観それに感銘を受ける。 映画を見終わ

った時、心から満ち足りた気持ちだった”と言っている。

今、若い世代歴史に関心を持たない、社会に関心を持たな

い”という印象を多くの人は持っている。 は、私達

もっと真剣に考えてみないといけない。 私達の文芸作品の

中で、一体どんな歴史社会を見せているだろうか? 今日、

私達は消費生活に慣れ、悲劇を分析したり、歴史を戯逆的に見

たり、現実を視している。 《妻への家路》を見て私達

原点に戻るべきだ。 張芸謀監督が言うように、《妻への家路》

、昔に戻った作品で、れは中国の映画市場というより中国

社会思想文化に対する意識調査のようなものだ。

求电影《归来》的读后感

2014-06-02 20:09  来源:百度知道

516日,张艺谋小成本文艺片《归来》上映,赢得广泛赞誉,上映三天票房突破8200万元。值得注意的是,这部表现爱情、反思历史的影片,除了让经历过“文革”的年长者“感慨万千”,也让陶醉于“小时代”的年轻人“泪流不止”。《归来》改编自严歌苓的长篇小说《陆犯焉识》,看起来,电影大刀阔斧地剪枝除叶,只留下知识分子陆焉识与作为中学教师的妻子冯婉瑜在大时代际遇下的情感故事,但在爱情的表层空间背后,其实是历史的沉重与人性的光辉。在大片扎堆的当下,《归来》平实得令人吃惊,黑白光影下的巩俐和陈道明,几乎就是靠面部表情和简单的肢体动作演绎着一个“单调”而“沉闷”的故事:上世纪70年代初,“右派”劳改犯陆焉识与妻子冯婉瑜多年未见,好不容易有了机会,却因女儿告密而失之交臂。等陆焉识再次归来时,失忆的冯婉瑜却已认不出他,他们怀着执着的爱,在等待中慢慢变老。莫言说,《归来》故事老套陈旧,但“它勾起了我很多回忆,触动到了我最痛的地方。”确实,《归来》没有刻意描摹历史,甚至于还在很多环节上进行了“删减”,但我们却时时、处处感觉到历史的存在。电影中,历史是一只“看不见的手”,翻手为云,覆手为雨,不但主宰着人物的命运,而且控制着人物的精神。作为知识分子,陆焉识完全斯文扫地,蓬头垢面如过街老鼠;作为中学教师,冯婉瑜整天如履薄冰,谨小慎微如待宰绵羊。个人“小历史”被社会“大历史”所覆盖,让人不由自主地想到了《日瓦戈医生》。同样反映“文革”,电视剧《知青》《父母爱情》则与《归来》相反,观众满眼里充斥着那个特殊年代的元素,却发现这些不但与人物无关,也与我们的记忆大相径庭。这样,历史成了桃花源,温情脉脉之余,构建着一个巨大的乌托邦。电影《归来》与其说是爱情片,不如说是历史片,它挖掘了历史的本质,而不是歪曲、涂抹历史,与同类题材电影《霸王别姬》《芙蓉镇》一样具有震撼人心的力量。电影中,陆焉识的女儿丹丹,为了“革命”,“大义灭亲”地告密,乃至牺牲亲情,这是一种历史的真实,对很多从那个年代走过来的人来说,这样的细节刻骨铭心。也许,对很多观众来说,这个人物的塑造似乎无足轻重,其实,这是一条重要线索,不但拓展了主题,而且加强了反思的力度。看电影的时候,不少年轻观众发出感慨,“那个年代的爱情真的很纯粹,令人感动万分。”这句话其实“天真”了,应该说,爱情本身是纯粹的,不过,那个年代的爱情往往并不纯粹,而是被政治所裹挟,正如今天爱情总是容易被物质所伤害。一定意义上可以说,前者比后者更严重。看电影《归来》,与其说我们为了爱情而感动,不如说我们体验了爱情被摧残后的悲凉与无助。看电影《归来》,我们还时时体验到,人性的光辉总是在默默地、坚韧地抗拒着历史的沉重。陆焉识在极其严酷的环境中,不惜冒着巨大的风险,在风雨之夜看望妻子。冯婉瑜隔着大门,心里怀着巨大的恐惧,却挣扎着想为丈夫开门,乃至于勇敢地跑到月台,只为了见丈夫一面。丹丹一直在亲情与政治间摇摆,在“文革”后陷入愧疚与反省,弥补当年的“过失”。最关键的是,冯婉瑜失忆后,夫妇间的爱情点滴,却如磐石一般镌刻在记忆深处,永远不会消失。一个爱情悲剧,沉重得令人扼腕,而其背后的人性光芒,却具有穿透一切的力量。一定意义上可以说,《归来》是电影版的伤痕文学,它肯定超越了当年的《伤痕》《班主任》,但在反思的广度和深度上,未必就领先于《剪辑错了的故事》《犯人李铜钟》。《归来》在面对历史的时候,选择了曲折乃至隐晦地表达。作为一个西北汉子,张艺谋的气质里沉潜着历史性的沧桑与忧郁,但各种力量的牵扯常让他进退失据。如今,曾经迷失于《三枪》《满城尽带黄金甲》、险些“娱乐至死”的张艺谋,似乎又回到了《红高粱》、《秋菊打官司》、《活着》、《我的父亲母亲》的轨道。电影中的失忆,是一道伤痕,而对今天的我们来说,常常选择性失忆。《归来》聚焦失忆,却时时指向记忆,在这部影片中,张艺谋有智慧,有情怀,更有勇气和责任感。对今天的80后、90后年轻人来说,那段历史已是非常陌生,但他们看《归来》,照样能获得心灵上的共鸣。正如网友所说的那样,“很喜欢这样细水长流耐人寻味的电影,导演用心拍,演员用心演,观众用心去感受,整个观影过程是一种享受。”如今,很多人有一种印象,认为年轻一代不关心历史,不关心社会,其实,我们更应该认真想一想,在我们的文艺作品中,到底呈现了什么样的历史和社会?今天,我们习惯了消费苦难,解构悲剧,戏谑历史,漠视现实,看《归来》,应该让我们实现回归。正如张艺谋所说,《归来》是一部逆流而上的作品,它更像是对中国电影市场甚至中国社会思想文化心态的一次勘探

 

|

« 3406中国の三面記事を読む(1219) 張芸謀監督 新作 「妻への家路」(上) | Main | 3408中国は見る(2000)安倍内閣の女性政務官 既婚議員と路上キス »

映画・テレビ」カテゴリの記事